• 締切済み
  • すぐに回答を!

障害年金・老齢年金について

40代の厚生年金被保険者が病気で障害1級と判断され 働けなくなった場合の質問です。 1.病気になるまでは標準報酬750以上 2.厚生年金加入は15年程 3.国民年金加入は5年程 この場合、65歳になるまでは障害基礎・障害厚生を 貰えると思うのですが、65歳になった場合、障害年金と老齢年金は どうなるのでしょうか? また、老齢基礎・老齢厚生は障害基礎・障害厚生と 比べどちらが高くなるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3

> 障害年金を受給中は、国民年金保険料は免除となり、 > その期間は納めている人の 1/3の額となります。 回答 No.1 のここの箇所は、正確な表現ではありません。 誤解を招きかねない表現だと思います。 障害基礎年金1級・2級を受給する国民年金第1号被保険者は、 法定免除の定めにより、届け出を行なえば、 国民年金保険料の納付の全額免除を受けられます。 但し、免除を受けた期間の月数については、 本来の保険料を納めた期間の3分の1の月数で計算します。 (金額を3分の1にするのではなく、月数を3分の1とするのです。) 1年間全額免除を受けたとすると、本来は12か月の納付のはずが、 その3分の1の、4か月しか納付していない、と見られます。 これが「3分の1」の意味です。 10年以内に追納しないかぎり、これは解消されません。 なお、全額免除を受けなくともかまいません。 全額免除を受けなければ、通常どおりに計算されます。 つまり、障害年金を受給すると自動免除、というわけではありません。 また、障害基礎年金1級・2級の受給者であっても、 厚生年金保険の被保険者または各共済組合の組合員である 国民年金第2号被保険者では、上記の全額免除は受けられません。 全額免除を受けられるのは、国民年金第1号被保険者である時のみ。 すなわち、自ら国民年金保険料を納める必要のある者のみです。 (20歳以上の学生、自営業者、自由業など)  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

身体障害者手帳の等級と障害年金の等級とは全く異なる、ということを まず最初に頭に入れておいていただきたいと思います。 つまり、「障害1級」が手帳の級を指すのか障害年金の級を指すのか、 質問者さんとしても、明確にしてから質問なさらないといけません。 障害の種類が違えば、 同じ「手帳1級」であっても、Aという障害では障害年金の1級で、 またBという障害では障害年金の2級にしかならない、ということが 現にあります。 そのため、このご質問では、 障害年金1級に相当する重さの障害である、という前提で回答します。 身体障害者手帳でいう「○級」とは、全く無関係です。 厚生年金保険被保険者が、被保険者期間中に初診日のある傷病で 年金法でいう1級または2級の障害の状態になったときには、 保険料納付要件(いわゆる3分の2要件)などを見た上で、 障害基礎年金 + 障害厚生年金 を受給できます。 (http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen08.pdf) 障害厚生年金の額は報酬比例で計算されますし、 総報酬制の導入前・導入後とで計算方法を切り替えるため、 その計算方法は複雑です。 また、被保険者期間がいつの時期にかかっているのか、によっても 法改正内容の反映を伴うため、非常に複雑になります。 さらに、加給年金の加算の可否も勘案してゆかなければならず、 とてもここで回答しきれるようなものではありませんので、 http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen08.pdf の P.4 ~ P.6 を 参照してください。 実にていねい、かつ詳細に計算式が書かれています。 65歳以降については、 障害基礎年金 + 老齢厚生年金 または 障害基礎年金 + 遺族厚生年金 という組み合わせが特例的に 認められています。 その場合は、老齢基礎年金 + 老齢厚生年金 との間で二者択一です。 報酬比例の額は、受給開始までの被保険者期間の長さが反映されます。 障害者となるまでの期間と比較して 老齢年金の受給が開始されるまでの期間のほうが長いわけですから、 当然、老齢厚生年金 > 障害厚生年金 となります。 また、障害の程度が年金法でいう1級であるのならば、 必ず、障害基礎年金 > 老齢基礎年金 となります。 なぜならば、老齢基礎年金は満額受給であっても 障害基礎年金2級相当の額だからです。 以上のことから、質問者さんのような例では、65歳以降、 障害基礎年金 + 障害厚生年金 から 障害基礎年金 + 老齢厚生年金 という組み合わせに変更したほうが 金額的にメリットがあります。   その他、参考URLに、 社会保険庁による、非常にていねい、かつ詳細に記されたテキストが 用意されています。 ぜひご活用ください。  

