• 締切済み
  • 困ってます

ZARはFXと外貨MMFどちらがよい?

最近楽天証券でZAR建ての外貨MMFが取り扱われました。しかしその運用利回りは6.5%ほどです。確かに昨今の金融危機で南アフリカの経済も滞っており、最悪の場合デフォルトが起こりえるかもしれないので多少は仕方ないと思いますが、正直低すぎると思います。外貨MMFは為替差益に課税されないので、有効な外貨投資と思っていますが、こんなに利回りが低いと困ってしまいます。一方のFXは(くりいく365以外)総合課税で税金が高いのですが、かなりのスワップ金利が入ってきます。税金面が優遇されるくりっく365にはZARの取り扱いもないし、正直どちらがいいのか迷っています ZARの運用は外貨MMFとFXどちらがいいのでしょう?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数114
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • garu2
  • ベストアンサー率32% (277/860)

くりっく365では10月から既にZAR/JPYの取り扱いが始まっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • FXと外貨MMFはどちら?

    外貨への投資方法で迷っています。 一応高金利通貨NZD、ZARへの投資を考えており、もちろん余裕資金で長期投資です。その場合FXでスワップをもらう方法と外貨MMFの方法があります。FXの投資はレバレッジ2~3倍にしようと思っているので外貨MMFよりも数倍の利回りになるのですが、外貨MMFの差益非課税も魅力的です。ちょっとココまで来て迷ってしまったので、みなさんならどちらにするかアドバイスをお願いします。 本人の自由というのは承知しています

  • FXから外貨MMF・BSTに乗り換える場合について

    現在FXを少しやっています。少々利益は出ているのですが、このままでは深みにはまってしまい時間のかけ過ぎで他の生活にも影響が出そうです。そこで外貨への投資先として外貨MMFか出来ればボンドセレクトトラストへのシフトを考えています。 FXは為替差益、スワップとも雑所得扱いで20万円を超える部分については総合課税。 外貨MMF・BSTは為替差益に関しては非課税、配当に関しては20パーセントの分離課税(BSTは配当を出さないので償還前に売却すれば実質非課税) だと理解していますが、下記1~3の場合に為替差益へ課税されるかが分かりませんでした。もしよろしければご教授ください。 なお、送金には自分の外貨預金口座を経由します。 1.FX業者にて外貨に両替→証券会社に外貨で送金→BSTを外貨で購入→BSTを外貨で売却→FX業者に外貨で送金→FX業者にて円貨に両替 2.証券会社にて円貨でBSTを購入→BSTを外貨で売却→FX業者に外貨で送金→FX業者にて円貨に両替 3.FX業者にて外貨に両替→証券会社へ外貨で送金→BSTを外貨で購入→証券会社にて円貨でBSTを売却 FX業者での両替では為替差益は発生しないと思うので為替差益への課税はなさそうな気もするのですが、銀行で外貨預金を介して外貨MMFを購入売却する場合は為替差益への課税が起こるとの情報もありますのでちょっと心配です。 もし、1でも課税がないようなら、為替手数料を大幅に節約できると思うのですが、税に詳しい方のお返事をお待ちしております。

  • FXか外貨MMFか

     NZドルが55円以下ぐらいになったら、外貨投資予算の全部をNZドルの外貨MMF(もしくはBST)に投資するか、1割をレバレッジ2倍のFXと9割を外貨MMF(BST)に投資するか迷っています。  3~10年後の日本とNZの平均金利差を4%と仮定すると、1割のレバレッジ2倍のFXと9割の外貨MMF(BST)の組み合わせより、全部外貨MMF(BST)で運用した方が税金面やリスクも含めると有利でしょうか。  FXを使おうか迷っているのは株で外貨投資予算の1割を失ったので、1割をレバレッジ2倍にして株の損失をほぼなかった事にしようと考えたからです。  

  • 1000万円の運用方法 外貨預金? 外貨MMF?

    1000万円を、為替差益を利用して、数年で出来れば2倍~になるような運用方法を希望しております。 外貨の短期の定期預金にして、為替差益が出やすい時にいつでも日本円に換えて利益を出せるようにと考えておりましたが、外貨預金は、為替差益にも累進課税がかかってしまう、と聞きました。 これは本当でしょうか。 また、累進課税がかかるというのは、外国通貨を日本円に換えた時に出る差益に自動的に課税されて自分の銀行口座へ振り込まれるということなのでしょうか。 外貨MMFというものなら、為替差益には課税されないと聞きましたが、外貨MMFが、今いちよく理解できません。 外貨預金より、外貨MMFの方が、為替差益を考えたときに効果的なのでしょうか?

