• 締切済み
  • すぐに回答を!

このケースは傷害致死罪でよいですか

このケースは傷害致死罪でしょうか。 AとBの行為があってCが死亡した。AB間には共謀がない。 Aには殺意があり、Bには殺意はない。ケースです。 Aが殺人罪、Bは傷害致死罪ではなく、 AとB⇒ABともに傷害致死罪でよいでしょうか お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数721
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

Aが殺人罪、Bは傷害致死罪。死亡に至る因果関係に当たる行為を共同で行っているので、主観的要素が問題になる。A Aについては、殺意があるので、殺人罪の構成要件に該当する違法有責な行為と認識し、且つ違法性そきゃく事由も有責性そきゃく事由もない前提であれば、殺人罪。 Bについては、、殺人罪の構成要件的故意がなければ、傷害罪の故意しかないと通常考えられるので、傷害致死罪。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#110938
noname#110938

んなわけがない。どう転んでもAには最低限殺人未遂罪が成立するというのが問題の趣旨だろうよ。 そもそも質問の内容だけで答えを一つに絞るのは無理。条件が足りない。だけど、条件は場合分けで補えという趣旨の問題だろうね。どうせ学部試験かレポートでしょ? まずAの行為が殺人の実行行為に当たるかどうかが問題だが、おそらく問題の趣旨からすれば当然当たると見て良いだろう。そこで以下その前提で話をする。 問題は因果関係。Aの行為により死亡したのなら、殺人既遂罪。 死亡がAの行為によらない(つまり、Bの行為による)のなら、Aは殺人未遂罪。 次にBの話。 Bの行為は当然に暴行なのだという前提だろう。そこで以下その前提で話をする。 ここでも因果関係が問題。Aの行為が死亡の原因で、Bの行為の結果が傷害に留まるのなら傷害罪。そもそも傷害すら因果関係がないなら暴行罪。 Bの行為のせいで死亡したなら傷害致死罪。 と、因果関係が明らかな場合にはこれで終わり。 問題は、どっちの行為が死亡の結果をもたらしたのか判らない場合。 ここですぐに共犯と錯誤の論点に飛びついてはいけない。まず「意思の連絡がない」以上は共犯にはならないから。 ところで「共謀がない」というのはまた随分あいまいな言い方をしたもんだ。「共謀がない」が「事前共謀がなかった」ということなのか「事前のみならず現場共謀もない」のか今一明確でない。おそらく「意思の連絡がない」という意味(つまり現場共謀もない)という意味なんだろうけど、刑法専門ならちゃんとそう書くはずだろうから、出題者は刑法専門じゃないんだろうな、きっと。 ここからあとは時間もないし面倒臭いから大雑把にしか考えてない。 意思の連絡がないと考えれば共同正犯にはならない。そこで問題は、殺人罪と傷害致死罪との間に同時傷害の特例の適用があるのかどうか。 適用を認めなければ、Aは殺人未遂罪でBは傷害罪(暴行罪)で終わり。 認めるとすれば、その理論構成が問題だ。殺人同士の場合に認めるとする説はほぼ皆無だけど、同様に一方が傷害致死罪になったというだけで認めるのはちょいと困難だと思うんだけどね。ただ、判例のように傷害致死罪で認めておきながら一方に殺意があったというだけで認めないというのもまた逆に説得的とは言えない。 どういう結論をとるにしろ、その結論をどれだけ説得的に論じられるか。そこが問題だな。 同時傷害の特例の適用を認めて初めて、共犯と錯誤の問題を考える。本来、共犯ではないが特例により共犯と同様に扱うから共犯と同じ問題が生じるってわけだ。んで、共犯の本質論から何罪が成立するのかとかを論じるのだが、例えば判例ならAに殺人既遂罪、Bに傷害致死罪で傷害致死の範囲内で共同正犯となるということになるだろう。 なお、この質問で未必の故意なんて論じるのはセンス悪すぎ。そもそも法律上は故意というのはあるのかないのか二択でしかないところ、実際にはあるのかないのか微妙な場合をどう判断するかというのが未必の故意の問題なのであって、質問上あるなしがはっきりしているのに未必の故意など論じるのは的外れもいいところ。大減点もの、下手すれば赤点だよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • n_kamyi
  • ベストアンサー率26% (1825/6766)

死因が何か? どのような行為か?未必の故意にあたるか? この辺りがキモです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 傷害致死罪は必ず実刑喰らいますか?

