-PR-
解決済み

自転車でわざとこけられたのに交通事故として慰謝料請求されました

  • 困ってます
  • 質問No.462098
  • 閲覧数1068
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 38% (365/956)

自動車で、昼間、ファミレスの駐車場から国道に出ようとして歩道に乗り出して止まってまっていた。(車道には出ていません。)
駐車場から出るためには、どうしても一度歩道に差し掛からなければなりません。
ところ、ある自転車が、自動車を通り過ぎようとしたところでわざとこけました。
こちらは止まっていました。しかも、ほんの小さなかすり傷が転ぶときについただけです。

その人は、まだ35歳のしかも男性です。
自転車から転んだだけで、救急車を呼ぶことを要求し、帰りの事情聴取のときも、わざわざタクシーで現場へ帰ってきました。
行動からしても、当たり屋としか思えない行動です。
うちが新車で大型車であることに目をつけた慰謝料請求目的としか思えません。

納得がいかず、警察を呼んだのですが、こちらの責任として処理されてしまいました。
何でも、進路をふさいでいたというだけで、責任があるらしく、
自動車に差し掛かる前に転ばれたとしても、車にあたっていなかったとしても、
こちらが慰謝料を払わなければならないと警察は言っていたらしいです。

国道に出るときに、進路をふさがずに出ることのほうが難しいぐらい、いつも交通量が多いです。
それでは、進路をふさいでいるときにわざと転べば、カンタンに慰謝料が請求できるということで、非常に法律がふざけていると思いました。
実際のところ、ドライバーとしての防御方法はないのでしょうか?
こんなことで事故として処理され、保険料があがってしまうことに対しても、納得がいきません。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 50% (1998/3967)

私も一度ありました。
道路を走っていたら、年輩の女性が自転車で車の前を急に、横切りました。
私は、とっさにブレーキを踏み難を逃れました。
しかし、年輩の女性は転びましたが、私の車とは距離があったので
全く接触はしていません。
起こしにいこうと思いましたが、それをすると私が接触事故を起こしたと
取られかねないのでじっとしていましたら、相手は黙って自分で置きあがり
立ち去りました。今から思うと起こさなかったのが正解だったと思います。
sirokumadarumaさんはまず、
保険会社に相談する事。保険会社にアドバイスをもらう事。
過失が無いと保険会社は支払いませんので、保険会社は適切なアドバイスを
してくれることとおもいます。

また、相手が示談をいって来ましても応じてはいけません。
訴えるならどうぞと言う気持ちで対応する事が必要でしょう。
おそらく相手は金が欲しいですから訴える事などしないと思います。
といって訴えたならば、キッチンと説明すればいい事です。

最近、お金に困ってこういう事をする人が増えていますね。
先日の新聞でも、失業して生活に困って自転車の前に飛び出した男のことが
記事として載っていました。これからもこのようなケースが多くなりますので
ドライバーも注意が必要ですね。
お礼コメント
sirokumadaruma

お礼率 38% (365/956)

こんばんは、回答どうも有り難うございました。
まさにその女性と似たような行動です。
さすがに運転中に運が悪ければ(ドライバーがよそ見していたり、ほかの子と考えたりして、ブレーキを踏むのが遅くなったら)ぶつかってしまう危険があるぐらい困っているわけではないみたいなんですけど。
(その女性もブレーキが利く範囲を計算して飛び出したんでしょうが)
うちの自動車はブレーキを踏んだ状態で止まっていたので。
完全にその男性の思うツボです。

実は、また訂正があります。
これはドライバーが私の身内の人間で、私はその現場にいなかったのです。(そのファミレスで勉強してました。)
身内曰く、その男性が転んだ場所とうちの自動車は接触していないといえるぐらいの距離があったみたいです。
転ぶときについたかもしれないという傷も、本当に線すらほんとにあるの!?っていうような、かすり傷ともいえないぐらいの小さな傷で、
多分窓を拭くときなんかにくつで乗り上げた際についた傷
でしかないんです。
でも、警察はその傷といえない傷が、その時についたものだと言い張るのです。
身内は、相手がぶつかるようなわずかな振動すら感じなかったし、距離もあったんです。

