• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

樹木の所有権

叔父から訴訟の支援相談を受けて困っています。隣人との間に境界線をめぐって訴訟があり、20年以上管理を行わなかった事実から叔父の時効取得により現在の境界線が確定しました。裁判所の命令により該当敷地の所有権移転登録がなされています。今般、隣人は、境界に対する不明確要素をなくそうと自分の敷地側の樹木を伐採して、叔父に隣に越境している樹木の枝を剪定するように依頼をしてきました。これに対して、元来隣人が植えた木なので自分に剪定する義務はないと突っぱねたため、訴訟になりました。叔父の解釈は、時効取得により境界は確定したが、樹木の所有について主張した覚えは無く、現状で何も問題は無いので、そんな義務は発生しないと言い張ります。その主張を手伝えと言われましたが、判決文を何度読んでも、叔父が時効取得した土地の樹木は所有権を別扱いにするという記述は見つかりません。私は筋が通らないと考え、剪定すれば済む話なので、その方が良いと言ったところ、叔父は、隣は先代のときに樹木を植えたので、その部分の土地所有を主張したが、何の管理もしてこなかった、そのため境界線を確定した。隣が樹木の所有権による土地所有権を主張したが、それに対して叔父は土地所有権を反証したが、樹木の所有権については争っていない、それを叔父の所有物だから剪定しろというのは判決文に矛盾するので受け入れる必要はないと言って聞き入れません。こんな状況で裁判をやったら、私は偽証罪で起訴されそうで、危なくて手伝えません。非協力的だと責められていますが、筋が通らないのは自明です。どなたかアドバイスをお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4803
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#97007
noname#97007

こんにちは。 隣地の先代さんからの話で、読んでいてわかりにくい部分がありますが、立木と土地の所有権の関係がわかればスッキリする問題のように見えます。 立木に明認方法(木の所有者を明示する札をかける・木を削って所有者が誰であるか書く)がされていない状態で、立木の地盤の所有権移転登記がされると、立木の所有権は立木の地盤の所有権者のものになります。 明認方法がされていれば、もともとの立木の所有者に、木の所有権が留保されます。 ところで、他人地から自分の土地に、他人地の立木の枝がかかっているときは、勝手に切ることはできず、立木所有者に切ってもらうようお願いすることになります。 ついでですが、他人地の地底から伸びてきた竹の子は勝手に切ってよいです。(柿の木はダメだが竹の子は良い、と言われているそうです) この理屈からすると、隣地の人が、伸びている叔父さんの土地の木を切ってほしいとおっしゃっているのであれば、切るべきなのではないでしょうか。 ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そのとおりだと思います。 意地があるのでしょうが、判決文の解釈に無理があります。 それをわかろうとしないで、叔父の気持ちを分かっていないと言われても。法律は気持ちでは解決しないので。困りました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • uzaki
  • ベストアンサー率33% (1/3)

結論から書きますとおそらく叔父さんの主張は認められないはずです。 叔父さんが時効によってその部分を取得したとすると、土地は原始取得したことになる、つまりは占有開始時点からその土地の所有者だったことになります(民法144条)。 また、明認方法を施していない樹木は土地に付合します。付合とは分けることができなくなった状態のことです。 付合するとその樹木はその土地の所有者のものになってしまいます(民法242条本文)。つまりは法律上叔父さんの意思とは関係なくその樹木の所有者になってしまったということです。 これらを基に枝が境界線を越えて他人の土地まで伸びでしまっているのならば叔父さんは民法233条1項によって所有者として切除しなければならなくなってしまったのです。 ご質問者さんがお書きになった以外の特殊な事情がなければ弁護士に聞いても司法書士に聞いてもおそらく同じ答えが返ってくるはずです。 訴訟費用が無駄になるから何とか止めさせるように説得するべきですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 なんとか叔父を説得しました。

  • 回答No.3

取得時効はそれを認める判決趣旨が必ずあります。他人が植えた樹木がある場合、取得時効の争点になりますから、もう一度判決文を確認してください。取得時効は所有権の争いですから、その土地上にある地物は必ず状況を検討されます。 また、叔父さんは境界確定裁判の論旨を言っておられるので、本当に取得時効裁判だったのか、尋ねて見られてはいかがですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

