• ベストアンサー

時効中断と同時履行の抗弁権についてです。

(1)同時履行の抗弁権の付着する債権は中断しない。 (2)相手方が同時履行の抗弁権を有するとき、自分の債務を提供しないでする請求も中断する。 この二つはどちらも間違ってはいないのでしょうか?矛盾する気がするんですが。。。 どなたか説明お願いします。 (簡単な例を示してもらえたら理解できるかもしれません。。)

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
noname#110938
noname#110938
回答No.1

文章が不正確だろうね。どこの出典か知らないけど(1)は「中断しない」なら間違いだね。同時履行の抗弁権が存在することは中断事由じゃないからね。だけど多分、「進行する(進行を妨げない)」の間違いだろうね。 お店で取り寄せを頼んで商品を買った。入荷したら引取りに来ると言うことにした(当然、引取りのときに代金を支払う)。 という例でいくよ。 さて、商品が入荷したので電話をした。じゃあ明日引取りに、ってことになったが引取りに来ない。そのままずるずると時間が過ぎたらどうなる?双方の債務、つまり、商品引渡し債務と代金支払い債務は同時履行の関係にあるから同時履行の抗弁権は主張できるけど、両方がそのまま何もしなければいずれ時効消滅する。履行期は過ぎてるから時効は進行しているわけでね。つまり同時履行の抗弁権が付着している債権の時効は 進 行 す る ってわけね。 ところがここでお店の方が、さっさと代金払えって請求してきた(厳密には時効中断事由としては催告)。ここで自分の債務、つまり商品の引渡しをしていない以上、買主は、商品よこすまで払わねぇって言えるよね?同時履行の抗弁権があるんだから。この買主の同時履行の抗弁権を奪うには弁済の提供が必要だけど、ここで弁済の提供をしないでも催告したという事実に基づいて時効は 中 断 す る の(無論、催告だから6ヵ月以内の提訴などが必要だけど)。 もう解ったでしょ?全然違う話をしているだけってこと。(1)の中断しないというのは、正しく言えば中断しないではなくて 時 効 の 進 行 を 妨 げ な い と言わなければいけない。一方で(2)の中断はまさに時効が中断するということで、 進 行 中 の 時効がリセットされちゃうって話。中断するのは進行が前提だけど、進行と中断は別の話でしょ? もう少し説明すると、そもそも履行期にない債務は時効が 進 行 し な い ね。(1)はその話なの。同時履行の抗弁権があれば履行を拒絶できる。そうすると法律上、履行させることができない。法律上履行させることができないならつまり、権利を行使できないのだから時効は 進 行 し な い はずだ。ところが、同時履行の抗弁権の場合には、法律上とは言っても反対債務を履行するという債権者の行為のみによって履行させることが可能になる。だったら法律上の事由とは言っても、債権者が単独で排除できるんだから権利を行使できないわけじゃなく、時効は 進 行 す る。という話。つまり、時効自体が進行するかどうかの話。(2)は時効が進行していることを前提に、その時効は請求その他の中断事由によって当然に中断するという 中 断 の話。そこで同時履行の抗弁権があっても中断は可能だってこと。 時効が進行しないということは中断もしないに決まってる。履行期未到来の債務は行使できないから時効が進行しない以上、中断もあり得ない。でも時効が進行しないということと中断しないというのは別概念だよね。それを同じく「中断」と言うのは間違いだね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 消滅時効と同時履行の抗弁権の関係

    消滅時効について、テキストを読んでも、具体的に理解できないところがありまして、ご教授願います。 「同時履行の抗弁権がついている債権でも、履行期が到来すると消滅時効は起算される。なぜならば、自己の債務を履行して、相手方の同時履行の抗弁権を封じ込めることが可能だから。」 という、内容なのですが、具体例にするとどうなるのでしょうか。 例えば、買主―売主の関係だと、 買主は「物を引き渡さないと、お金払いません」という債権で、 売主は「お金払わないと、物を渡しません」という同時履行の債権があります。 そこで、「自己の債務を履行して相手の同時履行の抗弁権を封じ込める」には、売主側からだと買主に物を渡すことにより同時履行の抗弁権を封じ込めた。ということになる。 ここまでの段階で、私の理解は合ってますでしょうか… 次に、消滅時効の起算ですが、売主の債権は、買主に物を渡した時点から起算するということでしょうか… でも、これでは、物は渡すわ、債権は消滅し始めるわで、単なる売主の損な話なので、この事例自体が間違った事例な気がします。。。 前述しました、「同時履行の抗弁権がついている債権でも、履行期が到来すると消滅時効は起算される。なぜならば、自己の債務を履行して、相手方の同時履行の抗弁権を封じ込めることが可能だから。」この部分の具体例をご教授願います。

  • 同時履行の抗弁権について

    次の点についてわかる方がいらっしゃいましたら教えてください。 債権者が債務の履行を訴求し、債務者が同時履行の抗弁権の主張しこれが認められる場合は、どのような判決がくだされるのか? よろしくお願いします。

  • 同時履行と民事訴訟

    特定物の売買契約をなしたところ、買主は売主に代金債務の弁済の提供をすることなしに、目的物の引渡しを裁判上で請求した。売主は同時履行の抗弁権を抗弁として主張することができる。 では、もし買主が債権ではなく、所有権に基づいて引き渡すよう請求したならどうなるんでしょうか。そこでも売主は同時履行の抗弁権を主張できるのでしょうか?? 同時履行の抗弁権が債務の履行上の牽連性を保つものだとすれば、相手が所有権に基づいて請求したのなら、当然には同時履行の抗弁権を主張できないと思うのですが… ご教授お願いします。

