• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英語母語話者の日本人の方へ‐仏独語歌詞の訳詞について

帰国子女などの英語母語話者あるい準母語話者の日本人で、 フランス語やドイツ語がわからない方へ質問します。 【1】 フランス語圏やドイツ語圏の歌を聴いて、 その歌詞の意味を知りたいと思った際には、 日本語訳と英語訳のどちらを参照することが多いですか? 【2】 「仏語は英語の遠い親戚であり、  独語は英語の近い親戚である。」 と表現されることがあります。 一方、仏語や独語と日本語は全く別系統の言語です。 同じ仏独語の歌詞について、 日英両訳詞を比較検討した場合、 一般的にどちらが良質であると思いますか? やはり仏独語と言語系統の近い英語訳詞の方が、 詞として自然でわかりやすいのでしょうか? 【3】 もちろん訳者の技量によるところは大きいと思いますが、 歌詞の翻訳に当たっては、このような『言語間の距離』が、 概して訳詞の出来映えに大きな影響を及ぼすと思いますか? 『フランス語・ドイツ語→英語』の訳詞に比べ、 『フランス語・ドイツ語→日本語』の訳詞は、 翻訳調で冗長になる傾向があると感じますか? 日英両言語を母語とする皆様ならではの視点で、 回答をお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Nannette
  • ベストアンサー率26% (1499/5698)

こんばんは 帰国子女でもなく、準母語話者というほどでもありませんが、勤め先での日常の仕事の上で必要なら英語に切り替えて話すこともある日本人です。フランス語やドイツ語は、旅先でタクシーに乗ったり、なにか食べたい時などと日常生活で使う最低限度程度しか分かりません。 ただ、英語、フランス語などの曲の翻訳は、趣味の範囲を出ませんが、これまでかなり長くやって来ました。 【1】 フランス語圏やドイツ語圏の歌の歌詞は日本語訳と英語訳のどちらを参照することが多いですか? ほとんどの場合、英語訳を参考にします。日本語に訳されたものは、全体としてはイメージを踏襲していても、各フレーズ毎に見た場合は、原詩とまるで違ったものに書き換えられていることが多いからです。 【2】 仏独語の歌詞について、日英両訳詞のどちらが良質であると思いますか? こればかりは一概に言えないと思います。何を持って良質と言うかが定義づけできないからです。たとえば、エディット・ピアフが作詞した「La Vie En Rose 」などは、ほとんどそのまま英語に訳されて歌われていますが、「ばら色の人生」として邦文の詩に訳されたものも、それなりに上品で良い雰囲気に仕上がっていて、英文詩に比べてけっして程度が低いものではないと思うからです。  【3】 『言語間の距離』が、概して訳詞の出来映えに大きな影響を及ぼすと思いますか? 実際に歌詞を翻訳していて一番感じるのが、おっしゃるところの『言語間の距離』だと思います。 事実、ちょっとしたニュアンスを的確に表すには、フランス語から英語へはさほど大きな差は感じませんが、日本人の感覚からすれば、両国語ともに細かい情感が感じられず、とかく言葉足らずといった不満感に悩まされます。 一方、フランス語から日本語へ翻訳する場合は、細かいニュアンスを的確に表現するために使える日本語のボキャブラリーがあまりにも多すぎて、訳者がどのような言葉をその中から選ぶかで、まるで雰囲気が違ったものになりがちです。