• ベストアンサー
  • 困ってます

放射線量、特に危険とは思えないのですが…?

  • 質問No.6992886
  • 閲覧数359
  • ありがとう数4
  • 気になる数1
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 41% (77/186)

放射線量、全く問題なし。
でもTV,新聞は、とにかく危機感を煽ってます。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201106/article_66.html

1.大気中には自然放射線が存在し、福島原発事故があろうとなかろうともとから、年間1.26ミリシーベルト前後の被曝を日本人は受けています。この数値は、時間当たりになおすと1.26x1000÷365÷24=約0.14マイクロシーベルトとなります。よって、この首都圏のデータの中で空気中の自然放射線の値に近いのが、足立区や豊島区。東京の西側は低いところが多い。

2.そもそも人類なる生物は、自然放射線の影響下で進化し生き残ってきた動物であり、放射線がゼロの環境では生存できないという説が有力です。その意味で、極端に数値の低い目黒区や横浜市はまずい状況かもしれない。都会は一般に放射線量が低いそうで、森林浴に適した環境の良いところでは数値が上がるとのこと。

3.地球上で自然放射線量の多いので有名なのが、メキシコの高地の年間10ミリシーベルト。時間当たりに直すと1.14マイクロシーベルトです。我孫子の0.47マイクロシーベルトは約4割です。メキシコの高地では白血病に癌に先天性異常が多発している?していません。全然。まったく。この程度の放射線量では毒にも薬にもなりません。

4.貴方や家族が病院で受けるX線撮影やCTスキャンでは放射線が使われ、被曝します。一回で以下のような線量を浴びることになります。単位は、ミリシーベルトです。

http://www.tasukaru.ne.jp/tasukaru/saitama/home/medical/doctor7.htm

医療放射線被爆(局所被爆・短時間)

   頭部撮影        0.13 mSv
   胸部撮影        0.07 mSv
   腰椎撮影        1.5 mSv
   腹部CT         0.23 mSv
   頭部CT         0.04 mSv
   胃バリウム検査    4.8  mSv
   大腸バリウム検査  7.4 mSv
   放射線治療       60 mSv

我孫子市の0.47マイクロシーベルト/時が問題になるなら、腰椎撮影の1,500マイクロシーベルト/時は大問題になるはずです。胃の検査でバリウムなど飲みでもしたら、なんと4,800マイクロシーベルト/時。しかも体内被曝です。胃がんになってしまう?「癌治療目的」の放射線治療の60,000マイクロシーベルト/時など下手に浴びたら、「癌になってしまう」はずです。実害は?報告されていません。

5.1960年代世界中で「核実験」が行われ、放射能がばらまかれました。日本にも中国などから影響は及び、大気中の放射線量は上昇しました。では、その後沢山の人が病気になったのか?結論を言いますと「健康被害なし」でした。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110428/trd11042823060023-n2.htm

核実験時代の63年6月には、東京で放射性セシウム137が、1カ月間で1平方メートル当たり550ベクレル検出されたのですが、今回の福島原発事故による新宿区の1平方メートル当たりの降下量は、最大値で4月11日の170ベクレルとのこと、月間で数百ベクレルになる計算だそうです。つまり、冷戦時代かそれ以下の数値。今回に限って健康被害が発生する要素はどこにもありません。

6.だが、チェルノブイリ並みの「レベル7」を総理大臣が言うくらいだから....チェルノブイリの線量は「チェルノブイリ原子炉事故(推算6,000-16,000mSv)」でした。単位は「ミリシーベルト」です。つまり、6,000,000-16,000,000マイクロシーベルトです。我孫子の数値と比べてみてください。馬鹿馬鹿しくなりますよね。全然ケタが違います。政府がレベル7を宣言したのはパニックを煽るためです。実態は全くかけ離れています。菅は売国奴です。

放射線パニックを引き起こそうと企む人たちの真意を理解してください。反原発デモに参加する前に、ちょっと立ち止まって考えてください。パニックで喜ぶのは、日本の経済活動を停滞させたい外国勢力です。菅政権もテレビ新聞も「グル」です。メディアが伝えない真実をネットで探してください。以下は、参考書籍です。菅のレベル7宣言の意味が分かります。無用な心配を拭い去れます。今晩から安眠できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 12% (37/296)

全く危険はありません。

人々が不安におびえる不幸を喜ぶ人間が、マスコミで ネットで書いているだけです。

福島原発では生きるために3000人が働いています。

比較してください。

低レベルの放射能が体に良いのは、広島 長崎で証明済み。

枯葉剤のダイオキシン 有機水銀 サリドマイドなど、DNAを切り刻む化学物質が人類に多くの被害を

与えてきました。


危険と吹聴している人は3000人になんと言いますか。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 45% (1140/2503)

