• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

化学☆★水和物の析出

水和物を作る物質が水に溶けているとき 冷却等で析出すると結晶は水和物になるのですか? 例えば硫酸銅(II)水溶液を冷却すると 必ず硫酸銅(II)五水和物の結晶が析出するのですか? また物質によって水和物の数が決まってるのですか? 分かりにくい文章ですみません。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数4
  • 閲覧数1706
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

目の付け所が鋭い!と思いました。  冷却すると、どんな水和物の結晶が析出するかは、残念ながら高校の段階では判別できません。それだけに鋭い質問だと思いました。大学に行って「エントロピー」とか「エンタルピー」、「自由エネルギー」などの学習をすませると、反応がどの方向に進むかなどが少しずつわかってきます。  というわけで、By the way! 今は覚えるしかないのですね。・・・残念ながら・・・・。  それで、高校の段階で水和物として析出する物質を2つ紹介しておきます。  この二つを押さえておけば、大学入試に関しては大丈夫。全国的に突破できますよ! (1)CuSO4・5H2O(硫酸銅(II)五水和物)→ 一番よく出ます。 (2)Na2CO3・10H2O(炭酸ナトリウム十水和物)→ ときどき出ます。 どちらもたっぷり水があると、この水和物が析出します。 出題率は(1):(2)=9:1 くらいで 圧倒的に(1)の出題が多いです。(長年教えてきた感覚ですが・・・) ところで、くっついているH2Oを、「水和水」とか「結晶水」と言います。 CuSO4・5H2Oは、見た目はきれいなブルーの結晶(固体)で、純粋な物質です。(混合物ではないんです。) とてもH2Oを含んでいるようには見えませんが、加熱するとH2Oがどんどん失われて、最後はCuSO4ダケになります。 がんばって下さい!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

誉めていただき嬉しいです。 確かにCuSO4・5H2OとNa2CO3・10H2Oはよく見る気がします。 ありがとうございました!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

#3に高校でよく出てくる物質の例として2つの物質が示されています。 CuSO4・5H2O Na2CO3・10H2O CuSO4・5H2Oは溶液、溶解度、のところで出てきます。 NaClのような結晶水を持たない物質の場合との違いを考えるための例として扱っていますから 結晶水の付き方などでややこしいことの起こらないものを選んでいます。 実際に冷却、析出などの実験的な操作もやさしいです。 結晶水が混合物として含まれている水ではなくて構造の一部分になっているH2Oだということは ・結晶に触ってみる、・・・濡れているのではない、 ・結晶を加熱する・・・水が出てくる、 ということで確かめることができます。 青い色の原因も結晶水であるということも分かります。 ・青い色がだんだんと薄くなる、結晶が崩れて粉になって行く、最後には白い粉になる ・白くなった粉に水をたらすと青い色に戻る 他の物質はほとんど出てきません。 結晶水というのがどういうものかというのが分かっていれば 他の物質が出てきてもCuSO4・5H2Oでの考えかたを当てはめればいいということです。 そういう例で教科書に出てくるのは酸・塩基のところででてくるシュウ酸2水和物(COOH)2・2H2Oです。 中和滴定で用いる標準溶液の作成ですからきちんとした濃度計算ができなければいけません。 化学式はどの場合でも全て与えられるはずです。数まで覚えている必要はありません。 析出の条件があるのであればそれも必ず書かれているはずです。 でも結晶水の意味が分からなければどうしようもありません。 ※#3に「水がたっぷりあれば」という表現が使われています。 これは「?」です。水溶液からの析出であればいつも水はたっぷりあると考えられます。 でも炭酸ナトリウムの結晶水の数は析出させる温度によって変わります。 辞典で調べると Na2CO3・10H2O 32.08℃ 以下 Na2CO3・7H2O  32.08~35.27℃ Na2CO3・H2O   35.27℃ 以上 となっています。 全て結晶型が異なります。無色の結晶ですから目で見て違うということを判断するのは難しいです。 (高校で扱うにはややこしすぎます。硫酸銅の場合でも理解するのが難しくてハードルの高いものになっているのが現状ですからこういうものまで出しても仕方がありません。) ※似たような表現は#1でも使われています。 >>必ず硫酸銅(II)五水和物 >水が足りなければなれないよ。 質問文のなかでは「析出」という言葉を使っています。 「水溶液からの析出」の意味です。 水が足りないという状況は当てはまりません。 5水和物の水の数が変わるのは結晶を加熱した時です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

(COOH)2・2H2Oもよく見る気がします。 ありがとうございました!