時効取得については、複数の案件のひとつであり、裁判は全勝ではありません。その中の一部の境界線問題に関して、時効取得により叔父の主張が通ったということです。原告は上告しましたが、一番上の法定で却下されているので確定です。判決の記述を見ましたが、境界線をこのように決める。そのための所有権移転をすること、であり、植物をどうするとの記載はありません。

  • 回答No.1

法律に詳しいわけではありませんが、質問文自体は非常に分かり易いかと思います。 ですので、この質問文をもう少し丸めた形で書面にし、叔父さんへ送ってみてはどうですか? 口頭で伝える場合、話している内に感情が多分に入り、理屈の通った会話が出来なくなる事は良くあるかと思います。 現状の問題点及び、その問題点は何故発生するかを書面にて説明し、その上で自分の力でどうにか出来る範囲はここまであり、問題に対してはどう対処した方が良いか、まで説明すれば十分に協力的かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 境界線の裁判は一勝一敗のようなものでしたので、両者の間は拗れています。今回の件は、私にはその隣人の方が筋が通っているように思えます。意地を曲げる気はなさそうです。

関連するQ&A

  • 土地境界確定・所有権確認訴訟

    教えてください!現在隣家と土地境界で揉めて相手側(Y)の提訴により境界確定訴訟となり境界については、当方(K)が筆界特定制度の手続により当方の主張する境界にて特定されました。当初Yは訴訟の請求の趣旨として境界の確定を求めていたのですが、筆界特定された事により境界の間違いを認め、Yが訴えの変更申立「所有権確認・所有権移転登記手続」(時効取得)に切り替えて来ました。争点となった間違った境界線上には45年以上前にYが構築したブロック塀が有り(現在は建替えによりブロック塀は取り壊され、その基礎部分のみ有り)時効取得は認めざる得ないのでしょうか?当方土地所有者の父は現在認知症の為、昔、隣家と本件についてやりとりが有ったか確認出来ず、裁判には私が成年後継人として出廷しております。また係争地の所有権が移ってしまうと、その土地部分(宅延)「正規には、赤線2M・宅延2m」「現在赤線2mを含め3m幅」が当方の家を建てる為の道路と面する2m幅(建築基準法)となっている為、建替えが出来なくなるおそれと共に宅地としての死地となる事が考えられます。そうなった時に賠償は求められますか?また、45年以上の固定資産税は請求出来ますか?何とか所有権の時効取得を回避する方法は無いものでしょうか?

  • 所有権界のトラブルについて(長文です)

    現在、土地を買う計画がありますが、計画している土地の所有権界と筆界が一致しないことが判明し困っています。 土地の位置関係は次のとおり、3筆並んでいます。 Aは私の所有地 Bは買収予定地 CはBの隣接地 問題はBとCです。 隣接地Bの所有者から売却したいという相談があり、AとBを合わせて私の土地にし、Bの土地は建物を取り壊して駐車場にしたいと考えています。 Bの所有者は、8年ほど前に建物付きの土地を購入しました。 Bの所有者は、土地購入時に「Bと隣接地Cとの間の境界には、軽量ブロックが積んでおり、軽量ブロックを含めてBの土地である」という説明を受けたそうです。 また、土地購入は、公募売買であり、隣接者が境界立会に応じないことから、境界の確認は行っておらず、テープで距離を測った結果、登記簿の面積とあまり変わらなかったので、問題ないと判断し、親戚から購入したそうです。 今回、土地Bを購入することから、登記簿と字絵図を調べた結果は次のとおりです。 Cの筆界は、Bが購入時に教えられた軽量ブロック(所有権界)から1mほど、Bの土地の中に入っていることが判明しました。 結論として、所有権界の中に筆界が入っており、Bの建物は所有権界ギリギリに建っていることから、筆界を越境して建物が建っています。 相談の内容は次のとおりです。 (1)Bの土地には、前の所有者が建物を建ててから、25年ほど経過しています。Cに対して、前所有者からの占用を主張できるのでしょうか? (2)Bの土地を買って、すぐにBの建物を取り壊して駐車場にした場合、所有権界の軽量ブロックがあれば、占有する建物がなくても、占有していた事実が証明できれば、時効取得を主張できるのでしょうか? (3)Cが第三者に売却した場合、新たな土地所有者Cが筆界を主張する訴訟を起こした場合は、建物が存在しなくても土地を占有していた事実が証明できれば、時効取得を主張できるのでしょうか? 境界と所有権界の問題には不安がありますが、Bは隣接地であり、どうしても必要な土地です。 訴訟になった場合に、負けるのではないかと心配しています。 アドバイスがありましたら、よろしくお願いします。