以前私も、ANo.1さんのと同じく、計算ミスを指摘しました。
strongR さんもICRPやリチャードコシミズ氏やICRPのご意見が特にお好きなようですね。
質問者は私達の回答を読まれることがあるのでしょうか。毎回、リチャードコシミズ氏のサイトが貼ってあり、たぶん、彼のサイトを載せたいがために、質問なされているのではないでしょうか。

貼ってあるURLのサイト持ち主のリチャードコシミズ氏、北條一宇氏、産経新聞はICRP(国際放射線防護委員会)を参考にしているのでしょう。 おそらくご自分たちの利益の為に。 産経新聞は原発推進派です。

●ICRPは原子力利用は危険でも、相応の利益があれば経済的負担をかるくして、ある程度の人的被害(癌など)が増えても良いと言う、限りなく非人道的な基本スタンスです。
福島県も殆どの原発を持つ自治体、日本政府、IAEA, WHOなどもこの意見を取り入れています。
ICRPになっているのは、広島や長崎に原爆を落とした後にやって来たアメリカからのABCC(原爆傷害調査委員会)で、ABCCは調査が目的の機関であるため、被爆者の治療には一切あたることはなかった。 ここでの調査研究結果が、放射線影響の尺度基本データとして利用されることとなりました。彼らは当時の広島と長崎大学の医学部にその仕事を手伝わせました。 今、福島県の健康アドヴァイザーとなって先日朝日癌大賞に決まった山下俊一氏を座長とするその医師団もABCCの手先でしょう。 
ABCCやICRPの医師たちを後ろで操っているのは世界中の原発推進の産業界とその株主達です。日本ではマスコミもです。 
日本では、ICRPの意見の意見を支持しない医者は干されるようです。 正しい知識を持っている医者や科学者でもICRPの意見に反旗を翻せば、仕事もなくなり、家族の安全も脅かされるそうです。

ICRPは世界最大、最悪の原発マフィアです。
WHOもその味方です。  

ICRPは100mSv以下の内部被曝を言っていません。 対称にしているのは、【成人男性の年間外部被曝量100mSvのことだけ】です。 
【成人男性の年間外部被曝量100mSvのことだけ】を安全と言う事により、【100mSv以下の放射能は安全】になり、【原発は安全】になります。 健全稼動していても放射能汚染をしている原発が建て易くなります。 ABCCやICRPにとって100mSvも線量も興味がありません。 調べる必要もありません。【100mSv以下は安全】なのですから。
日本の場合。ICRPの意見があれば、「総括原価方式」とセットで原発を稼動すれば国民から簡単に金がぼったくれます。原発利権者にとってICRPほどいい見方はいません。

もし、今回の原発事故、または原発がある所の住民や医師がICRPを持って放射性物質を理解すれば、今後日本は親よりも子供の方が癌や白血病で早く死ぬ世の中になります。 

今回の原発事故で、東電と政府は勿論ですが、原子力安全員会、原子力安全・保安院、経済産業省、文部省はA級の犯罪集団です。 そして、彼らが支持しているのがICRPです。

http://www.youtube.com/watch?v=rnJdAYlIWMI
  • 回答No.1

ベストアンサー率 12% (1343/10621)

単位換算に間違いがあるような気がします。

ミリシーベルトの場合は、年間の時間で計算されています。365日×24時間ですから8760時間です。

マイクロシーベルとの場合は毎時だそうです。いみわかりますか?。

ですから、我孫子市の0.47×8760では。4117.2マイクロシーベルト、年間、4ミリシーベルト
になると思います。

腰痛撮影が、1500マイクロシーベルトだとすると、1,5ミリシーベルト(病気でやむをえない)

年間4ミリシーベルトは病気でなくても、そこにいるだけで毎年浴びる量です。また、食品など

の複合被曝を考えれば、本来、福島の事故がなければ、あびなくてもすむ量だとおもう。

食品被曝もしかり、そういうものを、計算していけば、恐怖になったとしても、当然であると

私は思います。こういうものは個人でしっかり計算して、安全は自分で、かんがえるしか、

ないとおもいます。そこにすみ続けるか、遠くに引っ越すか。

また、世の中に、乳幼児や、妊婦さん、等、被曝に弱い人も沢山います。これは、脅威だと思いますよ。

また、町中にホッとスポットも、沢山あると思います。知らせないから、しらないから、

それで良いというものではありません。福島の責任を追求すべきです。
お礼コメント
strongR

お礼率 41% (77/186)

回答ありがとうございます。
もちろん原発の責任は追及すべきです。
特に、マスゴミで報道していないマグナ社(なぜか日本のすべての原発の安全管理をまかされているイスラエル企業)にね。

ただし、これ無視してません?

・胃バリウム検査    4.8  mSv
・大腸バリウム検査  7.4 mSv
・放射線治療       60 mSv

結局、放射線量、問題なしですね。
投稿日時:2011/09/06 12:05
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