• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

高校化学 蒸発

問題が解けなくて苦戦しています; 過程も含めて解答していただけるとありがたいです。 1) ある塩は100gの水に0℃で50g、80℃で150g溶ける。今、80℃の飽和水溶液100gから水を蒸発させて、その後に0℃まで冷却したところ、50gの結晶(無水物)が析出した。蒸発した水は何gか。整数で答えよ。 2) 水に対するKClの溶解度(g/100g水)は、80℃で52、10℃で31である。80℃の飽和KCl水溶液を10℃まで冷却すると、40gのKClが析出した。もとの飽和水溶液は何gあったか。 3) 無水炭酸ナトリウム(Na2CO3)の水に対する溶解度は25℃で30(g/100g水)である。炭酸ナトリウム十水和物(Na2CO3・10H20)100gを水に溶かして25℃の飽和水溶液をつくるとき、必要な水の質量(g)はいくらか。ただし、原子量はH=1、O=16、Na=23とし、整数で答えよ。 4) 60℃における無水硫酸銅(II)の水に対する溶解度を40,0(g/100g水)、また、20℃における溶解度を20,0(g/100g水)とする。60℃における飽和水溶液140gを20℃に放置すると、硫酸銅(II)五水和物の結晶が析出した。析出した硫酸銅(II)五水和物は何gか。有効数字2桁で答えよ。ただし、必要な場合には、次の数字を用いよ。 原子量:H=1,00、O=16,0、S=32,1、Cu=63,5 お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数1027
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

(1)80℃の飽和水溶液100gにはこの塩が100*150/(150+100)=60g溶けています。問題の操作により析出したのは50gですから、溶けている塩は10gです。0℃で10gの塩を溶かすのに必要な水は20gで、元の溶液には40gの水が含まれていたので・・・。 (2)仮に水100gとKCl 52gからなる溶液(つまり80℃で飽和)を10℃まで冷却すると、52-31=21gのKCLが析出するはずです。実際に析出したのは40gなので・・・。 (3)炭酸ナトリウムの式量は106、十水和物の式量は286です。従って100gの十水和物には 無水炭酸ナトリウム:100*106/286 (g) ・・・(あ) 水:100*180/286 (g) ・・・(い) が含まれています。(あ)の量の無水炭酸ナトリウムを溶かすには 100*106/286/0.3 (g) の水が必要になりますが、このうち(い)の分は結晶水(水和物に含まれている水)で賄われるので、新たに必要な水は 100*106/286/0.3ー100*180/286 (g) になります。 (4)60℃における飽和水溶液には40g(無水として)の硫酸銅が溶けています。これを20gに冷却した時にxgの硫酸銅5水和物が析出したとします。その中には x*159.5/249.5 (g)の無水硫酸銅 x*90/249.5 (g)の水 が含まれているので、残りの水溶液中には 40-x*159.5/249.5 (g)の無水硫酸銅 100-x*90/249.5 (g)の水 この両者が20℃における飽和水溶液の比率になればいいので 5*(40-x*159.5/249.5)=100-x*90/249.5 として解けばOKです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解答ありがとうございます! 答えがない問題なので合っているかわかりませんが…; 答えも載せてもらえるとありがたいです。 わがまますみません(>_<) ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 冷却して析出

    式量、分子量について、Na2SO4=142.0 , CuSO4=160.0 , H2O=18.0 とする。 水和水をもつ化合物の水に対する溶解度は、一般にある温度で水100gに溶けうる無水物のグラム数で表される。 この定義に基づいた硫酸銅(II)五水和物CuSO4・5H2Oの溶解度は、20℃で20、60℃で40である。 いま、60℃の硫酸銅(II)飽和水溶液が500gある。 問1、この飽和水溶液500g中に含まれる硫酸銅(II)無水物の質量は何gか。整数で答えよ。 硫酸銅(II)無水物の質量をxとおいて {500*(x/250)/500}=40/140=71.4となり答えは71g。ここまであってますよね? でも問2でどう計算しても、答えがマイナスになります。 問2、この飽和水溶液500gを20℃に冷却したとき、析出する硫酸銅(II)五水和物の結晶の質量は何gか。整数で答えよ。 析出する硫酸銅(II)五水和物の結晶の質量をyとおく。 式は、{(71.4-0.64z)/(500-z)}=20/120とするんですが、どうしてもマイナスになってしまいます。 どこで間違えているんでしょうか。 教えてください。 おねがいします。

  • 高校化学の問題を教えてください!!

