• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

遺産分割協議

遺産分割協議 A名義で相続登記がされている不動産において、共同相続人ABCによる遺産分割協議により、「遺産分割」を原因とするB名義へ所有権移転登記をすることができますか? つまり、遺産分割とは、共有物分割と同様に、共有名義人への移転登記にしか使えない登記原因なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

分割とは、共有状態を解消・縮減すること。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

それで?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#121701
noname#121701

登記の基本は下記2冊の情報で行われてます。 月刊 登記インターネット https://minjihou.or.jp/minji/pub/pub.html 登記研究 http://www.teihan.co.jp/new/token.htm そしてそれらをまとめて書籍にしたのが、登記先例通達集です。 ここに記載されている事項で登記の受理と不受理が決まります。 法務局には全て揃ってますので、分からなければ法務局に行ってコピーするのが一番確実です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

では、貴殿は、相続人ABCがいる場合において、 遺産分割協議が成立し、「相続」を原因とするA持分6分の5、B持分6分の1とする所有権移転登記がなされた後、再度、遺産分割協議をし「遺産分割」を原因とするB持分全部移転登記をすることができないというのですか? くどいようですが、貴殿は論点を履き違えています。上記は当然のことながらできます。 私は、「遺産分割とは、共有物分割と同様に、共有名義人への移転登記にしか使えない登記原因なのでしょうか?」という事を聞いています。 日本語分かりますか? まったく論点が違うことを聞いているのです。 早く気付いて下さい。気付かないようならば、お引き取りをお願いします。

  • 回答No.5
noname#121701
noname#121701

補足ありがとうございます。 >再度、遺産分割協議を行い「遺産分割」を原因とする持分全部移転登記をすることができる。とはっきりと書いてあります。 この説明には年月日民事局通達もしくは登記研究何年何月号という記載はありますか。 >竹下貴浩の考えが間違っているのですか? 既に書きましたように6年前仕事を辞めました。 6年前ですと明らかに間違ってます。そのご通達変更があれば正しいです。 >再度、遺産分割協議を行い「遺産分割」を原因とする所有権移転登記でB名義にできるか ネットのHPで掲載している司法書士は、相続登記を抹消して再度相続登記をするという意見です。 AからBへの所有権移転はどのHPにも書かれてません。 不登法改正されて中間省略が禁止されたのですから、遺産分割の無効・取り消し・解除、そして再遺産分割協議という二つの法律構成を一度に申請するのは不登法の原則からはずれると私は思います。 二つの登記原因を一つの登記原因情報に記載することは考えられません。 予備校の教科書ですから誤っている可能性もあります。 すぐに結論を知りたければ法務局の窓口で相談することです。 登記は全て民事局の通達で行われています。年月日民事局通達または年月日回答これが根拠です。 窓口で詳細な説明を求めれば先例通達集もしくは登記研究を出すでしょう。 基本は先例通達を見つけることにあります。これが原則です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>6年前ですと明らかに間違ってます。そのご通達変更があれば正しいです。 貴殿が、間違っているだけです。 私は、「遺産分割とは、共有物分割と同様に、共有名義人への移転登記にしか使えない登記原因なのでしょうか?」という事を聞いています。 この一点だけです。それだけ答えれ頂ければいい。 その前提としてなされた「相続」を原因とする所有権移転登記について、法定相続又は遺産分割又は遺言等によるものかを、聞いている訳ではありません。 前提知識が欠如している者は、回答を控えて頂きたい。 この記事を見た閲覧者に混乱を生じさせ、有害記事になってしまいます。

  • 回答No.4
noname#121701
noname#121701

質問を読んで現在不登法についてどのような説明をされいるのか疑問を感じましたので教えてください。 共有名義人への移転登記にしか使えない登記原因ということは、遺産分割を原因としてAからBへと移転できるような説明があるのでしょうか。 具体的には下記のような法律構成となります。 甲名義を遺産分割協議でB名義に相続した。 その後、遺産分割協議が無効・取り消し・合意解除。 そして再度遺産分割協議をしてB名義とする。 中間省略登記が禁止されているのに、このような登記が出来るような解説があるのでしょうか。 また、無効・取り消し・合意解除による相続登記の抹消はどのような説明をされているのでしょうか。 実務では考えられない質問のため、教科書ではどのような説明をされいてるのか疑問を持った次第です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>共有名義人への移転登記にしか使えない登記原因 そこが知りたいのです。遺産分割という登記原因は、共有物分割と同様に、共有の登記名義人への移転にしか使えない登記原因なのですか?

