• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

民事訴訟にはなぜ国選弁護制度がないのか?

実はhttp://gtubo.gpoint.co.jp/qa5749623.htmlで質問している者ですが、姉が民事訴訟の被告になりましたが経済的にとても弁護士を雇える状況ではありません。 国選弁護士を!と思ったのですが、刑事訴訟の被告に適用される制度なんですね。Wikipediaに下記のように書いてありました。 「日本国憲法は第37条3項で、「刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる。被告人が自らこれを依頼することができないときは、国でこれを附する。」と定めている。したがって被告人国選弁護は、憲法上必置の制度であり、被告人からすればその依頼権(国選弁護人選任請求権)は憲法上の権利となる。」 民事の被告でも金がなければ弁護人を雇えず困る状況は全く同じだと思うのですが、憲法はなぜ民事被告を除外しているのでしょうか?理解に苦しみます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2990
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

民事は双方とも民間人なので同等 しかも犯罪ではない 貧富の判定は主観によるのみで客観性に欠けます 刑事は一方は国家権力もう一方は民間人 厳格な一線が引けます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 なるほどそういうことでしたか。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#159030
noname#159030

民事事件の場合は弁護士を雇う必要がなく、本人で裁判に臨むことができるんです。 刑事事件の場合は検察に拘束されている場合が多く、自分では動けないことが多いため、弁護士を雇う金銭がない場合は国が権利を保障すると規定があるのです。民事はどうとでも動けるからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >刑事事件の場合は検察に拘束されている場合が多く そういうこともあるんですね。 刑事事件では必ず弁護士を付けないといかんということですか?

  • 回答No.4

民事事件は、被害も加害もお金で解決できる事件です。訴えられて、勝訴してもお金を支払わないだけ。敗訴すればお金を支払うだけです。民事事件関係者以外に迷惑はかけません。 もし、サラ金業者が支払いをしない借入者に対し、裁判を起こしたとします。借入者は「そのうち返すつもりだった。」と言って、税金で弁護士を雇うことができるとしたらどうなります? 隣の境界線がはっきりしないと言って裁判を起こした原告に、「昔からこの境界線だったけどなぁ。」と税金で弁護士を付けれますか? 自分勝手な身勝手な言い分は、前回の質問で感じましたが。今度は憲法を持ち出してきたのですね。憲法違反で提訴したらいかがですかww

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

貴方は、質問に対して、質問者を助けるために答えるというよりも、質問者をますます困らせる目的で回答されているようなので、それはちょっとこのサイトに相応しくないので忠告しておきます。リンクにある前回の質問では、お金がないのでその打開法を聞いているのに、貴方は相談料1時間10500円、着手金30~80万円と書かれました。それは事実でしょうが、事実を書けばいいというものではありません。それは私の質問の趣旨とは正反対に「打開法はない」と答えているのと同じです。従って、打開法を知らないのであれば、回答すべきではないのです。 他の回答者はほぼ全員、善意の回答をされていますが、貴方だけが悪意の回答をしています。悪意の回答なんて質問者は全く求めていないということが貴方には分かりませんか?お金のない中で、何とか打開策を見つけようとして質問しているわけで、質問内容はそれ以外のものではありません。慰謝料とか養育費の話では全くありません。原告は義理の母で、姉と夫を家から追い出そうと告訴した件についての質問です。 私が一言も言ってないことをわざわざ持ち出して人格攻撃するなんて、よく削除対象にならないものだとびっくりしています。 日本政府はもっと金を出すべきなどと主張すると「自己中」とか言って非難する人が、この法律カテゴリーの回答者の中にいるので驚いています。 私は日本でいうところの途上国で生まれ育ちました。父は以前はヨーロッパに住んでいました。従って私は日本をそれらの国と比べることが出来ます。途上国は話になりません。全てが自己責任で政府は社会的弱者に全く救いの手を差し伸べません。それに比べたら日本は遥かにマシだけれど、ヨーロッパの先進国に比べたら全くダメです。日本は弱者が法の手によって救われておらず、まだまだ泣き寝入りしている国といっていいでしょう。 私がここで質問する時、途上国を基準にはしておりません。日本も早くヨーロッパ並みになって欲しい気持ちで、質問を書いております。 私の口調が「自分本位」「自己中」に聞こえるのは、貴方の置いてる基準が途上国だからかも知れません。 日本の現状をこれでよしと肯定しているから、それ以上を要求する人間に不快感を持つのでしょう。 最後に『サラ金業者が支払いをしない借入者に対し、裁判を起こしたとします。借入者は「そのうち返すつもりだった。」と言って、税金で弁護士を雇うことができるとしたらどうなります? 隣の境界線がはっきりしないと言って裁判を起こした原告に、「昔からこの境界線だったけどなぁ。」と税金で弁護士を付けれますか?』は論理的におかしいと思います。 サラ金業者=善、借入者=悪を前提にした議論で、もしいつ如何なる場合でもそうであるなら、そんな借入者に税金を使うのは勿体ないでしょうが、実際はどっちが悪であるかは分からないのです。むしろ社会的にはサラ金業者に悪人が多く、騙されるのは借入人というのが実態でしょう。従って弱い無知な借入人を税金で助けるというのは意義のあることだと思います。弱い借入人を装った詐欺師を厳しく峻別すればいいのです。 ことさら悪人を意図的に仕立て上げて、自分の主張の論拠とするのが貴方の論法のようですが、私はその論法には引っかかりません。 貴方が他の方にも回答を続けたいのであれば、その悪意を取り除き、誤った論法を改めることを強くおすすめ致します。 日本が先進国というなら絶対に解決法があるはず、というよりあ

