• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

円周率が割り切れない事について

ふと思ったのですが、 円周率や√2など割り切れない数が世の中にはあると思いますが、 これは数学では表現できないということなのでしょうか。 コンパスで円を書こうと思えば誰でもかけると言う事実と、 3.1415・・・と永遠に羅列されて終わりのない数字にギャップを感じるのですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数624
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • jk39
  • ベストアンサー率54% (366/670)

円周率(π)が割り切れないというのは、 暗黙的に10進法で割り切れないことだと思います。 仮にπ進法で表現するなら、 円周率は割り切れます。 別の例だと10進法の0.1は、 コンピュータでよく用いる2進法で表現すると、 割り切れません。 要はどんな表現法でも零れ落ちる情報が出てしまうのではないでしょうか。 たまたま数学では10進法で表現しているだけと考えてみては?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難う御座います。 なるほどπ進法なら割り切れますね。 何か数学に変わる表現方法でもあるのではないかと思ったりしました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#194289
noname#194289

回答ではないのですが私もギャップを同じように感じます。どなたかが書いておられるルートでもギリシャ時代にピタゴラスの定理で1,1、ルート2の直角三角形で作図は可能なのに割り切れないルート2が大きな問題になっていたというのも同じ感じがします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 現実には存在するのに、数字では表現できないというのは本当に不思議な感じがします。

  • 回答No.4

#3さんの解答と少々かぶりますが… 何をもって「数学で表現できる」と思うか,によるでしょう. 円周率を 3.1415... と記述しようとすると,たしかに,有限の桁数で記述を完結させることはできません.しかし,これは円周率が「(有限桁の)10進小数表記という記述方法では」記述できない,ということしか意味しません. 数学では,円周率を「円の円周と直径の比の値」と定めて,それにπという記号を付与しています.これはつまり,数学では円周率は「円の円周と直径の比の値」という文言をもって,あるいはπという記号をもって『表現できている』ことを意味するのではないですか? √2 にしても,数学では「『x^2=2 かつ x≧0』をみたす実数 x」という言葉をもって『表現』できます.あるいは,√記号を使った √2 という書き方で,すでに『表現できている』と言っても間違いではありません. 「10進小数表記という記述方法では」 √2 は(有限桁では)表現できない,というだけのことです. 要するに,「(有限桁の)10進小数表記」という数の記述方法は記述能力の限界が比較的低くて,円周率や √2 は「その記述方法の」記述能力の限界を超えたところにある,というだけのことです. 数学をする人はそういうことを十分わかっていて,だからこそ,πや√という記号を導入するなど,さまざまな手段を使って,10進小数で書き表せない数をも「表現」して,数学で扱えるようにしているのです. ところで,円周率や √2 の例は,ある数を「定義できる」ことと「値を計算できる(たとえば,10進小数で書き表せる)」ことの間には大きなギャップがあることを示しています. 下記の本で,このギャップについて詳しく述べています.一読をすすめます. 新井紀子・新井敏康(著)「計算とは何か(math stories)」東京図書

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 10進小数表記で表現できないという事は何を意味するんでしょうね。 単なる表記法の不完全さか、或いは何かの暗示か。 そう考えると数学も神秘的な感じがします。

  • 回答No.3
noname#208392
noname#208392

あ、その御質問、面白いですね。 似たような話としてこういう話があります。 家から近所のスーパーに買い物に行くとします。あなたは途中で家-スーパーのちょうど半分の点にたどり着く必要があります。半分の点にたどり着くには半分の半分の地点を、その半分の半分の地点に着くには半分の半分の半分の地点を・・・・・・・それぞれ通過しなければなりません。家からスーパーまでの距離は無限個の部分からなっていますが、無限に時間がかかるということはありません。 収束する無限級数だから・・・というのは#2さんも書かれていますね。とはいえ、なかなか感覚的につかみ難いものです。上の無限個の部分からなる距離の話は、今から2500年くらい前から言われている例です。 ちなみに、πも無限級数で表す方法があるんですよ。この方法でスパコンで何十万桁とか計算しているのです。 >これは数学では表現できないということなのでしょうか。 そんなことはありませんよ。何桁であらわす、というのは数学では重要ではありません。πの定義、というものがあって、πというのはそういう数だ、ということだけが重要なのです。 無限、というテーマはとても興味深い数学のテーマのひとつだと思います。例えば、自然数と整数ではどちらがたくさんあると思いますか?どっちも無限個で数は同じです。では、有理数は無限個ありますね。無理数も無限個在ります。でも無理数の数の方が有理数の数より多いんですよ。 ・・・・って、ちっとも回答になってない!!!失礼しました m(;。_。)m

