• ベストアンサー
  • 困ってます

これも、更年期障害の症状なのでしょうか?

  • 質問No.5621226
  • 閲覧数625
  • ありがとう数6
  • 回答数3
時々、この教えて!gooの質問を見ていると、30代、40代など、分別や常識を持ち合わせていると思われる世代の方の質問の中に、他人の事で、その人にも人権というものがあるはずなのに、かなりの神経質や嫌悪感、等書き立てているものが見受けられました。
例)
●友人夫婦の、過去同棲してから結婚した告白を受けて、嫌悪感やイライラの症状に、自身の潔癖性、簡単に友人関係が壊れる等と悩む人
●太っている人の能力や嫌悪感について、や、介護が必要になるお年寄りも含まれるであろう食事マナーの癖や汚さ等を、人権尊重なく書き立て、同意を求める人
●自身のA型の血液型を悲観して、O型の血液型の決して喜ばれる性質ではなく、むしろ、本人たちなら気分を害するであろう性質を指摘して、そういうところが羨ましいと皮肉をチクチク毒する人

更年期は、早い人で30代からの人もいたり、プチ更年期と呼ばれるような、涙もろくなったり、ちょっとしたことでイライラしたり、という、
なんとなく精神的に不安定で、ストレス解消的、自身のことでなく、人のことでなのに、全く関係のない他者にまで悪影響を与える発言に、人目を気にしなくなったり、嫌~な気分を感染させるような行為が感じられることがありました。

こういったものも、更年期の症状に入るのでしょうか?
更年期の症状には、どんな症状があるのでしょうか?
男性にも更年期の症状はありますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー
No.1です。
コメントどうもありがとうございます^^

>更年期障害のお薬、っていうのが出ていますよね?
>飲まれたこと、ありますか?

はい。私の場合は、婦人科で出してもらった「女性ホルモン」を服用していました。
効きます。

>更年期のお薬は、どんな時、
>また、飲む方がいいものなのでしょうか?

これは、婦人科での診察によると思いますが、やっぱり自分が「つらい」と思った時には薬に頼らざるをえないと思います。
(私はそうでした)
特にひどい症状のない人は、飲まないほうが良いのかもしれません。
この辺は、婦人科の医師と相談するのが一番良いと思います。

人によっては、激烈な症状(極度のヒステリー、うつ状態、攻撃性等)が出ることもあると思いますが、普通は大体女性ホルモンの投与で改善されると思います。

>更年期障害って、なんだか、症状が特定されない、つかみどころのない病気??? みたいなものなんですね。

ですね。
いわゆる「不定愁訴」といいまして、患者からは「ここが悪い、あっちが痛い」などという訴えがあっても、検査すると別に何でもない。
そんな症状です。
医師も、そういう訴えを聞いて、年齢などとも考え合わせて「更年期障害」という診断を出すと思います。

つわりなどと同じで、軽い人は「更年期障害って何?」ですし、重い人は入院騒ぎです。
でも、いずれ時がくれば必ず抜けますから。
「ま~、こんなもんさ~」ぐらいに考えて、自分だったらしっかり甘やかし、他人だったら目をつぶって…で良いと思います^^
お礼コメント
noname#104633
azul-bさん、補足質問にもご回答くださって、ありがとうございました。
ホルモンに関わるお薬は、特に、何がしかの副作用が出る、と聞いた
ことがありましたので、簡単に市販でも手に入るので心配だったんです。
お薬は、できるなら使わない方が、やはりいい様ですね。

不定愁訴・・・更年期とも限らず、ストレス、適応障害にも似てるんですね。
事実体調は悪いけど、お医者さまにはわからない。
原因は必ず潜んでいるはずですが、はっきりしないので、薬の処方も頭痛薬なのか、生理痛薬なのか、ビタミンや疲労回復なのかと、なっちゃいますもんね。

激烈な症状・・・???、更年期障害ってますます不思議(;◎◎;)ですね!

お年寄りの子供かえり、ってありますよね?
幼児のようになって行く時、接する者が善かれと思い、優しく赤ちゃんに接するような対応はいけないそうですね。
お年寄りは、大人としてのプライドを持っているため、馬鹿にされた風に感じひねてしまったり、幼児化が増長したりするから、難しいと。

更年期は、女性や男性の性の機能の終焉に向け、若さを保ちたいという誰もが持つ精神面と肉体の衰えとのギャップから、みんなあがくものなのかな? 精神的・肉体的葛藤?

