• ベストアンサー
  • 困ってます

CentOSにてメールサーバ構築

CentOSにてメールサーバ構築 CentOS5.4(i386版)にてメールサーバを構築中です。 Postfixとdovecotを使用しております。 一通り設定は終えており、CentOSにて作成したユーザ"test"のメールアドレス"test@xxx.com"宛てに、CentOSからクライアントPC(Mozilla Thunderbird、CentOSのメールサーバ情報設定済み)へメールを送信して、クライアントPCのThunderbirdで受け取ることはできました。 しかし、クライアントPCのThunderbirdからメールを送信することと、クライアントPCの他のメーラー(yahooメール)からThunderbirdで設定したメールアドレス(test@xxx.com)宛に送信したメールをThunderbirdで受信することができません。 少々分かりにくい説明で申し訳ありません。 上記の説明を簡単にしますと、構築したメールサーバから [root@www ~]# mail test@xxx.com で送信したメールをWindowsにインストールしたThunderbirdで受信できるのですが、 yahooメールでtest@xxx.com宛に送信したメールをThunderbirdで受信できない、また、 Thunderbirdからメールが一切送信できない という状況です。 windowsにインストールしたThunderbirdには、自分なりに設定は行ってあります。 また、ポートの開放(25番,110番)も済んでいます。 CentOSから送信したメールはThunderbirdで受信できているので、ある程度設定は合っているかと思うのですが・・・ ご教授の程、お願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数14
  • 閲覧数2773
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • maesen
  • ベストアンサー率81% (646/790)

>[root@www ~]# mail test@xxx.com >で送信したメールをWindowsにインストールしたThunderbirdで受信できるのですが、 >yahooメールでtest@xxx.com宛に送信したメールをThunderbirdで受信できない、また、 >Thunderbirdからメールが一切送信できない CentOSのpostfixの設定ファイルのデフォルトでは、SMTPの受信はlocalhostのに制限されているはずですがこの設定は大丈夫でしょうか。 場所はmain.cfのinet_interfacesです。 また、メールを中継するためにはそれなりの設定がmain.cfに必要です。 yahooメールからtest@xxx.comへ送信出来るようにするためには、xxx.comのゾーンを管理しているDNSサーバにmxの設定がキチンとされていなければなりません。 >CentOSから送信したメールはThunderbirdで受信できているので、ある程度設定は合っているかと思うのですが・・・ 使用しているプロトコル(≒ソフト)が違いますのでこちらが出来ても今回問題になったメール配送には関係無いですね。 Thunderbirdで受信は、dovecotが動作します。 Thunderbirdからの送信、yahooメールからの送信はPostfixが動作します。 メール配送について見直されるといいかと思います。 こういう単純な話ではないということでしたらごめんなさいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

maesenさん 早速のご回答をありがとうございます。 >CentOSのpostfixの設定ファイルのデフォルトでは、SMTPの受信はlocalhostのに制限されているはずですがこの設定は大丈夫でしょうか。 こちらの設定は、 inet_interfaces = all と変更してあります。 >また、メールを中継するためにはそれなりの設定がmain.cfに必要です。 以前の状態では、メールを中継する設定を行っておりませんでした。現在、main.cfの設定を見直しているところです。ご迷惑をお掛けしまして、申し訳ございません。 >使用しているプロトコル(≒ソフト)が違いますのでこちらが出来ても今回問題になったメール配送には関係無いですね。 できれば、クライアントPC(Windows)にてThunderbirdを使用したいと思っていたのですが、プロトコルが違うことから使用できないということでしょうか? 色々とご教授いただきありがとうございます。 知識があまりないため設定が上手くできていない部分が多々見つかりましたので、見直してみます。

その他の回答 (13)

  • 回答No.14

 先刻の補足ですが、プロバイダ変更された際に、出来ましたらDNSサーバの正引き・逆引きの観点から、グローバルIP1個固定契約と、その取得IPに対し、BIND構築・サービス起動(外向け正引き・内向け逆引き・内向け正引き)をされたほうが良いかと存じます。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.13