    傷害致死罪は必ず実刑喰らいますか? 傷害致死罪は必ず実刑喰らいますか? お恥ずかしいのですが、兄が傷害致死罪と恐喝罪で逮捕されました。 お金がないので、国選弁護士に依頼する予定ですが、 起訴状を取り下げて貰うように示談の話が出ています。 兄には貯金が800万円程度あるようなのですが、 起訴状取り下げを条件に800万円全額払うとして、 その後、民事的に告発された場合、さらに払わなければいけないんでしょうか? (当然、一方的にこちらに悪意があります) その場合は僕や両親が費用を負担すればいいのでしょうか? そして、それらを全て払った上でも塀の中に入ることってあるんですか? (だいたい、5~10年の刑罰ぐらいですか・・・・) 僕も両親も混乱しています。支離滅裂な文ですみません。

  • 傷害致死罪について

    質問です。 これはフィクションになるのですが二人のカップルがケンカしていて彼女が相当イヤがっていた状況として、彼氏が彼女に手を上げました。 そのやりとりを見ていたAさんが彼氏に止めるように言ったのですが、聞く耳を持たず、その間も彼女に手を上げようとしていたのでAさんは彼氏の手を掴み、止めさせました。 そしたら今度はAさんに対して彼氏は掴みかかり、もみ合いになりました。 Aさんは手を上げるつもりはなかったのですが、相打ちになり両方その場に倒れこみ、運悪く彼氏が倒れたところに石があり、それに頭をぶつけてしまい、彼氏が死亡してしまいました。 この場合、Aさんの罪名は傷害致死罪にあてはまるのでしょうか? そして実刑になったとしてどのくらいの量刑になるのでしょうか? 二人が倒れたのを目撃した人はいないという設定です。(彼女は恐ろしくなり、その場から去っていました。) 宜しくお願い致します。

  • 傷害致死罪の刑

    集団リンチや執拗な暴行で死に至らせる行為は、 一瞬で相手を死なせる殺人よりも 残虐性が高いと思われます。 「殺す心算は無かった」としらじらしい主張をして、不当に軽い刑で済んでしまう事件を見るにつけ、 「間違っている」と叫んでしまいます。 傷害致死のうち残虐性の高い行為について、殺人より重い刑を定めることはできないののでしょうか?

  • 殺人罪と傷害致死罪

    被害者家族にとって、殺人でも、傷害致死でも、殺された事に変わりはなく、 悲しみは同じなのに、どうして、殺人罪より傷害致死の方が、極端に量刑が 軽いのでしょうか? 法律的、解釈を教えて下さい。

  • 青酸カリだと思って致死量に満たない食塩を混ぜた場合

    青酸カリをコーヒーに入れたつもりが、食塩2gを間違えて入れてしまった、通常であれば常識的に考えて人を死亡させることがありえないが、その食塩2gが末期のがんのため体が弱く、心不全で死亡させてしまった場合の罪責についてですが、もちろん体が弱いことなどを認識していなかったものとします 1)殺人罪 2)殺人未遂と過失致死罪 3)傷害致死罪 4)犯罪不成立 どれになるでしょうかね? 不能犯であるとすると、3)がおそらく正解ですよね

  • この場合は殺人罪ですか?

    誘拐した人、犯行を隠すために暴行して殺害した場合は殺人罪ですか? それとも傷害致死罪になるのでしょうか? もし、傷害致死罪になる場合はなぜか教えて欲しいです。

  • 傷害と傷害致死 2

    以前の質問に対して反応がなくなりましたので、改めて立ち上げました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5325710.html この続きです。 内容の抜粋を書きます。 傷害致死で起訴されたとします。 その後の捜査で過去に複数回、傷害事件を起こしていることが分かり、追起訴をされたとします。 そして争いも無く有罪となった場合、もっとも軽い刑罰は何になるのでしょうか。 単純に法律的にありえるもっとも軽い場合を教えていただければ結構です。 よろしくお願します。 この質問に対して、以下のような答えを頂いています。 >減軽事由があると軽くできるから、傷害致死罪の方は最低で9月の懲役まで落ちる可能性があるね(法律上可能な最大限度の2回の減軽をした場合。以下同)。両罪は併合罪になるけど、併合罪は、下限は一番重い罪の下限のまま(という判例はないかもしれないが、学説的には争いはないだろう)で上限が増えるだけ。だから一番重い傷害致死罪の下限が減軽により下がった9月の懲役というのが最低になる。そして、執行猶予自体は直接的に刑罰の重さを意味しないけど、事実上軽いと考えれば、懲役9月執行猶予1年保護観察なしが一番軽いことになるね。 >減軽事由が一切ないと考えて傷害罪と傷害致死罪の両犯罪事実を認定して両罪で有罪にするなら、一番重い罪の傷害致死罪についての下限の3年の懲役執行猶予1年保護観察なしというのが一番軽いことになるね。 まずは、ここまでで違った考え方があるようなら、教えていただけないでしょうか。 何の異論もなければ、以下のことを教えていただけませんか。 軽減事由とは、どういう場合に2回の減軽ができるのでしょうか。 1回だけだとどこまで軽くなるものでしょうか。 >減軽事由が一切ないと考えて傷害罪と傷害致死罪の両犯罪事実を認定して両罪で有罪にするなら、一番重い罪の傷害致死罪についての下限の3年の懲役執行猶予1年保護観察なしというのが一番軽いことになるね。 と、言うことは傷害罪はどうなるのでしょうか。 もっとも軽い場合は複数回の傷害事件は、加味されないと考えてもいいのでしょうか。 よろしくお願します。

