• ベストアンサー
  • 困ってます

代表取締役の個人再生

私は株式会社を経営している者ですが、個人的な借金を対象に個人再生を考えております。 法人設立前の自営業時代のサラ金やらカード利用分が主な対象です。 色々調べて、役員に留まる事が出来る点は分かったのですが、いくつか不明な点があります。 1、会社名義で銀行から借り入れがありその連帯保証人になっているが、その債務は個人再生の対象とはしたくないけど出来るのか? 2、個人再生後、官報に記載されると今後会社名義でも金融機関との取引は不可能になるのか?(私が連帯保証人になれないのか?) 現在は会社名義での借入金は返済の遅れはないが、個人名義での借り入れ分は大幅な遅れがある状況です。 個人での遅延状態でもこの春、会社名義の借入金は通過しています。 借金は返済したいが任意整理では多額過ぎて返済の見込みはないです。 また、会社としては今後も金融機関からの借入が必要な時が必ず来ます。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2635
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。わかる範囲でお答えさせていただければと思います。 まず、「1」についての解答ですが、個人再生というのは、「全ての債務」を裁判所に申し立てなければ手続きができないものになっています。 ですから、債務の一部(連体保証債務を含む)を除いて、個人再生を行なうことはできません。 もし、そのように債務の一部を除きたい場合には、任意整理をするしかありません。 次に、「2」についてですが、金融機関との取引がほとんど不可能になることは間違いありません。ただそうなるのは、個人再生後に官報に掲載されることが原因なのではなく、「ブラックリストに載ること」が原因になります。 官報へ掲載されたとしても、官報を逐一確認している人や法人はあまりなく、お金を貸し付ける際に判断するのは、「ブラックリストに載っているかどうか」です。 また、連帯保証人になることも、審査が通らないと思います。やはり債権者も、連帯保証人の信用情報は確認しますので…。 債務整理の手続き(自己破産、個人再生、任意整理、特定調停)は、どの手続きを行ってもブラックリストに載ってしまいますので、5~7年はその情報が消えないものとお考えいただく必要があると思います…。 それでも、やはり借金の返済ができないのであれば、ブラックリストに載るデメリットや、連帯保証人になれないデメリットを差し置いてでも、債務整理を行うべきだと思います。いつか支払えなくなるのでしたら、「今」行なっておくほうが、後々の役に立つのではないかと思います。 差し出がましいことを申しましたが、参考にしていただければと思います。がんばってくださいね!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 個人再生について

    初めに、私自身詳しい知識をもたず質問して申し訳ないです。 私の父が以前自営業(父と母と2人の社員の建築業)をしておりました。 その時に銀行、金融公庫、消費者金融、知人から借金をしており、金額が数千万になります。現在は自営業をやめ会社員として勤めにでてるのですが、借金の返済が厳しくなっており毎日のように取立ての電話がなっている状態です。また返済が遅れてしまい連帯保証人の親戚に催促がいき、身内でも揉めてしまっている状態です。 私の父の収入では返済するのは厳しく生活していくのも難しい現状でなんとかできないかと調べ、個人再生のことを知りました。 自己破産するには資産を処分するとのことですが、父と母の住まい等がなくなってしまうのを考えるとできません。 なので個人再生で減額できないかと考えています。このようねケースでは個人再生が一番よいでしょうか?別の方法でも良いので現状から逃れるためになんとか一番よい方法はないでしょうか?また連帯保証人に親戚になってもらっているのですが、個人再生などをした場合連帯保証人に何か影響はあるのでしょうか?できるだけ保証人には迷惑をかけたくないと思っています。いろいろ甘いことを言っているとは思いますが宜しくお願いします。

  • 個人再生について

    夫婦で消費者金融での借入が膨らんだ為,私は個人再生,妻は破産をすることを検討しています。 私は住宅ローンを支払っているのですが,住宅ローンの債権者3社のうち1社は妻が連帯債務者,1社は妻が連帯保証人となっています。 妻が破産しても,私は住宅ローンを支払っていくタイプの個人再生をすることができるのでしょうか。 やはり連帯債務者,連帯保証人が破産をしてしまうと無理なのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 個人再生について質問です

    現在消費者金融、銀行から250万円の借り入れがあります 他に住宅ローンも抱えております (母が連帯保証人、債務提供者になっています) 住宅ローンのみ残して個人再生を行いたいのですが法テラス紹介の弁護士に相談した所 個人再生が認可されない場合は母に全額消費者ローンの請求が行くとの事 無担保、保証人無しの消費者金融、銀行の借り入れがなぜ保証人でも無い母に行く のでしょうか? お判りのかた情報をお待ちしております

  • 個人再生について2点

    初めて質問いたします。よろしくお願いします。 多重債務に悩んでおり、自己破産か個人再生か任意整理かをしないと 生活が厳しく、いろいろと調べて個人再生にしようと 思っているのですが…2点ほど疑問点があります。 ・日本育英会から学生の時に奨学金を借りていたのを  今でも返済しているのですが、個人再生の場合だと  育英会分も負債として申告するのでしょうか?  また、その場合、育英会その他から連帯保証人先に  連絡がいってしまうのでしょうか?  できれば連帯保証人には知られることなく済ませたいのです。  (本人が保証人になっていることを知らないので隠したい、という   意味ではありません。あくまで自分が支払うつもりでしたので   甘いとは思いますが相手に迷惑や心配をかけたくないので…) ・消費者金融の契約書の裏面をよく読むと、どの会社も  期限の利益を失う事項として「破産・個人再生手続開始」という言葉が  表現されているのですが、再生手続きをするとすぐにでも  債務残高の支払いをしないといけなくなるのでしょうか?  だとすると再生手続きをする意味が無いと思うので…。 回答いただければ助かりますのでよろしくお願いいたします。

