-PR-
解決済み

覚せい剤などは分かります。でもなぜ大麻も?

  • 困ってます
  • 質問No.65060
  • 閲覧数323
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 30% (3/10)

覚せい剤などの中毒性・人体に対する悪影響がある物の接種が禁止なのは分かります。でも大麻は、人体に対する悪影響といえば発癌性が煙草に対しフィルターがない分高い、癌に対する免疫力の低下ぐらいしかなく、煙草やアルコールのような中毒性も認められていない、アルコールのような凶暴性、感覚機能の著しい低下もなく、かえって安全なのでは?喫煙時のみ車を精密に操縦する能力(「追跡能力」と呼ばれる)に対して悪影響を与えるが、反応時間およびその他の運転能力基準には影響しないことが確認されているし、その能力の低下をを十分自覚するために、安全性を十分注意し、かえって事故を起こす確立が下がると言う結果が、ドライヴシュミレーションでも出ています。その他には、脳卒中を消し去る等をはじめ、人体に対して良い影響は数え切れません(心理的にも)。なぜ違法なのでしょうか。解禁になることは無いのでしょうか。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 37% (25/66)

オランダでは個人の使用は認められていますよね~!
でも日本はアメリカに右へ倣え!状態だから
アメリカが解禁にしない限りは無理な気がしますぅ~

でも、日本では昔は薬草として使ってたり、木こりの人たちは「麻酔い」と言って大麻を吸ってたと
「マリファナ・ナウ」とか「マリファナ・ハイ」って言う本には書いてありましたね~!

禁止する理由を色々と聞くけど、どれも後から取って付けたような気がしちゃいますね~!
ステッピングストーンの可能性だって(゜O゜)\(--;オイオイって思うし・・・
でもkeeさんの回答にあるように、経済に悪影響はひょっとしたらあるかも?って感じるけど(労働意欲とか競争心の減退などで?)どうなんでしょうね?
オランダ頑張れ!って思ってますぅ~(笑)
お礼コメント
suggy

お礼率 30% (3/10)

確かに経済に悪影響はあるかもしれませんね。その国の悪口を言うわけじゃないけど、ジャマイカは合法ではないけど、マリファナで国の人々が成り立ってる(言い過ぎ?)ところがあるように思えるけど、そのせいで国が発達しないのかも?向こうの人たちはあまり働かないと聞きますし。(いい意味でも、悪い意味でも)自分的には日本があのように成っては困りますし。
投稿日時 - 2001-04-19 21:36:47
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 日本人は大麻を吸引する習慣はありませんでした。戦後、アメリカ占領軍が駐留するようになり、自生していたのに慌てた軍当局が禁止したという経緯があります。アメリカでも1920年代にメキシコ系移民労働者、都市の黒人、そしてボヘミアンの間に徐々に広まり、酩酊を伴なう薬物として、禁止されました。酒と違い、社会的少数者などの反体制的な人が好んで使用していたため、解禁されることはありませんでした。いまでも、その毒性は証 ...続きを読む
 日本人は大麻を吸引する習慣はありませんでした。戦後、アメリカ占領軍が駐留するようになり、自生していたのに慌てた軍当局が禁止したという経緯があります。アメリカでも1920年代にメキシコ系移民労働者、都市の黒人、そしてボヘミアンの間に徐々に広まり、酩酊を伴なう薬物として、禁止されました。酒と違い、社会的少数者などの反体制的な人が好んで使用していたため、解禁されることはありませんでした。いまでも、その毒性は証明されていませんが(タバコより軽いことはたしか)、吸い始めると、より刺激の強いアヘン・モルヒネなどに移行するという考えにより、禁止されています。解禁せよとの声がほとんどないのも一つの理由です。解禁になることは、タバコとよく似た吸引方法ですので、健康に逆行する(実際そうであるとは限りませんが)と見られますので、決してないでしょう。
お礼コメント
suggy

お礼率 30% (3/10)

 shoyosiさん、丁寧な回答ありがとうございます。『決して』と言うのはどうでしょうか。「解禁せよ!という声がほとんどないのも一つの理由」と言う事は、ほとんどではない人々、即ち、少数派ではあるが、解禁の声もあがっていると言うことです。法律を動かすためには人数を必要とするのは分かりますが、少数派の意見に耳を傾けることも『決して』忘れてはいけないことですよね?例えば、脳腫瘍に対しては、それを消し去る効果があります。ほかにも、極少有害の鎮痛剤としての効果等医療的効果を挙げれば限がありません。大麻によって非常に助かる思いをする人はいるはずです。shoyosiさんの考えの部分(解禁になることは・・・~)ではない部分の記述は日本大百科事典などで調べると、確かにそのように書いてあります。しかしそれには、大麻=DRUG=悪い物という誤見・先見・偏見の目があるために、間違った『考え』や『思い込み』も記されています。
 上記の通り1920年代にメキシコ系移民労働者、都市の黒人、そしてボヘミアンの間で流行し酩酊を伴なう薬物として禁止されたと書いてあり、日本には、弥生時代に渡来し、繊維としての栽培がはじまった。戦時中、成長も早く強度もあるので盛んに栽培られ、戦後アメリカ軍が禁止したと書いてあります。しかし喫煙という形ではふるくから宗教的な祭事・修行などに使用され、麻の産地の人々の間に広がり、娯楽として広がった。と言うのが事実であり、また考古学的には宗教的な使用を優先し、アヘン戦争のような大きな事件も無いために、娯楽としての使用はあまり言及されないと言うのもまた事実です。WHOの研究によると犯罪の原因、奇形発生、自発性減退、そして、より刺激の強いアヘン・モルヒネなどに移行する事、それは合法と非合法の問題で、法を犯したから一緒だろうという心理が働くためで、それは大麻とは無関係である。と言う結果が既に実証されています。大麻を合法化すると、次の世代から違法ドラッグへの移行も防げるのです。
 例えば皆さんこれはどう思います?『危険性が非常に高く、強い幻覚作用のある合法ドラッグ(ペヨーテ・マジックマッシュルーム等)は経験あるが、大麻はない』
 
      
投稿日時 - 2001-04-20 01:41:48
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 13% (63/457)

禁止するというものは、体に悪いものだけではないと思います。 経済に悪影響する要因を含んだものや・集団規律を乱すもの を禁止するのも社会です。 輸入輸出制限などが良い例だと思います。 ...続きを読む
禁止するというものは、体に悪いものだけではないと思います。

経済に悪影響する要因を含んだものや・集団規律を乱すもの
を禁止するのも社会です。

輸入輸出制限などが良い例だと思います。
お礼コメント
suggy

お礼率 30% (3/10)

上に同じ
投稿日時 - 2001-04-19 21:40:07
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