  • 土地の所有権について

    隣人の四方を囲むように土地を所有しています。隣人の土地は一段低く位置し、その土手法面根元が境界であり先代から引き継がれたものです。全ての境界で土手上に垣根を作り管理してきました。隣人の訴えで(境界確定訴訟)四方全ての境界が垣根の内側で地籍調査が行われていることが判明しました(昭和50年地籍調査)。地籍測量妨害でした。隣人の両親が亡くなり(地籍調査立会人)、申立てたものです。裁判は、市役所の嘱託回答書(当時、隣接所有者に杭を打たせ、その杭の測量を実施した)を採用するあっけない審判でした。ただ、相手が求めた境界杭の設置は棄却しました。審理中、反訴とした所有権確認(時効所得)は占有状態に言及しない不審の判決(棄却)でした。垣根の大半は土手法面も含め大方幅員2.5mほどで全体の長さ200mになります。隣人は境界確定訴訟と所有権確認棄却で、所有権が確定しているとして土地家屋調査士数名をを土地に入らせ測量を実施、同時にコンクリート杭や鉄パイプ打ち込ませ、ロープを張り巡らすことと成りました。調査士らに対し正当な理由がないとして進入を拒否しましたが、黙ったまま手を振り、杭打ちを終了させました。調査士会へ経過は隣人の所有権が認められていることにはならず調査士の進入や杭打ちは正当な理由が無く調査士法違反として申し出たところ、土地の権利関係に争いがある状態といえ、直ぐに業法違反とは言えないとして、回答しました。法務局は所有権が確定した状態として、門前払いでした(調査士の監督官庁)。調査士は争うとの回答で釈明しません。隣人の占有や所有は一度も証明されていませんが、所有権が確定されていることになるのでしょうか、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。よろしくお願いいたします。

  • 所有権について

    BはAから甲土地を買い取り、10年以上にわたってその土地上で、花の栽培と庭木用の樹木の植栽をしている。ところがその後、EからBに対して「自分は甲土地をAに売却して移転登記を経由したが、その売買契約は要素の錯誤による契約である」という主張がされ、訴訟が提起されている。Bはその争いがされていることを知らないでいたが、後に当該裁判によって甲土地はEの所有であることがわかり、結局Aには所有権がなかったことがわかった。このような場合にBの立場はどうなるのか。土地あるいはBが植えた花の球根と庭木用の樹木の運命はどうなるのか。Eが勝手に処分できるのか。Bにその除去を請求できるのか。 Bに時効が成立すると思うのですが、問題の流れ的にEが勝つようにしなければならないと思うのですが、Eが勝つためにはどのようにすればいいでしょうか?

  • 所有権の時効取得について

    土地を勝手に畑にされ、なにもいわずに20年間そのままにしておくと、「所有権の時効取得」が成立し、他人の物になってしまうと聞きました。 もうすでに20年以上が過ぎましたがほんとうでしょうか? 父が所有し2件の家が使っており1件の家は草取りの代わりに使用を認めており、もう1件は最近使用者が分かりまだ話ができてませんが使われ方が、「所有権の時効取得」が成立しているような使い方です。 すぐに使う予定はありませんが、こちらもほったらかしにしてたので、どのように所有権の主張をしたらよいのでしょうか?ただうちの土地ですと言えばいいのでしょうか?お願いします。

