• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ターボ車とノンターボ車

エンジンについて質問です。 排気量の少ないターボ車と排気量の多いノンターボ車はどちらが車としてはいいでしょうか? S社などは上のランクにターボ搭載がありますが、T社やN社などではターボではなく排気量の多いものを上にランクに設定してますよね。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数437
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

国産車に於いては 今の時代でターボを語るのはちょっと困難ですね。 トヨタの場合は ずいぶん以前にターボを放棄しています。 はっきり言って今現在の排ガス規制をクリアする技術は トヨタにはありません。 日産も同様です。 GT-Rの排気量が大きくなったのは 従来のハイパワー高ブーストエンジンでは 到底排ガス規制をクリアする技術を持ち合わせていないからです。 そして 排気量を上げてローブーストにすれば 簡単にクリア出来るからです。 特に今の日本の排ガスは 排気量を上げれば上げるほどハードルが低くなるので どんどん排気量だけが上がっていくのです。 今、ちゃんとターボ車を作れるのは 三菱とスバルだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

三菱もスバルの車もとても好きなので、双方のメーカーには頑張ってほしいです!  回答感謝です(^^ゞ

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • wathavy
  • ベストアンサー率22% (505/2263)

回答としては、×かもしれませんが、 排気量の多いターボ車 がベストな面白みだと思います。 国内では、車メーカーが気を使っているのか、2.5Lのターボくらいまでになっていますが、海外ではもっと馬力を出すために、8リッター4ターボですから、一番いいのは、ターボの大排気量ということになると思います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3#.E4.BB.95.E6.A7.98 個人的には、NAでも重量を減らして楽しい運転ができるようにしたほうが良いと思います。 http://blogs.yahoo.co.jp/ciao708/62493517.html 無論、バイクですから、トルクが要らないので、200馬力出ても当たり前な部分があるのかもしれません。 どちらの事例も、極端ですが、これらの性能から見ると、市販車のターボも大排気量車も本来出せる性能の数分の1しか出していないとも見えます。 エコが一番の世相もありますから、いまどきこの手のエンジンに憧れてると遅れていると思われるかもしれません。 実際、フォレスターのXTは、満タンにすると泣けてくるガソリン代でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たしかに排気量の多いターボ車は早いです。BMWのX5 4.4Lツインターボ?に乗せてもらいましたがすばらしい走りっぷりです。すごく欲しくなりましたが、買えるわけもなく憧れでつづけてます(~_~;) 回答ありがとうございます!!

  • 回答No.2
  • oska
  • ベストアンサー率48% (4105/8467)

>排気量の少ないターボ車と排気量の多いノンターボ車はどちらが車としてはいいでしょうか? 「車種によって異なる」が、回答です。 一概に「ターボは駄目、ノンターボは駄目」という回答は、ありません。 ターボは、かつては「小さい(排気量)エンジンで、高い出力を出す」事を目的としていました。 日本では、排ガス規制が強化された昭和50年度頃からターボが解禁になります。 1.排ガスを少なくするには、エンジンを小さくすれば良い。 2.エンジンが小さいと、馬力・トルクが小さい。 3.そうだ。ターボを付けよう! 1.排ガス規制には、マフラーに触媒を付ける必要がある。 2.触媒を付けると、馬力・トルクが下がる。 4.エンジンを大きく(排気量UP)すると、小型車から普通車になり税金が高くなる。 3.そうだ。ターボを付けよう! 当時は、トヨタ・ホンダがDOHC、日産・三菱がターボで排ガス規制対策を行なっていました。 今では、3ナンバーも5ナンバーも、税金に大差がありませんよね。 エンジン自体が、省エネ・低排ガス対応設計になっています。 車種と運転者の好み次第ですね。 ターボ車・ノンターボ車のどちらが良いのか? 自動車メーカーでも、回答は出ないでしよう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答ありがとうございます。 友人が”ターボはだめでしょ!”とターボ車を侮辱するような事をいってたので質問してみました。 ターボ車もNA車もお互いいいとこがあるって事ですね!納得です!! 回答あるがとうございます。

  • 回答No.1
  • 4G52GS
  • ベストアンサー率71% (1969/2770)

