• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

so that 教えてください

単文は複文に、複文は単文にの問題でわからないところがあります。 教えてください。 1) He is too young to know better.          ↓  He is so young that he (can't) know better. 2) She was so kind that she showed me around the city.          ↓ She was so kind ( enought) to show me around the city. (   )内が間違いでした。何が入るのでしょうか? できたら問題の和訳も教えてください お願いします!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数77
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

1) 彼は若くて分別がない。 doesn't too to → so that の変形で,基本は can't が使われるのですが,特に「できる」の意味が出ない時は単なる否定にします。 know better「分別がある」の場合も can't とはなりにくいです。 2)彼女は親切にも私に町の案内をしてくれた。 as enought to を用いるなら so は必要ありません。 ちょっとかための英語で so 形容詞・副詞 as to 原形で 形容詞・副詞 enough to 原形 と同じ意味になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。よくわかりました

関連するQ&A

  • enough to を so that にできない

    ふつうは、 She was lucky enough to have ten grandchildren, She was so lucky that she had ten grandchildren. のように書きかえできますが、 He is old enough to drive. He is so old that he can drive. だと書きかえることができません。これだと、彼は年をとっていて、運転できるということになってしまいます。 このような書きかえはどうしてできないのでしょう? 書き換えができないパターンはどういう共通点があるのでしょうか?

  • so that構文の疑問

    so that構文の疑問 「彼は車を買えるほど、お金持ちではない。」 という文をso that構文を使って英訳すると (1)He is'nt so rich that he can buy a car. (2)He is'nt so rich that he can't buy a car. (1)は「程度」(2)は「結果」を表すと考えたら どちらも正しい文になるのでしょうか?

  • 「とても~なので」「~するために」のso that

    一般的に「とても~なので…」の「so 形・副 that S V」と「~するために」の「so that S V」 は別物みたいに扱われていますが、果たして全くの別物なのでしょうか? 例えば次の文ですが、 I studied so hard that I was a doctor. I studied hard so that I was a doctor. 上は「私はとても熱心に勉強したので医者になった(現在は医者になっている)。」 下は「私は医者になるために熱心に勉強した(現在、医者になっているかなってないかは断定できない)。」 と一般的に訳されていますが(括弧の部分は僕個人の捉え方ですが)、 ネイティブの人はそこを意識して使っているのでしょうか? というのは『E-gate』という辞書で次の例文を見たからなんです。 He studied hard so that he won a scholarship. 「彼は一生懸命勉強して、その結果、奨学金をもらった。」 つまり一般的にso thatは「目的」で訳されていますが、「結果」もありうる。 もっと言えばネイティブの人にとって両者はそれほど違うものではなくて、 so hard thatならhardの前にsoを持ってくることによって that以下の内容とhardを密接に関連付けているだけなのかな、 と思ってしまうのですが、みなさんはどう思われるでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15065/32198)

1) 若過ぎて知らない、まだ小さいから分からない  括弧の中は(doesn't)でしょうね。 2)彼女親切にも町の案内をしてくださった。  括弧の中は空白か as か習った方を入れておけばいいんじゃないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。よくわかりました。

関連するQ&A

  • so~that…(とても~なので…)について

    He would get so involved in his play that when it was time to go home,he would cry again. 彼は遊びに熱中するあまり、帰宅する時間になるとまた泣き叫ぶのであった なんですがなぜwould getとなるんでしょうかcryという動詞があるのにgetという動詞があるのがよくわからないです(getは和訳にも入っていませんしwould getでなくwasならわかるんですが また He would enjoy himself so much in his play that he would cry again,refusing to go home. 彼は遊びを楽しんでいたので、帰宅するのを拒否してまた泣き叫ぶのであった こちらもenjoyとcryという動詞があってよくわからないです 後こちらの文はso~that…の~の部分が much in his play となっていて (とてもmuch in his play なので… となって意味がよくわからないです) わからない部分の説明がへたですいません

  • to thatについて

    By comparing someone's DNA to that found at the scene of a crime, it is possible to prove that he or she was there. to that以下found at the scene of a crimeがsomeone's DNAを修飾しているのですよね? そうするとtoだけでいいのではないでしょうか?thatって必要でしょうか?