  • 個人再生の情報について

    初めまして。 諸々の理由から個人再生を検討しております。 気になっている点がありましてご質問させていただきます。 1.現在の職場は某金融機関の仕事をしております。私が個人再生をする事によって、会社で受託している仕事が切られる可能性はあるのでしょうか? 2.先方からこちらの担当者に私が個人再生を行った事が伝わる可能性はあるのでしょうか? お手数ですがご存知の方がいらっしゃいましたら、ご回答お願い致します。

  • 個人再生について教えて下さい

    私の従姉妹は、オ○コ、○富士などの金融やから、500万以上の借り入れがあります。 支払いの方がどうしてもままならず、今回、特定調停をしようと、裁判所へ相談カードというものを提出したそうです。 けれど、彼女のお給料と返済額を見て、内容を見て言われた事は、「これだと破産した方がいいね…子供もいる事だし…もしくは、個人再生をするか…」と、言われてしまったそうです。 債務整理をした場合、調停で決められた額を、もし返済出来なかった場合、今度はすぐに強制的に差し押さえが入るそうなんです。 そうなった場合、彼女には子供もいるという事から、裁判所の方が心配して、破産、もしくは、個人再生を薦められたらしいのです。 でも、彼女は、どうしても破産はしたくないらしいんです。(破産すると戸籍にも載るから…という理由で…) となると、個人再生なのですが、個人再生というのは、どういったものなのでしょうか? 個人再生のメリットと、デメリットを教えて頂けませんでしょうか? また、破産すると戸籍に載ると、彼女は言っておりますが、本当なのでしょうか? 個人再生は、戸籍等には載らないのでしょうか? どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、どうか教えて下さい。 よろしく御願い致します。

  • 個人再生についての質問

    両親が離婚することになり、借金を軽くして生活していきたいのですが 自己破産は住宅ローンで両親のほかに連帯保証人がいる為できないです。 なお、住宅ローン以外ではいないです。 なので個人再生を利用しようと思っているのですが、住居に固執していないので住宅を売却して個人再生でさらに減らして返済していこうと思っているのですが、可能なのでしょうか? 住宅ローンも減らそうとすると、仮に返せるとしても連帯保証人に一括請求が行ってしまうのでしょうか? 当方高2のためこの方面のことに関して疎く困惑しているので、お答え頂きたいです。。 後、何かよい解決策などがあれば教えていただきたいです。 自己破産に関しては連帯保証人は親戚の方なのですが、一緒に自己破産するように頼むのは考えられません。。 非常に困っています。 宜しくお願いします。

  • 個人再生と自己破産

    お尋ねします。現在、司法書士の方に債務整理を依頼しています。 私としては出来るだけ任意整理の方向で進めたかったのですが、月々の返済額からして、任意整理は難しいと言われ、自己破産か個人再生を勧められました。 どうにかして返したいのですが、金額的にも難しく悩んでおります。 一年前に住宅を購入したのですが、ローンの借り入れは主人になっていて、私は連帯保証人です。家の権利が、半分私の名義になっています。 この場合個人再生を選んだ場合と、自己破産を選んだ場合にしても住宅は手放すことになるのでしょうか?司法書士の方に相談すれば済むことなのですが、その前にアドバイスをいただけないでしょうか?

  • 個人再生で行き詰まっています。どなたか助けて下さい。

    「住宅ローン特則付小規模個人再生」を前提に複数の弁護士・司法書士に相談し、申立を行えば何とかなりそうと思った矢先(まだ委任手続は行っていません)、5年程前に身内の事業資金の保証人になっていたことに気付きました。保証人になっている額を除けば、借入総額800万×20%=160万となり、なんとか払っていける計画になるハズが・・。保証人の分まで自分の債務に入るなんて。保証している額は約3000万あり、計3800万×10%=380万では返済計画がかなり厳しくなると同時に、身内には内密に行えると考えていた中で、当該保証債務が再生計画に入ることで、主債務者である身内の知るところとなり、しかも保証人たる私が個人再生となれば、3000万の債権者からは保証人追加・変更等を要求され、身内中で新たな保証人探しに奔走し。。今後、身内に顔を合わせることができません。色々考えて頭がパンクしそうです。金融機関と交渉し事前に保証人から外してもらう、他の金融機関に借り替えてもらう等も実現性が無く。やはり、合法的に3000万の保証債務抜きで個人再生を実施することは不可能なのでしょうか?万一、保証債務3000万を申告せずに手続きを進めた場合でも、受任通知に伴う信用情報または、個人再生開始公告以降の官報信用情報により、3000万債権者が保証人たる私の名前を発見し、主債務者たる身内、私、または管轄裁判所に対し通知を行う事で、申立内容への追加債務が発覚、不認可となり個人再生の道が閉ざされ破産。。という道を進むのでしょうか?勝手なお願いで恐縮ですが、どなたかアドバイス下さい。よろしくお願いします。ちなみに3000万の事業資金は国民金融公庫からの借入です。

  • 個人再生申立の場合

    住宅資金特別条項を使った個人再生の申立を 考えています。 本をみて調べているので細かい用件にあてはまるのは わかっているのですが、1点わからないのは 住宅ローンを組んでいる金融機関で別のローン (合格ローンという教育ローンです) も組んでいます。 この場合金融機関はスムーズに住宅資金特別条項を 呑むのでしょうか。 ちなみに住宅ローンと教育ローンは別口座になっています。