• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

中国人郵便配達夫問題と巡回サラリーマン問題

  • 質問No.4869
  • 閲覧数777
  • ありがとう数32
  • 回答数4

お礼率 6% (6/90)

中国人郵便配達夫問題と巡回サラリーマン問題の違いについて教えてください。素人なんでわかりやすく教えていただければ幸いです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー
「中国人郵便配達夫問題」は詳しいことは覚えていませんが、オイラー回路、ハミルトン回路に関係したことですので、全ての家を回って戻るのに、同じ道を2回使わないですむ方法を求めるのでは無かったでしょうか。つまり一筆書きで全ての地点を回れるかということだったと思います。
「巡回サラリーマン問題」は全ての家を回って戻ってくる時に、経路が一番短くなる方法を求める問題です。この場合は同じ道を2回使っても構いません。回る地点の数が5つ位なら簡単に計算できますが、数が多くなると非常に難解です。
 例えば、東京駅を出発点として、都内の全JR、私鉄、地下鉄駅を回るとしたら、どの様に回るのが最短か?などという問題があると思います。
 両者ともネットワーク理論の中で重要な問題です。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 46% (402/864)

情報処理のプログラムなどで出てくる用語ですよね。
数学上では大学レベルの代数かな?

「巡回」はちょっとわからないのですが、「中国人」は
「中国人剰余定理」もしくは「Chinese remainder theorem」で
ネット上で検索すると、かなりな数がヒットします。

全然、役に立たないレスで申し訳ありません。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 33% (1/3)

すみません。全然アドバイスでもなく、逆に質問なんですが、これはどういう数学の問題なのでしょうか。大学で学ぶ何かの公式のこと?郵便でもサラリーマンでもどちらでもいいのでちょっと問題を教えていただきたいのですが。。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 33% (1/3)

すみません。全然アドバイスでもなく、逆に質問なんですが、これはどういう数学の問題なのでしょうか。大学で学ぶ何かの公式のこと?郵便でもサラリーマンでもどちらでもいいのでちょっと問題を教えていただきたいのですが。。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