 うーん、そうですか。メール送受信出来ませんか。  そうなると、BiglobeのSMTP認証メカニズムを確認してみた方が良いですね。実際に、SMTP認証・ログオンされているか確認し(GNOMEコンソール→telnet mail.example.com 25→250-AUTH PLAIN箇所の認証レベル確認、その認証レベルにてPostfixのmain.cfに記述→smtp_sasl_mechanism_filter =欄へ記述します。)、  その設定を確認し、尚かつPostfix側にてプロバイダSMTP認証されない場合には、Biglobeメールアドレス以外のメールアドレス運用でのSMTP認証を許可されていない可能性大です。  そうなると、プロバイダを独自メールサーバ・OP25B配下でのSMTP認証許可されている所へ変更する必要が御座います。  お勧めは、OCNやNiftyでしたら、個人的には通信確認上OKと存じております。  まずプロバイダを変更し、トライしてみて駄目でしたら、今度はAUひかり回線をNTT光回線(Bフレッツ・ネクスト等)へ変更・光電話ルーター設定しても駄目ですと、最終手段に別途SOHO向けルーター・Yamaha製「RT58i」や「RTX1100」等の通信環境がお勧めです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.12

 追加補足(6)確認致しました。TCP Wrapperの記述ですが、「vsftpd : 192.168.0. 127.0.0.1」といった記述ですと、ループバックアドレスと192.168.0. 配下のLANからしかアクセス出来ない設定になっておりますよ。「sshd: ALL」、「ALL: .(ドメイン) 192.168.0.」といった記述でないと、アクセス制限がかかっている形となります。  それと、管理面で「Webmin」管理ツールをインストールされた方が設定等楽になりますよ。先刻からのやりとりで、まだ初歩での運用かと存じますので、TCP Wrapperの機能削除もWebmin管理ツールからですと、楽です。  iptables機能設定やPostfix、dobcot等のサーバも設定が楽になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

nnori7142さん ご回答、ありがとうございます。 仰る通り、当方Linuxを触り始めてまだ1ヶ月くらいの初心者です。色々とご迷惑をおかけしております。 TCP Wrapperの記述ですが、「sshd: ALL」と記述し直しました。 そして、 # /etc/rc.d/init.d/httpd reload で再起動してメールの送受信をしたところ、やはり以前と同じ現象で「SMTPサーバ(192.168.0.4)に接続できなかったため・・・」と表示され、できませんでした。 また、Webmail(SquirrelMail)でも試してみましたが、送信時にエラーは出ないものの送受信ができませんでした。 管理ツール「Webmin」、インストールしました。日本語表示にしたところとても分かりやすく、こんなに便利なツールがあるとは驚いております。コマンドから操作しなくても、GUIで設定を変更できるあたり、今回のメールに関する設定以外でも今後役立ちそうです。 どうもありがとうございます。 ・・・ここまでくると、やはりプロバイダの変更・ルータの購入を考えた方がよろしいでしょうか?

  • 回答No.11

 先刻の内容に対する提案ですが、最悪どうしても駄目な場合プロバイダのみを他社様へ変更して頂ければ、理論上はOKかと存じます。例えばOP25Bのサービスの影響や自宅・社内サーバ構築運用の際のご案内(OP25B)サブミッションポートの設定の案内をしているプロバイダでしたらOKですね。  ご利用回線がAU光である点、変更可能なプロバイダがNiftyやASAHIネットへ変更する事で可能なようです。何れもサブミッションポートの設定(TCP587)、SMTP over SSL/TLSポート465を設定することで可能と謳っております。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