その意味で、訳詩というものは、まさに「訳者の技量や感性、知識や経験といったもの」によるところが大きいと思います。 また、『フランス語→英語』の訳詞は、言語の構造が似通っているためか、比較的、オリジナル通り、そのままリズムに乗せて歌えるような歌詞に作りやすいものですが、『フランス語→日本語』の訳詞は、散文的なフレーズとしてならとても良い訳詩にしやすいものの、たしかに冗長になりやすく、リズムに乗せて歌えて、しかも、フレーズ毎に原詩の意味に忠実にというのはとても難しいものだと思います。 それゆえなのか、多くの日本語訳の歌は、イメージだけ踏襲して、全体の意味はそっくり書き換えられたものが多いように思います。 ちなみに、『英語→日本語』の訳詩も、『フランス語→日本語』の場合と大変よく似ています。フレーズ毎に原詩の意味に忠実にというのはとても難しいものですが、なかには「Save The Last Dance For Me」のように、フレーズ単位で大変忠実に翻訳されていながら、越路吹雪さんが歌ってらした日本語訳の歌詞の方が原詩よりもはるかに情感が豊かだと思える作例もあったりします。  なお、これまで、ドイツ語からの翻訳はまだ経験がありません。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あら、Nさん、こんにちは。 ご回答ありがとうございました。 なかなか詳しく分析されていますね。 趣味で歌詞の翻訳ですか。すごいですね。 >実際に歌詞を翻訳していて一番感じるのが、おっしゃるところの『言語間の距離』だと思います。 >また、『フランス語→英語』の訳詞は、言語の構造が似通っているためか、比較的、オリジナル通り、そのままリズムに乗せて歌えるような歌詞に作りやすいものですが、 やはりそうですよね。 フランス語は日本語よりも英語に近いですからね。 系統的に近い言語同士間の翻訳では、 比較的シンプルでリズミカルな詞を作りやすいですよね。 ただし、訳者の技量によるところが大きいのも確かです。 それと、訳者の技量の問題ばかりではなく、 同じフランス語の歌詞であっても、 それぞれの原詞によって他言語への翻訳のしやすさは かなり異なるのではないかと思います。 あくまで私個人の感想に過ぎないことをお断りしますが、 例えばミッシェル・ポルナレフの『シェリーに口づけ』 (tout tout pour ma cherie)について、 ある日本語の訳詞とある英語の訳詞を比較しても、 総合的に勘案してさほど違いはないように思えました。 一方、1960年代に流行ったフランスギャルの代表曲で 『夢見るシャンソン人形』(poupee de cire, poupee de son) という歌がありますが、この歌の日英訳詞の差に関しては、 私も結構驚きました。 私が読んだことのあるシャンソン人形の歌詞の日本語訳は、 翻訳調で決して詩的な文章ではありませんでした。 そこで、この歌は英語に訳すとすんなりと きれいに訳せるのではないかと思い、 原詞と自分で適当に英訳した歌詞を検索エンジンに入力して、 検索をかけてみたのです。 すると、ある方が英語に訳した歌詞を見つけました。 (現在では検索しても見当たりません。) 著作権侵害になるのでその歌詞はここには載せられませんが、 回答者さんにも読んで欲しいと思うほど素晴らしい訳詞でした。 ウィキペディアに載っているような有名な英訳ではないものの、 私は誰が訳したかもわからないその訳詞が一番のお気に入りです。