    (1)90℃の硫酸銅(II)飽和水溶液156gを20℃に冷やすと、何gの硫酸銅(II)五水和物が析出するか。ただし、硫酸銅(II)は水100gに90℃で56g、20℃で20gまで溶けるものとする。 (2)ある濃度の硫酸銅(II)水溶液205gを、60℃から20℃に冷やしたところ、硫酸銅(II)五水和物が25g析出した。はじめの水溶液に含まれていた硫酸銅(II)の質量は何gか。ただし、硫酸銅(II)は水100gに60℃で40g、20℃で20gまで溶けるものとする。 なるべく、簡単に分かりやすく求め方を教えてください!! 全く分からなくて本当に困っています。 回答お願いします。

  • 化学の問題がわかりません・・・・できれば解説もよろしくお願いします!!

    化学の問題がわかりません・・・・できれば解説もよろしくお願いします!! 次の表は、100gの水に対する硫酸銅(II)の溶解度を示したものである。H2O=18、CuSO4=160 温度(℃) 10 20 30 40 50 60 70 溶解度 17.0 20.7 25.0 28.5 33.3 40.0 48.5 (1)硫酸銅(II)五水和物CuSO4・5H2Oの65.0gを、100gの水に完全に溶解させて飽和溶液をつくるには、水溶液の温度を約何℃にすればよいか。 (2)この水溶液を30℃にすると、結晶は何g析出するか。 (3)30℃における結晶析出後の水溶液の濃度は何%か。 (4)0.200mol/Lの硫酸銅(II)水溶液を500mLつくるには、上記(3)の水溶液何mLを水でうすめればよいか。ただし、(3)の水溶液の密度は1.22g/mLである。 (5)硫酸銅(II)五水和物の結晶を使って、0.100mol/Lの水溶液を1Lつくりたい。このときに用いる器具名を挙げて、その方法を説明せよ。

  • 化学II、溶解度を用いる問いです。

    次の硫酸銅(II)の溶解度の値を用いて、以下の問いに答えよ。 60℃:39.9 80℃:56.0 ただし、式量を CuSO4=160、H2O=18.0 として答えよ。 (1)80℃の飽和水溶液100gつくるのにCuSO4・5H2Oは何g必要か。                    〈A、56.1g〉 【解説】 100gの飽和水溶液中には{100×(56.0g/156.0g)}gの無水の硫酸銅(II)が含まれる。 硫酸銅(II)の結晶はCuSO4・5H2Oなので、含まれる無水の硫酸銅(II)の質量に{160(g/mol)+18.0(g/mol)×5}/160g(g/mol)を乗じる。 (2)(1)の飽和水溶液100gは、60℃に冷却すると何gの結晶が析出するか。                    〈A、20.8g〉 【解説】 39.9g:139.9g=(56.08-x)×{160(g/mol)}/{250(g/mol)}:100g-x 39.9×(100-x)=89.536×(56.08-x) x=20.77g ∴20.8g 析出する結晶の質量をx[g]とし、60℃の飽和水溶液とそこに溶解している無水の硫酸銅(II)の質量比をxで表して求める。 80℃で硫酸銅(II)の結晶が56.08g溶解していることが(1)からわかる。 (3)(1)でつくった80℃の飽和水溶液100gをしばらく放置しておいたところ、水が蒸発して結晶が50.0g析出した。 このとき水は何g蒸発したか。                     〈A、39.1g〉 【解説】 100g:56.0g={x+50.0g×(90g/mol)/(250g/mol)}:50.0×{(160g/mol)/(250g/mol)} x=39.14 ∴39.1 50gの硫酸銅(II)結晶が析出したとき、蒸発した水の質量xと、 そこに溶解していた無水の硫酸銅(II)の質量比が、 80℃の溶解度と溶媒の水100gの比に等しいことから求まる。 ◎以上の問いの【解説】が理解出来ずに困っています。  もう少し簡単に出来ないでしょうか?  または、解説の“解説”でも結構です。お願いします。

