• 締切済み
  • すぐに回答を!

免疫蛍光法における染色について

実験を始めて間もないのですが、ご教授いただければ幸いです。 受容体の細胞外ドメインのsheddingを免疫蛍光法にて証明したいと考えています。 ある受容体の細胞外ドメインを1次抗体とし、goatの2次抗体で染めたいのですが、細胞内も染まってしまいます。この場合、細胞を生かしたままで1次抗体をover nightした方がいいのか、それともパラホルムアルデヒドで固定してからの方がいいのでしょうか? また、細胞を生かしたまま染色を行う方法を教えていただければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数464
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • otx
  • ベストアンサー率44% (256/576)

>受容体の細胞外ドメインのsheddingを免疫蛍光法にて証明 どうしたら証明できるのか?よくわかりませんでした。 sheddingしているしていないを比較できる方法でもあるのでしょうか? このことがわからないので、 >細胞を生かしたままで1次抗体をover nightした方がいいのか、それともパラホルムアルデヒドで固定してからの方がいいのでしょうか? どっちがいいのか判断しかねます。 また、 >細胞内も染まってしまいます。 どのような条件で行った結果でしょうか? まず、免疫染色には使える抗体をきちんと選択しなくてはなりません。 これが一番重要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 免疫染色の固定について

    お世話になっています。 免疫染色の際に、2次抗体後washまでは検鏡して細胞が形を保っているのに、その後乾燥させると細胞の形がなくなってしまうのは 固定がきちんとできていないのでしょうか? 4%パラホルムアルデヒド/PBSは1年ほど前に作成して-20度保存の物を用事溶解して使っているのですが… 心当たりのある方アドバイスお願いします。

  • 蛍光免疫染色について

    今、hMSCの一重染色をしていますが、ほとんど染まりません。固定液は4%パラホルムアルデヒドで10min、第一抗体はanti-β-Galactosidaseで4℃でO/N(濃度は1000~4000倍希釈)、第二抗体はAlexa 594 anti mouseIgG2a(濃度は500~1000倍希釈)を使っています。固定液を希釈し、抗体濃度をあげたら多少は染まっているような気がしますが、気がする程度です。染まるコツがあったら教えてください。

  • 免疫染色を分泌蛋白で検出できますか?

    免疫染色を用いて、炎症組織で分泌する細胞が浸潤してきたことを調べたいと思い、いろいろと試していますが、うまく染色することができません。 見たいタンパク質はサイトカインです。LPSを投与して刺激した後に、各種のサイトカインの発現パターンを免疫染色で調べています。 1)分泌蛋白を染色する場合には組織の固定方法をパラホルムアルデヒド で行うことで問題は無いでしょうか? 2)固定は還流固定の方がいいのでしょうか? 3)分泌されている蛋白が大量にある場合には、特定の細胞を染め出すということはできないのでしょうか? 4)染色できるとしたらどのようなサイトカインであり、染色できないのはどのようなサイトカインでしょうか? 5)使用する抗体によって結果が大きく左右されるものなのでしょうか? 以上よろしくお願いいたします。

  • 免疫組織染色

     医学部大学院生ですが、免疫組織染色で悩んでいます。 やり方は色々書いているのですがさっぱり・・・です。まず、還流固定で取り出した臓器をどのように保存しておくのが良いでしょうか?凍結保存ですか?それともパラフィン固定でしょうか?パラフィン固定するその前に4%?10%? パラホルムアルデヒドで保存?免疫組織染色する前に長期間保存しておくにはどのような方法が良いでしょうか?

  • 免疫染色の方法について(モノクローナル抗体の場合?)

