• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

極性溶媒について

極性溶媒って詰まるところなんですか? トータルで双極子モーメントがあればいいんでしょうけど、それなら炭化水素以外のヘテロ原子のある系については全て極性溶媒なんですか? いくら周りにいっぱい疎水基がついていたりしても それは極性溶媒というのでしょうか? ほとんど周りの有機溶媒は極性溶媒なんでしょうか? 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数9987
  • ありがとう数23

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • wood
  • ベストアンサー率100% (5/5)

 私もnadachiさんの言うとおりだと思います。つまるところ,普通「極性溶媒」といっているのは「極性が強い溶媒」のことであり,「非極性溶媒」とは「本当の非極性溶媒または非常に弱い溶媒」のことだと思います。  双極子モーメントから考えると,1,4-ジオキサンというおもしろい溶媒があります。工業的にも汎用で,特殊なものではありません。-CH2-CH2-O-CH2-CH2-O-の左右端がつながって環になった分子です(テキストで書きにくくてごめんなさい)。この分子をトータルで見ると上下左右対称で,双極子モーメントはベンゼンと同じくゼロで,誘電率も非常に低いです。  ところが,この分子は水に良く溶けます。エタノールと同じく任意の比率で溶け合います。つまり,分子としては非極性なのですが,局部的には酸素原子の部分で極性があるというわけです。したがって,「分子の極性つまり双極子モーメント」と「水に溶けるか」ということは関連はあるが本当はあてにならないということです。これも一般に「例外」と扱われるところでしょう。  どこかでπ電子のことを話しましたが,ヘテロ原子が無いベンゼンでも,π電子がここで言う極性部分として扱われます。シクロヘキサンはほとんど水に溶けませんが(本当の非極性分子),ベンゼンはわずかではありますが水に溶けます。 #実は私もポリマー屋です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!! 非極性なのに、水に溶けやすいものもあるのですね。 そういう答えを聞くと前の質問の答えもよくわかります。 関連はあるが当てにはならないとはまさにそうですね。 あんまり鵜呑みにしない方がいいという意見ももっとも だと思いました。

関連するQ&A

  • アセトンって極性非プロトン性溶媒?

    こん○○は。 ポリマーの溶解性を調べてて、ふと気になりました。 (1)プロトン性溶媒:解離性のHを持つ溶媒。ブレンステッドの酸的発想?(H2O、アルコール等) 非プロトン性溶媒:Hが解離しない溶媒 (2)非プロトン性溶媒のうち極性を持たない溶媒:炭化水素系等 非プロトン性溶媒のうち極性を持つ溶媒:エーテル系、DMF、DMSO等 極性非プロトン性溶媒ってO、NにHを持たない溶媒で双極子モーメントを持つものですよね? そうするとDMF、DMSO、スルホラン等の他THF、ブチロラクトンはそうですよね。 ●ここからが質問なんですがアセトン、MEK、MIBK、シクロヘキサノン等のケトン類も極性非プロトン性溶媒だと思うんですがどうでしょう? 手持ちの資料では(2)で例示したものしか出てこないので非常に自信がないのですが。 このあたりあまり勉強した記憶がなく非常にアヤフヤなので考え方も間違ってたら教えてください。

  • 「溶ける」ってこと

    今、授業で有機化学をやっていて、授業では極性があるものは水に溶け、炭化水素基があるものは有機溶媒に溶けると教わりました。なぜそうなるんですか? また、そもそも「物質が溶ける」とはどういうことなのですか? どなたか教えて下さい。

  • 有機溶媒の極性について

    有機溶媒の極性(誘電率?)とは何のことですか? また,有機溶媒の疎水性との関連は?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

答えとしては「その通りです」というのが正解です。 極性溶媒というのは有極性物質が溶媒として用いられる時、この溶媒を総称して極性溶媒というのです。 極性溶媒というと親水性の高いモノをイメージされる人も多いですが、電気双極子を持つ疎水性の極性溶媒もあります。 殆ど周りの有機溶媒かどうかは判りませんが、極性溶媒は高分子化合物への良溶媒になることが多いので、有機溶媒として存在する(売られている)物の多くは極性溶媒でしょうね。(^^; #元ポリマー屋でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに極性溶媒と聞いて親水性の高いものを 想像していました。 よくわかったのですが、電気双極子を持つ疎水 性の極性溶媒とはなんでしょうか?それは 電気双極子が役に立っていない極性溶媒 ということでしょうか?電気双極子と疎水性? そういうものって何か例がありますか? woodさんの解答の方がよかったので、今回は 準ということにさせていただきますが、 また機会があればこの質問にも答えていただけると ありがたいですね。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 極性と非極性