nnori7142さん いつもお世話になっております。また、ご連絡が遅くなってしまいご迷惑お掛けしまして申し訳ございません。 ANo.9~11に対して、合わせて補足致します。下記、ご確認お願い致します。 ============== >「BL190HW」のIPフィルター設定については、通信を拒否設定する場合の登録する設定です。既存登録エントリを全てチェック・削除してみて下さい。  DMZホスト設定については、サーバのポート番号を全て公開する場合の設定で、サーバのIPアドレス登録設定する項目です。ポートマッピング設定(「詳細設定」-「ポートマッピング設定」)にてTCP110、25、587登録されていましたら、基本的には不要です。  上記ポートマッピング登録にてうまくいかない場合、ポートマッピング設定のエントリを全て削除し、DMZホスト設定にサーバIPアドレス登録を実施してみて下さい。 ルータの設定画面にて、(業者が設定したと思われる)パケットフィルタ設定のエントリを全て削除致しました。また、DMZホストの設定で、サーバのIPアドレスを登録致しました。また、以前に登録しましたポートマッピング設定のTCP25、110、587番を削除致しました。 >「BL190HW」ルーターモデムには、不正アクセス検知機能(「詳細設定」-「その他の設定」 -「セキュリティ保護機能」)があり、そのチェックは運用上無効化した方が良いかと存じます。 「詳細設定」-「その他の設定」-「セキュリティ保護機能」がありました。こちら、"使用する"にチェックがついていましたので、チェックを外しました。 >先刻の簡易DNS機能がルーターの方に付いている旨のメッセージを拝見しておりましたが、誤解だったのですか? 仰る通り、私の誤解でした。補足当初、簡易DNS機能についてまだあまり知らず、"それに該当しそうなルータの設定項目"ということでルータの設定ページを見ていたところ、それらしき項目があったのでそれを簡易DNS機能だと思い込んでおりました。混乱させてしまい申し訳ございません。 >よって、サーバOS側にhosts設定記述をしなければいけません。 hosts設定の方はすでに済ませております。 サーバプライベートIPアドレス FQDN グローバルIPアドレス(当方固定IPになっております) FQDN と設定しております。(逆引き設定に関する記述はしておりません。) >CentOSの場合、標準既定でiptables等のファイアーウォールが有効になっており、且つSELinuxというプログラム実行制限が付いております。iptables及びLinuxファイアーウォール機能の無効化、 SELinuxの無効設定を実施し、メール通信テストを実施してみて下さい。 SELinuxは無効に設定してありましたので、下記コマンドでiptablesの無効化を行いました。 # /etc/rc.d/init.d/iptables stop # chkconfig iptables off # chkconfig ip6tables off >CentOS再起動後に、念の為GNOMEデスクトップ上のファイアーウォール設定箇所にて、無効になっているか確認してみて下さい。  他TCP Wrapper等ネットワーク制限機能は出来ましたら、無効になっているか確認してみて下さい。 初歩的な質問になってしまい、お手数お掛け致します。 「GNOMEデスクトップ上のファイアーウォール設定箇所」とは、一体どこにありますでしょうか? また、TCP Wrapper等のネットワーク制限機能が無効になっているかの確認ですが、 /etc 以下にあります「hosts.deny」と「hosts.allow」の設定を無効にするように設定するということでしょうか? vi /etc/hosts.deny vi /etc/hosts.allow で確認してみましたところ、 hosts.denyの方は何も設定されておらず、hosts.allowの方は vsftpd : 192.168.0. 127.0.0.1 と設定してあります。(192.168.0.←これは、ルータのプライベートIPが192.168.0.1でリモートPC(Windows)のプライベートIPが192.168.0.5なことから、家のプライベートIPに関する設定かと思います) 色々とお手数お掛け致しまして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い致します。

  • 回答No.10

 先ほどの補足事項ですが、BIGLOBEのサービス「セキュリティセット・プレミアム」等ですと、自動ネットワーク制限されるようですので、そのサービスを利用していましたら解除してみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

nnori7142さん 度々失礼致します。 ANo.11にて先ほど補足致しましたが、文字数制限の関係で全てお答えできませんでしたので、こちらから再度補足させていただきます。 先ほど、BIGLOBEの登録内容を確認しましたところ、「セキュリティセット・プレミアム」等の自動ネットワーク制限がされるサービスの利用はしておりませんでした。 >最悪どうしても駄目な場合プロバイダのみを他社様へ変更して頂ければ、理論上はOKかと存じます。 確かに、その選択も十分にありかと思います。長い期間nnori7142さんにこの件につきまして色々とご対応いただいておりますが、サーバの問題からだんだんと環境の問題に広がってきており、ポートのブロックなどといったネットワークに関する問題ですと、サーバの設定でどうにかなるといったレベルを超えているかと思います。 本当に、色々とお世話になっております。 GNOMEデスクトップ上のファイアーウォール設定箇所にて、無効になっているかの確認、TCP Wrapperが無効になっているかの確認ができましたら、一度メールの送受信を行ってみようと思います。