コストと販売戦略というのが大きいと思います。 最近の車は排ガス規制が厳しくなり、大量にガスを燃焼させ大きなパワーを搾り出すターボは不利といえます。 通常のエンジンの場合、排気口に直結するような感じで触媒を設置しているものが多くなっているはずで、排ガスの温度も高い状態ですから触媒も効率よく働いて排出されるガスもきれいになります。 ところが、ターボの場合は排気口にタービンが直結していて、その次に触媒が来ます。 タービンを回すために排気ガスのエネルギーがかなり奪われてしまい、結果的に温度も下がり触媒の反応も悪くなるとか・・・ さらにエンジンを停止した直後にはタービンの回りに未処理の排ガスが残ることになり、それが問題になることもあるとか。 そういった事情でターボ車のラインナップが大幅に減少したわけです。 現在販売されているターボ車は(国産に限って言えば)きわめて特殊な車両といっても差し支えないでしょう。 スポーツ性を優先して、ターボ用に別途対策をして、その分のコストが上がっても付加価値で吸収できる、そう考えて良いでしょう。 レガシィにしてもベースの排気量を2500ccに上げましたから、ターボ離れの方向と考えて良いでしょうね。 (実は4代目のデビュー前にもそういったうわさがありました) ただ、VWのTSIのように発想が少し異なるシステムも出てきています。 パワーレベルの問題はあるでしょうけど、エンジン自体の絶対質量はターボのほうが抑えることが可能なはずですから、燃費を考えると有利な要素は多いはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

スバルのターボはすごく好きなので、ターボ離れは少しさみしいですね(T_T) 時代がエコなのでしかたないですが・・・。頑張れスバル!! 回答感謝します(^^♪

関連するQ&A

  • ターボつきトラックが販売される理由

     最近、発売されるトラック(4トン以上)の大半はターボがついていると聞きますが、なぜターボをつける必要があるのでしょうか?軽自動車のように、排気量で税金などが優遇されるわけではないと思うので、単純に排気量を大きくすれば良いかと思います。重い荷物を載せるトラックの性質を考えると、出だしに高出力が要求されるかと思います。その点を考慮すると、高出力を得るまでにタイムラグがあるターボでは不利なのではないかと思います。そのことから、排気量を大きくすることで、エンジン重は重くなりますが、ターボ以上の効果が期待出るかと思います。  理由をご存知の方、よろしくお願いいたします。

  • 貧乏ターボ

    最近ヨーロッパやアメリカは、 小さいエンジンにターボが流行っています。 理由はエコとのこと?? 車体重量が同じなら、ターボ有り無し、排気量の大小は関係ないのでは?? 昔聞きました、ターボはコストがかかる、 3Lのターボなしより、 2Lのターボ車の方がコスト高とか? また、日本は軽以外はターボ車は、ほとんどないですが、 なぜですか?? ターボはメンテも気を使うのでは? アフターアイドリングが必要? オイル管理? ターボのメリットはなんでしょうか?

  • ターボエンジン車とエコロジーの関係について

     昨今、乗用車のエンジンをターボ過給によって省燃費を実現するという傾向がありますが、これについて質問いたします。  理論上、全走行抵抗が同一の自動車であればエンジンが自然吸気、過給にかかわらず、また排気量にも関係なく必要馬力(仕事率)は同じです。であればターボエンジンは自然吸気エンジンと同じ熱エネルギーを取り出すのに、より少ない燃料でそれを達成せねばならないはずですが、なぜそれができるのでしょうか。  自然吸気だと圧縮比を高めるとそれに伴う機械損失を補って余りある高い熱効率が得られますが、同じエンジン技術を用いれば燃料のオクタン価で限界はほぼ決まるものと思います。ターボであってもオクタン価による限界からは逃れられないはずです。  また、ターボにあって自然吸気にはない損失として、排気の背圧の高さがあると思います。過給圧の高さに比例して排気抵抗が高くなります。ただこれは、同一馬力を取り出すのにターボエンジンは小さい排気量で済むことによる機械損失の低さとの比較になるのかもしれませんが。  以上から如何にしてターボでエコを実現しているのか技術的な教示をお願いいたします。

  • 究極はターボ。

    自動車のチューニングについて、色々質問させていただいておりました。ECU書き換え、revo、motec云々。結局は排気量を上げるにしろ、何にしろ、これにターボを装着すれば、良いだけの話で、究極はターボに尽きると言う考えは間違いでしょうか?

  • ターボって何ですか?

