• ベストアンサー
  • 困ってます

同業他社入社。元会社からの退職金は?

以前働いていた会社が倒産致しました。その後、一年以上経って、就業規定に退職金制度が存在する事がわかり、今請求段階です。倒産解雇され、その後同業他社に就職しましたが、元会社の規定によると、『6ヶ月以内に同業他社へ就職した場合退職金は払わない場合がある』と記載されているらしく、私の場合は退職金はいただけないのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

倒産した会社が退職金を払えるのか?というポイントはさておき、ですね。 同業他社就職についての規定は、当然、会社の存続を前提としていて、会社が倒産した場合はその適用外でしょう。 しかし、それを盾に、拒否する可能性はありますね。 問題になるようなら、会社の管轄の労働基準監督署に相談してください。 未払賃金の立替払いを受けるなら、労働者健康福祉機構ですが、それも労働基準監督署で紹介してくれると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 労働基準監督署ですね! 一度相談してみようと思います。 ありがとうございます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

規定があっても、それを実行する会社がなくなったんですよね? 退職金を払う会社も無くなったんですよね? 倒産したのなら残念ながら会社が無いのでなんともならないと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 同業他社への転職について

    同業他社への転職を予定しています。現在の会社には既に辞表を出して受理されました。 ところが先日改めて現在の会社の就業規則を見直してみたら、「同業他社への転職は退職後4年間は認められない」と明記されていました。 この条文は有効なのでしょうか?そうであれば、全ての会社がそうすると思うのですが・・・ ちなみに業種は広告代理業です。 同業他社へ転職して訴えられれば負けてしまうのでしょうか? お教えください。

  • 同業他社への転職禁止に関して

    同業他社への就業禁止に関して質問です 塾講師をしています。 会社の就業規則に、競合関係にある他社への転職に関して、以下のような規定があります。 1.退職後1年間転職禁止 2.現在の職場から10km以内禁止 3.塾講師、インストラクター、教室長以上の管理職者禁止 と3つの項目がありました。 この場合、1・2には当てはまっていますが、3つ目の部分で、塾講師とは全く関係ない、人事系の 職に就くとしても、やはり違反にはなるのでしょうか。 というかそもそも、この規程に反することで、何か不利益は生じるのでしょうか。

  • 同業他社への就業禁止について

    退職時、競合関係にある同業他社への1年間の就業禁止に関する書面にサインしました。同業者への転職を考えていますが (前職では役職なしのシステムエンジニアでした。) この書類で気になっている点があります。 1.競合他社に就業した場合のペナルティは? 2.競合関係にある同業他社の定義は? 転職時は仕事で関わった企業への転職は避けようと思っておりますが、 狭い業界なので、関わった企業の関連会社に転職してしまう可能性もあるかも・・・ と思い心配になっております・・・

  • 会社が倒産しそうなので退職金を保全したいのですが。

    会社が倒産しそうなので退職金を保全したいのですが。 社内融資制度で退職金を上限に融資してくれる規定があります、 この規定で融資してもらった場合に会社が倒産した場合には退職金と相殺できるものでしょうか? 社内規定には倒産した場合の事などは当然記載されていませんので法的にはどうなのかを知りたいのです。 融資時の約款を見なければ分からないのかもしれませんが会社に聞くわけにもいかず困ってます

  • 会社役員退職、そして同業他社へ転職について

    会社役員退職、そして同業他社へ転職について 先月、当社の取締役より退職の申し出があり、先月末にて退職したのですが、どうやら引き抜きのような具合で同業他社へ担当していた顧客をそのまま持っていき転職するようなのです。 当社としては、役員でしたので一般社員とは違い、会社の内部情報や顧客情報など、同業他社へ流出することが大変恐ろしいのです。 いちおう今月10日に先月分給与を本人が取りにくるのですが、何かいい対処法などあればアドバイス下さい。

  • 同業他社への転職に際して

    建築会社に勤めておりましたが退職し、転職活動中です。 退職の際、「2年間は同業他社への就職禁止」という念書に捺印しております。 しかし、「同業」の範囲とはどこまでなのか?と迷っています。 顧客が被るライバル会社、と捉えて良いのでしょうか? 自分は住宅の営業部にいました。 転職先としては、建材に関わる営業や事務を考えています。 建築業界ではありますが顧客も異なるので、問題はないでしょうか? 少し心配になり、質問させて頂きました。ご意見下さい。

  • 同業他社への転職の禁止

    先日、会社の先輩が退職しました。 その際、「同業他社への再就職をしない」といった内容の同意書に署名をさせられたそうです。会社都合での退職だった為、退職金は満額支給になっているのですが、書名を拒否した場合、退職金を減額もしくは支給しないようなことを言われたようです。 退職金に関しては脅しみたいな感じですが、それを抜きに考えて、このような同意書は効力が発生するのでしょうか?同業界での転職ができなければ、転職の幅が極端に狭くなるような気がするのですが。 自分が退職するときのことを考えると心配です。

  • 同業他社の再就職・同業種起業の禁止事項は有効か?

    知人から相談を受けたのですが、勤務先から「退職後は一定の期間、同業他社への就職や同業種の会社を設立してはいけない」と言われているそうです。 同業他社への就職を禁ず、と言ってもそれまで培ってきたキャリアや技術を活かさずにどうやって仕事をしろというのか、不思議です。 何より職業選択の自由を保障した憲法に違反すると思うのですが。 こうした就業規則は有効なのでしょうか?

  • 親の会社と同業他社への就職

    親の会社と同業で競合する他社への就職志望ってどれくら難しいものでしょうか?

  • 退職金返還請求

    今の会社を退職後、同業他社に就職した場合、もらった退職金を返還させられることはあり得るのでしょうか? ちなみに私が勤めている会社の就業規則には退職金に関して以下のような規定が書いてありますが、同業他社に転職してはいけないと直接的に書いた文章はありません。 ・退職後において、会社の業務上の機密を正当な理由なく開示、漏えい、または使用した場合、退職金の一部または全部の返還を求めるものとする。 これを根拠にして退職金返還請求の訴訟を起こされ、敗訴する可能性はあるでしょうか? 過去の判例などご存じの専門家(弁護士)の方の回答を希望します。