• ベストアンサー
  • 困ってます

借地権付きの土地 期限日以降の立退依頼手続

借地権付きの土地を購入する予定です。建物は現在居住中の方の所有物として登記してあります(築40年弱、現所有者との間には借地契約書は残ってないよう)数年のうちに借地権の期限が到来するに当たり、可能であればその契約を持って立ち退いて頂きたいと思っております。色々調べましたが、まだ居住しているので居住者の権利が優先され契約は更新しなくてはならないような書き方が多く見受けられます。また借地権として更新した場合最低でも10年以上の契約しかできないのでしょうか。 ずらずら書いてしまいましたが、質問は下記の点です。 (1)土地の所有者が変更したときの借地権の取り扱い。また新たに契約書を作成する事によって借地料の増額は可能か、リフォーム&建て替えの禁止はできるのか。契約期間を賃貸物件のように2年毎更新などに定めることは可能か。 (2)立退きを要求するに当たって当方でとる手続きと段取り。 以上、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数319
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • qzauev
  • ベストアンサー率100% (1/1)

家賃収入でしたら、固定資産税を加味しても余りある利率が確保できれば メリットがあります。 近い将来、更新と建て替え承諾料が入ってくるかもしれません。 (更新=路線価格×土地の総坪数×借地権割合60%×5%が相場) (建て替え=木造で路線価格×土地の総坪数×100%×3%が相場) デメリットは換金性が悪いこと。 塀・擁壁の修繕費が発生する場合があること。 塀が崩れて被害があれば、その損害賠償請求対象者になり得ること。 旧借地借家法の更新を拒むことは出来ません。20年ごと未来永劫、永遠です。 民法第896条によって旧借地借家法の借地権は永遠に相続されます。 民法第612条に準則をして賃借人が借地権の売却や転貸を申し出たときは、これを拒めません。 拒んだとしても、裁判で負けます。 (ただし、承諾料は発生します=売却で路線価格×土地の総坪数×借地権割合60%×5%が相場) 借地権が終了・消滅するのは、 1)家賃が支払われないとき。 2)上物の建物が朽廃すること。 3)賃借人が地権者に承諾なしに駐車場やアパートなどに用途変更したとき。 4)賃借人が地権者に承諾なしに借地権の売却や転貸を行ったとき。 5)賃借人が地権者に承諾なしに建て替え、大がかりな増改築を行ったとき。 1)は公序良俗の観点からすれば1年以上の延滞。 2)は何を持って朽廃か、の認定が難しく、柱1本残っていればOKとする考えもあります。   大地震でも火事でもなななか100%建物が無くなることは考えにくく、   貧乏アイドルの種子島の実家は築100年と言ってました。 3・4)は賃借人の無知からたまに発生します。勝手に売却をして、後から借地権の終了の可能性を知り、   それを恐れた足立区のお父さんが一家3人を殺害し自殺した事件は去年の話です。 いずれにしても民事訴訟による判決が必要だと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • qzauev
  • ベストアンサー率100% (1/1)

…続き 例えば、実勢価格一坪100万円で50坪の土地で 借地割合が60%の旧借地借家法の 底地の相場は200~500万程度でしょう。 悪徳業者にだまされてませんか? 上物が築40年ということは旧借地借家法ですし、 更新によって現在の借家法に変更にはなりません。 一生旧借地借家法のまま、更新が続きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 ご意見ありがとうございました。目的は運用です。最低預金金利よりは利回りが多ければメリットはあるかと。さらに借地契約期限が迫ってた物件だったので借地契約がなくなれば将来的に不動産運用も可能かと考えましたがやはり難しそうですね。  もう一点教えて頂きたい事があります。(1)借地権の契約期限が到来しても、借地権者が更新を希望する限り、相続も含めて契約を更新し続けなくてはならないのでしょうか。では、借地権が消滅するケースは?(たとえば建物が居宅として使用されていない場合などどのようなケースが考えられますか?)(2)相続後借地権を転売される可能性・合法性はあるか。またそれは地権者に無断で出来るのか。度々すみませんが宜しくお願いします。  結局は、借地権者との間で話し合いが必要ですね。その場合どんなに古い建物でも相当額以上の金銭を支払わなくては一生土地貸しで土地運用は難しいということでしょうね。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • qzauev
  • ベストアンサー率100% (1/1)