  • 受領遅滞の効果のひとつである同時履行の抗弁権について

    おはようございます。早速質問です。 債権総論で出てくる受領遅滞の効果のひとつとして 「相手方(債権者)の同時履行の抗弁権を奪う」 とあります。これは法定責任説でも、債務不履行説でもこの効果があることには差異はないはずです。(債務不履行説では弁済の効果だとされていると思いますが) しかし、債権各論において 「Aが買主、Bが売主として、BがAのところに物をもって行ったが、Aが物の受領を拒絶した。後日再びAが物を持ってBのところにもっていった時にも、Bは物をもらうまではお金は払わないよという同時履行の抗弁権をもっている」 という記述はありました。 2つの「」の記述は矛盾しているように感じます。抗弁権を奪うと前の「」では言っているのに抗弁権は持っていると後の「」では言っているからです。どういうことなのでしょうか?すいません、ご教授ください。

  • 同時履行の抗弁権についての文章が難しい・・。

    同時履行の抗弁権についての文章で悩んでいます。 売買契約を締結した場合、双方が債務を履行していないが、相手方から弁済の提供を受けた当事者の一方は、相手方の弁済の提供が継続されていなくても同時履行の抗弁権を失うため、相手方が再度履行を求めるときに、相手方からの再度の弁済の提供は必要である。 これを読んでも、難しくてよく分からないです。 売買契約をしたけれど、AさんもBさんも履行していない。 けれど、Aさんが履行しろ、と言い出したときには、その度に、Bさんは「今はまだ早い」とかはぐらかしたり、そういうことができる。いちいち反応しないといけない、ということでしょうか? おねがいします。

  • 民法の勉強で…同時履行の抗弁

    ひさしぶりに民法の勉強をしているのですが、 「同時履行の抗弁」のところで、 頭の中がこんがらがってきました。 教材は、これ↓です。 http://tokagekyo.7777.net/echo_t1/1808.html (引用)弁済の提供により,相手方は,同時履行の抗弁権を失い,履行遅滞に陥る。 (わたし)ふむふむ、弁済の提供により相手方は同時履行の抗弁権を失うんだな。 (引用)AはBとの間で、土地の売買契約を締結し、Aの所有権移転登記手続とBの代金の支払を同時に履行させることとした。決済約定日に、Aは所有権移転登記手続を行う債務の履行の提供をしたが、Bが代金債務につき弁済の提供をしなかったので、Aは履行を拒否した。 (引用)AがBとの契約を解除しないで,Bに代金を請求する場合には,Bは,履行遅滞であっても,同時履行の抗弁権を援用して, Aが所有権移転登記をしなければ,代金支払をしないと主張できます(判例)。 (わたし)あれっ? 同時履行の抗弁権を失ったんじゃないの? (引用)AがBとの契約を解除する場合 → Bは,同時履行の抗弁権を主張できない。 (わたし)解除において同時履行の抗弁?? Bは具体的には何を主張することができないんだ??? まとまりのない質問で申し訳ありませんが、 どなたかお助けください。

  • 留置権と同時履行の抗弁権について

    <事案(1)> AのBに対する債権がCに譲渡されたとしても、 Bは同時履行の抗弁権を失わない。 Cが取得した債権は同時履行の抗弁権の付着した債権と考えられるから。 <事案(2)> Aが建物をBに売却し、それをBがCに売却。登記もABCと順次移転された。 しかし、Aがまだ建物を占有している間、Cが所有権に基づきAに明渡しを求めた場合、 Aは同時履行の抗弁権を主張できない。 同時履行の抗弁権は双務契約の効力の一種であり、契約当事者間でのみ主張できるものであるから。 こういう2つの事案の問題を見たんですが、 これってバランスおかしくないですか? 事案(1)でAとCは契約当事者じゃないと思うんですが…。 なぜこういう違いがあるんでしょうか。

  • 同時履行の抗弁権

    同時履行の抗弁権は留置権とちがって、可分であるとのことですが、当然に不可分債務の場合には不可分と考えてよいのでしょうか?

  • 同時履行の抗弁権について

    Aは、Aの所有する自動車をBに売却したが、引渡しは済ませていなかった。その後Aは代金債権をCに譲渡した。 (1)上記のケースで、BはCからの支払い請求につき、同時履行の抗弁を主張して、請求を免れることはできない、という理解で正しいのでしょうか。 (2)(1)が正しいとした場合、仮にAが自動車を引渡すことなく行方をくらましてしまったとすると、Cからの請求に対し、Bは(支払を回避するために)いかなる反論をすることができるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 同時履行の抗弁権について

    テキストに「不動産賃借人からする賃借権の設定登記と賃料支払債務は、同時履行の関係にない」とあって、この意味は理解できるのですが、 例えば、賃貸人A、賃借人Bの場合で、賃貸人Aの賃借人Bに対する賃料支払請求権と、賃借人Bの賃貸人Aに対する不動産使用収益請求権は、同時履行の関係に立つのでしょうか? →それとも、そもそも、賃貸借契約においては同時履行の関係という概念がないのでしょうか?(賃貸借契約は双務契約なので、同時履行の関係もありうる気がするのですが…) 教えていただけないでしょうか?

このQ&Aのポイント
  • Brother Print&Scanでクラウドサービスに保存する際、BOXが選択肢にない場合の対処方法を教えてください。
  • Windows11で無線LAN経由でMFC-J4940DNを使用しています。関連するソフトとしてBOXを使用しています。BOXでのスキャン方法を教えてください。
  • MFC-J4940DNの使い方について質問です。BOXにスキャンする方法がわかりません。メーカーの紹介ページではできると書かれているのですが、実際にはどのような手順で行えば良いのでしょうか。
回答を見る