  • 回答No.9

 追加補足(5)拝見しました。「BL190HW」のIPフィルター設定については、通信を拒否設定する場合の登録する設定です。既存登録エントリを全てチェック・削除してみて下さい。  DMZホスト設定については、サーバのポート番号を全て公開する場合の設定で、サーバのIPアドレス登録設定する項目です。ポートマッピング設定(「詳細設定」-「ポートマッピング設定」)にてTCP110、25、587登録されていましたら、基本的には不要です。  上記ポートマッピング登録にてうまくいかない場合、ポートマッピング設定のエントリを全て削除し、DMZホスト設定にサーバIPアドレス登録を実施してみて下さい。  静的ルーティング設定は、WANからVPN接続や別セグメントのルーターからの接続をされる場合の設定箇所ですので、今回のケースの場合は違います。  当方にて調査した所、「BL190HW」ルーターモデムには、不正アクセス検知機能(「詳細設定」-「その他の設定」 -「セキュリティ保護機能」)があり、そのチェックは運用上無効化した方が良いかと存じます。  先刻の簡易DNS機能がルーターの方に付いている旨のメッセージを拝見しておりましたが、誤解だったのですか?当方にて調査した所、「BL190HW」には簡易DNS設定箇所が無い様です。  よって、サーバOS側にhosts設定記述をしなければいけません。CentOSの場合、etcフォルダ配下に御座います「hosts」ファイルをGNOMEエディタ等にて開き、「192.168.*.*(サーバIP) スペース ドメイン」といった形式にて記述して下さい。これは、ドメイン指定しますとDNSに問い合わせ、サーバIPアドレスといった回答を得られるようになっており、逆引き設定記述「ドメイン スペース 192.168.*.*」といった記述ですと、サーバIP指定でドメインに名称解決されます。  それと、CentOSの場合、標準既定でiptables等のファイアーウォールが有効になっており、且つSELinuxというプログラム実行制限が付いております。iptables及びLinuxファイアーウォール機能の無効化、SELinuxの無効設定を実施し、メール通信テストを実施してみて下さい。  なお、iptable機能の無効化は、GNOMEコンソールから「/etc/rc.d/init.d/iptables stop」、「chkconfig iptables off」、「chkconfig ip6tables off」と実行、SELinuxの無効設定は、/etc/sysconfig/フォルダに御座います、SELinuxファイルの編集で、「SELINUX= disabled」と修正・保存して下さい。  CentOS再起動後に、念の為GNOMEデスクトップ上のファイアーウォール設定箇所にて、無効になっているか確認してみて下さい。  他TCP Wrapper等ネットワーク制限機能は出来ましたら、無効になっているか確認してみて下さい。  もし、iptables無効化が心配といった形であれば、ポート番号をそれぞれ許可するように記述しなければいけません。例えばTCP25番許可ですと、「iptables -A INPUT -p eth0 tcp --dport 25 -j ACCEPT」、TCP110番許可ですと、「iptables -A INPUT -p eth0 tcp --dport 110 -j ACCEPT」といった形式になりますが、ルールスクリプト作成・動作が必要となります。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

nnori7142さん ANo9,10,11とご回答いただき、感謝しております。 また、補足が遅くなってしまい、申し訳ございません。 現在、ANo9,10,11のご回答に対応しておりますので、作業が進み次第、他に頂いたご回答に補足致します。 いつも、ご丁寧に対応していただき、ありがとうございます。 もう少々お待ちくださいませ。

  • 回答No.8

 先刻言い忘れました。AU光回線ですが、利用ルーターモデムはAterm「BL190HW」等ではないですか?Aterm系ルーターモデムですと、IPパケットフィルターが自動適用されており、通信破棄される場合も多いので、IPフィルターは全て解除しお試ししてみて下さい。  それと、通常はルーターモデムの「ポートマッピング」にて開放ポートとサーバIPを指定しますが、最悪DMZホスト設定にてサーバIPを登録する方法ありますよ。  DNSリレー設定については、Aterm系ですと「proxyDNS機能」若しくは「DNSフォワーディング」とも言いますが、設定箇所があるはずですので、そのDNS設定にてDNSサーバアドレスを登録する形式となります。  調べた所、CMAMEレコードやMXレコード、ネームサーバアドレスでの正引き・逆引き設定は出来ないタイプかと存じます。  方法的には他に、ルーターモデム等の場合、モデムのNAPT機能を利用しない設定(ブリッジ設定)にて、外付けルーター、Yamaha製「RT58i」や「RTX1100」等の接続でのインターネット認証接続、サーバ公開でしたら柔軟な構築も可能ですが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