  • 外貨MMF と FX(クリック365でレバ1) について

    資産の分散投資先の一つ(海外金利型商品)として、外貨MMFに十数%預けている者です。 内藤忍氏の資産設計塾の本を見ると、海外金利型商品は、小額運用の時は外貨MMF、高額運用であればFXを例として勧めています。なぜなのかは理解できませんでした。 それで、今ある外貨MMFをFXに切り替えようと思うのですが、 念のため、クリック365のFX(レバ1)と外貨MMFの違い(一長一短)を確認したいと思います。 次の解釈でおおよそ間違いないでしょうか?(個人の場合) ・大きな為替差益が生じた場合は、外貨MMFが有利。(非課税のため) ・大きな為替差損が生じた場合は、クリック365のFXが有利。(その損失を翌年以降で繰越控除できるから)  ただし、その損失で、給与所得に対する税金が節税できるわけではない。

  • 外貨MMF為替差益への課税について

    ソニー銀行で外貨定期預金しています。 為替差益発生した場合外貨預金では課税有とのことで、外貨MMFへの乗り換えを検討しています。しかし一度外貨普通預金に変更して外貨MMF購入では、同様に為替差益課税有と聞きました。 円から直接外貨MMF購入では課税無とのことですが、外貨預金介して外貨MMF購入したか否か税務署で分かるのでしょうか。

  • 外貨MMFとFXの比較

    初心者のこともあり、的外れの質問でしたらすいません。 外貨MMFとFXの比較に関してです。 米ドル建ての外貨MMFが、税引き前、年間利率が約4.5%としますと、税金で20%引かれ、さらに金利(手数料)などで往復50銭~1円ぐらい引かれると思います。 それに対して、FXの米ドルは、現在は、レバレッジをまったくかけないスワップ金利を計算すると、年率約5%程度で、税金は雑所得、手数料は業者によって違うと思いますが、だいたい往復30銭でしょうか。 そこで、質問なのですが、「外貨MMF」「FX」ともに、為替の影響をダイレクトに受ける商品であれば、手数料が安い分、レバレッジをかけないFXの方が資産形成には向いているのでしょうか? 何か、抜けている考え方などありましたら、お教えください。

  • 外貨MMFの為替差益

    タイトルの通りです 外貨預金より外貨MMFの方が良いときき外貨MMFを始めようと考えている初心者です。 自分なりにいろんなサイトを調べたのですが、よくわからなかったので もしわかる方がいらっしゃれば教えていただきたいと思っています。 (1)特定口座を開設する際、源泉徴収ありを選択すると自動的に利益の10%が税金として差し引かれるため確定申告は不要と聞いたのですが そもそも外貨MMFの為替差益って非課税なんですよね?? なのに何故10%の税金をとられるのでしょうか?? (2)分配金(利息)の税金は自動的に20%引かれて、為替差益が非課税なのになぜ確定申告する必要があるのでしょうか?? (3)(確定申告不要)=非課税ではないと書いてあったのですが 具体的にどういうことなんでしょうか??

  • 外貨MMFは売れない?

    投信超初心者です。 円高、株安に便乗するわけじゃありませんが、最近資産運用、ひいては外貨MMFを含む投資信託を始めようと考えています。 色々ネットで調べていて、「外貨MMFがFXと比べて不利な点」を記載したサイトを見つけました。 http://fx.x8q.net/2006/04/post_10.html そこには外貨MMFがFXと比べて不利な点として 1.為替スプレッドがFXの10倍 2.証拠金取引ではないため高い利回りは取れない そして3つ目、、、 3.外貨が高くなるときしか儲からない この3つ目の解説の中に、「外貨MMFは「買い」しかできないが、FXは「買い」も「売り」もできる」といった記述があります。 私は、1ドル100円の時に100ドル分外貨MMFを買い、1ドル120円の時に売れば単純に  ※「元本の"約"120%+金利分-諸手数料」 が戻ってくるものだと思っていたのですがそうではないのでしょうか? 「外貨MMFは売りが出来ない」の意味と上記の※印の式の正誤をご教示頂けますようお願い致します。

  • ソニー銀行で外貨MMF

    野村證券で外貨MMFを行っていましたが、ソニー銀行の方が為替手数料が少ないので、口座を開設しました。 今後の預け入れ分からソニー銀行にしようかな、と思いましたが、ソニー銀行の場合、一度、外貨預金にしてからしか、外貨MMFが買えないことに気がつきました。 この方法だと、結局、外貨預金扱いとなるので、為替差益が発生すれば、税金がかかるということなのでしょうか? もし『税金がかかる』のであれば、次のような戦略を取りたいと考えています。 ・月々の積み立てで為替が円安気味の時:ソニー銀行で為替手数料を節約 ・円高のとき(月々の積み立て、追加投資の両方):野村證券で、将来の為替差益も期待 最後に、次のような穿った見方はいかがでしょう? ◇ソニーが銀行業参入のため財務省を訪れたとき 財務省:外貨MMFをやりたいだと? 外貨MMFの為替差益にも課税する方法を考えれば認めてやってもいい。 ソニー:それなら、一度、外貨預金に振り込ませてから、MMFを買わせてはいかがでしょうか? それなら外貨預金扱いとすることができます。 財務省:おぬしもワルじゃのう。