何のために旧借地法の底地の購入を検討をなされているのでしょうか? 価格は二束三文ですし、転売も困難です。 その理由は、一生自分の物にならないからです。 契約期間は20年以上と定められています。 そして永遠に更新をしなくてはなりません。 (ただし更新料は発生する。) リホームや建て替えも承諾しなければなりません。 (ただし承諾料は発生する。) 借地権割合が60%の土地でしたら、購入者の権利は40%で、 立ち退いてもらうには最低でも実勢価格×土地の総坪数×60%の金額を 賃借人に支払わなければ、不可能でしょう。 購入者の40%の権利を賃借人に購入してもらう方法はありますが、 可能性は低いですし、出来たとしても その力関係から、ディスカウントを強いられ 路線価格×土地の総坪数×40%×75%位が相場でしょう。 あなたにメリットは何もありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

分かりにくいので逆に質問ですが、借地権者のいる土地を購入される目的は何でしょうか? 現在の土地所有者さんからのご質問であれば、借地借家法の話ですが、借地権がある土地でその実情を分かってご購入されるとなると、単純に抵当権者などからの差押や権利譲渡とは異なりますし、公序良俗の問題が絡んでくる可能性があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>(1)土地の所有者が変更したときの借地権の取り扱い。また新たに契約書を作成する事によって借地料の増額は可能か、リフォーム&建て替えの禁止はできるのか。契約期間を賃貸物件のように2年毎更新などに定めることは可能か。 旧借地法ですからそのまま引き継ぎます。定期借地への変更はできない でしょう。借地料の変更は要求できますが、拒否された場合は裁判所で 調停となりますので一方的な値上げはできません。増改築は契約で 地主の承諾を条件にすることはできます。ただし、実際の改築に際して 拒否はできません。承諾料を受け取って許可することになります。 立て直しは拒否できます。 >(2)立退きを要求するに当たって当方でとる手続きと段取り。 建物が存在して、地代を払い、借地人が使用収益している間は基本的 に契約解除はできません。 立ち退きして欲しければ、相手と合意することが前提になります。 期限をつけて(たとえば5年後にこうしたいとか・・)、土地の活用 を考えているのであれば、避けたほうがいいかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 借地権

    教えてください。 以前より土地を地主から借り、建物を所有しているのですが、契約書は持っていません。こういった場合、いつから借地権が設定されたと考えたらいいのですか?

  • 借地権のある土地での建て替え

    借地権のある土地に登記されている建物の建て替えについてご質問します。建物が老朽化し、数年後には居住不可能となる可能性があるため建て替えを考えています。しかし、資金が十分ではありません。住宅地では借地権割合は借地人:地主が約70:30だと聞いたことがあります。もし、この土地が30坪で坪100万だと仮定すると、地主が同意さえすれば30坪X3/10X100万の900万でこの30坪を購入できるということでしょうか。もしこれが成立するならば、銀行にこの土地30坪とそこに建て替える建屋を担保としてローンが受けれると思うのですが、いかがでしょうか。また、地主が売却に同意しない場合でも、この借地権割合の30坪X7/10X100万の2,100万を所有しているということで、これを担保に銀行にてローンが組めるでしょうか。よろしくアドバイスお願いします。尚、借地権は旧法です。

  • 借地権の上の建物の登記はない・・・

    お世話になります!我が家の斜め前の家(地籍10坪)をいずれ買い取りたいのですが・・・現在その土地10坪には築20年以上の家があり居住者がいます。住人から土地は借地権だ・・・とは以前聞いたのですが自分で調べたところ(謄本を取った)土地はやはり借地権で昭和17年の登記で別の人間のものでした。ですが建物は登記されていませんでした。素人質問で申し訳ないのですが建物が登記されていない理由として挙げられるのはどういう事ですか?またその土地を居住者に分からないように(?)手に入れる方法は何かありますか?借地権の所有者に直接聞くのもトラブルになりそうですし。何かアドバイスがありましたら教えて下さいませ。

  • 借地権について、教えて下さい。

    親の代から、もう40年以上、借地に家を建てているのですが、親がなくなり私が、借地権を相続することになりました。丁度そのときに借地権の更新の時期にあたります。新しい契約は、新しい法律(定期借地権とか?)で契約しなければいけないのでしょうか?又このような場合何か注意することがありましたら教えて下さい。