質問者からの補足

5/3 12:54 追記 これ以降は、英語母語話者のみならず、 英語を英語のまま理解する習慣のある 英語非母語話者の方からの回答も募集いたします。 なお、英語母語話者からの回答と区別するため、 英語非母語話者として回答をいただく際には、 回答文中にその旨を記載いただけると助かります。

関連するQ&A

  • 日本語を母語とする話者の発音

    日本語以外の言語を母語とする方が日本語をお話しになる際、母語の影響で、怒っているように聞こえたり、こどもっぽく聞こえたりすることがありますよね。文法の使い方が間違っていて幼児っぽくなるなどもあるようですが、日本語を母語とする話者が日本語以外の言語で会話した場合、発音の仕方でそれぞれどんな印象になるのか、ご存知の方教えてください。

  • ヨーロッパの歌、日本語訳より英語訳の方がわかりやすい?

    小生、ヨーロッパのパンクロックやポップスが好きです。 特にフランスやドイツの歌なんかは好きなのですが、 残念ながらあまり現地の言葉は理解できません。 そこで歌詞の内容も知りたいとなると訳詞が頼りになります。 いろんな訳詞を見ていて気がついたんですが、 翻訳者の技量はあるものの、 概して「日本語訳」より「英語訳」のほうがわかりやすく、 頭にすっきり入ってくるのです。 ちなみに、小生は英語を日常使うこともないし、 入力(そのまま理解する)ことは出来ても、 出力(話すこと)は出来ません。 極端な一方通行ですが、 とりあえず、歌詞の英訳を見ても、 一応ある程度は英訳のまま理解できるので、 頭の中で、英→母語(日) の置き換えはしません。 とは言え、あくまで私にとって英語は日常性のない完全な外国語です。 にも関わらず、日本語訳より英訳の方がわかりやすいなんて、 よく考えると不思議な話です。 同じような体験をお持ちの方がいらっしゃいましたら、 A、どんな分野の歌で、 B、オリジナルは何語か、 C、また、思い当たる理由がわかれば、 ご教授願います。 ちなみに、以前にこの疑問を解消するために質問したところ、 理由として、 (1)英語と仏独語は、遠い親戚で距離的に近いため、    訳しやすく翻訳調にならずに済む。    その為、シンプルな言葉で原語の内容を表現でき、    文体にロスが少ない。 (2)英語は日本語よりも「韻」を踏みやすいので、    リズミカルで印象的な訳詞を作ることが出来る。 という事でした。

  • フレンチ歌詞、邦訳より英訳の方がわかりやすいのはなぜ?

    私は趣味でNHKの語学番組を見ています。 英語以外のヨーロッパ系統言語に関しては、 語学の勉強というよりの番組内で紹介される現地の歌を 聴くのが好きなため視聴しております。 そして知った歌のCDを買ったりしますが、 言語そのものの学習はしていないため、 歌詞の内容についてはCD付録の訳詞が頼りです。 とあるフレンチポップスの虜になり、 CDについている日本語訳を歌詞を見て、 歌を楽しんでおりますが、わかりづらい箇所もあります。 ところが、ある機会にそのフレンチ歌詞の英語訳を見ました。 非常にわかりやすくリズミカルで、大変な感動を覚えました。 具体的に言うと、英訳の方が日本語訳よりも、 はるかにシンプルで、詩的で、内容が生き生きと伝わってくるのです。 一方、日本語訳は詩的ではなく、歯切れの悪い文章調です。 もちろん、翻訳者の技量もあるとは思いますが、 この歌の歌詞に限ったことではなく、 全般的に見てフランスやドイツの歌は、 なぜか日本語訳よりも英語訳の方がわかりやすいんです。 外国の映画・番組は見ますが、 仕事でも日常でも英語は全く使う事のない私が、 我が母国語の日本語訳よりも英語訳の方が 歌詞の内容や情景を素早く鮮やかに理解できるというのは よく考えると不思議です。 これはなぜなのでしょう? だいぶ前に、 フランス語=英語の遠い親戚、ドイツ語=英語の近い親戚、 であるという話を聞いたことがありますが、 ひょっとしてこれが関係しているのでしょうか? 言語学に詳しい方、同じような体験を持つ方、 ご返答を頂戴できると嬉しいです。

  • 日本語母語だと第2言語って英語を超えるものがある?

    日本語が母語の人だと英語よりうまくなるものって何でしょうか? 英語は学生で長いこと習って、ほかの言語はふつうしませんけど。 もし訓練すれば、英語は体系など違いますし、たとえばアジアの言語などより上達度は超えるんでしょうか? 超えるとすれば、どの言語なのでしょうか?

  • 日本人の歌詞について

    日本人の歌詞には英語がよく使われていますが、どうしてでしょうか? 私は、日本人なんだから日本語の歌詞をかけばいいのにと思うのですが… そう思うの変なのでしょうか? 当たり前になりすぎて誰も言いませんが、私は変だと思っています。 英語は確かにかっこいいかもしれませんが、「日本語は美しい」「世界に誇る遺産だ」などと言っているのに、矛盾していると思います。 英語を使うなら、中国語やフランス語、スペイン語、ドイツ語も使えばいいのに。 私の英語力がないのもありますが、英語で歌詞をかかれても正直言って意味が分かりません。 一部分だけ英語を使うのはやっぱりおかしいと思います。 英語で歌詞をかきたいのなら、全部英語にすればいいと思います。 英語でかかれている部分を日本語で歌ってみると、どこかおかしいです。 国際化が進む今、外来語が入ってくるのは仕方がありません。 外来語は日本語を豊かにしてくれるものでもあります。 しかし、なんでもかんでも取り入れるのはどうでしょうか。 皆さんはどう思いますか?

