-PR-
解決済み

VMware仮想化環境の構築について

  • 困ってます
  • 質問No.4722396
  • 閲覧数794
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 50% (4/8)

1台のノートPCの環境を仮想化環境にするために、下記の手順で行いました。
(1)ノートPCにSymantec Backup Exec Syetem Recovery8.5をインストール
(2)Backup Execにて、ノートPCの全ドライブをイメージバックアップ
(3)Backup Execにて、仮想変換機能を使用して、VMware仮想ディスク(Workstation5)を作成

(3)で作成されたファイルの拡張子は(.vmdk)となり、実際にVMware Workstation5で開こうとしても、該当する拡張子が選択できず開けません。(選択できるのは、「.vmx」「.vmtm」など)

何か手順が違うのでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 31% (336/1058)

VMware の仮想PCの環境定義ファイルが、「.vmx」です。
その定義の中で、仮想ディスクとして .vmdkが指定され
ます。

VMware Workstation5 を使用しているのであれば、仮想
PCを新規作成する機能があるはずです。
その作成途中で、仮想ドライブを新規に作成するか既存
の仮想ドライブを使用するか選択できますので、そこで
作成した .vmdk ファイルを指定して下さい。
お礼コメント
karaage100

お礼率 50% (4/8)

ありました!
ありがとうございます。
投稿日時 - 2009-02-18 09:03:44

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 34% (222/645)

VMWare Playerというソフトは、.vmdkを開くことができるようです。

参考ページ:
http://mkosaki.blog46.fc2.com/blog-entry-32.html
3. Qemuのインストールと仮想ディスクファイルの作成 に記述あり

では


  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 40% (943/2326)

開こうとしている所が間違っています。
仮想ディスクに変換したのだから開くのはディスクの所です。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