  • 刑法 共謀の範囲

    暴力団若頭Aが、平組員BCDEに、「若頭補佐Fは生意気だから、痛めつけてやれ」と指示しました。 BCDEは、街中でFを捕まえ、Aの指示に従い袋叩きにしてFをぶちのめしました。しかし、Fが「あとでおぼえてろよ」と言ったので BCDEは、報復を恐れてFに対して、殺意を抱くようになりました。そこでBCDEは気絶しているFを車に運んで海に連れて行き、そこで海に沈めて溺死させました。 BCDEは殺人罪になるでしょう。Aは、殺意がないので殺人罪は否定されます。ここまではわかります。 問題は、模範解答によると、傷害致死でなく、共謀の範囲が及ばず傷害罪が成立するということらしいです。 これはどうしてなのでしょうか。Aは傷害行為の指示をしていて、因果関係がみとめられるから、傷害致死ではないですか。 共謀の範囲と因果関係の区別がつかず混乱しています。教えてください

  • 傷害致死罪と殺人未遂罪

    傷害致死罪と殺人未遂罪を比べて、罪が重いのはどちらですか? A.居酒屋で友人とケンカした。突発的にキレて近くにあったビール瓶で脅して怪我させる程度に殴ったつもりだが、死んでしまった。 B.居酒屋で友人とケンカした。突発的にキレて近くにあったビール瓶で殺してやろうと力一杯殴ったが、蘇生して全治3ヶ月の怪我になった。 加害者の意思も重要ですが、最終結果としての友人の尊い命が最大の論点でしょうから、傷害致死罪の方が悪質では… 殺そうとしても、全治3ヶ月で済んで取り返しが付きますから、殺人未遂罪だと結果オーライで罪が軽くなるのでは…

  • 殺人と傷害致死の線引き…

    殺人と傷害致死の線引き… 2つのケースの事件が最近ありました。 (1)アパートに侵入した男2人組が、逃走を阻止しようとした男性を車のボンネットに乗せたまま150m走り、振り落として結果男性が亡くなった事件 (2)21歳の母親が、1歳5カ月の自分の子供を床に叩きつけて死亡させてしまった事件 (1)は殺人として扱われ、(2)は傷害致死として扱われているようです。 事件の詳細は別として、過去の事例を見ても、こういう傾向にあるように感じます。 個人的にはちょっと腑に落ちません。 もちろん、どちらの事件も程度があるでしょう。 (1)なら、どの程度のスピードで振り落としたのか?どういう道路状況で振り落としたのか? (極端な話、10~20kmのスピードで土の上や縁石なども車の通りもほとんど無い片側2車線道路を蛇行した場合と、50km以上のスピードで交通量の多いバイパスを蛇行するケースがあります) (2)なら、どの場所からどの程度の勢いで叩きつけたのか?子供の月齢はいくつか? (極端な話、自分の身長の高さから1歳児を畳(もしくはフローリング)に勢いをつけず落としたのか、階段などで高さのあるところから生後2か月児を勢いをつけて落としたケース) もちろん、上記の例でも司法解剖によって明らかになってくることも多々あろうかと思います。 でも、事件当初の取り扱いが明確に線引きがなされているように感じてしまいます。 車を使えば殺人(未遂)。子供を虐待すれば傷害(致死)…。 別にどちらの事件も加害者を擁護しようとはこれっぽっちも思いませんが、車から振り落とした事件については、彼らの供述が本当だとしたら、ちょっと殺人として扱うにはどうなのかな?って。 ふざけ半分でしてしまった事を大ごとにされて(部屋を間違えて強盗扱い)、止めに入った男性をボンネットに乗せて落とした…。 たしかに起こした結果は重大です。 知人女性宅に忍び込もうという目的が定かではないにしろ、知人女性も以前からそういう遊び(ふざけ)をしていた可能性も否定できないわけで…。 まぁ「だったら部屋を間違えるな!」ってとこですが、その辺のことは裁判を通じてでしか明らかにはなってこないとは思います。。。 長くなりましたが、 どうしてこういう線引きが当初からなされるのか? 当初の容疑(罪名)が変わる場合はあるのでしょうか? 例:殺人→傷害致死など また、実際に過去に似たケースの事件で変わったことはあったのでしょうか? 個人的には、大阪で起きた監禁致死・死体遺棄事件が挙げられます。 (これは監禁致死ですし、あくまで極端な例ではありますが…) 両親がパチンコをするために男児を大型スクーターの中に監禁して死亡させ、山中に遺棄した事件です。 父親は日ごろから暴行を加えていて、未必の殺意があったとして殺人が適用されましたが…。 虐待事件に関しては、この未必の殺意がもっと幅広く適用されても不思議ではないんですけどね。。。 子供を持つ親としては胸が張り裂けそうな事件が毎日続きます… よろしくお願いします。