    お恥ずかしい質問で恐縮ですが。。 (1)今スカイラインを買おうかと検討中です。 そこで、ターボがあるのと無いのがありますが、ターボがあると何が違うのですか? 速いのでしょうか。。? (2)購入したいのは7thスカイラインのクーペです。GTSと、GTS-Xの2種類ありますが、これはエンジンのグレードの違いですか? それぞれにターボがある車と無い車があるんですか? また、限定発売されたGTS-Rは、格段にエンジン性能が異なるのでしょうか。 (3)RB20系のエンジンとは、このスカイラインに搭載されたエンジン名ですか? また、SOHCとDOHCの違いは何でしょうか。 (4)オートスポイラー、エアロって言うのは何ですか? (よく、フルエアロという言葉を聞きますが)。 どうぞよろしく御教示ください。

  • ターボやスーパーチャージャー

    ターボやスーパーチャージャーを付けたら、エンジン音や排気音って変わりますか? また、どちらも値段は工賃合わせていくらぐらいになりますか? 車は、オデッセイRB1アブソルートです。

  • 中古軽自動車のターボとNAどっちがよい?

    今度通勤用に中古軽自動車を購入します。予算は厳しいのですが、操縦の楽しみからいうとやはりターボのマニュアル車(スズキのkeiターボ)がいいかなとは思っています。しかし同じ7万キロでもターボの方がガタが来やすいものでしょうか?(エンジン、クラッチ、ミッションすべてにわたって)大排気量車ならともかく軽では? 素人考えではNAの方がメカの負担が少なくていいような気もするのですがどんなものでしょうか?

  • 国産最小V8エンジンは?

    一番排気量が小さいV8エンジンはどの車に搭載されていますか? 特殊な車ではなく、量産された物です。

  • BMW、Mercedes・ターボについて

    New7シリーズの740i、740Liは直6・3リッターで326馬力とあるので335iや135iと同様にツインターボを搭載してるんでしょうか? また、これからBMWはターボなどで出力をあげて排気量を抑える方向でいくんでしょうか? Mercedesのツインターボ車といったらS・CL・SL65 AMGか600ぐらいですよね。自分はC300とかにツインターボを搭載してもいいんじゃないかと思うんですが。 335iの306馬力に対してC300は231馬力と明らかに出力が低く車両価格もC300のほうが高いんでどうなんだろうと思うんです。 正直、AMGに関しても6.3リッターまで大きくしなければいけなかったのでしょうか?なんか排気量だけ見ればアメ車(CORVETTEなど)と大差ない気がします。 馬力、トルクで車のすべてが決まるわけではないですが、Mercedes,BMWどちらも好きな私としては疑問に思うのです。 Mercedesのコンプレッサーを積んでるものには乗ったことあるんですがツインターボに関しては乗ったことがありません。 やはり搭載することで多数のデメリットがあるんでしょうか? どなたかお願いします。

  • ダウンサイズターボで燃費悪化?

    マルチ・スズキ・インディア社が生産し、スズキ自動車が輸入販売する新型車バレーノのサイトを見ると、1.2litterの標準エンジンと、1.0Litterのダウンサイズ・ターボのエンジンが搭載されるようです。 無過給標準エンジン搭載のXGと、ダウンサイズ・ターボを搭載したXTの主要諸元は以下のようになります。 XG:車重910Kg 4気筒1.2リットル無過給 最大出力91ps、最大トルク12.0kg・m/4400rpm 変速機CVT、JC08モード燃費24.6Km/L XT:車重950Kg 3気筒1.0リットル排気過給、最大出力111ps、最大トルク16.3kg・m/1500-4000rpm, 変速機6AT、JC08モード燃費20.0Km/L 軽量で機械的な内部摩擦抵抗も少ない3気筒を選択し、排気ガスのエネルギーロスを回収する排気ターボも追加した(それだけコストを掛けた)のに、JC08モード燃費が18%以上も悪化しています。 これは、なぜでしょうか? 1.マルチ・スズキ・インディア社はダウンサイズターボによる効率向上を目指したのではなくて、20世紀に流行った「ドッカン・ターボ」で最高出力の最大化を狙ったのしょうか? 2.それとも、VWやBMWやドイツFordを見習って3気筒小排気量のダウンサイズターボを採用して、抜本的な燃費向上を狙ったにも拘わらず、技術力不足で企図とはことなった結果になっているのでしょうか? 3.あるいは、日本独自のへんてこな燃費測定基準JC08モードだけで燃費が悪化しているが、世界各国のまともな燃費測定基準ではダウンサイズ・ターボの省燃費効果が表れているのでしょうか? 自動車エンジンの小型化、とくにダウンサイズ・ターボに詳しい識者の方より、マルチ・スズキ・インディア社の新型車バレーノの3気筒ターボ車の技術的特徴など解説いただけれるとありがたいです。 どうぞよろしくお願い申し上げます。