  • 回答No.3
noname#121701
noname#121701

>竹下貴浩著、ブリッジ実戦第2版P347の説明内容と、正反対の回答です。 遺産分割を登記原因とする移転は法定持分登記された後に遺産分割協議が整い共有名義ABCの状態で、権利者A義務者BCという申請形態と理解してます。 従ってあなたが、よくそんな回答が出来ますねと書かれた回答はあっていると思いますが、ブリッジ実戦ではいかなる説明がなされているのでしょうか。 あなたの質問はA名義で相続登記されているとなってますがA単独名義とは遺産分割協議が成立しての登記と推定いたします。 遺産分割協議で一度A名義になったものを相続人全員で遺産分割協議を合意解除し、再度遺産分割をして、AからBへ登記原因遺産分割で登記出来るでしょうかという質問内容になります。これは言うまでもなく認められない登記です。 遺産分割のやりなおしでは、相続登記の抹消をしてから再度相続登記をするという説明が司法書士によりなされています。 私は既に書士を引退してますので最近の通達は知りませんが、私が仕事をしていた時は合意解除の抹消は出来ないという状況でした。 錯誤による抹消については記憶がありません。 最近通達の変更があったのか分かりませんが相続の抹消が出来るというHPも信頼出来ません。引退しましたのであなへの投稿は控えていましたが、ブリッジ実戦の解説がいかなるものか知りたくて投稿いたしました。ブリッジ実戦の解説を補足で書いてくれませんか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>法定相続て登記した場合だけです。 >遺産分割で、共有で登記した場合はできません。 ブリッジ実戦第2版P347において、遺産分割協議により法定相続分と違う相続分で、「相続」を原因とする相続登記について、再度、遺産分割協議を行い「遺産分割」を原因とする持分全部移転登記をすることができる。とはっきりと書いてあります。 したがって、法定相続で登記した場合だけという素人みたいな回答をする者に、補足をしてあげたんです。 竹下貴浩の考えが間違っているのですか? いちいち、前提知識まで書き込まないと、いけないのですか? 私が聞きたいのは、遺産分割協議により「相続」を原因とするA名義の相続登記について、再度、遺産分割協議を行い「遺産分割」を原因とする所有権移転登記でB名義にできるかどうかです。この一点です。 前提知識が欠如している者は、回答を控えるようお願い申しあげます。

  • 回答No.2
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

法定相続て登記した場合だけです。 遺産分割で、共有で登記した場合はできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

よくそんな間違った回答ができますね。 竹下貴浩著、ブリッジ実戦第2版P347の説明内容と、正反対の回答です。

関連するQ&A

  • 遺産分割協議書と遺産分割協議証明書の違いって?

    相続による不動産の所有権移転登記をすることになりました。 登記所から遺産分割協議証明書の雛型を持って帰ったのですが、どういうケースで使うものなんでしょうか? みた感じは遺産分割協議書よりもシンプルで、こちらの方が簡単そうなのですが…。 相続の本には載っていないし、検索かけても詳しくでてこないので困っています。

  • 遺産分割協議書の書き方について教えてください。

    遺産分割協議書の書き方について教えてください。 父親が3年前に死亡し、特に遺産分割をしないうちに、今年の2月に母親が亡くなりました。 遺産として、父親名義の土地と建物、母親名義の銀行預金が残りました(相続税はかからない)。 相続人は、兄弟3人で、話合で分割協議は出来ています。 Aが、父親名義の土地と建物。 Bが母親名義の銀行預金。 Cは、Aから代償分割として現金を受取ることとしました。 遺産分割協議書に、被相続人として、父親と母親の両名の遺産の分割協議を行ったと記しても良いのでしょうか? 相続した不動産の所有権移転登記、銀行預金の名義変更時に問題にならないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 遺産分割協議がされてないと問題なのですか?

    区役所の相談で弁護士さんに登記簿謄本をみせたら、この土地は遺産分割協議がされていないのではないか?と首をかしげていました。 所有権移転 何月何日と書かれたあとに 原因が相続と書かれていたのがひっかかったようです。 もしされている時は他の表現になるといってました。 裁判(共有物分割)になったとき遺産分割協議のやり直しみたいなこともいっていました。 ただ記載されている相続割合が法定相続と違う比率なので、済んでるのかなともおっしゃってました。 何十年もまえの話なのですが、また私は幼児でなにも覚えていないのですが、遺産分割協議がすんでいるかって、どうやってなにをみるのでしょうか? ひとり当時のものがいるのですが今回の裁判の相手なのできくわけにもいかないのです。 それと、もし済んでないとしたら現行で走るわけにいかないのですか? 当時相続した土地を他人に売ってしまったものもいるのに、残った不動産で協議しなおすのでしょうか?

