• 締切済み
  • 困ってます

linuxでのmountができません

linuxでSDカードをmountしようとしているのですができません。 フォーマットまでの手順として、  ・パーティションの確保    #/sbin/fdisk /dev/sdb  ・ext3でフォーマット    #/sbin/mkfs.ext3 /dev/sdb1  ・マウント #mount /dev/sdb1 -t ext3 /mnt/CardReader mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdb1, missing codepage or other error In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or so となりマウントできません。 dmesgコマンドを実行すると、 #dmesg | tail sdb: Mode Sense: 03 00 00 00 sdb: assuming drive cache: write through sdb: sdb1 SCSI device sdb: 1002496 512-byte hdwr sectors (513 MB) sdb: Write Protect is off sdb: Mode Sense: 03 00 00 00 sdb: assuming drive cache: write through sdb: sdb1 JBD: no valid journal superblock found EXT3-fs: error loading journal. となっています。 対処方法がわかる方がいましたらよろしくお願いします。  

noname#157805
noname#157805

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数7184
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#208124
noname#208124

書き換え限界寿命に達したんじゃないですか badblocks -w /dev/sdb で何か表示されるなら不良ブロックが有ります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなりましてすみません。 badblocks -w /dev/sdb を実行してみたところ、なにも表示されませんでした。 まだそんなに使用していないカードですので、寿命ではないと思うのですが…

  • 回答No.3
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

どうでもいいけど, 512MB の SD カードを EXT2 や EXT3 でフォーマットしなきゃならない状況が想像できないんですが.... どういうことになってるんでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

状況の説明が足りなく、申し訳ありません。 タッチパネル(ALGO社製AlgoSmartDisplay)のルートファイルをSDカードに作成し、使用しています。 その時のフォーマット形式がEXT2かEXT3となっています。

  • 回答No.2

ファイルシステムがあっていないんじゃないかなって気がします。 かってすぐならFAT32が一般的なのかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます!! でも、今回はEXT2かEXT3でフォーマットしなければならない状況ですので… ちなみにFAT32ではフォーマットもmountもできます。 以前は、EXT3でもできていたのですが、何回かフォーマットしていたら突然できなくなってしまいました。

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

カーネルメッセージの 「no valid journal superblock found」 とか 「error loading journal」 とかいうのがすごく気になるんだけど, ext3 でのフォーマットはちゃんと成功してる?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます!! フォーマットは、 #/sbin/mkfs.ext3 /dev/sdb1 mke2fs 1.38 (30-Jun-2005) Filesystem label= OS type: Linux Block size=1024 (log=0) Fragment size=1024 (log=0) 125488 inodes, 501100 blocks 25055 blocks (5.00%) reserved for the super user First data block=1 62 block groups 8192 blocks per group, 8192 fragments per group 2024 inodes per group Superblock backups stored on blocks: 8193, 24577, 40961, 57345, 73729, 204801, 221185, 401409 Writing inode tables: done Creating journal (8192 blocks): done Writing superblocks and filesystem accounting information: done This filesystem will be automatically checked every 24 mounts or 180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override. となり、成功していると思います。

関連するQ&A

  • mount

    以前に回答いただいたのですが、今回再インストールしましたら同じ環境で”Bドライブ”がマウントできません。 gedit /etc/fstab /dev/sda1 / ext3 defaults,errors=remount -ro 0 0 /dev/sdb1 /mnt/sdb ext2 defauts 1 1 上記の設定で起動しますと、「マウスポイント」でエラーとなります。 /dev/sdb1 /mnt ext2 defauts 1 1 とか /dev/sdb1 /mnt/sdb ext2 defauts 0 0 とか試みましたが同様のエラーとなります。 # mount -t ext2 /dev/sdb1 /mnt ですとマウントできます。 起動時のマウント記述を教えてください。

  • CentOSのHDをKnoppix5からmountが出来ません。

    CentOS4.4 をテストサーバとして使っています。 このサーバをPartition imageを使ってハードディスクをまるごとバックアップする事を試みています。 この時、Knoppix5を起動した後のデスクトップ上にあるHard Disk[hda2]をマウントすると、 デバイスをマウントできませんでした。 エラー: mount: noneが指定されましたが、ファイルシステムタイプを決定できません。 と表示され、マウントできません。 また、コマンドから # mount -t ext3 /dev/hda2 /media/hda2 と実施すると、次のようなエラーとなります。ext3をautofsに指定しても同じでした。 mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/hda2, missing codepage or other error In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or so # dmesg | tail をすると、次のように表示されます。 VFS: Can't find ext3 filesystem on dev hda2. 解決するヒントなどありましたら、教えてください。 よろしくお願い致します。 Knoppixは5.01.20060623.1430を使っています。