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 現実には存在しているが、数学上ではnearとしてしか表現できない・・・・ 不思議ですね。

  • 回答No.2
noname#129118
noname#129118

無限級数だから

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難う御座います。 この無限というのもなんだか分かるようで分からないですね。 無限はたくさんの有限の集まりなのか、それともまったく別のものなのか。

関連するQ&A

  • 円周率

    円周率は、3.14が定説ですよね。 で、疑問なのですが 円の面積は正確には 表すことが出来ない・・・ということですかね・・・? しかし、面積は円を描くと分かるように無限ではなく 有限です・・でも数字では表せない・・? なぜ???

  • 円周率

    円周率は3.14ですが、どうやって、3.14という数字が何年も前に知られたのでしょうか? どうやって昔の人は円周率が永久に割り切れないとわかったのでしょうか。

  • 円周率って・・?

    円周率=3.14・・・ですが この 割りけれない 数字って 何と何を割った数字ですか・・・?

  • 円周率~Π(パイ)に関して~

    円周率は3.141592......と続きますが、よく、最近ではコンピューターで60億桁以上でも出せるようになったといいますよね。そこでふと疑問に思ったのですが、実際に円周率を出すときに使われる数はいくつなのでしょうか?(いくつをいくつで割っているのか?)また、60億桁以上は続くといいますが、その先でも同じ数字のパターンがくり返さないといえる根拠は何なのでしょうか?

  • 円周率って?

    お尋ねします。円周率(π)ってありますよね。あの3.141592・・・という無限小数。その数字はいったいどのように計算しているのでしょうか?公式のようなものがありますか?そもそも円周率とは何でしょうか?子供から質問されて答えられませんでした。分かりやすく教えていただければ幸いです。また、分かりやすく解説しているHPなどがありましたら教えていただけないでしょうか。

  • 正確な円周率

    初めまして。 中学校に入ると、円周率をπで表したりするのとか習うんですよね…。まだ習ってませんが。 それで思ったんですが、正確な円周率って何ですか? 小学校の頃、3.14までしか習ってないんです。 正確な円周率はとても長くなるってきいたことありますが…。おもしろ半分で全部覚えてみようと思います。 そこで、正確な円周率をおしえてください。 よろしくお願いします。

  • 円周率

    円周率が3だったら、六角形になりますが(これを円周率と言って良いのか、疑問がありますが)、 円周率が3.14だったら、何角形になるんですか?

  • 円周率は何割る何で求まりますか?

    円周率を出すにはどうすればいいのでしょうか? 一度自分で計算してみたかったのです。 具体的な数字を教えてもらえませんでしょうか? 何/何ですか? 3.14.....ってなるように計算したいです よろしくお願いします

  • 円周率の求め方

    XのX乗について Xを負から0に近づける時… (-0.1)^(-0.1) = 1.19730922 - 3.89029347i×10^-1 (-0.01)^(-0.01) = 1.04661185 - 3.28911025i×10^-2 (-0.001)^(-0.001) = 1.0069267 - 3.16336393i×10^-3 … (-10^-10)^(-10^-10) = 1 - 3.14159266i×10^-10 … (-10^-40)^(-10^-40) = 1 -3.1415926535897932384626433832795028842261045370248i×10^-40 このとき虚部の数字の配列が、円周率の数字の配列に類似してきますが、 このまま nを大きくして行くと(-10^-n)^(-10^-n) →1-πi×10^-nに近づいて行くのでしょうか。 また、仮に上記が成り立つとして、πの計算の効率が良いものと言えるでしょうか。

  • なぜ円周率ってそんなに重要なんですか

    円周率。円の直径の約3倍が円の長さというのはわかるのですが、その円周率を突き詰めていくのにどういった意味があるんでしょうか?3. 1415926535 8979323846....と桁を増やしていって、その数を使って何に応用するというか、役にたつんでしょうか?