• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

関西のミステリ好きな方、『揺り椅子探偵』について教えてください。

数年前まで関西に住んでいました。 確か4~5年程前、上岡龍太郎さんの司会で『揺り椅子探偵』という番組をやっていましたよね? 確かMBSの番組だったと思います。 前編が出題、一週間後の後編が回答編の構成で、有栖川有栖氏と綾辻あやと氏が手がけたトリックを解明する、という単発の番組でした。 第2回目を見たところで関東に引っ越して来てしまい、その後も続いているのかどうか気になっています。 関西の方、この番組は今でも続いているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数158
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • zoe85
  • ベストアンサー率21% (3/14)

安楽椅子探偵とは違うのですか?安楽椅子探偵なら有栖川有栖氏と綾辻あやと氏が手がけたトリックを解明する、といった内容だったと思います。このあいだの土曜日14日深夜1時24分から放送していたと思います。私は見のがしてしまいましたが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>安楽椅子探偵とは違うのですか? あ、そうです、そうです(笑)。 恥ずかしいですねェ・・・。 まだやっているんですね。 関西ローカルらしいので、関東では観られないんです・・・。 あ~、観たいなぁ。 情報ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 30年近く前、関西よみうりの土曜の朝の番組

    番組のタイトルが思い出せず、友達や親戚に、この番組のことを説明するときに困ってしまいます。 ご存知の方、タイトルを教えてください。   関西のよみうりTVで、土曜の午前中に放送されていました。 司会は上岡龍太郎さんです。 途中のコーナーで、桂ざこばさんと遥洋子さんが必ず言い合いになるシーンがありました。(ざこばさんは「女は大人しくしてろ」的な発言で、遥さんがそれに噛み付くといったパターン) 番組終了直前に、大空テントさん(上岡さんのお弟子さん)からの、お知らせのようなものがあり、番組が終了します。 この番組は、お昼12時頃に終わるので、このあと関西人の多くは「ノックは無用」を観ていたのではないでしょうか。   つまらない質問ですが、 タイトルをご存知の方、よろしくお願いいたします。    

  • 腹が立ったトリック 怒りを覚えた作品は?

    推理もの、トリックものなどで、最後まで読んで腹が立ったトリックや、こりゃないよ、これは無理がある、などの感想を抱いた作品を教えて下さい。 個人的には有栖川有栖「ペルシャ猫の謎」です。

  • トリックより推理のロジックに重きを置くミステリ

    エラリークイーンの悲劇四部作や国名シリーズ、有栖川有栖の江上シリーズ、法月倫太郎の「法月倫太郎の冒険」など、トリックより探偵の推理のロジックに重きを置いている作品は他に何かありませんか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • nagare
  • ベストアンサー率33% (280/831)

ファンサイトがありました http://www47.tok2.com/home/blackangels/anraku/anraku.htm 関西に住んでいても、見逃してしまうぅぅぅ

参考URL:
http://www47.tok2.com/home/blackangels/anraku/anraku.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

情報ありがとうございます! もう5回目なんですね。偶然にも先週の金曜日が第5回目の放送日だったとは・・・。 しかも、13日の金曜日じゃないですか! 凄いなぁ・・・。計算してこの日の放送にしたのかな? 話がそれましたが、とにかく悔しいです! 全国放送にしてくださ~い!

関連するQ&A

  • お勧めのミステリ作家(国内)を教えて下さい

    今までは、島田荘司、有栖川有栖、綾辻行人、小野不由美、宮部みゆき、篠田真由美さん等を好んで読んでいました。 特に探偵モノが好きなのですが、おもしろい本に飢えているので、お勧めであればミステリ作家にこだわらず読んでみたいです。 個人的な意見で構いませんので、是非教えて下さい!

  • 西川きよし ちっとも面白くない

    正月番組に西川きよし よく出ていた。 なんか 超大物とか いう芸人もいる かって上岡龍太郎も言ってたけど、「キーボー ちっともおもろないやろ」 やすいのかなあ 本人は 大物気取りなのかなあ きよしと そのまんま東出ていたらすぐ切る・・ってか テレビ自体つまらない

  • 番組名を教えてください

    92年首都圏版のお正月のテレビ雑誌をお持ちの方への質問です。 1992/01/01から01/04の間のTBSに放送された番組で山城新伍と上岡龍太郎の司会の番組の番組タイトル/時間/出演者などを教えていただけませんか?どうかお願い致します。

  • 海外のミステリ文庫 お勧めは?

    SF,ミステリ系が好きなのですが、最近読むものがなくなってきました。 星新一、島田荘司、綾辻行人、有栖川有栖、法月輪太郎、岡島二人、内田康夫、このあたりを好んで読んでましたが、もう読んでない本が無い状態です。そこで、彼らのあとがき等に出てくる海外の作家、ブラッドベリ、ブラウン、ポー、アガサクリスティ、エラリイクイーンなどを読み始めました。火星年代記などはなかなか面白かったです。今はベルナール・ウェルベルの蟻というのを読んでますが、なかなか面白いです。 ただ、海外の作家にはあまり詳しくないため、上記の作家が好みな私向けの海外作家がいれば教えて下さい。SF、ミステリ、推理物などが好みですが、特にお勧めのものがあればお願いします。