参考URL:
http://www.sia.go.jp/infom/text/index.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

併給については参考URLの資料最後のページが該当し、 いずれかのパターンを選択するかと。 障害年金を受給中は、国民年金保険料は免除となり、 その期間は納めている人の1/3の額とのなります。 ですので、65歳の時点でどうなるかは、その時点で試算してもらわないと何とも言えません。 また老齢年金は所得税の対象です。一方障害年金、遺族年金は非課税です。 障害年金額の計算式です。 http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi03.htm

参考URL:
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/heikyu.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 老齢基礎年金と老齢厚生年金

    老齢基礎年金は国民年金 老齢厚生年金は厚生年金 を払っていた型がもらえる年金と理解しています。 男子 36年4月2日 女子 41年4月2日以降の人は、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金から 支給されると書いてありました。 サラリーマンのほとんどが、第2号被保険者であり、厚生年金の加入者かと思います。 そういった方は、ほとんどの方が国民年金に加入した時期(第1号被保険者、第3号)がないと思います。 なぜ国民年金の老齢基礎年金から、年金が支払われるのでしょうか? 下の図と関係があるのでしょうか。。払ってないとこから支払われるのは、よくわからないです。 第1号被保険者    第2号被保険者           第3号被保険者          |  厚生年金保険   共済年金  | 国民年金   |  国民年金              |  国民年金

  • 障害年金と老齢年金障害者特例について

    私は、まもなく60歳の定年になる昭和29年8月生まれの59歳男性です。 現在、障害基礎厚生年金2級を受給しております。 61歳時から、老齢厚生年金部分(報酬比例部分)の受給権が発生しますが、その時点で、障害基礎厚生年金から老齢基礎厚生年金の障害者特例受給に変更しようかと考えています。 そこで、質問ですが、 現行の障害基礎厚生年金から、61歳で老齢基礎厚生年金障害者特例に切り替え、さらに、65歳で障害基礎年金+老齢厚生年金への切り替えは可能でしょうか? お教えください。

  • 老齢厚生年金と障害年金どちらを選んだらいいのでしょうか?

    障害年金受給者です。60歳になり、仕事をやめました。38年勤めました。社会保険庁から老齢厚生年金と老齢基礎年金の申込書が送られてきました。厚生年金の加入期間が障害年金の方は190月、老齢年金の方は440月です。ちなみに私は、身体障害者手帳は2級です。どちらを選べばいいのか? よくわかりません。教えてください。

  • 老齢厚生年金と障害基礎年金について

    平成18年4月から開始された 老齢厚生年金と障害基礎年金を 受給できる場合の条件について教えて ください。 障害基礎年金を受け取っている以上 一生、定期的診断書(現在精神障害2級受給)が 必要であれば、精神的にも、老齢厚生年金 +老齢基礎年金のほうが良いと思われますが、 私の場合、現在いただいている精神障害2級 の年金の中から、国民年金を納めていますが、…… 病気ゆえ、散文になりましたことお許しください。 ご回答よろしくお願いします。

  • 少ない給与の妻、国民年金3号と厚生年金の老齢の差

    国民年金3号だった妻は、標準報酬1級の厚生年金任意単独被保険者になりました。 標準報酬は将来も1級のままの見込みです。 国民年金3号であれば、基礎年金拠出金のおかげで保険料を支払うことなく、老齢の年金が得られます。 しかし、標準報酬1級の厚生年金任意単独被保険者は毎月保険料¥14,090.(事業所負担分・児童手当拠出金含む)を支払うものの、老齢の年金は標準報酬1級に応じた金額しか得られません。 この場合、基礎年金拠出金のおかげで将来得られる老齢の年金と、標準報酬1級の厚生年金保険料を毎月支払って将来得られる老齢の年金を比較すると、差は微少ではないでしょうか? もしも、差が微少なら厚生年金任意単独被保険者の脱退申請しようかと考えておりますが、良くない考えでしょうか? ちなみに、被保険者は厚生年金保険料の事業所負担分までも心配する必要はないことが通常ですが、この事業所は親族が経営しているので心配する必要があるのです。