  • 回答No.3

民事にも、同じような制度があります。 法テラスによる立替制度・・・・分割払い 訴訟救助・・・裁判所が弁護士をつけた場合のみ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そうですか。民事でも貧乏人が必ずしも丸裸で戦う必要はないわけですね。

  • 回答No.2
noname#117169
noname#117169

刑事裁判は検察という法律のプロが相手になることが確定してますので、素人の被告人だけでは不利すぎるので援助しましょうというのが国選弁護人制度。 民事は基本素人Vs素人。 訴える方がプロ(弁護士・行政書士)を引き連れるとは決まっていないし、ましてや必ず訴えられる方に弁護士をつける制度を組んだら、訴える方にも必ずつけないと不利になります。 国等公的機関が両陣営に与するっておかしいことになっていまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 なるほどよく分かりました。

関連するQ&A

  • 国選弁護人

    弁護士のシナリオを書いています。 ・ある殺人事件が発生し、その被告人が弁護士を雇うお金がなく、国選弁護人で弁護士が充てられたとします。 その被告人は国選弁護人を解任することができますか?

  • 国選弁護人をつけた場合の訴訟費用

    家族のものが、出資法違反容疑で近々公判予定です。 起訴前に、当番弁護士の派遣を依頼し、 その弁護士に、刑事被疑者弁護人援助制度を利用し、私選弁護人になっていただきました。 起訴後は、引き続き同弁護士に、国選弁護人となっていただいています。 判決の際に、「訴訟費用は被告人の負担とする」という説明があった場合は、国選弁護費用および訴訟費用の負担が生じるらしいですが、そもそも、経済的に支払能力がないために国選弁護を依頼しているわけで、それでも支払い負担を言い渡される場合があるのでしょうか? また、貧困のために完納できない場合は、裁判の確定後20日以内に訴訟費用負担の裁判の執行免除の申立てをすることができるらしいですが、 裁判所が「支払能力アリ」との認識から言い渡した訴訟費用の負担が、 この執行免除申し立てで免除されることがあるのでしょうか? ちなみに保釈請求もしていますが、保釈金は、「日本保釈支援協会」から立て替えてもらう予定です。 保釈金を用意できる=訴訟費用の支払い能力アリ とみなされるでしょうか? ご回答よろしくお願いいたします。

  • 国選弁護人がつく場合

    国選弁護人はどのような場合に被告につくのですか?被告が弁護士に依頼する費用を持たない場合だけですか?ちなみに麻原しょうこうこと松本ちづおの弁護は国選だったと思いましが、あの人は弁護士にお金を払えなかったからですか?それとも勝つ見込みのない裁判ではカネを出されてもひき受ける弁護士がいないので国選の出番になるのでしょうか?ちなみに日枝神社でことを起こした廣瀬被告には国選ですか?それとも彼自身が弁護士を雇ったのでしょうか?