ほんと人間だからこそ、の人間味あふれる病気みたいですね。
投稿日時:2010/01/27 05:44

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
はじめまして。

更年期の症状の代表例については、NO1さんが回答してくださっています。

確かに更年期障害のせいで、大きな事でもないことを殊更とりあげてヒステリックに言う人はいます。
知り合いの奥様が、そのタイプの更年期障害でした。
大声で怒ったりするので、「以前はそんな人でなかったのに、どうして・・・?」と周囲の人が驚いて、本人よりも先に周囲の人が「更年期障害では?」と疑うようになったとの事でした。
一方で、NO1さんが仰るように、もともとの性質として、他人のしている事が一々気に障り、グチってばかりいる人もいると思います。
 
男性にも更年期障害はあるそうです。
故はらたいらさんやサンプラザ中野さんは、男性更年期障害を経験されたそうです。
はらさんは、かつてテレビで「大好きなお酒が急にまずくなり、あれ?と思ったのがきっかけ」と話されていました。
中野さんは「やらなくては、と判っていることがどうしてもできなくなった」と話されていました。
 
更年期障害の場合は、ホルモンが関係しているので、頭ではわかっていても自分ではどうにもコントロールできない面があると思います。
ただ、更年期を免罪符にして、好き勝手な行動や発言をする人が時々いますので、更年期の人が全部そんな風に見られるのは困ります。
 
更年期目前の主婦より。
 

 
お礼コメント
noname#104633
コメントいただき、ありがとうございました。
更年期って、頭で理解していることは、人づてに聞いたこととかで、必ず
しも誰にもあてはまる症状ではない様子で、自分でも把握するのが難しい
もの、なんですね。

まさか更年期の症状とは知らず、人から突然、いつもと違った態度や怒りをかったりしてしまうと、やはりショックですが、ああ、あれは更年期のせいだったのかな? と考えられたら、少し安心できるかも知れません。

>>>ただ、更年期を免罪符にして、好き勝手な行動や発言をする人が時々いますので、更年期の人が全部そんな風に見られるのは困ります。

そんな人がいるんですか? 悪いやつですねぇ・・・(><;)
ただでさえ、理不尽な態度に戸惑うのに。

更年期のせいにすることはありませんが、肩こりとか、生理痛とか?
冷え性からくるのぼせ的、顔が赤くなったり、、、とか、女性は更年期の年頃以前よりある症状だと、なかなか気づけないかも知れないですね。
投稿日時:2010/01/25 14:44
  • 回答No.1
>こういったものも、更年期の症状に入るのでしょうか?

入るかもしれませんし、入らないかもしれません。
更年期障害というのは、生理痛やお産と同様、非常に個人差があるんです。
「この症状があれば絶対に更年期障害」とは言い切れません。

>更年期の症状には、どんな症状があるのでしょうか?

人によりますが、多いのは
・のぼせ、めまい
・ホットフラッシュ(上半身や顔がカーッと熱くなる)
・頭痛、肩こり
・動悸
等々です。
精神的にどんな症状が出るかは、その人本来の性質にもよりますので、平均化はしにくいと思います。

他人のことなのだからどうでも良いはずなのに、一々目くじら立てる人は確かに居ますね。
それが自分に実害があるならともかく、そうでなく、ただ単に「見ているだけで腹が立つ!」式の(笑
それは、更年期障害にかかわらず、元々そうした性格なのだと思います。

>男性にも更年期の症状はありますか?

色々あります。
いわゆる、50肩など。
イライラというのはあまり聞きませんが、そういう症状が出る人は出るでしょうね。

以上、とっくに更年期を抜けたオバサンより。
補足コメント
noname#104633
1つ、忘れてしまいました。
更年期障害のお薬、っていうのが出ていますよね?
飲まれたこと、ありますか?
更年期のお薬は、どんな時、
また、飲む方がいいものなのでしょうか?
投稿日時:2010/01/25 14:47
お礼コメント
noname#104633
azul-bさん、ご回答、ありがとうございました。
更年期障害って、なんだか、症状が特定されない、つかみどころのない
病気??? みたいなものなんですね。

男性と女性の更年期障害の内容も、また違うみたいですね。

更年期は抜ける、時期がくるものなんですか・・・?
こればかりは、似た年齢の人同士だと、思わぬ気に障るとこを突いてしまい、疎遠になったり、喧嘩になってしまったりしがちなので、年上の方に教えて頂けることは、良いことですね!
ありがとうございます、参考になりました!
投稿日時:2010/01/25 14:28
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