• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

禁錮一年八ヶ月執行猶予三年とは

悪質な交通事故で、その加害者が禁錮一年八ヶ月執行猶予三年という刑になりました。 この刑を受けた加害者が社会的不具合等ありますか?。私的にはこの刑が重いのか軽いのか分かりません。この加害者がノウノウト車を運転 すると思うと大変腹立たしい気持ちです。 法律に詳し方々、宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数214
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Turbo415
  • ベストアンサー率26% (2631/9774)

基本的に有罪ですから前科はつきます。これが重いかどうかは、判断しかねますが。(人によっても感じ方が違うだろうし) また、有罪になるくらいですから、免許取り消しになります。欠格期間は最低一年となります。まあ、執行猶予が着いていますから、普通に社会生活は出来るでしょうけど、最低1年は車の運転は出来ません(無免許で乗ってしまえば別ですが)。 また、執行猶予中ですので、なにか法に触れることをしてしまうと、刑が執行されますので、禁固になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく教えて頂き有難う御座います。

関連するQ&A

  • 執行猶予における執行の免除について

    執行猶予について、読めば読むほどわからなくなってしまい困っております。 恐らく自分はどこがで勘違いをしてるのだろうと思い、考えた末に一点疑問が浮かびました。 執行猶予を受けることができる資格として、刑法25条1項2号に次のとおり規定されております。 第二十五条   次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その執行を猶予することができる。 一  前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 二  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除    を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 2  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその執行を猶予された者が一年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべきものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第一項の規定により保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者については、この限りでない。 第1項2号における”執行の免除”という部分を、自分は「執行猶予期間を満了すること」と捉えております。また、第2項の”執行を猶予された者”についても「執行猶予期間を満了した者」と捉えております。 もしかしたら”執行の免除”とは執行猶予とは全く別の概念では、また、”執行を猶予された者”というのは執行期間中の人間のことか、と考えているのですが、実際はどうでしょうか?詳しい方がいれば教えてください。 ちなみに、私の理解に立てば、執行猶予を満了してから5年間禁錮以上の刑を受けないよう無事に過ごさなければ、再度の執行猶予は望めない、という結論になります。

  • 執行猶予の裁量的取り消し

    刑法26条の2(執行猶予の裁量的取り消し)における条文の解釈なのですが、 3号において、 猶予の言い渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられ その執行を猶予されたことが発覚したときは、 執行猶予を取り消すことができると謳っていますが、 この「他の罪について禁錮以上の刑に処せられ その執行を猶予されたこと」とは、 執行猶予期間中を言うのですか? それと執行猶予期間が終了し、刑の言い渡しの効力が消滅した事を言うのですか?

  • 罰金の執行猶予て?

     裁判の判決てだいたい 下記のような感じだと思うのですが 「被告を懲役○○年の刑に処す」 「この裁判確定の日から,○年間,その刑の執行を猶予する。」という  ある月刊誌を読んでいたら 交通事故の裁判で罰金刑なのに「執行猶予」という判決が あると(かなり稀だそうですが)書いてあったのですが 本当なのでしょうか?  本当だとしたら どういう理由なのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • gungnir7
  • ベストアンサー率43% (1110/2549)

>この加害者がノウノウト車を運転すると思うと大変腹立たしい気持ちです。 少し法律や制度に対する解釈が間違っていると思われます。 交通事故の加害者は刑事犯ですので車だけを安全に運転すればいいというものではありません。 喧嘩は勿論、口論など些細なトラブルも危険因子になってきます。 本人がノウノウと車を運転できるほど鈍い人間かどうかは知りませんが、 普通の人なら車を車庫から出すだけでもびくびくするようになります。 3年間は相当慎重に自分の人生を運営するように科せられているのですから 禁固刑に対しては妥当な判決だと思います。 法律でも前科がない3年以下の懲役は執行猶予の余地を認めています。 これは言い換えれば、それまでの人生をまともに生きて来たことへの評価でもあります。 その加害者も社会的にはごく平凡に暮らしてきたのでしょうから、 何がなんでも厳罰をというのもあまり好ましくありません。 判決は2年にも届かない禁固刑ですから、執行猶予の運用も妥当なところです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、有難う御座います。 >少し法律や制度に対する解釈が間違っていると思われます。 私は一般人ですので法律や制度に対する解釈など詳しい事は知りません謝罪にも来ない加害者に対する気持ちを述べただけです。 ご自分の御家族が被害にあわれて、法律や制度に対する解釈し納得されるの寛大な方でしょうか?

