-PR-
締切済み

江戸時代(文化・文政の頃)の貨幣価値について教えてください。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.5013144
  • 閲覧数539
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 63% (14/22)

江戸時代の貨幣価値について(質問番号4596458)の回答を拝見しました。
そのことに関わって、私の家にある古文書の中の言い回しでわからない部分があるので教えてください。
古文書の日付は「文化二年二月二十四日」です。
その中の一言に「大工手間飯代共 貳貫四百目」とあるのですが、
(1)「目」は「匁」と解釈してよいと思うのですが、「貫」とはどういう単位なのでしょうか。「一貫は何匁」なのでしょうか。それは、現在の「円」に換算していくらなのでしょうか。
(2)その古文書の中に「手間代銀六百目」とありますが、「銀」とは現在の「円」に換算すればいくらになるのでしょうか。
(3)その古文書の中に「手間代銀六百目 但シ貳百工也」という標記があるのですが、その「工」は、大工手間だと思うのですがいかがでしょうか。「貳百工」というのは、大工手間が延べ二百人分と考えてよいのでしょうか。

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 47% (123/257)

 貫も匁も本来は重さの単位です。上方では銀を秤量貨幣として使っていたので、重さ=価値なんですね。下記のURLが参考になると思います。
お礼コメント
e8cd789n73

お礼率 63% (14/22)

有り難うございました。
時代の生活感覚により違う部分もあり
一概に今の単位に合わせることの難しさも理解できました。
投稿日時 - 2009-06-05 10:38:56


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