  • so ~ that 構文について

    so~that...には程度の意味で「...するほど~」という意味があります。そこから結果用法である「とても~なので...」という意味が生まれたと学びました。例えば、 She was so beautiful that everyone turned to look at her. この文は「彼女はみんなが振り返るほど美しかった」という解釈と「彼女はとても美しかったので、みんなが振り返った」という解釈が出来ますが、しかし、程度と結果が必ずしも一致するとは考えられません。つまり、結果には【原因】⇒【結果】の関係になければならないと思いますが、程度はいつもそのような関係になるとは思えません。 しかし、、so~thatを結果的に訳すとおかしくなる例をいろいろ考えてみたのですが、思いつきません。どなたかそのような例があればご教授ください。

  • A is so B that X is Y.の主節はどっち?

    こんにちは。教えてください。 いわゆるso…that~「とても…なので~だ」という文です。標題の A is so B that X is Y. の場合、主節はどちらで従属節はどちらなのでしょうか? 意味の重点から考えると、当然、X is Y のほうが主節に決まっていると思い、今まで深く考えたこともなかったのですが、ふと、「thatが導く従属節といえば、ふつうはthatの後ろのことだよな?」と思った瞬間に、急に自信がなくなってしまいました。 あるいは、まさか、この形の文が複文でなく重文だということなども、あるのでしょうか? 大学受験生だった頃は、何の疑問を持つこともなく、テストで失点することなどほとんどなかったものですから、「自分の文法力は完璧だ」などとタカをくくっていましたが、今になってふり返ると、何も知らなかったことにあきれ、「これでよく高得点をとっていたものだ」と過去の自分に妙に感心したりしていますf(^ー^; どなたかご教示よろしくお願い申し上げます。

  • どうして間違いなのか?

    He is so kind that he helpes me with the work どうしてこれはいけないのでしょうか?

  • この場合、so の代わりに that が使えるでしょうか。

    ● 研究者 新英和大辞典 第5版 ( 1980年11月 刊 ) には、so の用例として、次の文章が記載されています。   She is paralyzed but was not born so.   麻痺 ( まひ ) ではあるが生まれた時からそうではなかった。 ● 上記の用例に含まれる so を that に置き換えることができるかどうかを、お教えください。よろしくお願いいたします。

  • 下の文は so…that~構文の中で倒置が起きて

    下の文は so…that~構文の中で倒置が起きているわけですけど、そもそもなぜ倒置しなくてはいけないのですか? ●So frightened was he that he ran for his life.(非常に怖くなって彼は必死になって逃げた) なぜ So frightened が文頭に来ると was he という語順にしなければいけないのですか?倒置が起きる理由を教えて下さい。

  • 関係代名詞のthatとwhich, whomの違い

    なぜ関係代名詞のthatは、whomやwhichと違い、前置詞の直後に置くことはできないのですか? 〇 This is the city in which I was born. × This is the city in that I was born. 〇 He is the actor to whom Ann sent a fan letter. × He is the actor to that Ann sent a fan letter. という風に、なぜthatは前置詞の直後に置いてはいけないのですか?その理由を教えて下さい。

  • soがいるのでは?

    次の英文を単文(Simple Sentence)に書き改めよ。 He went to Germany that he might study medicine. 答:He went to Germany to study medicine. 問いの文なんですが、これってthatの前にsoがいると思うんですけど、どうなんでしょうか。

  • It to構文とso that構文の使い方の違い

    英語の問題なのですが、調べても良く分からないので、質問させてもらいます。 問題文 隣のおじいさんは大変親切なので、毎日うちの犬に餌をやってくれます。 解答 The old man next door is so kind that he feeds my dog every day. 私の答えは It is kind of the old man next door to feed my dog every day. だったのですが、この問題はso that構文のほうがいいらしいのです。 理由がお分かりの方がおりましたら、よろしくお願いします。