  • 筆界と所有権の境界

    不動産仲介初心者ですが、このたび売買に当たり、土地家屋調査士とも隣接者との境界立会いを行いました。その際、隣地(すでに30年ほど前に住宅)の土止め用のよう壁が若干出っ張っています。タイトルにあるように筆界と所有権の境界は異なると本などで見ていますが、こうした場合、書類上は境界は点と点を結ぶ直線となりますが、よう壁が出ている部分の処理はどのようにするのが一般的なのでしょうか。 ・隣地の人としては、時効取得の主張とか。この場合はどのような登記上の手続きが必要でしょうか。 境界と所有権の境界は通常一般的ですが、このような時はどのようにするのでしょうか。

  • 所有権‥

    訴訟で売買契約の成立を争う場合、確定するまで商品の所有権は誰にあるのでしょうか? 一応契約は成立したもの(特定物なら所有権移転した)として扱うのでしょうか?それとも所有権移転していない物として扱うのでしょうか? 教えて下さい。 買い主が訴訟起こした場合、売買契約の無効主張をしていたらどうなんでしょう?それでも特定物なら移ってそうですが‥ 所有権が自分にあるのかどうかわからないと、手元に渡された商品がある場合、迂闊に自分の物として処分できないのですが‥ 横領とか、捨てたりしたら場合によっては器物損壊になりますし‥ とりあえず契約が有効か無効か分からない時は、手渡されている物ならば、自分の物だと認識してあつかってもいいんですかね

  • 時効と所有権に関する問題ですが…

    AがBから甲土地を購入したところ、Cが時効により甲土地の所有権を取得した旨主張している場合、取得時効の進行中にBA間で売買契約及び所有権移転登記がなされ、その後に時効が完成しているときには、Cは登記がなくてもAに対して所有権を主張できる。 上記は、これで正しいそうなのですが、なぜ正しいのか分かりません。 売買契約が成立して、登記までしてしまったら、Aのものになるような気がするのですが…。 現地でCが所有の意思をもって占有し、ABは書類レベルで売った買ったとやっていたら、Cの主張が通るものなのでしょうか?

  • 所有権はどっち「銀行(債権者)と時効取得者」に帰属

    取得時効完成(平成19年2月)後、私がA土地抵当(例えば平成23年1月)、時効取得相手が所有権移転できますか?または民法177条登記がないと第3者に抵抗できない、所有権は銀行(債権者)に帰属? 私はA土地(400m2)の所有者、現在所有権に関して裁判中、相手はA土地の200m2時効取得したい、もし私が負けたら、相手は200m2を所有権を取得と裁判費用を請求。例えば私はA土地以外の資産がない、無職。A土地は私に抵当され、銀行に借金、相手が時効取得で所有権移転できますか?裁判費用を支払わないなら、余計な200m2を競売に出すできますか?例えば13年期間の抵当の場合は、相手はこの銀行を訴えないなら、この時効取得が10年経て債権消滅ですか?A土地が抵当された場合では、銀行(抵当権利者)と裁判の相手(時効取得権利者)はどっちが所有権取得の優先者ですか?

  • 壁の向こうの土地の所有権について

    もともと家の周りには塀がなく誰でも通れる状態だったのですが(東京のぼろい下町なので。)、塀を作ることになり、ブロック屋さんに頼んで作ってもらってたんですが、その時西隣のおじさん(あまりこういうのを言うのはよくないのですが、近所でも有名なおかしな人でした。)が境界線中央周辺に竿を2本立てて、ここから向こうは自分の土地だと言い張って工事が中断することになりました。実際土地を測ってみても私の家の土地というのは明確でしたが、あっちも文句を言って退かないので、しょうがなく境界線の中央を手前に膨らませるように塀を作ることになりました。 それから7年後、西隣の家が改築することになり、私の家の境界線を超えて家を建てようとしていたので、話し合った結果、西隣の家が境界線ギリギリに立てることで決着しました。 それから8年後、西隣の家は丁度私の家の南の家とも境界線を争って、両者が話し合って測定の杭を、私の家と、南の家と、西の家の接点に打つことで合意しました。 それから8年ほどたった現在ですが、やはり時効になってしまうのでしょうか?それとも、まだ所有権があると考えられるのでしょうか? ちなみに、その土地は幅1mで2坪ぐらいの細いところです。西隣の家のおじさんはまだ健在でそこに住んでます。その土地にかかる税金とかはすべて私の家が払っています。