  • パーティションをマウントできません

    ext4パーティションをWindows XPにてExt2Fsdというソフトで読み書きしていたところ、Linux(Ubuntu 9.10)でそのパーティションがマウントできなくなりました。 Windows XPではExt2Fsdを自動起動するよう設定しており、今でも支障なく読み書きできています。 下記のメッセージです。 直りませんでしょうか。 # mount -t ext4 /dev/sdb1 /mnt/sdb1 mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdb1, missing codepage or helper program, or other error In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or s dmesgの内容 [ 3678.676297] EXT3-fs: sdb1: couldn't mount because of unsupported optional features (240). なお、mountコマンドの-tオプションをext3やext2にしてみましたが同じ結果でした。 2010年1月28日

  • Linuxでmountした後に書きこめない

     念願のLinux(Fedora, Ubuntu)を最近インストールしました。  その際に、メモリとハードディスクも新しいものを購入しました。  既存のハードディスクにシステムを入れて、新しいハードディスクにデータを入れたいと思っています。  しかしながら、一般ユーザとして書き込むことができないという問題が発生しています。  mountは成功したのですが、一般ユーザでは読むことしかできません。  そのせいで、せっかく購入したハードディスクも意味がない状態になってしまって困っています。  週末に、いろいろなマニュアルやホームページをずっと読んでいたのですが、どうしてもできません。どなたかわかる方がいれば教えて下さい。  ちなみに、下のコマンドは自分がやった手順です。  su  mkdir /mnt/sdb1  mount -t vfat /dev/sdb1 /mnt/sdb1  chmod 777 /mnt/sdb1  exit  touch temp.txt  (ここで「Permission Denied」のエラーが出ます)

  • fstab に記載してもマウントされません

    Debianですが /etc/fstabの内容は次のとおりです。 proc /proc proc defaults 0 0 /dev/sda1 / ext3 defaults,errors=remount -ro 0 1 /dev/sdb1 / ext3 defaults -ro 0 1 です。 これで起動しますと「sda」はファイルシステムとして通常にアクセスできますが、「sdb」は #mount /dev/sdb /mnt/sdb としないとマウントできません。 また、書き込みが出来ません。 自動でマウントする方法と書き込み可能にする方法を教えてください。

  • fat32でフォーマットしたドライブがマウントできません。

    mount -t vfat /dev/hdc /mnt/common2 mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/hdc, missing codepage or other error In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or so

  • KNOPPIXでHDDを修復させたいです!!

