• 締切
  • すぐに回答を!

友人にお金を貸すこと。

  • 質問No.4725619
  • 閲覧数1005
  • ありがとう数43
  • 回答数14

お礼率 38% (57/147)

私は22歳の派遣社員です。
友人に、お金を貸して欲しいと言われました。
(その友人は、学生の身です。)
友人曰く、親が経営している会社がどうにも回らなくなってしまったようで、助けを求めてきたようです。
彼女とは、非常に中の良い友達なので、力になってあげたいのは山々なのですが、
やはり仲の良い友人にお金を貸すことには抵抗があります。
電話では、『分かった。貸すよ』と言ってしまいました。

来週くらいまでに、30万くらいが必要とのことでした。
私には、貯金が100万ちょっとあるのですが、そのことを友人は知っています。
なので、他の友人よりは多く出してくれるのではないかと思っているのではないか・・・と思います。
(他の友人は学生、私は社会に出ているので。)

『こんなこと頼めるのは、○○(友人)と○○(友人)と○○(私)』くらいしかいなくて・・・
と泣きながら言っていました。

必ず自分が働いて返すと言っていましたが、
貸すならば、あげるつもりで渡さないといけないと思います。

このような場合、いくら貸してあげるのが妥当でしょうか・・・。
仲のいい友達なだけに、非常に困っています。
(貸さないのが一番良いのは分かっているのですが・・・)

どんなご意見でも構いませんので、回答お待ちしています。

回答 (全14件)

  • 回答No.14

ベストアンサー率 32% (89/274)

No.10です。再度言いますが、貴方の友人が借金を申し込んだ理由として言っている事は事実かどうかは解りません。金に困ったり、借金を重ねたりする人は、作り話がうまいです。他の二人の友人に借金の申し込みがあったかどうか、それとなく聞いてみたらいかがですか。もっと詳しい事情が解るかもしれません。
次回その友人から借金の話があった時(こちらから話を切り出してはいけません)、作り話でもよいですから、貸せない事情を説明して断ります。しかしこれまでの友情を考え、友人関係を維持したいのであれば5万円を限度に貸してもよいと思います。
他人の助言を得たいのであれば、助言してくれた人に対してお礼の一言程度は言っても損にはなりせんぞ!
  • 回答No.13
 会社が資金繰りに苦しんで、倒産するかも、という時に、30万ぽっちの金、何の足しにもなりません。
 あなたも、社会人なら、その程度の事はお分かりのはずです。

 それよりも、その親の会社が破産して、どうにもならなくなった後に(つまり正確には、自己破産完了後に)、お金を貸す方(まあ、あげる、だけれどもね)が有効なお金の使い道だと、ある人が書いていました。

 まあ、本当の友達なら、親の会社の倒産と親の自己破産を勧めるのが筋です。
 まあ、実際はそこまで言うのは難しいでしょうが。これが現実的な視点に立った考え方というものです。
 友人の親の会社は破産させて、地道にその時の借金を返すサラリーマン(アルバイト)に友人の親がなった後に、貸しましょう。
  • 回答No.12

ベストアンサー率 59% (1620/2727)

問題は、たかが30万円を調達できない会社の状況が
一体どのようになっているのか、ということでしょう。
すでに借金だらけで、もう借りる当てがないから
とりあえず30万円で当座をしのいで自転車操業、
というようにしか見えません。

そもそも自分が働いて返す、ということは
その30万円で会社が息を吹き返すことはなく、
会社自体に返済能力がないということです。

再来週もしくは来月以降も同様の事態になるのだとしたら、
結局何度かにわたって金をつぎこんだ末に倒産、
その金で儲けるのは債権者だけ、ということになりかねません。
友人を救うのではなく、債権者を救うだけです。

となると、たかが数ヶ月の会社の延命に力を貸しただけになりますから、
友人としても返す気力をなくすかもしれません。

友人の危機に対して金を出すならともかく、
友人の親の危機に対して関係の薄い個人が金を出すというのは
もはや企業の体をなしていない、と考えるべきでしょう。
最大限に譲って、友人の親が自分の友人を頼ればよいのです。

そう考えると、金を出したからといって
最終的に感謝される状況になる可能性が低く、
その金も返らない可能性が高い。
全く意味のない当座しのぎになると考えるべきでしょう。
それでも出すなら止めませんが……
  • 回答No.11

ベストアンサー率 47% (123/257)

 そのお友達はお金を借りてどうするのでしょう?生活費で使うのですか?授業料の支払いですか?卒業するまでは何年ですか?その間ずうっと生活費と授業料を誰かが出し続けないとそのお友達は助かりませんよ。親が出せなくなった以上、自分で稼ぐか、誰か親の変わりに出し続ける人が必要です。

 そのお友達にお金を貸さないとどうなるのでしょう?貴方は社会に出て働いています。そのお友達も貴方と同じように働けば生活出来るのではないですか?学校は止めなければならないかも知れません。でも、貴方と同じになるだけですよね?そうなるなら貴方は色々とお友達にアドバイスしてあげることが出来るでしょう。

