-PR-
締切済み

ダイヤモンド!!

  • 困ってます
  • 質問No.60604
  • 閲覧数402
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 89% (123/138)

4月22日に70歳の誕生日を迎えるお母さんに誕生石のダイヤモンドをちょっと無理して買っちゃうことにしました。あまり予算がないのでオークションなどで見ていたところ鑑定書は付けられないが鑑別所なら付けられるといわれました。どう違うのでしょう??
あと、プレゼントで渡すときこういった鑑定書と鑑別所は
付けたほうが良いのでしょうか??教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 50% (50/99)

鑑定書と鑑別所は違いますよ~(笑)
って揚げ足はいいですね(^^;

鑑別書とは
天然石か人工石の違いを
鑑別します。
これを証明したものを鑑別書と言い

鑑定書は
天然石の品位を評価したものです。
いわゆる等級の証明書ですね。
お礼コメント
mituyo

お礼率 89% (123/138)

鑑定書と鑑別所
あははははっっ(爆)なんてばかっばかっ はぁ~
かっこ悪い!!確かに!!
気が付かなかった。くううぅぅっ(泣)

ありがとうございます。ホームページ拝見させて頂きます。
投稿日時 - 2001-04-07 02:27:27


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

『鑑定書とは、ダイヤモンドだけにつけられるものです。Grading Report(グレーディングレポート;階級分け報告書の意)とも呼ばれているもので、4C(カラット、カラー、クラリティー、カット)により、ダイヤモンドの品質評価した分析報告書です。
鑑別書は、その宝石がどの種類であるか、或いは、天然石か合成品かといったことを、その物理的・理化学的特性を利用した分析によって鑑別した検査報告書であり、宝石の良し悪しについては判断できないものです。』
過去に同様のご質問があったときの私の回答です‥。
つまり、mituyoさんの行かれたお店(サイト?)では、本物のダイヤであることを証明することはできるが、ダイヤの品質についての証明はできないということですネ。
以上、kawakawaでした。
お礼コメント
mituyo

お礼率 89% (123/138)

ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。私の行ったお店(サイト?)も、もう少し様子をみることにします。
投稿日時 - 2001-04-07 02:36:40
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 21% (300/1391)

大変親孝行ですね♪
予算がないなら、オークションよりも問屋で買うべきでしょう。
石(ダイヤ)自体、市価の半値以下で購入可能です。鑑定書も数万円で貰えますよ♪
石を手に入れたら次は宝石店に持ち込んで、土台(リング)を作成してもらいます。
3万~5万でプラチナで出来ると思います。

ちなみに、ダイヤの指輪の値段は店の上代の半値でも、店には儲けがあります。

あと、「鑑別所」を付けるなどと言う所からは絶対に買わないで下さい。
鑑定書も無いだけで十分怪しいですよ。
ちなみに「鑑別所」とは悪い事をした未成年が集まる社会復帰を目的とした施設の事です。(正式名称「少年~」)
お礼コメント
mituyo

お礼率 89% (123/138)

ありがとうございます。
問屋さんですか。プロっぽいですよね。
早速、チャレンジしてみたいと思います。
あと、鑑別所 すいませんでした。鑑別書違いでした。
知らないって恥ずかしいですよね。
自分が嫌になります(泣)
投稿日時 - 2001-04-07 02:45:06
  • 回答No.4

宝石は鑑定鑑別士によって鑑定され、
宝石鑑定鑑別所によって鑑定書や鑑別書が発行されます。
現在、アメリカのG.I.A.(アメリカ宝石学研究所)と
イギリスのF.G.A.(イギリス宝石学協会)が世界で最も信頼度の高い鑑定機関とされています。
日本の鑑定機関も信用度は高く、なかでも中央宝石研究所が有名です。
このような鑑定機関は、国家の機関ではありません。
公正であるために、宝石の売り手と買い手から全く独立した存在である必要があります。

<鑑定書>
鑑定書は現在ダイヤモンドにだけ発行されています。
天然のダイヤモンドのランク付けと(→「ダイヤモンドの4つのC」
そのダイヤモンドの形状などの特徴を克明に書きこんだものです。
1つのダイヤモンドに対して2人の鑑定士が鑑定し、チェックをしていますが
4Cのうち、カラット以外の3つのCは鑑定士の目によるものなので鑑定機関や鑑定士によって多少の差がでてくることもあります。
鑑定書はできるだけ信頼できる機関の物が良いでしょう。

<鑑別書>
鑑別書とは、宝石の種類と天然かどうかという証明書でありその宝石の価値を決める物ではありません。
宝石が本物であれば「天然○○と認む」と記入されています。
さらに、その宝石には人工的な処理が施されているか、もしされているのなら、どのような処理なのかさらにはその宝石の硬度、比重、屈折率、偏光性、多色性、蛍光性、分光特性などが記入されています。
しかし、あくまでも宝石が鑑別された時点での状態です。
鑑別書は、ルース(裸石)の状態で作成される場合と指輪などに加工されてから作成される場合があります。
また、宝石店に元々用意されている場合と 購入客に確認してから、店が用意する場合があります。

<保証書>
鑑定書や鑑別書と異なり、販売店が発行するものです。
あくまでもその商品に対する店側の保証なので宝石の価値を保証するものではありません。
アフターケアを受ける際に必要になってくるものですが、
何を保証しているのか、どんな時にどんな保証を受けられるのかはその店によって違うので、確認しておいた方が良いでしょう。

また、修理などで、品物を購入店に持ち込んでも一旦売れてしまった商品に関しては店側が預り証に本来の宝石名を書くことはありません。
例えばルビーなら「赤色透明石」というように記入されます。
このことからも、宝石は買う時のチェックがかなり重要となっています。

よく、単価の安い商品には、鑑別書も鑑定書も付かないという宝石店がありますが、別料金を払っても、出来るだけつけてもらったほうがよいと思います。
料金的には、\2,000~\3,000-も出せば納得の行く鑑別書を作成してもらえます。

最近は、宝石店の従業員も知らない合成石が入っている場合もありますから、鑑別 書は重要だと思います。逆に、安いダイヤモンドのジュエリーに鑑定書を付けるのはお薦めしません。鑑定書は一つの石が0.25CT以上ある物からにしたほうが良いと思います。

鑑定書と鑑別書をうまく使い分けて、安心したジュエリーライフを送りましょう。
お礼コメント
mituyo

お礼率 89% (123/138)

ありがとうございます。
とても参考になります。宝石に慣れていないので右も左も
わからないという感じです。回答を参考にして、買い物上手になれる様がんばります!!
投稿日時 - 2001-04-07 02:52:28
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
ファッションへのこだわりや参考にしていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