  • 遺産分割協議書は何種類もあってよいか

    以下のケースについてご質問します。 甲の妻乙が死亡した。乙は土地を所有し登記もしていた。 甲乙間には嫡出子丙と丁がいる。 乙の所有地の相続につき、甲丙丁で「当該土地を甲が単独で相続する」という遺産分割協議書を作って登記申請した。 この場合、乙は甲の妻でしたから、自分名義の不動産等が他にはなかったとしても、乙は夫婦の共有財産を持っていたはずであり、共有財産の半分は乙のものといえるでしょう。それならば、乙の有していたはずの現金等の財産の相続については遺産分割協議が終わっていることにはならないと思います。では、土地以外の財産について、さらに遺産分割協議書を作成するということもあるのでしょうか? 別の言い方をすると、土地の相続登記をするときに登記所に提出した遺産分割協議書は、乙の相続に関する遺産分割について全部記載したとみなされたり推定されたりするのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 登記原因遺産分割による所有権移転

    登記原因遺産分割による所有権移転 遺産分割協議のやり直しで私なりに整理しましたので再度質問いたします。 これは私の解釈ですので異論があれば投稿を期待しております。 遺産分割協議が成立しますと次の二つの登記申請形態となります。 相続登記未了の場合は民法の遡及の原則に基づき、相続財産取得者の単独申請で原因相続で所有権移転登記がなされます。 既に相続登記がなされている場合は、遺産分割を登記原因として持分全部移転がなされます。 そして既に遺産分割協議成立し登記名義を変更した場合、遺産分割のやり直しが出来るかという問題があります。 民法の立法は明治時代の民法論争の結果、家族法は遅れて立法されたため民法総則の無効・取り消し・契約解除の規定がそのまま家族法に適用出来るかという問題があり、ここに判例がなされており、もっとも多い合意解除は平成2年の最高裁の判例があります。 このことにより既に遺産分割協議で名義変更された登記については、合意解除により相続による所有権登記の抹消をし、更に新しく遺産分割協議が成立した場合は相続による所有権移転が民事局の見解と解してます。 質問の内容は、A名義で相続登記がされている不動産において、共同相続人ABCによる遺産分割協議により、「遺産分割」を原因とするB名義へ所有権移転登記をすることができますかというものでした。 この質問はA単独名義となってますから、既に遺産分割協議が成立し、その遺産分割協議により相続登記がなされているものと推測され、質問は「遺産分割」と書かれてますが、質問内容は遺産分割のやり直しを意味するものと解釈しました。 他の回答者の方が、法定相続て登記した場合だけです。という正解の回答をしたにもかかわらず、質問者は、よくそんな間違った回答ができますね。竹下貴浩著、ブリッジ実戦第2版P347の説明内容と、正反対の回答です。と反論しました。 これはおかしいと思い、竹下貴浩著ブリッジ実戦第2版P347の説明内容を書いてくれるよう依頼したところ、下記の文書がよせられました。 竹下貴浩著ブリッジ実戦第2版P347において、遺産分割協議により法定相続分と違う相続分で、「相続」を原因とする相続登記について、再度、遺産分割協議を行い「遺産分割」を原因とする持分全部移転登記をすることができる。 この解説は昭和28年に出されたものを拡大解釈したものと思われます。 当時の民事局の見解としては、遺産分割を登記原因としてAからBへの所有権移転は出来ない、AB共有の場合B持分移転は出来るというものでした。当時の考え方の基本は、登記名義人の権利保護が第一であり、登記申請書は法律で規定された文書が添付されていればよしとする書面形式主義のみでした。 ですから遺産分割のやり直しが民法的に出来るか否かの検討はせずに、形式審査として登記原因遺産分割の登記申請を受理するか否かの判断だったようです。 法律行為の書面を示さない申請書副本で登記出来るという考え方、中間省略登記を容認するという形式書面主義、これらを改めのが今回の不登法改正による登記原因情報という考え方です。 ですから不登法の改正により、遺産分割の合意解除と新たなる遺産分割という二つの法律行為を併せて、一つの遺産分割で所有権移転は出来ないとなったと私は解釈してます。 これに対して、竹下貴浩氏は、再度遺産分割協議を行い「遺産分割」を原因とする持分全部移転登記をすることができると予備校の教科書で説明してますが、この説明は明らかに誤りであると私は判断しましたので、再度質問形式で文書化した次第です。 これは真面目に予備校に通っている受験生には大きな問題なのであると思うのです。 高い授業料を払って誤ったことを教えられているとしたら受験生にとって最悪な問題です。