  • 話者の少ない言語を学ばれた方(学んでいる方)

    英語とスペイン語の学習者です。 両言語を学ぶにつれて、言葉を学ぶことそのものに楽しみを覚えました。 英語やスペイン語は多くの人に話されている言語で、今後も話者の多い 言語を学んでいきたいのですが、逆に話者の少ない言語も学んでみたく なりました。 今のところアイルランド語(ゲール語)やスラブ系の言語、北欧の言語など いくつか考えています。 趣味の域ですので、私自身はそれを何かに活かそうとは思っていませんが、 話者の少ない言語を学んでいる方は、実際に学んでみてどんなことを得ましたか。 使う機会が非常に限られるか、全くないと考えられますが、学んでみて 得したなとか、良かったななどありましたら教えて下さい。 併せて何語を学ばれたか(学んでいるか)も教えて下さい。 話者の少ない言語という定義はいろいろ考えられると思いますが、 ここでは実際に話している人が少ないことと、学ぶ人が少ないことを 指すことにします。 もしくは回答者さまご自身で定義していただいてもかまいません。 愚問かもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 英語話者に日本語教授

    英語話者に日本語教授 現在、英語話者に日本語を教えています。今はまだ養成講座を卒業して1年のボランティア教師ですが、ゆくゆくは(自分のアメリカ留学経験も生かして)英語話者に媒介語を使って日本語を教える日本語教師になりたいと思っています。 いま、格助詞の説明や、文法上の説明、英語と日本語の違いや、教授法を模索中です。自分が考えた内容は十分ではないと毎回の授業で思い知らされています(^^;)教師は一生勉強。色んな本を読んで知識を増やしていきたいです。 英語話者に日本語を教えるうえで、この本はいいよ!あの本は絶対読んでおくべき!というのがあれば、教えていただけますでしょうか。 余談ですが、今日のクラスで平仮名さえ読めなかった生徒が、日本語を話せるようになってきました。見ているだけですごく嬉しいです。私も生徒達の為に、もっと簡単に覚えられるように、もっと楽しいと感じられるように、上手な先生になりたいです!!! よろしくお願いします。

  • 日本語、英語の次に何を習得するべきでしょう?

    日本語(母語)、英語の次にもう1言語学び始めようと思っています。数ヵ月後からアメリカで働きますが、将来ボランティアや旅行などで役に立つ言語を学び始めたいなと思います。はじめは趣味で始めますがもし本気で始めたくなったら1年ほどその国にいって本気で学ぼうと思っています。 フランス語は難しいのでスペイン語がいいと思ったのですが、私はペラペラ喋るほうじゃないのでフランス語のテンポのほうが合っているかなぁとも思います。もし本気で勉強しにいく時もフランスのほうが治安が安心かなと…ドイツ語は話す人も少なくドイツ語圏の人は英語が上手なのであまり必要ないかなと思っています。 世界各国の人とコミュニケーションをとりたいです。 アジア圏の言語には興味がないので、それ以外でおすすめがあったらお願いします。 あと最後にスペイン語は南米もヨーロッパも同じですか?参考書などには2種類あるので両方で通じるのかどうか…と思います。

  • 洋楽CDで、国内盤でなく、日本語訳詞を知る方法ありますか?

    洋楽CDは、輸入盤は安いけど、日本語歌詞がないです。 英語の歌詞が聞き取れる程の英語力は全くないので、これまでは訳詞も見たいので国内盤をよく買っていました。もし、訳詞を別の方法で入手できるなら、安い輸入盤を買いたいと思いまして・・・

  • 英語を母語としない人々が話す英語

    英語を母語としない人々が話す英語をネイティブが聞けば、その訛りから出身国(地域)が分かったりするものなのですか? 私たち日本人からも、韓国人が話す日本語と中国人が話す日本語がなんとなく区別できるように。