締切済み

深夜割増賃金に適用除外はあり得る?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.61475
  • 閲覧数1385
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

労働基準法で
「22時~5時は深夜業とみなし
雇用者は被雇用者に2割5分の割増賃金を支払わなければならない」
という取り決めがありますが、
これに例外は存在するのでしょうか?

私が調べた限りではこの法規はどのような条件であれ
決して適用除外とならないと思うのですが、
もし例外があるとすればそれはどのような条件の上で
適用除外となるのでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 会社が裁量労働制を取っている場合には、問題になると思います。下のURLの例では、基準監督署は裁量手当を加味した手当として、相当額を払うようにと指導されたようです。
 また
http://www.melma.com/mag/38/m00002038/a00000044.html
のように、深夜割増やその他の諸手当が、基本となる給与に含まれることが書面などで明らかな場合は支払う必要は払う必要がありません。
感謝経済、優待交換9月20日スタート
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