  • 回答No.2
noname#142909
noname#142909

執行猶予という物はその期間中何かあればすぐに収監されるということです 今度事故を起こしたら即収監されます 執行猶予中はささいなケンカも出来無いと聞きます それなりの効果はあると思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、有難う御座います。 交通事故が少しでも減ればと思います。

  • 回答No.1

こんにちは。 執行猶予がついているということは、何かあれば収監されることになりますが、普通の暮らしはできてしまいます。 その人が執行猶予に値するかどうかを考えると難しいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、有難う御座います。 その期間だけ交通ルールを守り、期間が過ぎれば、また交通ルール無視かな?

関連するQ&A

  • 傷害事件の初犯は執行猶予???

    私の知る傷害罪の判例では、初犯の場合執行猶予付きの刑が多いと思いますが、下記のような怪我をしても執行猶予なしの禁錮刑にはならないでしょうか? 傷害事件で被害者は2名。一人は重篤な高度後遺障害が残り、もう一人は全治2週間。 逮捕までに被害者2名に治療費・慰謝料などの支払い無し。加害者の資産も無い。 加害者は逮捕・送検され起訴された状態です。

  • 交通事故で執行猶予

    交通死亡事故で実刑がなく、執行猶予がついたりしていますよね?? 業務上過失致死の場合刑罰は、5年以下の懲役もしくは禁固又は50万円以下の罰金ですよね。 何を基準に執行猶予がつくのでしょうか? 例えば遺族の方が寛大な気持ちで、「加害者の社会復帰を望みます。」となれば、たとえ、飲酒でも執行猶予がつく場合もあるのでしょうか? この質問で気分を害された方がみえたら申し訳ありません。

  • なぜ執行猶予が不利なのか?

    なぜ執行猶予が不利なのか? 私はフリースクールに通っているのですが、同じくフリースクールに通っている知り合いと口論になりました、そして肩をポンポンと触ったら知り合いが殴ってきました、そしてさらに髪の毛を引っ張ってきました 私は髪の毛を引っ張るのを防衛するために一発殴りました そして騒ぎを聞きつけた人達に二人共羽交い絞めにされ、取り押さえられた状態でお互いに挑発しながら双方が一撃入れました そこで私は被害届を出そうとしたら警察に「お互いが殴っていたら最悪二人共加害者になって不利になると言われました」 私は髪の毛引っ張られた時は正当防衛も主張したいのですが、とりあえずそれは置いといて 私は執行猶予の身でして 周りからは、このまま被害届出したら不利になると言われました なぜでしょうか?今回は相手は無傷で私は顔に青タンや腕にアザが出来て怪我をしました ようするに二人共殴っているから、二人共加害者扱いになったら、執行猶予が取り消される可能性もあるということでしょうか?? もし二人共加害者になった場合は私はどのように執行猶予が不利になるのか教えてください なぜ、どのように? 最悪私は刑務所行きになることもありますか??

  • 前科あるのに執行猶予が確定。猶予は取り消されない?

