• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「普通徴収」と「特別徴収」名称がヘンだ?

<住民税を給与天引きしない事業者が顕著> ・・岐阜県では給与所得者の34%が普通徴収・・ 個人住民税は所得税の源泉徴収と同様に、給与支払者が従業員の給与から住民税を天引きして納税しなければならない。しかし、本来は特別徴収し納められるべき住民税を、給与所得者が自ら納める(普通徴収)が見受けられる。 (新聞より引用) しかしそれなら「普通」「特別」の言葉遣いが逆の気がします。 1)なぜ、このような名前になったのでしょう。 2)別の名前にかえるとしたら、どんなものがいいでしょう。 その他、なんでもいいのでご意見をお聞かせください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数251
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • makosei
  • ベストアンサー率21% (193/898)

「徴収」とは取り立てる側の言葉ですね。 納税する側の言葉にしてみては 普通徴収→ 個人納税 特別徴収→ 天引納税

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい名称です。 「徴収」と言われると取り立てられる気がしますが、「納税」というと「よ~し、納めるぞ」とがぜんやる気がわいてきま ・・・・・ せんね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 普通徴収と特別徴収が二重?

    今日家に帰ったら市から平成17年度市民税・都民税納税通知書が届いていました。 しかし私はずっと給与天引きですし住民税もそちらから払っています。 かつてこのような納税通知書が届いたことはなく動揺しています。普通会社宛にぺらぺらした紙で特別徴収の紙が届きますよね? わたしの所得は給与所得のみですので、配当所得がある場合は普通徴収というよくあるQAでは当てはまりません。 これは会社側か市かどちらかがミスってるということでしょうか? 夜なので市役所かけても誰もでないし、会社も今からじゃ誰も出ないし、明日聞こうとは思っても気持ちが急いてしまいます。 市にしてもミスがないとは言えないと思いますが もしこれミスでもいちいち異議申し立て手続きがいるのでしょうか……? それとも配当所得って株とかそういうのではなく何か思いがけないものなのでしょうか? 何にしても1年の住民税と同じ額課税されるような収入なんてないですし、病気して保険金10万もらったぐらいしか給与以外の所得なんてないのですが。 どなたか教えてください!

  • 住民税の普通徴収

    A社:本業としている会社 B社:アルバイト(副業です) A社で住民税を天引きしています。(特別徴収) B社の住民税を特別徴収ではなく普通徴収にすれば、 本業となるA社にはバレにくいとの書き込みがたくさんありますが、 仮にB社で普通徴収にできた場合、 A社が『この社員、自社での特別徴収以外に普通徴収で住民税を払ってるな!』ということは把握されてしまうのでしょうか? (ちなみにA社もB社も給与所得です) もし、把握できるとした場合、どこでバイトをしているということまで 把握できてしまうのでしょうか? (不審に思い調べるとかでなく、A社に届く住民税の資料から把握できてしまうのでしょうか?)

  • アフィリエイト収入にかかる税金【特別徴収と普通徴収について】

    ご存知の方がいましたら、教えていただく思います。 今後アフィリエイト収入を考えているのですが、実は現在分の今の会社は副業が明確に禁止されていて、なおかつ最住民税は給与所得から天引きされています。 自分で様々な質問や関連サイトを見た中で「天引きは特別徴収だから、収入があった場合は普通徴収にすればよい」と書いてありました。 この普通徴収と特別徴収ですが、 (1)現在は給与は特別徴収のままで、今後新たに収入が発生した場合のみ普通徴収にすればよいのか。 (2)現在の給与の徴収分と今後新たに発生した収入の両方を踏まえて、普通徴収になるのか。 どちらの流れになるのか、情報が得られないでいます。 もっとも、特別徴収分を普通徴収にしなければいけない(2)の場合であれば、副業禁止規定がある自分の会社においては、かなり怪しまれることになるとは思っています。 (1)・(2)、どちらなのでしょうか。 是非、教えていただきたく思います。 宜しくお願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • dell_OK
  • ベストアンサー率10% (487/4540)