nnori7142さん 度々のご回答、ありがとうございます。 ANo.7、ANo.8とあわせてご回答に補足させていただきます。 >Biglobe光-AUひかり回線の場合ですが、自動ネットワーク制限等のサービスは適用されていませんか?例えば、PlalaのBフレッツ回線の場合、ネットバリア・ベーシックサービスでのTCPレベルでの通信制限サービスが初期状態で適用されていますので、Biglobeの方にて同様のサービスを適用されていれば、BiglobeのWeb契約情報にて変更が必要です(制限無し) 本日、BIGLOBEのテクニカルサポートセンターというところに問い合わせてみたところ、「BIGLOBEのメールアドレスではなく、自分で取得されたドメインを使ったメールアドレスに関するトラブルについてはお答えかねます」とBIGLOBEの方からお答えがあり、自動ネットワーク制限などのサービスが適応されているかについては分かりませんでした。 >AU光回線ですが、利用ルーターモデムはAterm「BL190HW」等ではないですか?Aterm系ルーターモデムですと、IPパケットフィルターが自動適用されており、通信破棄される場合も多いので、IPフィルターは全て解除しお試ししてみて下さい。 仰る通り、使用しているルータはAterm BL190HWになります。IPフィルターの解除ですが、ルータの設定ページを確認してみたところ、「パケットフィルタ設定」という項目があったのですが、こちらのことでしょうか? パケットフィルタ設定ですが、見てみたところ、現在は多分デフォルト?(もしくは業者の方による)設定になっているかと思われます。 設定内容ですが、 宛先ポート 種別 137-139   破棄 445     破棄 2049     破棄 1243     破棄 12345    破棄 27374    破棄 31785    破棄 となっておりました。 ここでの設定に25番ポートや110番ポート、587番ポートを破棄するように追加した方がよろしいということになりますでしょうか。 >DNSリレー設定については、Aterm系ですと「proxyDNS機能」若しくは「DNSフォワーディング」とも言いますが、設定箇所があるはずですので、そのDNS設定にてDNSサーバアドレスを登録する形式となります。 「proxyDNS機能」という設定項目がなかったので他でDNSサーバアドレスを登録できそうな項目を見てみたところ、 ・DMZホスト設定 ・静的ルーティング設定 があったのですが、どちらっぽいかお分かりになりますでしょうか。知識不足でご迷惑お掛けしており申し訳ございません。 よろしくお願い致します。

  • 回答No.7

 追加補足(4)拝見しました。簡易DNSの部分ですが、契約ドメイン及びMXレコード、CNAMEレコード、NSレコード別に設定できるルーターも御座います。  一般的な家庭用ルーターですと、ドメイン毎のDNS設定と逆引き設定になるかと存じます。  当方にて利用しています、Yamaha製「RTX1100」と「RTX1000」については、細かく指定出来るタイプとなっておりますが、Allied-Telesys製「CentreCOM AR415S」、「CentreCOM AR550S」等でも柔軟な設定が可能ですが、家庭用ルーターですとどこまで設定出来るかは不透明です。  それと、Biglobe光-AUひかり回線の場合ですが、自動ネットワーク制限等のサービスは適用されていませんか?例えば、PlalaのBフレッツ回線の場合、ネットバリア・ベーシックサービスでのTCPレベルでの通信制限サービスが初期状態で適用されていますので、Biglobeの方にて同様のサービスを適用されていれば、BiglobeのWeb契約情報にて変更が必要です(制限無し)  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