    マウスを用いて免疫系関連の研究をしている修士2年です。研究室3年目にして恥ずかしいのですが質問です。 現在、ある内分泌器官を、DABを用いた酵素抗体法(ABC法)で染めて、あるペプチドを産生している細胞の頻度及び分布を調べようと思っています。用意した物とプロトコルは以下です。 ・組織サンプル(ブアン固定→パラフィン包埋→4μm切片) ・Elite ABC kit(内容:Blocking用Goat血清、biotin結合2次抗体、ABC溶液) ・1次抗体(Rabbit anti-(そのペプチド)antibody) プロトコル・・・通常の脱パラ、浸水化、抗原賦活化(一応)、内因性ペロキシダーゼ除去→kitのプロトコル(1次抗体は4℃o/n) この1次抗体は、ある先生に紹介されて知り合った他大のA教授に分与していただいたものです。A教授とは直接お会いしたことはなく、メールや参考文献も自分の指導教官であるB教授を通して受け取っています。A教授はこの1次抗体を自分で作成(既知のアミノ酸配列からペプチドを合成→ウサギに投与→血清から精製)して、その抗体を用いた染色で論文を沢山出しているような方です。その論文を参考にして、今回のプロトコルを組んで染色してみたのですが、全然うまくいきません。組織内の細胞がところどころポツポツ染まるはずなのに、赤血球と血管内皮細胞以外の組織細胞全部がベッタリと染まってしまうのです。A教授の染色で私の染色と異なる点は、動物がラットであること(問題のペプチドは両種で保存されていることが分かっている)、kitを使っていないこと(ABC法ではなくPAP法、発色は同じくDAB)のみです。 こんなことはA教授に聞けばいいのですが、うちのB教授は少々プライドが高いところがあって難しそうなのです。それに、B教授はもともと免疫染色が得意ではないようです。B教授は今のベッタリ染色像が正しい染色像だと思っていて、このまま私の論文まで持っていくつもりみたいですが、色々な参考文献を見ている私としては、このベッタリ具合は絶対何かおかしいのです。(でもB教授は私の意見はお構いなしです(ノд・。) )だって本当は、下垂体のACTH細胞くらいくっきり染め分けることが出来る抗体なんです。先入観を差し引いても、ラットとマウスでこんなに違うとは到底思えません。 さて、長々と読んでいただいてありがとうございます。。。質問は以下です。 1.私の染色方法やkitで、「もしかしてここのミスかも・・・」と気になる点があったら教えてください。(モノクローナル抗体を使った染色にはもともと不慣れです。) 2.指導教官であるB教授に「待った!」をかけるために、いい策はないでしょうか???(この質問に関してはカテ違いかもしれませんが・・・。)

  • 蛍光免疫染色封入時のパップペン削除

    免疫染色初心者の者です。 蛍光免疫染色で、パップペンで組織を囲ってBlocking→1次抗体→蛍光2次抗体しTBS-Tで洗浄後、水溶性封入剤(DAKO)で封入します。この時、パップペンを消したいのですが… パップペンはキシレンでしか落ちませんし、このまま脱水操作をしてから封入してもよいのでしょうか?? またパップペンを使用しないで抗体をかける良い方法はありますか?? 本当に初歩的な質問ですみません… よろしくお願いいたします。

  • ウエスタンブロットと免疫染色について

    同じ抗体と細胞を用いて、ウエスタンブロットと免疫染色をした場合に、ウエスタンブロットで反応があっても、免疫染色では反応が見られないなどということが起こったりするのでしょうか??ご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

  • DDR2の蛍光染色

    現在、心臓のアクチニン、線維芽細胞に特異的なタンパクであるα-actinin、DDR2を蛍光染色しているのですが、DDR2が全く染まりません。プロトコルは以下のような感じです。 ・パラホルムアルデヒド固定 ・wash out×3 ・0.01% Triton-X 30分 ・wash out×3 ・1%ヤギ血清30分 ・wash out×3 ・1次抗体室温一晩 ・37℃で1時間 ・wash out×3 ・2次抗体(Alexa532(actinin),Alexa405(DDR2))3時間(1時間だとactininも染まりません) ・wash out×3 ・観察 顕微鏡のフィルタはAlexa532のほうがWIG、Alexa405のほうがWUを使用しております。(ほかにはNUA,IBFLがあります) actininの方はきれいにサルコメアまで見えているのでが、DDR2の方はどうやっても見えません。2次抗体の選択を誤ったのでしょうか? 長くなって申し訳ありません。 よろしくお願いいたします。

  • 免疫染色

    神経細胞をギャ場トランスポーターやグルタミン酸トランスポーター抗体で免疫染色すると神経細胞の細胞体も染まるのはなぜでしょうか? トランスポーターはシナプス部位に存在するのでシナプスだけが染まるように思えるのですが。

  • 免疫染色の方法について

    マウスの副腎の免疫蛍光染色をしようと思っています。 自分なりに考えた染色の方法を書くのでおかしいところや改善したほうが良いところを指摘していただけるとありがたいです。 副腎凍結切片(パラホルムアルデヒド固定) PBS洗浄 ×3  10mM glycine-PBS(5min×3) PBS洗浄 0.1%TritonX-100/PBS (RT,15min) PBS洗浄 ×3 3%BSA-PBS (RT、30min) 10mM glycine-PBS(5min) 0.1%BSA-PBS(5min×3) mouse-anti Ki67(1:50/1%BSA-PBS) (4℃、over night) 0.1%BSA-PBS(5min×3) donkey-anti mouse Cy3(RT,60min) 0.1%BSA-PBS(5min×3) F(ab')2 donkey-anti mouse(RT,60min) 0.1%BSA-PBS(5min×3) rabbit-anti P450aldo(1;100/1%BSA-PBS) mouse-anti P45011β(1;125/1%BSA-PBS)(4℃、over night) 0.1%BSA-PBS(5min×3) goat-anti mouse Alexa488(1;100/1%BSA-PBS) donkey-anti rabbit Cy5 (1;200/1%BSA-PBS)(RT,1hr) 0.1%BSA-PBS(5min×3) 封入 以上です。長い文章ですがお願いします。