     TOSHIBAのテレビ(REGZA 32R1BDP)に、外付けHDD(I・O DATA HDPC-U640K)を使用していたのですが、突然、HDDが認識されなくなり、再登録を促すメッセージが出るようになりました。インターネットで調べると同じ現象が起きているようで、修復できた方の方法を参考に試してみたのですが、どうにも上手くいきません。(KNOPPIX(Linux自体)初心者で手探りで操作してみましたが、できませんでした…。)また、KNOPPIXは以前のバージョンがダウンロードできなかったので、7.0.2DVDをダウンロードしました。  どうにかフォーマットせずに、また認識されるようにしたいのですが、どなたかご教授いただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。  【参考にさせていただいたURL】   1.http://kanro.air-nifty.com/kanlog/2008/05/regzausb_hdd_6165.html   2.http://okwave.jp/qa/q5618921.html ご参考までに、2.を参考に root shell で操作した結果を載せておきます。  (1)「fdisk -l」  bash: fdisk: コマンドが見つかりません  (2)「cd /media/sdb 改行 ls -al」 「cd sdb 改行 ls -al」  合計 0  drwxr-xr-x 2 knoppix knoppix 0 11月 16 15:57 .  drwxr-xr-x 7 root root 0 11月16 15:57 ..  (3)「cd .. 改行 mount /media/sdb」  mount: you must specify the filesystem type  (4)「xfs_check /dev/sdb」  xfs_check: size check failed  xfs_check: WARNING - filesystem uses vl dirs, limited functionality provided.  xfs_check: read failed: 無効な引数です  /usr/sbin/xfs_check: 31 行: 3719 強制終了  xfs_db$DBOPTS -F -i -p xfs_check -c "check$OPTS" $l  (5)「xfs_check /dev/sdb1」  xfs_check: cannot open /dev/sdb1: そのようなデバイスはありません  (6)「xfs_repair -Lv /dev/sdb」  Phase 1 - find and verify superblock...  bad primary superblock - bad magic number !!!  attempting to find secondary superblock......................................................... ... (続く)  (7)「xfs_repair -Lv /dev/sdb1」  xfs_repair: cannot open /dev/sdb1: そのようなデバイスはありません  (8)「mount -r /dev/sdb」  mount: you must specify the filesystem type  (9)「mount -r /dev/sdb1」  mount: cannot find /dev/sdb1 in /etc/fstab or /etc/mtab  (10)「vim /etc/fstab」  #DEFALT BASE FSTAB UNCONFIGURED  proc /proc proc noauto 0 0  sysfs /sys sysfs noauto 0 0 # Added by KNOPPIX  /dev/sr0 /media/sr0 iso 9660 noauto,users,exec 0 0  # Added by KNOPPIX  /dev/sda1 /media/sda1 ntfs noauto,users,exec,umask=ooo,uid=knoppix,gid=knoppix 0  # Added by KNOPPIX  /dev/sda2 /media/sda2 ntfs noauto,users,exec,umask=ooo,uid=knoppix,gid=knoppix 0  # Added by KNOPPIX  /dev/sda3 /media/sda3 ntfs noauto,users,exec,umask=ooo,uid=knoppix,gid=knoppix 0  # Added by KNOPPIX  /dev/sdb /media/sdb auto noauto,users,exec 0 0  〃(nの小さな文字)  〃  "/etc/fstab" 13L, 594C 1,1 全て  (11)「>gpart /dev/sdb」  bash: /dev/sdb: 許可がありません  (12)「>gpart /dev/sdb1」  bash: gpart: コマンドが見つかりません  (13)「cd .. 改行 fsck -n -t xfs /dev/sdb /media/sdb」  fsck from util-linux 2.20.1  If you wish to check the consistency of an XFS filesystem or  If you wish to check the consistency of an XFS filesystem or  repair a damaged filesystem, see xfs_check(8) and xfs_repair(8).  repair a damaged filesystem, see xfs_check(8) and xfs_repair(8).  (14)「xfs_check /dev/sdb」  xfs_check: /dev/sdb is not a valid XFS filesystem  (unexpected SB magic number 0x9bab2d8l)  xfs_check: size check failed  xfs_check: WARNING - filesystem uses vl dirs, limited functionality provided.  xfs_check: read failed 無効な引数です  /usr/sbin/xfs_check: 31 行: 3975 強制終了  xfs_db$DBOPTS -F -i -p xfs_check -c "check$OPTS" $l  (15)「xfs_repair -Lv /dev/sdb」  ※(6)と同じ結果が出ます。  (16)「xfs_check /dev/sdb1」  xfs_check: cannot open /dev/sdb1: そのようなデバイスやアドレスはありません  (17)「xfs_repair -Lv /dev/sdb1」  xfs_repair: cannot open /dev/sdb1: そのようなデバイスやアドレスはありません 長文になってしまいましたが、どなたかお分かりになる方どうかご教授ください。 よろしくお願いいたします。