 追加補足(2)拝見しました。独自ドメインサービスのサイトにて、利用回線のグローバルIPの割付はされていますか?登録されていませんと、グローバルIPとドメインの名称解決されませんよ。グローバルIPとドメインの名称解決・自動更新には、「Dice For Linux」等の利用が必要かと存じます。Diceのサービス起動設定・自動更新等インストールが必要です。  それと、メールソフトのSMTPサーバ及びPOPサーバアドレスは、同一LAN内PCの場合、サーバのプライベートIPアドレスになりますよ。  もし、SMTPサーバ及びPOPサーバアドレスが、ドメインになっている場合、サーバ側にhosts設定にて、サーバのIPアドレスとドメイン登録にて名称解決出来るようにしなければいけません。  更にメールアドレス利用PCのhosts設定にて、同様の設定が必要です。  上記hosts設定は、ルーターの簡易DNS設定(DNSリレー・DNSフォワーディング)でも代用可能です。ドメインサーバアクセス時に、プロバイダのDNSサーバへアクセスし、DNSからドメインを名称解決出来るように設定しなければいけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

nnori7142さん 何度もご回答をありがとうございます。 >独自ドメインサービスのサイトにて、利用回線のグローバルIPの割付はされていますか?登録されていませんと、グローバルIPとドメインの名称解決されませんよ。グローバルIPとドメインの名称解決・自動更新には、「Dice For Linux」等の利用が必要かと存じます。Diceのサービス起動設定・自動更新等インストールが必要です。 独自ドメインサービスサイト(お名前.com)にて、グローバルIPの割付はすでにしております。メールサーバを構築する前に同じサーバにApacheをインストールしてウェブサーバを構築していたのですが、その際に、取得したドメインからアクセスできるようにするため、お名前.comのサイトから割付致しました。(Aレコード) また、当方固定IPを使用しておりますのでDiceは使用しておりません。 >メールソフトのSMTPサーバ及びPOPサーバアドレスは、同一LAN内PCの場合、サーバのプライベートIPアドレスになりますよ。 Thunderbirdの設定で、SMTPサーバとPOPサーバのアドレスは、サーバのプライベートIPアドレス(192.168.0.4)を設定してあります。(グローバルIPも設定してみましたが、やはりダメでした・・・) >もし、SMTPサーバ及びPOPサーバアドレスが、ドメインになっている場合、サーバ側にhosts設定にて、サーバのIPアドレスとドメイン登録にて名称解決出来るようにしなければいけません。  更にメールアドレス利用PCのhosts設定にて、同様の設定が必要です。  上記hosts設定は、ルーターの簡易DNS設定(DNSリレー・DNSフォワーディング)でも代用可能です。ドメインサーバアクセス時に、プロバイダのDNSサーバへアクセスし、DNSからドメインを名称解決出来るように設定しなければいけません。 当方あまり知識がないために、上記のご説明内容がすべて理解できておりませんが(知識不足で申し訳ありません・・・)、上記におけるhosts設定は行っていないと思います。 そうなると、この設定の部分ができていないことが問題な可能性が高そうなので、調べて設定を行ってみます。 hostsの設定に関しましては、ルータの簡易DNSでも代用可能とのことで、こちらを利用してみたいと思います。 色々とご教授ありがとうございます。 進展がありましたら、再度ご報告させていただきます。

  • 回答No.5

 先ほど言い忘れました。relayhost = [mail.biglobe.ne.jp]587の587の前に:が入りますので、そのままですとPostfixサービス動作エラーになりますので、念のためですが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

nnori7142さん 度々のご回答、ありがとうございます。 了解致しました。 :をつけておりませんでしたので、とても助かります。

関連するQ&A

  • メールサーバーの構築

    さくらVPSを契約しメールサーバーを構築しようとしております。 継続的に運用するわけではなく、1週間程度の期間での利用を想定しております。 以下のサイトを参考に構築しました。 http://centossrv.com/postfix.shtml 詳しくなくWebの記事を参考に四苦八苦してなんとか以下の状況まで来たのですが、詰まってしまい困っております。 想定アドレス  さくらから割り当てられているホスト名はwww○○○uj.sakura.ne.jpとなっているので、メールアドレスもwebmaster@www○○○uj.sakura.ne.jpとしています。  ※これ自体は問題ありますか? 状況  1自サーバーからメールは送信が可能   ⇒ただし、webmasterではなくrootに送信されてます   ※設定の問題ですので、次の2とは別問題かと思ってます  2外部からメールの送信が不可   ⇒メールログにも到達した形跡がない この原因は、メールサーバーの問題ではなく、外部からだと構築したサーバーに到達していないのかなと思います。 予めもっているドメインをAレコードだけメールサーバーに設定して送信してみました。 ※MXレコードはなくても送信できると聞いていたので ※test.comとします webmaster@test.comとして送信しても現象は解決しませんでした。 考えられる原因はどういうものがありますでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 1台だけでメールサーバ構築