質問者様がなぜ逆に感じられているのかがわかりません。 普通、一般的に、会社員は会社が納めてくれているから、こちらを「普通」と呼びたいと言う事なのでしょうか。 この税金は個人にかかるもので、個人が納めるものです。 つまり、普通、個人が納める税金なのです。 会社は、この「納める」行為を、特別に個人に代わって行ってくれています。 給料から引かれて納められているだけなので、税金そのものを会社が代わりに払ってくれているのではありません。 引用された文章の表現に問題があるように感じます。  ※文章が間違っているのではありません。 「本来は」と言う表現が、逆に思わせるのではないでしょうか。 「本来は個人自らが納める」ものなのです。 多くの給与所得者が会社に納めてもらっているのが通常であるから、この文章を書かれた人は「本来」と表現したのでしょう。 特別徴収としては、確かに本来はそうかも知れませんが、この税金そのものは本来個人が納めるものなのです。 とは言え、書かれた人の気持ちからすると、本来特別徴収すべきところを、個人が納める事によって、なんらかの問題が起きていると言う事でしょう。 しかしながら、なぜ個人が納めるのかと言うと、そこに何らかの利点があるはずだから。 折り合いがつかない状態と言う、課税の不具合。 給与所得者は必ず特別徴収にすると言う法律もない。 どこか足元の弱さ。 と言う事から、このように書かれたのでしょう。 1. 住民税の歴史をちょっと調べたけど調べ切れなかったので正しくはありませんが、おそらく、この税金ができた時には個人から徴収していたと思います。 そののち、なんらかの都合によって、会社が代わりにやってくれる、と言う方法を作ったのではないでしょうか。 2. 1を無視して考えれば、 変えるのなら、逆にするだけだと思います。 とは言え、そうすると、今度はそちらが逆だと言う人もあるでしょう。 ここはあえて普通だの特別だのと呼び分けなくてもいいと思う。 もし分けるのなら、住民税(徴収タイプA)、住民税(徴収タイプB)とか。 わかりやすくするなら、住民税(個人徴収)、住民税(団体徴収)とか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「本来」の意味が逆のようでもありますが、引用は税の専門紙からのものです。  普通か特別かを選べるのか、半強制的だったりが自治体によっても少し違うような気もして、確かに足元の弱さを感じます。  申告書のようにタイプA、タイプBとしますか。ますますわかりづらい。  税金そのものを会社が負担してくれるのではないことは、よく承知しています。負担してくれたら、これは「感謝徴収」「ありがた徴収」と言っていいでしょう。それとも「異常徴収」?  ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#77999

逆。。納得です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なご賛同ありがとうございました。

  • 回答No.2

元々給与所得者を最大多数として定義された規定ではないからでしょう。納税に限らず私の居る業界である「自動車」でも、全ての手続きは本来「本人申請」が基本であり、実態は業者に依頼する仕事が圧倒的に多いにも拘らずわざわざ「代行」扱いされます。表現が難しいので言葉が合っているか若干の疑問は残りますがそんな感じかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そういえば、給与所得者だけでなく自営業者その他もふくめて「普通」 は自分で納める、ということなら納得です。

  • 回答No.1

地方税法に年4回の納付が原則というのが規定されていて、給与所得者の天引きによる徴収が特別な規定だから「特別徴収」というのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ごもっともなのですが、やはり「逆」のような。

関連するQ&A

  • 特別徴収と普通徴収

    有限会社を設立し、現在三期目で、従業員は自分一人です。 現在、住民税は普通徴収で納めているのですが、 通常は、特別徴収するのが一般的ですよね。 特別徴収する場合は、 翌年の給与支払い時、毎月天引きして、10日までに納める、 とのことですが、 これは普通徴収より複雑で手間が多く、 事業者側としてメリットを感じられません。 現在は、勝手に引き落としてくれるのでかなり楽です。 実際のところ、特別徴収にする意味はあるのでしょうか? ご教授よろしくお願いいたします。

  • 住民税(特別徴収と普通徴収)の2重請求

    教えて下さい。 今年の6月分の給料明細に住民税が引かれていました。いつも通り天引きだと思いました。 そしたら、区役所から普通徴収の通知書がきました。 これはおかしいと思い区役所に確認したところ、 今年から会社が特別徴収から普通徴収に変更したとの事。その依頼に基づき普通徴収にしたと言っていました。 会社に確認したところ6月の給与までは天引きで住民税を支払うと話しています。 そこで質問です。 (1)6月分の給与が5月出勤した分の給与だと、こういう事がありえるのか? (2)6月分の給与が6月出勤した分の給与だと、こういう事がありえるのか? ※自分が(1)と(2)かはどちらか覚えていません。 (3)会社が特別徴収から普通徴収に本人の許可なく変えることは問題ないのか?なぜ変えるのか?変えるメリットが会社にあるのか? 参考:今の会社は2年以上働いていてその間は給与天引き(特別徴収)でした。 宜しくお願いします。

