• ベストアンサー
  • 困ってます

パーティションをマウントできません

ext4パーティションをWindows XPにてExt2Fsdというソフトで読み書きしていたところ、Linux(Ubuntu 9.10)でそのパーティションがマウントできなくなりました。 Windows XPではExt2Fsdを自動起動するよう設定しており、今でも支障なく読み書きできています。 下記のメッセージです。 直りませんでしょうか。 # mount -t ext4 /dev/sdb1 /mnt/sdb1 mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdb1, missing codepage or helper program, or other error In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or s dmesgの内容 [ 3678.676297] EXT3-fs: sdb1: couldn't mount because of unsupported optional features (240). なお、mountコマンドの-tオプションをext3やext2にしてみましたが同じ結果でした。 2010年1月28日

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1751
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • vaidurya
  • ベストアンサー率45% (2712/5980)

http://www.ext2fsd.com/?s=ext4 …まぁ、誰がext2fsdでext4の書き込みができると判断したのか? そこ考えると、無謀な実験もいいとこかな。 Windowsで読めるなら、そこで新規にバックアップをとりましょう。 上書きバックアップは避けるべきです。 Windowsから読めるからといって、正常に読めているかは未知数です。 その上でfsckを試みるのもいいですが 実験継続ということでなければ、これはもう 再フォーマットし、運用方法によってはext3で行くべきでしょう。 ext2fsdは、ほぼ確実にext4への書き込みをサポートしていません。 だとしたら…共用ボリュームとして使うファイルシステムは ntfs-3gをあてにした非暗号化NTFSで行くほうが得策。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

vaidurya様、ありがとうございます。 よくわかりました。 何気なくExt2Fsdを使ってしまいました。 2010年1月30日

質問者からの補足

fsck.ext4を当てると読めるようになりましたが、ext3で再フォーマットしました。 2010年1月31日

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • yakan9
  • ベストアンサー率54% (2108/3902)

> couldn't mount because of unsupported optional features (240). の説明は、下記で詳しく説明されていますが、[3]で記載されているのは、 grubが、ext4に対応してないため、奥が深そうです。 ext3で構築しておく方が安全ということらしいですね。 http://gihyo.jp/dev/serial/01/sc-literacy/0016?page=1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

yakan9様、ありがとうございます。 ext3にしておけばよかったです。 2010年1月30日

  • 回答No.2
  • yakan9
  • ベストアンサー率54% (2108/3902)

> mount -t ext4 /dev/sdb1 /mnt/sdb1 正しくないかもしれませんが、マウントポイントの線はどうでしようか。 /etc/fstabで、/dev/sdb1のエントリのマウントポイントは、/media/sdb1とか。 以前は、マウントポイントは、/mntでしたが、今は/mediaに変わっているけど、関係ないのかな。 mount /media/sdb1 だけでよいのかもしれませんけど。 間違っていたら、パスされたし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

yakan9様、ありがとうございます。 マウントポイントはmkdirで作り、自分で/etc/fstabに書き込んでいるいものですし、この問題が発生する前はマウントできていましたので原因ではないと思います。 2010年1月28日

  • 回答No.1
  • D-Matsu
  • ベストアンサー率45% (1080/2394)

んー、fsckとか? とりあえずWindows側でデータのバックアップ取っておきましょう。 たぶんext4対応がイマイチで壊したんじゃないかと推測。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

D-Matsu様、ありがとうございます。 仰せのとおりかと思います。 バックアップするHDDのゆとりが無いので、なんとかマウントしたいのですが... 2010年1月28日

関連するQ&A

  • linuxでのmountができません

    linuxでSDカードをmountしようとしているのですができません。 フォーマットまでの手順として、  ・パーティションの確保    #/sbin/fdisk /dev/sdb  ・ext3でフォーマット    #/sbin/mkfs.ext3 /dev/sdb1  ・マウント #mount /dev/sdb1 -t ext3 /mnt/CardReader mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdb1, missing codepage or other error In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or so となりマウントできません。 dmesgコマンドを実行すると、 #dmesg | tail sdb: Mode Sense: 03 00 00 00 sdb: assuming drive cache: write through sdb: sdb1 SCSI device sdb: 1002496 512-byte hdwr sectors (513 MB) sdb: Write Protect is off sdb: Mode Sense: 03 00 00 00 sdb: assuming drive cache: write through sdb: sdb1 JBD: no valid journal superblock found EXT3-fs: error loading journal. となっています。 対処方法がわかる方がいましたらよろしくお願いします。  

  • fat32でフォーマットしたドライブがマウントできません。

    mount -t vfat /dev/hdc /mnt/common2 mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/hdc, missing codepage or other error In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or so