    法律上、執行猶予を付ける事ができないのに、裁判所・検察のミスで執行猶予の判決が確定してしまった場合、執行猶予は取り消されるのではありませんか? 刑法26条では 「次に掲げる場合においては、刑の執行猶予の言渡しを取り消さなければならない。 (中略) 三  猶予の言渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられたことが発覚したとき。 」 となっていますが・・ 実際に、そのような事件が起きてしまいました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130711-00000074-mai-soci 上記の記事によると、執行猶予の取消や収監に関する言及がない事や、最高検が「被告に不利益はない」と判断している事などから、猶予は維持されたと推察されます。 執行猶予の判決がいつ確定したか不明ですが、確定日から年数が経って時効等が成立したのでしょうか。(だとしたら記事の中で、時効に関する記述がありそうなものですが)

  • 執行猶予1年2カ月 禁固3年とは?

    交通事故に遭い加害者の刑事裁判を傍聴しました。検察側が懲役1年2ヶ月を求刑したのに対し裁判官は 執行猶予1年2ヶ月 禁固3年と言われましたがどのような事なのかわかりません。わかる方教えていただけますか?

  • 執行猶予の取消について

    執行猶予の裁量的取消として、刑法26条の2第3項に以下の場合が規定されております。 猶予の言渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられ、その執行を猶予されたことが発覚したとき。 この条文がどうしても理解できません。 まず、”猶予の言渡し”という言葉は執行猶予付判決のことであり、猶予期間の始点と考えておりますが、正しいでしょうか? 次に、「前に」という部分が「処せられ」と「発覚し」に係っていると思うのですが、これでは「A罪の猶予言渡しを受ける前に、実はB罪について刑に処せられ、更にその執行を猶予されていたことが発覚した」ということになると思うのですが、この意味が良くわかりません。 犯罪の事実が発覚するならばわかるのですが(A罪で捕まった犯人を取り調べていたら、実はB罪も犯していたことが発覚した、と言ったように)、刑に処された旨・刑の執行が猶予されていた旨が発覚するというのは、「裁判所側がその犯人について別の罪で最近に裁判があったことを知らなかったが、後に発覚した」といった意味になるのでしょうか? トンチンカンな質問をしていると思いますが、よくわからず混乱しております。 どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

  • 執行猶予

    たとえば、懲役1年執行猶予2年、と判決が出た場合、いつまでが、執行猶予の期間なのかわかりません。執行猶予が出たら、控訴はしないつもりです。判決の言い渡しの日から数えるのか、それとも刑が確定してから数えるのか、わかりません。たとえば、今日(2005年10月18日)に判決が出て控訴しないとしたら、いつ刑が確定し、執行猶予はいつ終わるのか、教えてください。

  • 執行猶予が取り消される時のこと

    昨日ほかの質問を見ていたら、執行猶予が取り消されるのは禁固刑以上の罪を犯した場合だ、という記述がありました。 軽微な違反(シートベルト着用を怠ったとか)で青切符を切られた時は大丈夫(執行猶予は取り消されない)、というようなことでした。 禁固刑を受けるというのは、素人考えですが、相手を死傷させるようなけっこう大きな事故じゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。 まだ事故を起こす前に検問でひっかかり、泥酔状態だったような場合は、猶予されている刑執行には影響ないのでしょうか。(収監するべきじゃないのかと個人的には思います) 自分で調べようと思いましたが挫折したので、すみませんがどなたか教えて下さい。お願いします。

  • 執行猶予って?

    ○○罪で懲役○年 執行猶予5年 ↑のような 執行猶予とはなんですか? 刑が下るまでの時間ですか? 判決から5年たったら刑務所に入ってもらいますといったようなことですか?

  • 執行猶予の条件について教えてください。

     執行猶予の条件に過去5年以内に、禁固以上の刑に処されたことが無い事。とありますが、これは以前の刑が終了し5年以内に何らかの犯罪を犯したら執行猶予は与えないということなのでしょうか。それとも、以前の刑が終了し、その後5年以内に何らかの犯罪を犯していなければ、情状によっては執行猶予もありえるということなのでしょうか。教えてください。お願いします。