  • 外付けハードディスクがつかえない

    以前つかっていた外付けハードディスクがつかえなくなりました。 デスクトップ上でアンマウント操作してからみたいです。 pc背面のpciスロットにUSB2.0のカードを増設してそこに繋いでいます。 PC hp vl400dt os ubuntu 7.04 dmesgコマンドでしらべると ~省略~ [ 436.707593] scsi2 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices [ 436.707733] usb-storage: device found at 2 [ 436.707738] usb-storage: waiting for device to settle before scanning [ 436.707765] usbcore: registered new interface driver usb-storage [ 436.707771] USB Mass Storage support registered. [ 441.703030] usb-storage: device scan complete [ 441.704746] scsi 2:0:0:0: Direct-Access SAMSUNG SV8004H QR10 PQ: 0 ANSI: 2 [ 441.720601] SCSI device sdc: 156366000 512-byte hdwr sectors (80059 MB) [ 441.726590] sdc: Write Protect is off [ 441.726606] sdc: Mode Sense: 53 00 00 08 [ 441.726611] sdc: assuming drive cache: write through [ 441.728188] SCSI device sdc: 156366000 512-byte hdwr sectors (80059 MB) [ 441.734058] sdc: Write Protect is off [ 441.734074] sdc: Mode Sense: 53 00 00 08 [ 441.734078] sdc: assuming drive cache: write through [ 441.734088] sdc: [ 441.746842] sd 2:0:0:0: Attached scsi disk sdc [ 441.746943] sd 2:0:0:0: Attached scsi generic sg3 type 0 [ 579.741221] usb 4-3: USB disconnect, address 2 [ 591.204784] usb 4-3: new high speed USB device using ehci_hcd and address 3 [ 591.340299] usb 4-3: configuration #1 chosen from 1 choice [ 591.594470] scsi3 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices [ 591.600343] usb-storage: device found at 3 [ 591.600361] usb-storage: waiting for device to settle before scanning [ 596.593172] usb-storage: device scan complete [ 596.594931] scsi 3:0:0:0: Direct-Access SAMSUNG SV8004H QR10 PQ: 0 ANSI: 2 [ 596.601447] SCSI device sdc: 156366000 512-byte hdwr sectors (80059 MB) [ 596.607239] sdc: Write Protect is off [ 596.607254] sdc: Mode Sense: 53 00 00 08 [ 596.607259] sdc: assuming drive cache: write through [ 596.608893] SCSI device sdc: 156366000 512-byte hdwr sectors (80059 MB) [ 596.614613] sdc: Write Protect is off [ 596.614627] sdc: Mode Sense: 53 00 00 08 [ 596.614632] sdc: assuming drive cache: write through [ 596.614642] sdc: [ 596.622567] sd 3:0:0:0: Attached scsi disk sdc [ 596.622675] sd 3:0:0:0: Attached scsi generic sg3 type 0 [ 608.592028] usb 4-3: USB disconnect, address 3 [ 617.205691] usb 4-3: new high speed USB device using ehci_hcd and address 4 [ 617.341177] usb 4-3: configuration #1 chosen from 1 choice [ 617.342103] scsi4 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices [ 617.343000] usb-storage: device found at 4 [ 617.343012] usb-storage: waiting for device to settle before scanning [ 622.338219] usb-storage: device scan complete [ 622.340039] scsi 4:0:0:0: Direct-Access SAMSUNG SV8004H QR10 PQ: 0 ANSI: 2 [ 622.345776] SCSI device sdc: 156366000 512-byte hdwr sectors (80059 MB) [ 622.351525] sdc: Write Protect is off [ 622.351543] sdc: Mode Sense: 53 00 00 08 [ 622.351547] sdc: assuming drive cache: write through [ 622.353177] SCSI device sdc: 156366000 512-byte hdwr sectors (80059 MB) [ 622.358885] sdc: Write Protect is off [ 622.358899] sdc: Mode Sense: 53 00 00 08 [ 622.358904] sdc: assuming drive cache: write through [ 622.358915] sdc: [ 622.365199] sd 4:0:0:0: Attached scsi disk sdc [ 622.365309] sd 4:0:0:0: Attached scsi generic sg3 type 0 [ 957.637049] cramfs: wrong magic [ 957.639799] VFS: Can\'t find ext3 filesystem on dev sdc. # mount -t vfat /dev/sdc /mnt/usb mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/sdc, missing codepage or other error In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or so とでて認識はしているようです。ちなみにディスクの中身はウィンドウズpcでリッピングした動画です。わかるかたがいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

  • CENTOS5のHDDマウント

    恐れいります。 SATAのHDD2基搭載したマシンで(非RAID)で、 sda1(OS)とsdb1(主にデーター)で別々につかってました。 このだび、OSが壊れたためsda1へ再インストールしました。  mount /dev/sdb1 /media/ でマウントできなく fdisk /dev/sdb p デバイス Boot Start End Blocks Id System /dev/sdb1 * 1 60801 488384001 83 Linux ではsdb1として見えているようなのですが、 データーを残したままマウントする方法を どなたかおちえをお貸しください。

  • ファイルシステムが破壊されてしまったようで、マウントもできずデータが取

    ファイルシステムが破壊されてしまったようで、マウントもできずデータが取り出せずに困っています。 少しでもいいのでデータを取り出したいので、仮復旧方法や救済案などないでしょうか。 ★状況 Rebuild Statusが30%completeぐらいで0%に戻ります。 rebuildしている状態で、mountしようとすると、「以下、コマンド実行結果」のような感じになります。 ★環境 CentOS5.3 mdadmのRAID5 ★以下、コマンド実行結果です。 [root]# mount /data mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/md2, missing codepage or other error In some cases useful info is found in syslog - try dmesg | tail or so [root]# dmesg | tail SCSI device sdk: 1953525168 512-byte hdwr sectors (1000205 MB) sdk: Write Protect is off sdk: Mode Sense: 00 3a 00 00 SCSI device sdk: drive cache: write back md: syncing RAID array md2 md: minimum _guaranteed_ reconstruction speed: 1000 KB/sec/disc. md: using maximum available idle IO bandwidth (but not more than 200000 KB/sec) for reconstruction. md: using 128k window, over a total of 976759936 blocks. EXT3-fs error (device md2): ext3_check_descriptors: Block bitmap for group 24448 not in group (block 565706752)! EXT3-fs: group descriptors corrupted! #質問させていただいてるのに申し訳ないですが、不在のため日曜日の夜まで回答できません。