  • 遺産分割協議書 2通作成した場合

    Aさんが亡くなった時に、相続人であるB、C、DさんはAさんの所有している不動産について遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成しました。(これに基づき相続登記がなされました。) その後、銀行預金について遺産分割協議が成立しました。 この場合、銀行預金についての遺産分割協議書を作成する場合、すでに協議書の作成されている不動産についても記載が必要なのでしょうか。 なぜ、このようなことをお伺いするかというと、新たに銀行預金についての遺産分割協議書を作成したときに、最初の不動産の協議書が無効にならないか心配だからです。 お詳しい方お教えいただければ幸いです。

  • 遺産分割のやりなおし

    遺産分割のやりなおし 受験生から遺産分割のやり直しの質問がありましたので下記のように答えました。 現在の相続による所有権登記を抹消して、新たな遺産分割協議で相続する。 それに対して受験生は私の回答は誤りであり、それは教科書に下記のとうり説明されているということです。 ブリッジ実戦第2版 P347において、遺産分割協議により法定相続分と違う相続分で、「相続」を原因とする相続登記について、再度、遺産分割協議を行い「遺産分割」を原因とする持分全部移転登記をすることができる。 登記原因として、合意解除と遺産分割の二つの法律行為を併せて、遺産分割で移転は出来ないと思うのでこの教科書の説明が分かりません。 著者は早稲田セミナー竹下貴浩氏のようですが、検索しますとかなり本を出版しいます。 竹下貴浩氏の説明が誤りなのか引用にミスがあるのか、どなたか現物の本を持っている方いませんかね。 私としては引用された教科書が間違いだったと思っております。

  • 遺産相続分割協議書の保管期限は何年ですか?

    父母が逝去し、父の遺産(水田)が概算1万m2あります。子供は4人。子供二人は、遺産相続分割協議書を作成していないと言う。子供一人とは、まだ、連絡が取れない状態です。水田の名義は、残る子供一人の名義になっている事が判明しました。名義変更(移転登記)時には、遺産相続分割協議書、もしくは、遺産相続一括移転登記には、他の3人の同意書(記名・捺印)が必要だと思います。 法務局登記担当部門では、遺産相続分割協議書、及び、遺産相続一括移転登記申請に添付した法定相続人達の同意書は、何年間保管されるのでしょうか? 仮に、協議書、同意書等が無い場合、子供二人が、子供一人に移転登記、または、名義変更は無効とする審判を家庭裁判所に仰ぐことができますか?

  • 遺産分割協議書の効力について

    遺産分割協議書作成後、不動産移転登記しないままで相続人が死亡した場合における、 遺産分割協議書の効力を教えてください。 たとえば、被相続人Aの複数の不動産{a, b, c, d, e}を3人の相続人 X, Y, Z が それぞれ{a, b}、{c, d}、{e}に分割して相続する遺産分割協議書を 署名・捺印・印鑑証明書も付けて法的に完璧に作成したとします。 ところが、不動産移転登記をおこなわないまま、相続人 X, Y, Zが3人とも死亡し、 新たに被相続人となった X, Y, Zにはそれぞれ相続人{X1, X2}、{Y1, Y2, Y3}、{Z1, Z2, Z3} の計8人がいたとします。 最初の被相続人Aの複数の不動産を孫8人が相続する場合、 子供X, Y, Zが作成した遺産分割協議書の則って分割した不動産を、 更にそれぞれの子供X,Y,Xの孫たちで再分割しなければならないのでしょうか? すなはち、{X1, X2}は{a, b}、{Y1, Y2, Y3}は{c, d}、{Z1, Z2, Z3}は{e}を再分割しなければならない。 それとも、子供X, Y, Zが作成した遺産分割協議書を破棄して、 最初の被相続人Aの遺産を孫相続人{X1, X2, Y1, Y2, Y3, Z1, Z2, Z3}で改めて 新規に遺産分割協議書を作成しなければならないのでしょうか? あるいは上記以外の方法をとる必要があるのでしょうか?

  • 遺産分割協議に第三者が

    疑問が生じたので質問させてください。 被相続人に配偶者が居らず、子がいるとします。 また遺言書の類は無いものとします。 相続人は子だけになると思います。 被相続人に内縁の妻が存在し、子の理解があって、遺産分割協議により内縁の妻へ財産の相続をさせることは可能であるのか。 その場合遺産分割協議書の署名や捺印は法定相続人だけでよいのか。 相続税の申告は内縁の妻を含めて共同で申告するのか。 財産には不動産も含まれ、遺産分割協議書は登記申請にも利用することを想定しています。 権利関係や税務、そして書類作成などで知識をお持ちの方、お願いいたします。