  • 住民税を普通徴収で収めたい

    春に父親に病気で死なれ、保険金が出た。 一時所得で来年確定申告をする予定。 (1)私は給与所得のみ (2)保険金は一時所得となり、多分住民税が月に  今の5倍位になる見込み (3)来年6月からの住民税を会社から支給される給与からの  特別徴収でなく普通徴収にしたい  (理由は住民税を一括で納めたい → 給与から住民税 を引かれると給与での生活設計ができないから) で、普通徴収で収める方法があるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 住民税が普通徴収から特別徴収に変更

    会社員です。 以前より、住民税に関しては、普通徴収で申請しておりました。 つまり、これまで、住民税を天引きではなく、自分で払っていました。 しかし、2007年6月の給与明細を見ると、住民税が特別徴収されています。 これは何故でしょうか? 役所に問い合わせた所、会社の経理に聞いてくださいと言われました。 しかし、元々、普通徴収で申請したのは、 副業した場合に、会社にバレないと聞いていたためです。 実際は、副業しておりませんが、変に上記について質問して、 勘繰られるのは嫌な為、躊躇しております。 あるいは、 今回の住民税の税制改正で、 単に経理が間違えて、 普通徴収だったものを特別徴収に変更してしまった 可能性はあるかもしれない為、 そのことを確認した方が良いのでしょうか? どなたか御詳しい方、教えて頂きたく、 どうか、宜しく、お願い致します。

  • 特別徴収から普通徴収に変更

    私事の勝手な諸事情ですが、何か対策があればご教授下さい。 私はパート勤務で年間130万弱(扶養範囲内ギリギリ)の給与所得があります。 ですが、今年2月に離婚をしました。勤務先には言っていません。 ですので、今年も変わらず130万弱の収入で働く予定です。 現在は、国保加入で健康保険料と年金を払っています。 住民税は特別徴収で給与から天引きされています。 来年中には復縁を考えていますので出来れば、このまま離婚した事実を勤務先に知られたくないのです。 ですから、年末調整は今まで通り行い、年明けの確定申告で国保の支払い分と寡婦控除の申告をしたいと考えています。 ただ、住民税が特別徴収されていますので、来年5月頃には勤務先の方に住民税決定通知書が届き、確定申告で寡婦控除した事が知れてしまいます。従業員数人の小さな会社ですので、内容はすぐ目に止まると思います。 住民税決定通知書が勤務先に届かないように、どうにか確定申告の際に住民税を特別徴収から普通徴収に変更できないかと思い、色々と調べているのですが解決に至りません・・・。やはり給与所得では無理でしょうか? 普通徴収か特別徴収か選択する欄はありますが、給与所得以外・・・ですし。 申告の内容さえ分からなければ、普通徴収に変更した理由は適当に誤魔化すつもりでいてるので、何とか普通徴収にさえ出来れば・・・と思っています。 また、追記ですが、現在は復縁に向け準備期間中?のような状態で半同居しております。自宅は前夫の持ち家(前夫名義の住宅ローン有りのまま離婚後、私&子供が居住)で、住宅ローン控除の為にも年内には住民票だけでも世帯主別で夫の住民票を現在の自宅の住所に戻す予定です。(離婚時に夫の住民票は実家に移動していました) 子供が二人おり、私が扶養(住民票、健康保険等)の形になっていますが、事実上(金銭面)は折半で見ています。この場合、税務上では夫(会社員、年末調整)の方で子供二人を扶養控除に入れる事は可能でしょうか?私の方は、年収が低い為、子供を扶養控除に入れても入れなくても非課税になりそうなので・・・。 ※現在のところ毎月の給料から引かれる所得税は、離婚後どちらも扶養ゼロで計算しています。 身勝手な相談ですが、小さな事でも構いませんのでアドバイスお願いします。

  • 所得税還付がある場合の住民税普通徴収について

    主として給与所得があり、不動産収入があるため所得税の確定申告をしました。減価償却もあって、不動産収入分の所得がマイナスとなり、給与所得と通算して所得税の還付を受けました。 住民税ですが、確定申告の際に「普通徴収」にチェックをつけて申告しています。この場合、住民税の調整はどのようになるのでしょうか? 「普通徴収」にチェックしていても、給与所得+不動産所得で計算されて会社に通知され、会社からくる住民税決定通知が減額されているような形になるのでしょうか?

