-PR-
解決済み

純正以外のカートリッジ交換時の注意点は?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.462254
  • 閲覧数378
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 79% (31/39)

最近、20年以上前に使用していたアナログプレーヤーを引っぱり出してレコードを楽しむようになりました。さて、針が摩耗しているようなのでカートリッジごと交換しようと思います。20年前はしっかり頭にたたき込んでいましたが、針圧調整以外にも注意点があったような気がします。どんなことだったでしょうか。ちなみにプレーヤーはDENON DP-51Fで、純正はMCだったかな?MMに交換したいと思っています。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 40% (1358/3355)

恐らく、私よりも年上の方だと思いますので、
”専門家”と書くのは気が引けるのですが、一応これで飯を喰っていますので、
お許しを。

まず、カートリッジ自体の重さですね。
これが違っていると、針圧調整がうまくいきません。
オルトフォンのコンコルドシリーズなんかは、これで泣かされました(笑)

次に、アーム形状によっては、支点と針の間の距離が問題になる場合が
あります。(俗に言うオーバーハングです)
調整法は参考URLをどうぞ

そして、左右のバランス調整です。
支点の横に重りがぶら下がっていませんか?
これがカートリッジ(アームも)の左右の重さのバランスを取っています。

最後にMC,MMの両方にアンプが対応していることですね。
DP-51Fという機種を知らないので申し訳ないのですが、
20年前だと昇圧トランスで処理をしている可能性もあるので
今、アンプ側がMCで受けていて、アンプにはMC/MMの
切り替えがあることを確認して下さい。
お礼コメント
hanyuu

お礼率 79% (31/39)

早速のご回答ありがとうございました。ご回答を読みながら、徐々にオーディオにはまっていた頃がよみがえってきました。おかげさまでした。確かにシェルの重量も含めて針圧調整の範囲以内が条件でしたね。オーバーハングも同様に注意したいと思います。(実はここが思いだせませんでした)昇圧トランス処理はしてないので、高出力タイプのMCだったかも知れません。
投稿日時 - 2003-02-02 22:58:40
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