ドライバーでないもう一人の身内の人間が声をかけてあげて、『救急車を呼んで欲しい』と頼まれたので呼んであげたのに、
事故だと思って出てきたそこのファミレスの店員に、
『交通事故だから警察を呼んで欲しい』、と図々しくもたのんだらしいのです。

そこで助けなければよかったんですね。私も考え直してみればそれもそうだなと思います。でも、ナンバー覚えられて、すごいことが起きたかのように通報とかされたら、怖いじゃないですか・・・(^^;)

それでこっちとしても腹立たしいので、家族が積極的に呼んだわけではないのですが、警察に逆に説明しようという気になったみたいです。

自転車で接触なしに転ぶ→救急車と警察を呼ぶなんて普通、35歳の年齢の人にしてはとっさに、または常識的に考えられないと思いませんか?
投稿日時 - 2003-02-03 03:08:44
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『法律や相続』の悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

弁護士畑中 優宏

質問する非公開

相続診断士河東田 桃子

質問する非公開

行政書士石川 裕也

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 24% (143/576)

たいへんでしたね、同情します、真に交通事故ですね。
大きいだけでけっこう迷惑がられてしまいますからね、
まあ細心の注意と謙虚さが必要なんでしょうね、
世の中見る人は見てますし、
意地の悪いやつばかりでもないと思います。
頑張ってください。
補足コメント
sirokumadaruma

お礼率 38% (365/956)

回答ありがとうございました。
すみません、大型車ではないです。
7人乗りのバンです。マツダのMPV。
いわば、乗用車です。(7人のりですので、大きめといいたかったのですが、間違えて大型車と書いてしまいました。)
注意っていっても、こればっかりは注意できないです。
かなり遠くからスピードだしてきてたみたいなんで。
投稿日時 - 2003-02-02 19:31:15


  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 20% (265/1269)

ポイントだけアドバイスいたします
事故として処理されても保険料が上がる事はありません
物損部分での賠償がなければ 程度としては
自賠責の範囲内で賄われるでしょうから
任意保険の適用はありません

ドライバーとしてきちんとした対応をした上で
それでもどうしても納得がいかなければ
何もしないで放っておきましょう
相手がタクシーを使おうが何しようが
現段階ではあなたに法律上の支払い義務が発生しているわけでは
ありません ですから相手が自己負担をしなければならないだけです

あなたが法律上の賠償義務を負うことになるには
相手が あなたを相手取って損害賠償請求訴訟をおこし
勝訴の判決を勝ち取る必要があります
しかし勝訴の判決を勝ち取ってもあなたは賠償をしなくても
済むのです こういう状態で相手があなたから財産を差し押さえるなどの
法律手続きを踏むには執行手続きが必要なのです

どう見ても相手にそれだけの知識と度胸が据わっているとは
思えません 事実上あなたに負担は発生しないと考えられます
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

請求自体は誰でもできます。
それを納得するかしないか。

「わざと」かどうかは、あなたの主観でしか証明できないことなので、第3者にわかるかどうか(目撃者の証言とかなければ)・・・。

自転車も本来は車道を走るべきものだから、歩道を走っていること自体違反です。
「自転車通行可」の標識のある歩道であっても、いつでも停止できるよう義務づけられている。

歩道上で自転車と自動車の接触(それも停止していた)のであれば、「知らん」ですませるのも方法だと思います。警察は「民事不介入」だからどうしろとはいわないです。

なお、自動車免許の取得のときに習ったと思いますが、道路に出る時は歩道の「手前」で待たなくちゃ行けないのは事実であって、車の量が多いんだから仕方ないじゃないか、というのは通用しません。
防御方法は、そういうところには一人で入らないことですね。(同乗者がいれば、ガソリンスタンドの店員みたいに車をとめてもらう)
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