  • 卒論テーマの絞り込み

    大学の4回生です。文学部の心理系学科に所属しているのですが卒論のテーマに煮詰まってしまい、絞り込められずに困っています。 今考えているのは「推理小説から見る文化(社会)の変化」で、作家ごとに事件の事例とトリックと、その頃実際にあった事件・出来事で比較してみようと思っていたのですが、どうも上手くいきません。やはり膨大な量になったので……ジャンルも絞れませんし。この場合、作家は山村美紗・有栖川有栖に絞ろうかと考えています(変更もあり)。 いっそ有栖川有栖作品のみに絞って、登場人物(多分火村助教授)か事件などを考察か、登場人物のみを考察してみようか、とも考えていますが……。 心理系学科ですが、情報コースに所属しているので外れてもあまり問題はありません。こういう見方もあるのではないか?など、切り口の違う意見を聞いてみたいので、感想のみでも結構です。よろしくお願いします。

  • 推理小説探してます(探偵・シリーズ・本格)

    下記のような推理小説が好みの私です。これ以外で、できれば男性が探偵役の本格モノを教えてください 高田崇史「QEDシリーズ」  篠田真由美「建築家探偵桜井京介」 藤木稟「朱雀十五」      森 博嗣  「犀川と萌絵」 栗本 薫「伊集院大助」    法月綸太郎 有栖川有栖の長編       綾辻行人  「館シリーズ」 霧舎 巧 「開かずの扉シリーズ」 すみません海外ミステリーは苦手です。 単発でもOKです。(一覧はシリーズものが多くなってしまいました。同じ系統だと安心できるのでつい)

  • ミステリ・クローズドサークル

    過去の質問にもクローズドサークルはありましたが、日本の作家さんの有名どころは読んでしまったので質問させてもらいます。 本来は色々なタイプの本格ミステリが好きなのですが、やはり綾辻さんの迷路館・時計館などの印象が強烈です。 そこで、本格ミステリに限らず、 1.ある程度限られたメンバー内に犯人がいて、誰だか分からず疑心暗鬼になる 2.恐怖感または切迫した環境である 3.探偵役・ワトソン役目線ではなく、出来れば当事者目線で描かれている というような作品を探しています。 主な新本格作品などは既に読んでいますので、本格でなくてホラー・サスペンス寄りなどでもかまいません。必ずしも死の恐怖ではなくてもいいです。 とにかく誰が犯人か分からず、逃げたりするタイプで疑うことでの焦燥感のあるものが知りたいです。最近のゲームやアニメなどで、そういう設定(サバイバル系?)のものもありそうですので、そういうものでもOKです。 よろしくお願いします。 今まで読んだ主な該当作品: 綾辻行人 十角館 迷路館 時計館 (暗黒は未読) 有栖川有栖 学生アリスシリーズ(ちょっと恐怖感が足りないかも) 二階堂黎人 人狼城の恐怖(1・2部がかなり求めているものに近いです)       +黒田研二 KillerX など 好きな作家:石持浅海、西澤保彦、倉知淳、麻耶雄嵩、法月綸太郎 バークリー、ジル・マゴーン、デクスターなど

  • 上岡龍太郎さんは今?

    確か、ちょうど一年程前に、 芸能界を引退された、 上岡龍太郎さんは、今は、どこで、どうされているのでしょうか? 確か、引退するときには、 「私は、アメリカに渡ってマジでプロゴルファーになる。」 「引退後は、ゴルフと妻とマラソンとの三本立てで行く。」 とおっしゃっていたと思うのですが? ”ナイトスクープ”は、西田新局長を迎えたそうですね。 ”パペポ”は、やはり終わったのでしょうね? (あの番組は、まさか代役はあり得ないとおもうので) 何か、情報をお持ちでしたらお教えください。 (私事ですが、アメリカに住んでいるので、どうも日本の情報とか、わかりませんよろしくお願いします。) ども。

  • 二階堂黎人さん、篠田真由美さんが好きなのですが。

    二階堂黎人さんの「二階堂蘭子シリーズ」 篠田真由美さんの「桜井京介シリーズ」が好きで呼んでいます。が、文庫で出ている上記のシリーズはほとんど読み終えてしまい、後は文庫化されるのを待つばかりとなってしまいました。 そこで、上記シリーズのように魅力的な探偵さんが出てくる日本の作家の小説を探しています。 今読んでいるのは、有栖川有栖さんの「46番目の密室」です。いろいろな回答を拝見して、綾辻ユキトさんの「十角館の~」は読んでみようと思っているのですが、他にお勧めの小説があれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • 名コンビが探偵役の推理小説(できればシリーズもの)を教えてください

    こんばんは。 タイトル通り、名コンビが探偵役の推理小説を探しています。 (頭が切れる探偵と、ワトソン的な助手といった組み合わせ) 面白ければ続けて読みたいので、できればシリーズものがいいのですが、そうでなくてもかまいません。 事件のタイプは問いません。 (大掛かりなトリックものでも、日常の些細な謎を解くようなものでも) どちらかというと、謎を解くまでの間のコンビのやりとりが面白いものが好きです。 例えば、 有栖川有栖さんの火村英生とアリス 島田荘司さんの御手洗潔と石岡和己 作者失念・・・猫何とか先輩?とか ※他にもあったと思うのですが、思い出せません・・・。 好きな作家は 乃南アサさん 若竹七海さん 宮部みゆきさん(時代小説は読まないのですが) 綾辻行人さん、霧舎巧さん、赤川次郎さんなんかも以前読んでいました。 ちなみに、京極夏彦さんのシリーズはちょっと・・・です。 (読むと面白いのですが、本が厚すぎてなかなか読む気になれず・・・) あと篠田真由美さんの建築探偵系もちょっと苦手です・・・。 (探偵が美形だという描写が多すぎた印象が・・・。) よろしくお願いします。