  • mount

    以前に回答いただいたのですが、今回再インストールしましたら同じ環境で”Bドライブ”がマウントできません。 gedit /etc/fstab /dev/sda1 / ext3 defaults,errors=remount -ro 0 0 /dev/sdb1 /mnt/sdb ext2 defauts 1 1 上記の設定で起動しますと、「マウスポイント」でエラーとなります。 /dev/sdb1 /mnt ext2 defauts 1 1 とか /dev/sdb1 /mnt/sdb ext2 defauts 0 0 とか試みましたが同様のエラーとなります。 # mount -t ext2 /dev/sdb1 /mnt ですとマウントできます。 起動時のマウント記述を教えてください。

  • fstab に記載してもマウントされません

    Debianですが /etc/fstabの内容は次のとおりです。 proc /proc proc defaults 0 0 /dev/sda1 / ext3 defaults,errors=remount -ro 0 1 /dev/sdb1 / ext3 defaults -ro 0 1 です。 これで起動しますと「sda」はファイルシステムとして通常にアクセスできますが、「sdb」は #mount /dev/sdb /mnt/sdb としないとマウントできません。 また、書き込みが出来ません。 自動でマウントする方法と書き込み可能にする方法を教えてください。

  • CentOS 4でパーティションの切り直し

    ディスクが2本ささっており、それぞれにLinuxがインストールされていましたが (デュアルブート構成)、片方のLinux(/dev/sdbにインストール)が不要となったので、 2本とももう片方のLinux(/dev/sdaにインストール)で使えるようにしようとしています。 /dev/sdbはLVMが構成されていましたが、/dev/sdaにインストールを起動して、 fdiskでバッサリ削除して、1パーティションを作成しました。 # fdisk /dev/sdb このディスクのシリンダ数は 8924 に設定されています。 間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合 に問題を生じうる事を確認しましょう: 1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO) 2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト (例. DOS FDISK, OS/2 FDISK) コマンド (m でヘルプ): p Disk /dev/sdb: 73.4 GB, 73407820800 bytes 255 heads, 63 sectors/track, 8924 cylinders Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes デバイス Boot Start End Blocks Id System /dev/sdb1 1 8924 71681998+ 83 Linux <<★全てのブロックを/dev/sdb1に。保存(w)もOK。 # mke2fs -i 4096 -j /dev/sdb1 # tune2fs -c0 -i0 -Odir_index -ouser_xattr,acl /dev/sdb1 # mount /dev/sdb1 # df -k Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置 /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00 66410160 57557976 5478720 92% / /dev/sda1 101086 14863 81004 16% /boot none 1027152 257952 769200 26% /dev/shm /dev/sdb1 101086 5664 90203 6% /home1 <<★ なぜか、72GB全てを/dev/sdb1に割り当てたのに、100MB程度しか使えないことになっています。 これは、fdisk前に、/bootに割り当てられていた容量と同じです。 なぜでしょうか? どのようにしたら72GB全て認識するようになるでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • CentOSのHDをKnoppix5からmountが出来ません。

    CentOS4.4 をテストサーバとして使っています。 このサーバをPartition imageを使ってハードディスクをまるごとバックアップする事を試みています。 この時、Knoppix5を起動した後のデスクトップ上にあるHard Disk[hda2]をマウントすると、 デバイスをマウントできませんでした。 エラー: mount: noneが指定されましたが、ファイルシステムタイプを決定できません。 と表示され、マウントできません。 また、コマンドから # mount -t ext3 /dev/hda2 /media/hda2 と実施すると、次のようなエラーとなります。ext3をautofsに指定しても同じでした。 mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/hda2, missing codepage or other error In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or so # dmesg | tail をすると、次のように表示されます。 VFS: Can't find ext3 filesystem on dev hda2. 解決するヒントなどありましたら、教えてください。 よろしくお願い致します。 Knoppixは5.01.20060623.1430を使っています。

  • パーティションとファイルシステムの関係

    ■環境 ・OS:Linux(CentOS5.7) ・LVM使用なし ・ファイルシステムはext3 パーティションとファイルシステムの関係がいまいちよくわかっていないので教えてください。 パーティションを一旦削除し、再度作成すると(同一開始終了シリンダ)、パーティション削除前と同じようにマウントが可能でした。さらに削除前にパーティション内に存在したファイルまで何の問題もなく使えています。 私の想像ではパーティションを削除すると、そのパーティションに内包されたファイルシステムまで同時に削除されるのだと思っていたのですが、違うのでしょうか。 またパーティションとファイルシステムが独立した関係であるならば、以下のようなことが可能なのでしょうか。 (1)/dev/sdaの全領域を/dev/sda1,/dev/sda2の2つに分割してパーティションを作成(fdisk)、それぞれをext3としてフォーマット。 (3)/dev/sda1,/dev/sda2をマウントし、それぞれにファイル1.txt、2.txtを作成。 (3)/dev/sda1,/dev/sda2の2パーティションを削除(fdisk) (4)/dev/sdaの全領域を/dev/sda1,/dev/sda2,/dev/sda3の3つに分割してパーティションを作成しなおす。(fdisk) → もともと/dev/sdaの全領域にはext3のファイルシステムがあるので、mkfs等でファイルシステムを作成しなくてもOSから利用可能? → しかも1.txt、2.txtはそのまま存在するので、マウントすれば参照できる?(sda1~sda3のどこにあるのかはわからないが・・) 取り留めのない質問で申し訳ありませんが、パーティションとファイルシステムの関係について嚙み砕いて教えていただけると非常にありがたいです。