    以前の回答を見てもよくわからなかったもので・・・・・。 妙な質問かもしれませんが、 アセトニトリル、水・・・・・極性溶媒 クロロホルム、アセトン、メタノール等・・・非極性溶媒 といわれていますよね。上記の溶媒は水以外みんな、「炭化水素」ですよね。なんか、みんな似たようなもののような気がして、アセトニトリルもつい最近まで、非極性だと勘違いしていました。ある物質が、極性か非極性かって、どうやって判断するものでしょうか?

  • 炭化水素の疎水性、極性

    一般的に炭化水素(基)は炭素数の増加に伴い水により溶けなくなっていきますが、これは炭素数の増加に伴い分子全体の極性が低下していると考えていいのでしょうか?また、炭化水素(基)の炭素数増加に伴い極性が低下していくのは何故でしょうか?

  • 溶媒の極性を示す値を教えてください

    溶媒の極性の大きさを示す値である「双極子モーメント値」 について知りたいです。 クロロホルム、エーテル、酢酸エチル、アセトン、イソアミルアルコール、 ブチルアルコール、エチルアルコール、メチルアルコール、水、DMFなど のそれぞれの双極子モーメント値を教えてください。

  • アルコール・水・カルボン酸の極性の大小

    アルコール、水、カルボン酸の極性の大小とその根拠が分かりません。 水とアルコールでは水>アルコールになるそうなのですが、アルコールが持つ炭化水素基が無極性に近いため、炭化水素基が増えるほど全体の極性が小さくなるからかと思ったんですが、極性のあるヒドロキシ基が増えたら(価数が増えたら)その説明もつかないかもしれません。 また、アルコールとカルボン酸については、カルボン酸の沸点がアルコールよりも高いことから極性はカルボン酸>アルコールとなるのは分かっているのですが、水溶性に着目してその根拠を述べるとすると、水によく溶けるアルコール=極性分子、分子全体でみると会合しているカルボン酸=無極性分子となる気がしてきました。謎です。分かる方がいましたら、教えて下さい。

  • 溶媒の誘電体について質問です。

    溶媒の誘電体について質問です。 水は誘電率が高く、炭化水素(ヘキサンなど)は誘電率が低いと思います。 それはつまり、水では通電するが、炭化水素では通電しないことを示しているのでしょうか? また、水は電気を蓄えることができず流れてしまうのに対し、炭化水素では電気を蓄えることができることを意味するのでしょうか? 最後ですが、炭化水素中に無機物もしくは有機物が存在する場合、電気はその物体に対してどのような作用をするのでしょうか? たくさんの質問ですみません。 物理が苦手なもので宜しくお願いします。

  • 極性溶媒の溶解度について

    メントールは水に難溶ですが、エタノールには非常に溶けやすいというデータがありました。 水もエタノールもどちらも極性溶媒かつプロトンによる水素結合が可能な溶媒ですが、なぜメントールの溶解度に差が現れるのでしょうか。 違いをご教授願います。

  • 炭化水素は有機化合物の大半を占めるのか?

    有機化合物についてお伺い致します。有機化合物のベースは炭化水素だということですが、炭化水素は有機化合物の大半を占める、と理解していいのでしょうか?

  • 強酸と有機溶媒を混ぜるとどうなりますか?

     強酸(たとえば硫酸)に、有機溶媒(限定すると、IPA,アセトン)を混ぜると、溶媒はどのような状態になりますか?結晶が出たり、炭化したりするのでしょうか? 自分で調べようにも、どう調べたらよいのかすら分からず困っています。こういった内容を考える場合、どのようなことに着目すればいいのでしょうか。(例えば、極性が重要、等) また、強酸の付着した容器などを洗浄する場合、純水ですすぐよりも、上記の有機溶媒の方が不純物を残さずよく洗浄できるといったことはあるのでしょうか。 ご教示よろしくお願いいたします。

  • トルエンの極性について

    トルエン(Ph-CH3)には、わずかながら極性があると思うのですが、双極子モーメントを書いた場合、どのような向きになるのでしょうか?

  • 炭化水素基

    初歩的なことですみません 有機化合物は炭化水素基と官能基からなると教わったのですが、 ではメタンやエタン、また構造異性体である2ーメチルブタンなどは どれが官能基にあたるのでしょうか。