  • 結晶の析出の計算

    高校化学からの質問です。 「水100gに対する無水硫酸銅(II)CuSO4の溶解度は、20℃で20、60℃で40である。60℃における硫酸銅(II)の飽和水溶液100gを20℃まで冷却するとき、析出する硫酸銅(II)五水和物CuSO4・5H2Oは何gか」という問題がありました。 以下の僕の考え方で問題がある点をご指摘下さい。 60℃の硫酸銅の飽和水溶液100gを、20℃まで冷却した際の無水硫酸銅の析出量は、20/140 × 100 =14.28g ↓ この無水硫酸銅14.28gをモル換算すると0.08925mol ↓ 五水和物は、無水硫酸銅1molに対して水分子が5mol水和しているので、無水硫酸銅0.08925molに水和している水分子は0.4462mol ↓ 0.4462molの水分子をグラム換算すると8.032g ↓ 析出した無水硫酸銅のグラム数に水分子のグラム数を加えて、 14.28g+8.032g=22.312g ↓ 答え:22g 以上が僕の考え方です。解答は25gで、3gの誤差があります。 ちなみにその解答では、 (100-X):(28.6 - 160X/250)=120:20 という式をたてて計算していますが、この式の意味もわかりません。 宜しくお願いします。

  • 溶解度と析出量の問題 (水和水あり)

    大学入試範囲です 「硫酸銅(II)無水塩の溶解度を、20℃と60℃においてそれぞれ21と40とする。 ただしCuの原子量は64であり 硫酸銅(II)・五水和物を「結晶」と呼称する (1)60℃で飽和水溶液100gを作るには、何gの結晶を水に溶かす必要があるか (2)60℃の飽和水溶液100gを20℃まで冷却すると、結晶が何g析出するか (3)2で析出した結晶を全て溶かして20℃の飽和水溶液にするには さらに何gの水を加える必要があるか 答え(1)45g (2)24g (3)64g」 (1)と(3)の解き方が分かりません。どう考えればいいか教えてください。 (問題集の答えは「公式」と称するものを10種類以上乗せてそれに当てはめてるので まともな解説がありません。困っています。)

  • 高校化学 溶解度

    硫酸銅(II)(式量160)の溶解度は60°Cで40, 20°Cで20である。60°Cで水100gに溶かすことのできる硫酸銅(II)五水和物は何gか。また、このようにしてつくった飽和水溶液を20°Cまで冷却した場合、析出する硫酸銅五水和物の結晶は何gか。ただし、H2Oの式量を18とする。 硫酸銅五水和物が水100gにx[g]溶けるとすれば、 水の質量は100+(90/250)x[g] 硫酸銅の質量は(160/250)x[g] また、水100gには硫酸銅は40gとけるので、 100:40=100+(90/250)x:(160/250)x x≒80.6[g] 20°Cまで冷却したときにy[g]の硫酸銅五水和物が析出したとすれば、そのときの水の質量は 100+(90/250)x-(90/250)y[g]≒129-(90/250)y[g] 析出した硫酸銅の質量は (160/250)y[g] また、60°Cにおいて、100gの水に40gの硫酸銅が溶けているとき、60°Cから20°Cまで冷却すると、20gの硫酸銅が析出するので、 129-(90/250)y:(160/250)y=100:20 y≒36.2 解答ではy=45(有効数字2桁)となっていました。上記のやり方の間違っているところを教えてください。(xはあっていました。)

  • 結晶の析出 水和水あり この解法どうですか?