  • 給与明細 住民税の疑問(普通徴収、特別徴収)

    サラリーマンです。 会社から給与が支給されています。 少しですが不動産収入があり、確定申告を行っています。 確定申告分 平成19年分について 住民税が税務署の手違いで特別徴収になってしまいました。 (普通徴収で申告したのに間違えられた) よって20年度会社の給料明細の住民税として天引きされていると思います。 確定申告分 平成20年分について 普通徴収となりましたので、納税通知書が手元にきており自分で支払っています。 疑問なのは、会社の20年度給料明細の住民税と21年度の給料明細の住民税が同じ額となっています。 (20年7月分~21年5月分 が同じ) 基本給が同じなので、21年度の給料明細の住民税は、普通徴収分が減るはずだと思うのですが同じなのです。 これは正しいのでしょうか? あるいは6月分あるいは7月分から減るのでしょうか? 会社での給与(税務)処理に確信が持てないため質問しています。 ご教示いただければ幸いです。

  • 住民税の特別徴収⇒普通徴収の変更について

    住民税の特別徴収⇒普通徴収の変更について もともと本業の収入の住民税は普通徴収でした。 昨年友人と副業を会社にして運営しています。もちろん本業の収入も別途あります。 副業の会社の給料は微々たる物です。 今年になって突然住民税の特別徴収の納付書が副業の会社宛に送られてきました。 しかし、その住民税の額は副業の会社での給料額を超えていて、給料を全部天引きしても足りません。 副業の会社の住民税の特別徴収を辞めてもらう(=元の普通徴収に戻してもらう)事はできないものでしょうか? (個人個人で普通徴収に戻してもらう手続きしかないのでしょうか?) よろしくお願いします。

  • 特別徴収から普通徴収へ

    初めて質問致します。 私は大学を卒業後に入社した会社を 去年12月末頃に退職し、現在は転職先で研修期間中(非正社員) の身です。 退職時、転職先が決まっていたことから 特別徴収を選択し、給与所得者異動届出書と共に 昨年の源泉徴収票も頂きました。 そして、転職先で書類・年金手帳等を渡したのですが ”コピーすれば充分だから”といって原紙を返されました。 疑問に思いつつも、現在まで平穏に暮らしてきたのですが 先日、退職した会社から”住民税が支払われてないみたい だけど書類渡した?”という電話を頂き、初めて転職先が特別徴収を 行っていないことを知りました。 (給与明細を見直すと、税金に関しては所得税しか引かれていない) 以上のことから、 特別徴収として提出されている徴収方法を、普通徴収に変更したい と思います。 市役所に疑問点・持参物などをメールで問い合わせてみたのですが 数日経っても返事が来ず、”電話で問い合わせればよかった” と後悔しています。 市役所に出向ければ一番良いのですが、なかなか都合がつかないため 皆さんにお尋ねします。 ・上記の経緯から、市役所で普通徴収への変更は可能? ・個人(私だけ)で変更できる? ・持参する物、知っておくべき情報は? 退職した会社に言えば何とかなるのかもしれませんが、 これ以上迷惑はかけたくありません。 どうか、皆さんのお力を貸して下さい。 ご回答よろしくお願いします。

  • 住民税の普通徴収と還付

    不動産経営を始めたサラリーマンですが、初年度は初期コストがかかり、赤字決算になるため、確定申告では所得税の還付が受けられる見込みです。 職場に不動産賃貸は伏せたいので、住民税については、普通徴収を選択しました。給与所得分についての住民税は、特別徴収で21年度もしっかりと徴収されることでしょう 本来、所得税も還付されるのですから、住民税も、特別徴収にすれば、かなり低い住民税額になると思います。普通徴収を選択した場合、明年の末に、年末調整か修正申告をして、住民税の還付が受けられるのでしょうか? それとも、その分は受け取りを断念せざるを得ないのでしょうか?

専門家に質問してみよう