  • 特別支給の老齢厚生年金障害者特例について

    私は昭和25年生まれの59歳です。現在、職業性難聴で労災認定7級ということで労災年金をもらっていますが、来年から[60歳台前半の老齢厚生年金]の受給となると言うことで、私なりにいろいろ調べていたところ、[特別支給の老齢厚生年金の障害者特例]というものがあると言う事を知りました。 実は、私の場合、労災の難聴7級は障害程度で3級にあてはまるのではないかと思い、[国民年金の障害基礎年金]、[厚生年金の障害厚生年金]を調べたところ、年金受給資格は[初診時]に加入していた保険によって異なり、国保の障害基礎年金では3級は無いとのことでした。 私が難聴の申請をするため初めて受診したのは会社を退職してからだったので、厚生年金から国民年金に変わっていました。 そのため[障害年金]のほうは受給資格にあてはまらないと思いあきらめていたところ、この[特別支給の老齢厚生年金の障害特例]というものがあることを知りましたが、受給資格についていまひとつ解らないところがあり、質問させてもらいました。 この場合の障害特例に該当するのは障害3級以上とありますが、これは障害が認定される事に関して前述の[初診時加入保険]と関係あるのでしょうか(例えば初診時加入保険が国保のため受給資格は無いとか)。 どなたかそちらのほうに詳しい方よろしくお願いします。

  • 厚生年金保険(老齢厚生年金)とは?

    社会保険庁のホームページ http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm において 国民年金(老齢基礎年金)と厚生年金保険(老齢厚生年金) がありますが、このページでの厚生年金保険は定額部分(老齢基礎年金)と 報酬比例部分(老齢厚生年金)と理解すれば良いのでしょうか? すると、老齢基礎年金部分の計算方法は国民年金と厚生年金では異なるので計算値が少し変わるのですか?(大差ないと思いますが) またホームページでの厚生年金保険(老齢厚生年金)の表記は厚生年金保険(老齢基礎年金+老齢厚生年金)とした方が良いのではないでしょうか?

  • 年金の基本的なことを質問させてください。

    年金の基本的なことを質問させてください。 20歳から60歳まで厚生年金に加入していた場合、65歳から老齢年金をもらう場合 「老齢基礎年金の満額792,100円(平成22年度額)」+「老齢厚生年金(40年分の保険料などで計算された額)」 をもらうことになりますよね? 【1】20-30歳→厚生年金、31-40歳→国民年金、41-60歳→厚生年金 という場合は30年分の「老齢厚生年金」と40年分の「老齢基礎年金」分をもらうということで良いのでしょうか? 【2】夫が20-50歳まで厚生年金、51-59歳まで国民年金で59歳の時に亡くなった場合 (兎に角厚生年金・国民年金に加入して受給資格を満たしている場合) 亡くなった時国民年金だったから遺族厚生年金は遺族に支払われないと聞いたのですが本当なのでしょうか? 障害厚生年金も障害になったときに国民年金だと障害基礎年金しか支給されないとききました。 また、亡くなった・障害になった最後に加入していたのが国民年金だったから遺族基礎年金しか支給されないのでしょうか? 厚生年金に加入している時期があったとしても、亡くなった時の加入年金で決まるのですか? 言葉足らずで間違っていることが多いかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

  • 在職老齢年金について

    (1)65歳以上で、老齢基礎年金(国民年金)だけもらってる場合は 年収が例え100万であっても支給停止にならないという事でよろしいのでしょうか? (2)60歳~65歳の場合でも老齢基礎年金だけの場合は 年収がいくらあろうが支給停止にならないという認識でよろしいのでしょうか? (3)65歳以上で、厚生年金と標準報酬月額を併せて46万以下。 プラスして厚生年金基金や確定給付年金をもらってる場合、基金は参入されないので、 支給停止されないという事でよろしいのでしょうか?

  • 障害基礎年金・老齢年金・老齢厚生年金について

    タイトルの件、 現在、父親が59歳で障害基礎年金(1ヶ月約8万支給)を 受けて暮らしており、この年になって老齢年金関連のハガキが きてしまいどうしていいのかわからず質問したいと思い書き込みました。 (1)今、厚生年金保険の加入期間が12ヶ月未満なのですが 今から支払うと特別支給の老齢厚生年金が受けれるようですが 障害年金のほうと両方もらえるのでしょうか? (2)65歳より老齢年金をもらえるようなのですが  障害年金と両方もらえるのでしょうか?  また、繰り上げて60歳からもらえるようになるみたいですが  得なのでしょうか? (3)これから残りの人生でタイトルのうち、  どういう風にプランをたててどれを受ければ  一番、最良なのでしょうか?  生活も厳しい状況なので  どなたか詳しいかた、教えていただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。