 お金を持っているなら貸すのは簡単です。でもその三十万円を渡せば、そのお友達は本当に助かるのでしょうか?例えは悪いですが、麻薬中毒患者が苦しんでいるのを助けたいと、麻薬をあげたとします。一時の苦しみからは逃れられますが、身を滅ぼす手助けをしているだけです。でも麻薬中毒の人は麻薬をくれと言います。目先の苦しみしか見てないからです。

 その友達も、貴方から借りられることで、一時的には助かるかも知れません。とりあえずお金がないのでお金を貸してと言っているのでしょう。けれどもあっちこっちから借金することが、その友達の将来に必ずプラスになるとは限りません。マイナスに転んで身を持ち崩した人は大勢います。

 目先の事だけ考えるのではなく、お金を貸すことによって・貸さないことによって2年後、5年後にその友達がどうなって行くか、両方をよく考えて決めましょう。あげるなら良いと言う問題ではありません。そのお友達が貴方の貸したお金によって立ち直って行けば、生きたお金の使い方になります。が、結局借金で身を持ち崩して行ったなら、貴方はそのお金で友達が身を持ち崩す手助けをしたことになります。貸すときに前者を想像する人は多いですが、後者のケースもとても多いのです。
  • 回答No.10

ベストアンサー率 32% (89/274)

30万円もその友人に貸せば、多分その友人との友人関係はなくなります。付き合いづらくなります。相手の友人もその積もりです。何か話を作り上げても「30万円は貸せなくなった、しかし貴方は私の最良の友人だから5万円までなら何とか都合をつける」と次回に相手から話があった時に言います。「私も突然200万円緊急に必要になった、誰か貸してくれる人はいないだろうか」、と作り話でもよいですから話をすれば、相手は貴方が貸したくないのだと理解します。相手の借金の申し込みの理由は言葉どうりであるかどうかわかりません。
貸した5万円は帰ってこないものと諦めて、友達として今後も付き合います。5万円帰ってこなかった場合はどちらからともなく疎遠になります。友情をそこなわず、自分も守るにはこの方法が一番です。私はこうして、借金の申し込みを断っています。そして二度とそういう人からの借金の申し込みはありません。貴方の仲のいい友人は今、人が変わりつつあります。成功を祈ります。
  • 回答No.9

ベストアンサー率 22% (18/79)

難しい問題だとは思います。確かに30万円は大金ですが、

極端な話、お友達のご家族が必要なお金を用意できなくて、夜逃げや自殺をした場合に、あとで30万円なら貸しておけばよかったと後悔しなければ良いのですが…
ドライなようですが、
その友達を助けるのに30万円が高いか安かだと思います。

親や兄弟が困っていれば迷わず30万円を貸すと思います。だけど見ず知らずの通りすがりの人がどれだけ困っていても100円でも躊躇すると思います。

友達の場合は、その人が自分の前からいなくなってもいいかどうかだと思います。
よく、お金をかせば友情はなくなるといいますが、貸さなくても本当に困ったときに勇気を出して相談したのに、助けてもらえなかったら、それもまた、その後友達を続けるのは無理な気もします…

今回の場合、ギャンブルや無駄遣いで困っているのとは違うようですので、そのへんも考慮して考えてあげればいいと思います。


ただ、貸すときは、友達を助けるために30万円使ったと思って、返えしてもらうことは期待しておかない方がいいと思います。
  • 回答No.8

ベストアンサー率 19% (3635/18948)

金を貸して喧嘩別れをするか金を貸さずに喧嘩別れをするかですね
いずれにしても友情は終わりです
子供に友達から融資を受けるように要求するようならもうだめです
貸した金は絶対に返ってきません
  • 回答No.7

ベストアンサー率 22% (1101/4910)

・返ってこなくても諦められる金額なら幾らでも。
・どんな方法をとっても「一文無し」からは取り立ては出来ません。
 例え裁判に勝訴しても変わりません。無いんだから。
一文無しは無敵です。
・場合によっては友情が憎悪に変わるかも知れません。

お金の貸し借りは何かあった場合「お金を貸した方に不利に働きます」
決して有利にはなりません。
従って貴方が諦められないのなら貸さないことです。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 17% (40/226)

30万でどうにかなるわけが無いです。
焼け石に水そのものです。

貸すのであれば、その会社の経営状態をしっかり説明してもらってからの話になると思います。

その30万円で完済になるのでしょうか?
来月はどうするつもりなのでしょうか?

そこをわかった上で貸すものだと思います。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 21% (164/772)

もちろん質問者様が返ってこなくても良いと
思える金額です。
貸さないことが一番だと分かっておられる以上、
妥当な金額は質問者様の胸一つです。

返ってこない覚悟は必要ですが、返ってくるにこした
ことありません。今貸さないことで友情が壊れるのを
危惧してらっしゃるでしょうが、返ってこなかったら
やはり友情は壊れると思われるからです。
借用書を(出来れば法的に有効な様式を調べ、質問者様が
用意しましょう)ちゃんと書いてもらいましょうね。
「私を信用しないのか」と言われるかもしれませんが、
貸すこと自体が信用している証です。友人にも借用書
にサインするくらいの誠意は見せてもらいましょうね。
14件中 1~10件目を表示
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