    メールサーバーの構築を勉強したいと思い 1台のPC内でメールサーバー メールソフトにアカウント設定を行い pop3方式送受信できるまでを試してみたいと思っています。 そこで質問なのですが CentOS6でこれを試験する場合 OSのホスト名 固定IP BIND(DNS) posstfix dovecot ThunderBirdのメールソフト 上記の点をきちんと設定すれば 受信できる一式になるのでしょうか? いろいろホームページなどに載せている方の情報を調べてみたのですが、 いろいろな要素が多すぎて、一番シンプルなものをまずは知りたいと思いました。 よろしくお願いします。

  • メールサーバ構築について (T△T)

    自宅サーバでメールサーバを構築しようとしているのですが、うまく設定が出来ません。 詳細 OS: Fedora 7 SMTPサーバ: Postfix POPサーバ: Dovecot gnome端末上でmailコマンドをしようした場合は、内部・外部ともに送受信できるのですが、 メールソフトのThunderbirdを使って、送受信しようとすると送受信ができません。 エラーメッセージとしては送信の場合、 メールの送信中にエラーが発生しました。メールサーバからの応答:5.7.1 < メールアドレス >: Relay access denied メッセージの受信者を確認してください。 ほんとうにわかりません。(_´Д‘) みなさんおねがいします!

  • メールサーバーの運用の質問です。

    centOS5でメールサーバーpostfix dovecotを動かしています。 centOS5のサーバーないの端末からコマンドで、 mail hoge@hoge.localに送信すると hogeユーザーでログインしmailコマンドでメールを見ることができるようにまでなったのですが、 他のWindowsPCのThunderbirdにそのcentOS5でメールサーバーのアカウント設定を行い 受信しようとするとアカウントが見つかりませんでした と表示されます Thunderbirdだとうまくいかないのかと思い 他のメールソフトnPOPでやってみたところ レスポンスが解析できませんでした。 -ERR Cannot connect to POP server 192.168.xxx.xxx (192.168.xxx.xxx),NB connect errot 1460 と表示され受信することができませんでした。 これは考えられる原因は何でしょうか? よろしくお願いします

  • メールサーバーを構築したのに送信できません

    メールサーバーを構築したのに送信できません 「ArGoSoft Mail Server」でメールサーバーを構築しました。しかし、Gmailなどから送信したメールを受け取ることができるのに、Gmailなどにメールを送信しても届きません。 ルータもサーバー(Windows Server 2008)もファイアーウォールは無効にしました。また、受信はサーバーとは無関係のインターネット(公衆無線LAN)からも受信できることは確認しました。 環境として、Webサーバーは既に構築済みで、外部からも正常に動作しています。IPアドレスは同的グローバルIPで、ダイナミックDNS(ieServer)で{**.dip.jp}を取得しています。メールアドレスの@よりあとがそれにあたります。有料の独自ドメインは取得していません。プロバイダはOCNのBフレッツマンションです。 現段階では受信しかできません。ただし、構築したサーバー上のアカウント(test1@**.dip.jp)から、(test2@**.dip.jp)には正常に送信できます。また、Gmailに送信した場合もサーバーは応答しているみたいです。ログがそれを示しています。

  • メールサーバの構築のことで...