    大学受験範囲です 「硫酸銅(II)の80℃における飽和水溶液200gを 10℃まで冷却すると何gの結晶が析出するか? 硫酸銅(II)の水に対する溶解度は80℃で56、10℃で17であり 析出する結晶は硫酸銅(II)・五水和物とする。 またCuの原子量は64とする。」 という問題を自分は以下の手順で解きました。 80℃の飽和水溶液においては水100gあたりに硫酸銅(II)は56g存在するので 80℃の飽和水溶液200gは 全量200g 水128g  硫酸銅(II)72gである これを10℃まで冷却したときに飽和水溶液から失われる硫酸銅(II)の質量をxgとする 失われる水の質量をygとする・・1 次に硫酸銅(II)・5水和物 1molを考えてみると、硫酸銅(II)の部分が159.5gであり 5水和物の部分が(水和水の部分が)90gである・・・2 1,2より 159.5:90=x:yがなりたつ 計算して 180x=319y・・・3 さて10℃の飽和水溶液においては水100gあたりに硫酸銅(II)が17gある 1より問題の飽和水溶液には水が(128-y)g 硫酸銅(II)が(72-x)gある よって100:17=128-y:72-xがなりたつ 計算してy=31.4 よって水は31.4g失われたことになる・・・4 ここで析出した結晶全体の質量をzgとおくと 2、4より90:249=31.4:zがなりたつ よってz=86.9  よって86.9g析出した (1)答えはあっていましたが、我ながらなんとなくドン臭いとき方に感じます。 もっとスマートな解法はありますか? それとも別にドン臭くないですか? (2)自分が受ける大学の化学は計算量がエグイのですが この解法で時間は大丈夫でしょうか? (もちろん自分の計算能力にもよりますし、他の受験者の出来にも左右されますがあくまで一般論として)

  • 硫酸銅の濃度(?)の問題

    25℃の条件下で、密度1.10g/cm3の8.00%硫酸銅(II)水溶液を1.00L作った。この水溶液を加熱濃縮し、800gの水を蒸発させて、その後25度に冷却した。この冷却した水溶液から、硫酸銅(II)五水和物は何グラム析出されるか。ただし、25℃における硫酸銅(II)の溶解度は22.0g/100g水 とする。 という問題があるのですが、 まだ水溶液に手を加える前は、1000×1.1×(8/100)=88gが硫酸銅(II)の質量であり、よって水は1100-88=1012g存在し、800gは蒸発するので残りは212gの水が残っていることが分かりました。 そのご、硫酸銅(II)の析出量なら溶解度をそのまま利用して求めることができるのですが、硫酸銅(II)五水和物となっているので、そこから混乱してしまいました。 この問題では各元素の原子量も記されていないのですが、この問題には原子量は関わってきますよね? それを考慮して解こうと思ったのですが、五水和物になると溶解度が変わってしまうのだろうか?などいろいろ考えたら余計に混乱してしまいました…。 どうやったら五水和物の析出量が求められるか教えてください!!

  • 溶解度 析出量 水和水をもった結晶 の問題

    大学受験範囲です 「硫酸銅(II)無水塩の溶解度を、20℃と60℃においてそれぞれ21と40とする。 ただしCuの原子量は64であり 硫酸銅(II)・五水和物を「結晶」と呼称する (1)60℃で飽和水溶液100gを作るには、何gの結晶を水に溶かす必要があるか (2)60℃の飽和水溶液100gを20℃まで冷却すると、結晶が何g析出するか (3)2で析出した結晶を全て溶かして20℃の飽和水溶液にするには さらに何gの水を加える必要があるか 答え(1)45g (2)24g (3)64g」 という問題があったのですが、この(3)の問題の状況設定が疑問です。 私は「2の操作でできた 飽和水溶液+析出した結晶」に水を加えて飽和水溶液にするには 何gの水が必要かという意味に解釈したのですが、答えがあいません。 これ、もしかして「2の操作でできた 析出した結晶」に水を加えて飽和水溶液にするには 何gの水が必要か?という意味なのですか? それとも単なる計算ミスなのでしょうか?