  • 国選弁護人の仕事終了(範囲)はどこまでですか?

    ある刑事事件の裁判で国選弁護人がついて公判が進行していますが(被告人は無罪を主張)まもなく結審になり判決になるようです。事件の内容は公表できないのですが・・・初犯であるため執行猶予がつきそうです。そこで質問なのですが、 1.国選・私選を問わずに判決が言い渡された時点で弁護人の仕事は終 了してしまうのですか?(どこまでやってくれるのか?) 2.被告人が無罪を主張して控訴する場合は、その手続きを助けてくれ るのでしょうか? 3.国選弁護人は一審のみで二審では私選で戦うしかないのでしょか? どなたかご存じの方よろしくお願いします。

  • 国選弁護人

    弁護士職務基本規定 国選弁護における対価受領等) 第四十九条 弁護士は、国選弁護人に選任された事件について、名目のいかんを問わず、被告人その他の関係者から報酬その他の対価を受領してはならない。 とありますが、被告人や関係者から金員をもらえないというのはどういう趣旨なのですか。私選なら普通にもらえるのになぜですか。

  • 国選弁護人と弁護団

    法律に詳しい方、教えてください。 今日のドラマ「最後の弁護人」は、マスコミに関心をもたれている殺人事件についての内容でした。殺人容疑で逮捕された被告には、国選弁護人が「一人」ついていました。 一方、ニュースでは、武富士の支店に放火した被告への死刑判決に対して「弁護団」が控訴した、と報じています。 いつも思うのですが、重大な事件とはいえ、金目当ての犯行を犯したような、収入のあてもない被告に対して複数の弁護士がついているのはなぜなんでしょう?もちろん、オウムのように、弁護士を雇える団体がついていたり、被告の家族や友人に財力のある被告の理解者がいるのかもしれませんが、ワイドショーで取り上げられるような大きい事件だと大方そのような気がします。国選弁護人は一人だと聞いたような気がしますが、何か、特別な措置とか援助機関みたいなものがあったりするんでしょうか?ニュースを見るたびに疑問です。

  • 弁護人依頼権

    行政書士の勉強をしています。 表題の件について、下記質問いたします。 よろしくお願い致します。 (1)被疑者の弁護人依頼権には、弁護人を選ばない権利もありますか?  (被疑者には、弁護人がついていなくてもいいのですか?) (2)被告人の弁護人依頼権には、弁護人を選ばない権利もありますか?  (裁判の際、弁護士がいなくてもいいのですか?   意義有り!裁判長!など、と自己弁護(?)が可能でしょうか?) (3)【死刑もしくは無期若しくは短期1年以上の懲役もしくは禁固】   以外の被疑者の国選はできないのですか?   以外で、お金がない人は、どうやって弁護人をつけるのですか? 

  • 「国選弁護人の費用負担」は誰が負うのでしょうか?

    巷では「・・・の裁判では・・・という国選弁護人がついた」等と見聞きしたりしますが、この(弁護人)費用について、もし「被告人」に、その支払い能力が欠如している場合、最終的に当該国選弁護人に対する報酬は、誰がどの様に支払うのでしょうか? ご存じの方いらっしゃいませんか?

  • 国選弁護人について

    私は今民事裁判に訴えられている者なんですけど、法律のことが全くわからない上に弁護士さんを頼むお金もなくてほんとにすごく困っています。ネットで国選弁護士のことを調べても刑事裁判のことしかわかりません。どなたか「国選弁護士は民事事件でも依頼できるのか」、できるとしたら「どの時点(裁判の経過の中のどの段階)で依頼できるのか」ご存知ないですか?教えて下さい。お願いします。

  • 国選弁護人というのは

    「最後の弁護人」というドラマをみていて感じたのですが、国選弁護人にばっかやらされる弁護士はいるのでしょうか。またいるとしたら、何故なのでしょうか。 なんだかあまり優秀でない弁護士の方が担当させられるようなイメージになってしまいました。 やっぱりドラマのように「国選」ということで検察などにも一段低くみられるのでしょうか。 同じ犯罪でも、お金がある方が罪が軽くなる、というのであれば、法のもとの平等なんてないわけですよね。