    Windows2000で、DNSサーバ兼Webサーバ兼メールサーバを構築しようとしています。 それで今メールサーバを構築しようと 試みているのですが、うまくいきません。 現状は、メール送信は可能で、メールサーバのアカウントへの接続は可能なのですが、メールサーバに登録したアカウントへの送信がうまくいきません。 DNSの設定がまずいのではと考えています。 メールサーバは「迷流鯖」を試用しています。 どなたか設定方法についてご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。お願いします。

  • イントラネット内にメールサーバー構築

    イントラネット内にネットワーク機器の監視の為の管理メールサーバーを構築しようとしています。 1.このネットワーク内のドメインはWindowsServer2008 R2に設定されており hage.localというドメインになっています。 2.同じネットワーク上のCentOS7のOSのPCにPostfixでsmtpサーバーを構築する際に 2.のPCのネットワーク設定でDNSサーバーは1.のサーバーになっているので、 その他のクライアントPCがDNSの参照先を1.のPCに設定しているので、 スムーズに参照できるように、 1のPCに、2のメールサーバーPCのホスト名を登録しようと思っているのですが、 1のDNSの前方参照ゾーンの設定画面で、 ホスト名を入れると(例hoge) 完全修飾ドメイン名(FQDN)(F): が hoge.hage.local と表示されます。(表示されてしまいます) 質問1ですが、 このように1でのDNSを登録し、 他のイントラネットのクライアントPCで2.のPCのメールサーバーとして指定する場合。 POSTFIXの設定ファイルには、 myhostname=hoge.hage.local と設定しないといけないのでしょうか? 質問2ですが またこのように設定する場合、メールをチェック受信するクライアントPCのメールサーバーの設定は hoge.hage.local と設定すればいいでしょうか? hage.localという名前を使いたくないなと思い質問しました。 質問3ですが .また、もしも、hoge.hage.localでないように設定する方法があれば教えてください。 ちょっと複雑なのですが、いろいろ調べてみたのですが、なかなかそれらしき文献が見つかりませんでした。 よろしくお願いします

  • メールサーバーの構築

    こちらの記事を参考にメールサーバーの構築を行なっていますが、 いきなりメールを送受信してみるの メールクライアントの設定がうまくいきません。 http://www.obenri.com/_mailserver/pop_imap_server.html サーバー側のホスト名 dev.com クライアント Thunderbird クライアントからはIPアドレスにホストファイルソフトで紐付けをしています。 アカウントの設定を見つけられませんでしたとなり、添付写真のような状況です。 アドバイスをよろしくお願いします。

  • メールサーバーの構築(2)

    centos6.2 postfix2.6 dovecot2 バーチャルボックス でメールサーバーを構築しているものです。 ユーザーをtanaka,honda と作成しメールを送りあいたいのですがうまくいきません。 ターミナルでテストメールを送ると受け取れます。 メールクライアントで送るとSMTPサーバの見なおしてくださいとでます。 何か設定項目が間違っているのでしょうか。 その際のエラーログが /var/log/maillog May 28 06:49:02 dev dovecot: pop3-login: Login: user=<tanaka>, method=PLAIN, rip=192.168.11.33, lip=192.168.11.33, mpid=4357, secured May 28 06:49:02 dev dovecot: pop3(tanaka): Disconnected: Logged out top=0/0, retr=0/0, del=0/11, size=17184 また、windowsからは構築中のサーバ110番には繋がりますが、25番には繋がりません。 何か関係がありますか。 参考にしたサイトのSMTP AUTHユーザーは作っていません。 メールクライアントの送信サーバーの設定 サーバー名:192.168.11.33 ポート:25 認証方式:なし 接続の保護なし に設定しています。 なにか足りない情報はありますでしょうか。 前回の質問がこちらです。 http://okwave.jp/qa/q8098699.html 参考にしたサイトが http://centos.server-manual.com/centos5_postfix.html ご指導よろしくお願いします。

  • メールサーバの構築で問題が・・・。

    こんばんは。 現在、メールサーバの構築をやっています。 ほかのプロバイダなどからのメールは届くのですが、送信しようとすると・・・ このメールは、受信者全員または一部に届きませんでした。 件名 : 送信日時 : 2003/11/05 23:41 以下の受信者にメールが配信できませんでした : '***@hotmail.com' 2003/11/05 23:41 550 <***@hotmail.com>... Relaying denied このようなメッセージが返ってきます。 何が原因と考えられますか?? ちなみに構築といってもSunのコバルトでやっています。 問題的にコバルトがどうというよりもネットワークのうんぬん・・・であるような気がするんですが・・・。 このメッセージはどういうときに返ってくるんでしょう? どんな情報でも結構です! よろしくお願いいたします。