  • 借地権の処分で困っています

    建物(作業場・倉庫)用として土地を借りています(旧法)。 間もなく20年の契約期間満了で更新料の請求がきています。現在建物は使用していません。そこでお隣の方(同じ地主さんから土地を借りて居住しています)と相談したところ、借地権を買い取って(建物解体費用+α)、更新料を払っていただけることになりました。 そこで地主さんに借地権譲渡の承諾をいただきにいきましたが、承諾していただけません。 地主さんは、 ・必要ないなら解体して更地にして返却 ・お隣とは新たに契約をする とおっしゃっています。契約書には更地にして返却する旨は書いてありません。 当方としては、お隣に買い取っていただければ出費がなく助かるので何とか承諾をいただきたいと思っています。 どのように地主さんに交渉すればいいでしょうか? この土地は、接道が狭いため家を建てることもできないので地主さんにとってもお隣の方が借りてくださることがベストだと思うのですが・・・

  • 旧法による借地権と普通借地権

    旧法による借地権と普通借地権との違いについて教えてください。 現在購入検討中の家が旧法借地権と契約書(案)に書いてあるのですが、契約満了日が平成39年10月10日となっております。 契約書には「但し、法律上の定めにより更新されるものとする」 と記載があります。 どういう意味でしょうか?? 皆さん教えてください。

  • 借地権の譲渡、転借について教えてください

    約75年前からAに土地を貸し、A家族が住んでいました ここ数十年は、A一人が住んでいましたが亡くなりました 死亡時土地固定資産税は8万/年に対して地代は20万円/年(250坪)ほどでした・・・ (地代の変遷はわからず契約書もない、建物はA名義) Aの相続人Bから「居住の意志はなく、借地権と建物解体費(老朽家屋)として約1千万円を欲しい」と言ってきましたが、父は明け渡しを求めておらずそんな費用もないので協議が整いません Bは借地権の譲渡や転借をほのめかせています 譲渡された者をCとし、転借された者をDとして 教えてください (1)・BがCに譲渡した場合、Cは旧借地法の借地権を引き継ぐ(約75年借りていたことになる)のですか?   ・この場合、父はCとこれまでと同額程度の契約しか結ぶことは出来ませんか?(祖父とAは親友で所得もないので善意で安く貸していた)  ・Cが建替えする場合、旧借地法の借地権は消滅しますか? (2)・BがDに転借した場合、父とBは、これまでと同額程度の契約を続けなければなりませんか?  ・Bが建替えする場合は、旧借地法の借地権は消滅しますか?

  • 借地権の一時金

    借地に築40年の戸建があり、縁あって建物を譲り受けることになりました。 借地権が切れている状況で、私が新規で借地契約を結ぶのですが、一時金の概算の算出方法を教えてください。 路線価格は175D、土地65m2で、20年前の更新料は65万円でした。 地主は20年契約(旧借地法)で一時金800万円くらいと言っていますが、これは妥当な額なのでしょうか?

  • 土地売買上の借地権の継承に関するもの

    私の住居建物の土地は借地です。5年前に地権者は 土地を道路用地として市に売却しました。この土地に対する借地契約書はありませんが地代は毎年納めていました。 市は立ち退きを要求していますが借地権に対する 損失補償はないと言ってます(借地権そのものが無いと言っている)。売買当時市は借地契約書が無かったので借地権の認識が無いまま買収したと言っています。しかし、その土地には私の建物が今もある訳です。 この場合、私は借地権を市に主張出来るのでしょうか。また、地主に損害補償とか出来るのでしょうか。

  • 旧借地権について

    今現在祖父の建てた家(築50年以上)に両親と妹の4人で住んでいます。 1年半後に借地権の更新がくるのですが、家も老朽化し、建て直し等も考えてはいるのですが、両親も高齢の為家の建替えの余裕もなく、また地代の値上げも言ってきているそうなので、妹と2人これからどうすればいいか悩んでいます。 両親が前回の更新の前に、土地を地主から買う交渉をしたのですが、金額をふっかけられ知り合いの弁護士さんに相談したところ買わないほうがいいと言われたそうです。 私の考えは 1.借地権を地主に買ってもらう。 2.借地権を第三者に買ってもらう。 3.現在80坪あるので、一部返却し土地と借地権を等価交換してもらう。 素人なので、こんなことしか頭に浮かびません。 何か良いアドバイスがあればよろしくお願いします。 ちなみに前回の更新のときは、土地を30坪返して、現金で100万払ったそうです。 平成17年の路線価は180,000借地権割合は60%です。 地代は年間で540,000円です