-PR-
締切済み

ルータの設定

  • すぐに回答を!
  • 質問No.53932
  • 閲覧数52
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 17% (3/17)

こんにちわ、新米システム担当でいっつもテンテコ舞の毎日です。
お客様に「こういう事をしたい」と言われてもすぐ返答ができなくいっつも困ってしまいます。
今回は
ピアLANのユーザで2台のTAを使用して別々のプロバイダに接続し、メールをしています。「今回、そこにファイルサーバを導入し、またルータを導入することでみんながインターネットを閲覧できるようにしたい」という要望があります。
メールに関しては、今まで通り2人しか使用しません。ProxyServerも使用しません。
TAを廃止して、ルータを導入した際、現在別々のプロバイダでメールを運用していますが、ブラウザはどちらかのプロバイダを使用するようにして、メールは今まで通り別々のプロバイダのアドレスを使用しての運用で大丈夫でしょうか?
ちなみに使用するルータはYAMAHAのRTA52iです。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 57% (232/402)

メールについては、ルータの設定云々よりも、それぞれのプロバイダがどういう管理方針でメールサーバを運用しているかによります。 別のプロバイダからのメール送受信を一切拒否しているところから、受信のみ可能なところ、POP before SMTPによる送信が可能なところ、SMTP AUTHを使っているところなど、プロバイダによって方針は様々なため、メールが今まで通り使えるかどうかについては、今お使いのプロバイダ ...続きを読む
メールについては、ルータの設定云々よりも、それぞれのプロバイダがどういう管理方針でメールサーバを運用しているかによります。
別のプロバイダからのメール送受信を一切拒否しているところから、受信のみ可能なところ、POP before SMTPによる送信が可能なところ、SMTP AUTHを使っているところなど、プロバイダによって方針は様々なため、メールが今まで通り使えるかどうかについては、今お使いのプロバイダに問い合わせるのが一番です。
関連するQ&A


  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 37% (570/1525)

RTシリーズは複数プロバイダに対応しています。 ただし、通常のダイアルアップは標準の接続先になります。 プロバイダ2社をA,Bとし、Aを標準の接続先とします。 [Bが他社からのダイアルアップでメール送受信を許す場合] 単純にAを接続先とし、メーラでBをからの送受信を設定します。 [Bが他社からにダイアルアップでメール送受信を許さない場合] 複数プロバイダの設定を利用します。 Bのメー ...続きを読む
RTシリーズは複数プロバイダに対応しています。
ただし、通常のダイアルアップは標準の接続先になります。

プロバイダ2社をA,Bとし、Aを標準の接続先とします。
[Bが他社からのダイアルアップでメール送受信を許す場合]
単純にAを接続先とし、メーラでBをからの送受信を設定します。

[Bが他社からにダイアルアップでメール送受信を許さない場合]
複数プロバイダの設定を利用します。
Bのメールを送受信する時だけBへの接続を確立するような設定にすれば良いでしょう。

RT52iはメールチェック機能を持っているので併用すれば良いかもしれません。

参考URLはヤマハRTシリーズのFページです。
FAQ、メーリングリストなど必要な情報源は全てそろっています。
メーリングリストの過去ログを検索するためにはメーリングリストに参加する必要があります。
毎月月初めに過去ログ検索用のログイン名とパスワードが変更されメーリングリストで配布されるのでご注意ください。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

まずは確認が必要ですね。 プロバイダによって他社のメールの送受信のリクエストを拒否するところがありますので、まずは現在の環境で2つのプロバイダへアクセスするときにメールソフトの設定を入れ替えて仮設定をして送受信できるかどうか確認してみる必要があります。 どちらか一方もしくは両方で送受信が可能であればルータを導入した際に接続先プロバイダをそちらに設定してやればどちらのメーラーもアクセスできるでしょう。 ...続きを読む
まずは確認が必要ですね。
プロバイダによって他社のメールの送受信のリクエストを拒否するところがありますので、まずは現在の環境で2つのプロバイダへアクセスするときにメールソフトの設定を入れ替えて仮設定をして送受信できるかどうか確認してみる必要があります。
どちらか一方もしくは両方で送受信が可能であればルータを導入した際に接続先プロバイダをそちらに設定してやればどちらのメーラーもアクセスできるでしょう。

またどちらも入れ替えたら送受信できなかった場合は
RT52iでしたらメールサーバーに接続する歳のプロバイダを複数設定できます。各PCのIPでそれを設定すれば問題はありません。

またヤマハのホームページに設定例が乗っていますのでそれを参考にすると良いでしょう。
設定自体はブラウザでルータにアクセスして比較的簡単に設定できます。
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 64% (102/159)

こんにちは。hirasakuです。 ルータの設定についてお答えします。 まず、かんたん設定で2つのプロバイダを登録してください。 プロバイダAはすべてのクライアントPCでWebを見に行くプロバイダです。プロバイダBは1台のクライアントPCがメールを見に行くときだけ使うプロバイダです。 クライアントPCには固定でIPを振ってください。 次にTelnetかなんかで52iに入って下記のConfig ...続きを読む
こんにちは。hirasakuです。

ルータの設定についてお答えします。
まず、かんたん設定で2つのプロバイダを登録してください。
プロバイダAはすべてのクライアントPCでWebを見に行くプロバイダです。プロバイダBは1台のクライアントPCがメールを見に行くときだけ使うプロバイダです。
クライアントPCには固定でIPを振ってください。
次にTelnetかなんかで52iに入って下記のConfigを参考に変更または追記してください。

ip filter の追加:
ip filter 10 pass 192.168.0.xxx * tcp,udp * smtp,pop3
デフォルトゲートウェイの変更
ip route default gateway pp 2 filter 10 gateway pp 1

pp select 1 <---Web用プロバイダ
  |
pp enable 1
プロバイダAのDNS情報
pp select 2 <---1台だけメールを見に行くプロバイダ
  |
pp enable 2
プロバイダBのDNS情報

DNSを見に行く場所の指定(変更):
dns server select 30 pp 2 プロバイダBのdnsサーバーアドレス any popサーバー名 192.168.0.xxx
dns server select 49 pp 1 プロバイダAのdnsサーバーアドレス any .

このときの192.168.0.xxxはメールだけつなぎ先を変えたいクライアントPCのアドレスです。

この設定でWebを観るときはすべてプロバイダAにつなぎに行き、192.168.0.xxxのPCからメールを取りにいった場合だけプロバイダBにつなげます。

参考になったでしょうか。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