  • 回答No.2
  • root_16
  • ベストアンサー率32% (674/2096)

例えば、硫酸鉄(II)の水和物は 無水和物、一水和物、四水和物、五水和物、七水和物 とあり、析出したときは七水和物で 加熱により結晶水が少なくなっていきます。 水和物も含めた形が組成式であり、 物質名なので、物質によって水和物の数が変わるか、 という質問はちょっと変な質問です。 「物質」を広義で捉えれば分かりますが、 化学の分野での質問にはそぐわないかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

言葉な定義を確りするべきでした。 ありがとうございました!

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

>冷却等で析出すると結晶は水和物になるのですか? 水和物が水中で無水物より標準生成エンタルピーが負で絶対値が大きいとは考えられないから、水和物になるでしょう。 >必ず硫酸銅(II)五水和物 水が足りなければなれないよ。 >物質によって水和物の数が決まってる 温度や圧力、イオン強度により同じ物質の水和水の分子数が違うことはあり得る。 具体例は知らない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくは大学でですね。 エンタルピーとか難しそうです。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 結晶の析出 水和水あり この解法どうですか?

    大学受験範囲です 「硫酸銅(II)の80℃における飽和水溶液200gを 10℃まで冷却すると何gの結晶が析出するか? 硫酸銅(II)の水に対する溶解度は80℃で56、10℃で17であり 析出する結晶は硫酸銅(II)・五水和物とする。 またCuの原子量は64とする。」 という問題を自分は以下の手順で解きました。 80℃の飽和水溶液においては水100gあたりに硫酸銅(II)は56g存在するので 80℃の飽和水溶液200gは 全量200g 水128g  硫酸銅(II)72gである これを10℃まで冷却したときに飽和水溶液から失われる硫酸銅(II)の質量をxgとする 失われる水の質量をygとする・・1 次に硫酸銅(II)・5水和物 1molを考えてみると、硫酸銅(II)の部分が159.5gであり 5水和物の部分が(水和水の部分が)90gである・・・2 1,2より 159.5:90=x:yがなりたつ 計算して 180x=319y・・・3 さて10℃の飽和水溶液においては水100gあたりに硫酸銅(II)が17gある 1より問題の飽和水溶液には水が(128-y)g 硫酸銅(II)が(72-x)gある よって100:17=128-y:72-xがなりたつ 計算してy=31.4 よって水は31.4g失われたことになる・・・4 ここで析出した結晶全体の質量をzgとおくと 2、4より90:249=31.4:zがなりたつ よってz=86.9  よって86.9g析出した (1)答えはあっていましたが、我ながらなんとなくドン臭いとき方に感じます。 もっとスマートな解法はありますか? それとも別にドン臭くないですか? (2)自分が受ける大学の化学は計算量がエグイのですが この解法で時間は大丈夫でしょうか? (もちろん自分の計算能力にもよりますし、他の受験者の出来にも左右されますがあくまで一般論として)

  • 水和物と無水物

    水に対する硫酸銅(II)無水物CuSO4の溶解度の値は60℃で40、20℃では20である。 これについて、以下の問いに答えよ。ただし、H2O=18、CuSO4=160とする。 問い1、硫酸銅(II)五水和物CuSO4・5H2Oの結晶x[g]を100[g]に溶かした。      この水溶液中の溶媒の質量は何[g]か? xを用いて表せ この問題は溶媒の質量だから、まず、溶質の質量を求めてから、100[g]の水を足すと答えになると 分かりました。 水和物になれてなくてややこしいんですが、式にすると、x*(160/250)[g]となりました。 問い2、60℃において、水100[g]には何[g]の硫酸銅(II)五水和物CuSO4・5H2Oを溶かすことができるか      有効数字2桁で答えよ。 ここから難しくよく分かりません。無水物と水和物をどう使い分ければいいのか分かりません。 問い3、60℃の飽和水溶液100[g]を20℃に冷却すると、何[g]の硫酸銅(II)五水和物CuSO4・5H2Oが析出するか?      有効数字2桁で答えよ。 これもまた分かりません。60℃のときの溶質、溶媒、溶液と20℃の溶質、溶媒、溶液を考えるのかと思うんですが 答えが合いません。 長くなりましたが、なるべくコメント多めで教えてほしいです。 おねがいします。