  • ハードディスクのマウントで文字化けする

    Debian 4.0 etch(localesパッケージにてUTF-8環境に変更済み)を利用しています。 USB外付けハードディスク(vfat)のマウント時に、日本語ファイル名が文字化けしてしまいます。 また、mountオプションにiocharset=utf8を指定すると以下のように怒られてしまいます。 # echo $LANG ja_JP.UTF-8 # mount -t vfat /dev/sda2 /mnt/sda2 -o codepage=932 # ls /mnt/sda2 ????/ ???[?????Y/ ?f???E?h???}/ ???ʃA?j??/ ???l??/ ?l?^/ ???ʃQ?[??/ ???l?\?t?g/ # umount /dev/sda2 # mount -t vfat /dev/sda2 /mnt/sda2 -o codepage=932,iocharset=utf8 mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sda2, missing codepage or other error In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or so # dmesg | tail MSDOS FS: Using codepage 932 MSDOS FS: IO charset utf8 usb-storage: task-switchin usb-storage: task-switchin FAT: freeing iocharset=utf8 MSDOS FS: Using codepage 932 MSDOS FS: IO charset utf8 usb-storage: task-switchin usb-storage: task-switchin FAT: freeing iocharset=utf8 どのようにすれば日本語ファイル名が文字化けせずにマウントする事が出来るでしょうか。

  • コンパクトフラッシュのマウント

    コンパクトフラッシュのバックアップ作成したいです。 旧CFはCent OSに新CFはUSB+リーダーでVineにつないでます。 新CFをfdiskで旧CFと同じようパーティションに切りました、フォーマットもしました。 fdisk -l でそれぞれのパーティションは見えてます。 しかし、マウントポイントを作り、それぞれのマウントしようとしてもマウントできません。 /sbin/fdisk -l /dev/sdc1 とすると、 Disk /dev/sdc1: 7999 MB, 7999884288 bytes 247 heads, 62 sectors/track, 1020 cylinders Units = シリンダ数 of 15314 * 512 = 7840768 bytes デバイス Boot Start End Blocks Id System /dev/sdc1p1 1 13 99510 83 Linux /dev/sdc1p2 14 996 7526831 83 Linux と出ます。 mount /dev/sdc1p1 /hoge1 nfs としましたが、 Usage: mount -V : print version mount -h : print this help mount : list mounted filesystems mount -l : idem, including volume labels So far the informational part. Next the mounting. The command is `mount [-t fstype] something somewhere'. Details found in /etc/fstab may be omitted. mount -a [-t|-O] ... : mount all stuff from /etc/fstab mount device : mount device at the known place mount directory : mount known device here mount -t type dev dir : ordinary mount command Note that one does not really mount a device, one mounts a filesystem (of the given type) found on the device. One can also mount an already visible directory tree elsewhere: mount --bind olddir newdir or move a subtree: mount --move olddir newdir A device can be given by name, say /dev/hda1 or /dev/cdrom, or by label, using -L label or by uuid, using -U uuid . Other options: [-nfFrsvw] [-o options] [-p passwdfd]. For many more details, say man 8 mount . となり、うまくマウントできません。 /devを確認すると、sdc1はあるのですが、sdc1p1がありません。 どうしたら、それぞれのパーティションをマウントできるでしょうか。

  • LINUX~マウントできない

    OSはLinuxのFedora Core 6です。 外付けDVDドライバーを認識させようとしているのですが、認識してくれません。 以前(6ヶ月程前)には使うことができて、最近また使う機会があって試みているのですが、マウントされません。 以下のようにコマンドを打って、エラーコメントが表示されます。 # mount -t iso9660 /dev/scd0 /media/dvd mount: ブロックデバイス /dev/scd0 は書き込み禁止です、読込み専用でマウントします mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/scd0, missing codepage or other error (could this be the IDE device where you in fact use ide-scsi so that sr0 or sda or so is needed?) In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or so ちなみに、 http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/564growisofs.html http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/563dvdrwtools.html などは試しましたが、うまくいきませんでした。 データを焼くことができずに困っています。 どなたか具体的なご指導をよろしくお願い致します。