  • 冷却して析出

    式量、分子量について、Na2SO4=142.0 , CuSO4=160.0 , H2O=18.0 とする。 水和水をもつ化合物の水に対する溶解度は、一般にある温度で水100gに溶けうる無水物のグラム数で表される。 この定義に基づいた硫酸銅(II)五水和物CuSO4・5H2Oの溶解度は、20℃で20、60℃で40である。 いま、60℃の硫酸銅(II)飽和水溶液が500gある。 問1、この飽和水溶液500g中に含まれる硫酸銅(II)無水物の質量は何gか。整数で答えよ。 硫酸銅(II)無水物の質量をxとおいて {500*(x/250)/500}=40/140=71.4となり答えは71g。ここまであってますよね? でも問2でどう計算しても、答えがマイナスになります。 問2、この飽和水溶液500gを20℃に冷却したとき、析出する硫酸銅(II)五水和物の結晶の質量は何gか。整数で答えよ。 析出する硫酸銅(II)五水和物の結晶の質量をyとおく。 式は、{(71.4-0.64z)/(500-z)}=20/120とするんですが、どうしてもマイナスになってしまいます。 どこで間違えているんでしょうか。 教えてください。 おねがいします。

  • 高校化学 溶解度

    硫酸銅(II)(式量160)の溶解度は60°Cで40, 20°Cで20である。60°Cで水100gに溶かすことのできる硫酸銅(II)五水和物は何gか。また、このようにしてつくった飽和水溶液を20°Cまで冷却した場合、析出する硫酸銅五水和物の結晶は何gか。ただし、H2Oの式量を18とする。 硫酸銅五水和物が水100gにx[g]溶けるとすれば、 水の質量は100+(90/250)x[g] 硫酸銅の質量は(160/250)x[g] また、水100gには硫酸銅は40gとけるので、 100:40=100+(90/250)x:(160/250)x x≒80.6[g] 20°Cまで冷却したときにy[g]の硫酸銅五水和物が析出したとすれば、そのときの水の質量は 100+(90/250)x-(90/250)y[g]≒129-(90/250)y[g] 析出した硫酸銅の質量は (160/250)y[g] また、60°Cにおいて、100gの水に40gの硫酸銅が溶けているとき、60°Cから20°Cまで冷却すると、20gの硫酸銅が析出するので、 129-(90/250)y:(160/250)y=100:20 y≒36.2 解答ではy=45(有効数字2桁)となっていました。上記のやり方の間違っているところを教えてください。(xはあっていました。)

  • 溶解度と析出量の問題 (水和水あり)

    大学入試範囲です 「硫酸銅(II)無水塩の溶解度を、20℃と60℃においてそれぞれ21と40とする。 ただしCuの原子量は64であり 硫酸銅(II)・五水和物を「結晶」と呼称する (1)60℃で飽和水溶液100gを作るには、何gの結晶を水に溶かす必要があるか (2)60℃の飽和水溶液100gを20℃まで冷却すると、結晶が何g析出するか (3)2で析出した結晶を全て溶かして20℃の飽和水溶液にするには さらに何gの水を加える必要があるか 答え(1)45g (2)24g (3)64g」 (1)と(3)の解き方が分かりません。どう考えればいいか教えてください。 (問題集の答えは「公式」と称するものを10種類以上乗せてそれに当てはめてるので まともな解説がありません。困っています。)

  • 溶解度 析出量 水和水をもった結晶 の問題

    大学受験範囲です 「硫酸銅(II)無水塩の溶解度を、20℃と60℃においてそれぞれ21と40とする。 ただしCuの原子量は64であり 硫酸銅(II)・五水和物を「結晶」と呼称する (1)60℃で飽和水溶液100gを作るには、何gの結晶を水に溶かす必要があるか (2)60℃の飽和水溶液100gを20℃まで冷却すると、結晶が何g析出するか (3)2で析出した結晶を全て溶かして20℃の飽和水溶液にするには さらに何gの水を加える必要があるか 答え(1)45g (2)24g (3)64g」 という問題があったのですが、この(3)の問題の状況設定が疑問です。 私は「2の操作でできた 飽和水溶液+析出した結晶」に水を加えて飽和水溶液にするには 何gの水が必要かという意味に解釈したのですが、答えがあいません。 これ、もしかして「2の操作でできた 析出した結晶」に水を加えて飽和水溶液にするには 何gの水が必要か?という意味なのですか? それとも単なる計算ミスなのでしょうか?

  • 化学の問題がわかりません・・・・できれば解説もよろしくお願いします!!

    化学の問題がわかりません・・・・できれば解説もよろしくお願いします!! 次の表は、100gの水に対する硫酸銅(II)の溶解度を示したものである。H2O=18、CuSO4=160 温度(℃) 10 20 30 40 50 60 70 溶解度 17.0 20.7 25.0 28.5 33.3 40.0 48.5 (1)硫酸銅(II)五水和物CuSO4・5H2Oの65.0gを、100gの水に完全に溶解させて飽和溶液をつくるには、水溶液の温度を約何℃にすればよいか。 (2)この水溶液を30℃にすると、結晶は何g析出するか。 (3)30℃における結晶析出後の水溶液の濃度は何%か。 (4)0.200mol/Lの硫酸銅(II)水溶液を500mLつくるには、上記(3)の水溶液何mLを水でうすめればよいか。ただし、(3)の水溶液の密度は1.22g/mLである。 (5)硫酸銅(II)五水和物の結晶を使って、0.100mol/Lの水溶液を1Lつくりたい。このときに用いる器具名を挙げて、その方法を説明せよ。

  • 硫酸銅の濃度(?)の問題

    25℃の条件下で、密度1.10g/cm3の8.00%硫酸銅(II)水溶液を1.00L作った。この水溶液を加熱濃縮し、800gの水を蒸発させて、その後25度に冷却した。この冷却した水溶液から、硫酸銅(II)五水和物は何グラム析出されるか。ただし、25℃における硫酸銅(II)の溶解度は22.0g/100g水 とする。 という問題があるのですが、 まだ水溶液に手を加える前は、1000×1.1×(8/100)=88gが硫酸銅(II)の質量であり、よって水は1100-88=1012g存在し、800gは蒸発するので残りは212gの水が残っていることが分かりました。 そのご、硫酸銅(II)の析出量なら溶解度をそのまま利用して求めることができるのですが、硫酸銅(II)五水和物となっているので、そこから混乱してしまいました。 この問題では各元素の原子量も記されていないのですが、この問題には原子量は関わってきますよね? それを考慮して解こうと思ったのですが、五水和物になると溶解度が変わってしまうのだろうか?などいろいろ考えたら余計に混乱してしまいました…。 どうやったら五水和物の析出量が求められるか教えてください!!

  • 硫酸銅(II)五水和物 なぜ青くなるか?

    硫酸銅(II)五水和物に水をたらすと水和物になり青くなりますが、なぜ青くなるんですか?  基礎的なことですが、どうぞよろしくお願いします。

  • 水和物について

    水和物について質問があります。 水和物には硫酸銅(ll)五水和物などいろいろありますが、これを加熱すると水和水が飛んでいきますよね。 そこで疑問なのですが、水和物を加熱せずに思いっきりすり潰すとどうなるのでしょうか。思いっきりすり潰すことにより結合が切れ、水和水が水となって出てくるのでしょうか?それともその程度であれば水和水は水として出てこないのでしょうか? 実際にこのようなことを自分でやってみればわかることなのですが、そういった環境に今いないので・・・。 なんとなく考えついてしまった質問で(でも気になります・・・)、非常にくだらないかも知れませんが、どなたか教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。