• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

訴訟費用として認められる範囲

民事訴訟の場合、訴訟費用として認められる範囲はどこからどこまでなんでしょうか。 例えば、普通の裁判ではありえないが、特別な事情があったゆえに、かかってしまった費用というのは訴訟費用の範囲に入るのでしょうか。 どうしてもかかってしまうというに足る合理的理由があった場合、これもやはり負けたほうが払うと考えていいのでしょうか。民事訴訟費用等に関する法律に記載されていない事項というのは結構あると思うんですが。 よろしくおねがい致します。

noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数329
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • akr8696
  • ベストアンサー率37% (87/234)

結論からいうと,「民事訴訟費用等に関する法律」に規定されているもの以外の費用は訴訟費用とは認められませんし,その範囲を明確にするための法律なのです。この規定外のものを訴訟費用として認めるとそれこそ,収拾がつかなくなってしまいます。仮に質問のような特別の事情によりかかってしまった費用を請求するのであれば別途損害賠償請求の訴訟を提起するくらいしか方法はないのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 訴訟費用に遅延損害金はつけられるか?

    訴訟費用に遅延損害金はつけられるか? 民事訴訟で「訴訟費用全額被告負担」との判決が出たとします。それで、訴訟費用確定申立てを行い「相手方は、申立人に対し、○○○円を支払え」と訴訟費用確定処分が出たとします。 民事執行法22条4の2号によるとこれも債務名義になるのですが、この場合、この訴訟費用に「遅延損害金」をつけることができるのでしょうか? 通常の判決の場合は、訴状に「……支払済みまで年5分の,各割合による金員を支払え」と記載すれば、それが認められた場合、判決も「……支払済みまで年5分の,各割合による金員を支払え」となります。しかし訴訟費用確定処分についてはそのような文面を見たことがありません。 訴訟費用に遅延損害金はつけることは可能なのでしょうか? それが可能であればどのような手続きをすればよいのでしょうか?

  • 訴訟費用額確定申立書

    質問させてください 民事訴訟費用等に関する法律 (当事者その他の者が負担すべき民事訴訟等の費用の範囲及び額) 第二条 七  官庁その他の公の団体又は公証人から前号の書類の交付を受けるために要する費用 とあるのですが 1)法務局の登記事項証明書 2)行政庁への行政文書開示請求 3)医師へのカルテ開示 4)医師への診断書 上記のうち訴訟費用額確定申立書に載せれるのはありますか またここに記載以外で載せれるものはありますか よろしくお願いいたします

  • 訴訟費用の計算が面倒で困ってます。

    先日民事裁判で勝ちました。弁護士はなしです。 民事訴訟費用等に付いての法律見ましたが,わかりつらくてこまってます。 かかった費用のうち気になるのは,切手代,書記料あたりです。 切手代はかかった金額の実費でいいんですか?すべてのレシートを保存しているわけではないので全額を計算することは困難です。書記官に計算してもらってもOKなんですか?多分書記官のほうが計算速いと思います。 あと、書記料というのは文書いちまいあたりということですか?専門家に頼まずに自分で作りましたが書記料もらえるんでしょうか? 紙代と、準備書面を書いた手数料両方請求できるんでしょうか?書面を作成するにも手間隙がかかるのでそちらも請求したいと思っています。 もし、訴訟費用について詳しい説明がされているサイトがあったら教えてください。 よろしくおねがいします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • SCNK
  • ベストアンサー率18% (514/2762)

裁判費用は繰り込まれるようですね。弁護士を委任した場合の弁護士報酬は繰り込まれなかったかと思いますが、自信はありません。判決文に記載されるとおりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 訴訟費用について

     先日、少額訴訟をおこしました(No877986)。結果、「訴訟費用は被告の負担による」との判決がでました。訴訟費用はもちろん、相手(被告)が支払うものと思っていました。ところが、裁判所から電話があり  1、判決の書類を送付するのに、郵便代がかかるのでついでの時に取りにきて欲しい。(こんな事があるのでしょうか?質問のタイトルと関係ないのですが・・・。)  2、判決で請求額全額被告が支払うとの判決がでたのだから、訴訟費用はいいでしょう?訴訟費用の申し立てをする人は事例がないくらいほとんどの人がしない、雛形もないと言われました。  驚いて、いろいろと調べてみるとこのサイトで以前、「訴訟費用確定決定の手続は、発狂するほど面倒くさい。」と書いていました。どのように面倒なのでしょうか? 裁判所の勝訴したのだから訴訟費用くらいいいだろうと言う姿勢と、判決が出ても事例がないくらい面倒な手続きで申し立てる人が少ない。ただの物損事故に、ここ(裁判に)まで、てこずらせた相手が少額とはいえ訴訟費用を支払わないという事に納得がいきません。

  • 訴訟費用は被告の負担とする。

    裁判で勝訴判決となり、「訴訟費用は被告の負担とする」と判決文に記載されてましたが、 訴訟費用とはどこまでの部分を請求できるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 訴訟費用について

    二件の民事裁判原告として勝訴し訴訟費用を請求します。 原告が遠方(600KM)のため口頭弁論期日を2件同じ日に数回行いました。 この場合の日当は、各々の事件に規定額請求できるのでしょうか、それとも半分ずつか? 同様に旅費の請求方法はどうなのか教えてください。

  • 訴訟費用について

    本人訴訟なので素人ですみません 判決 原告勝訴 「訴訟費用は被告の負担とする」 控訴上告の猶予期限2週間が過ぎ判決確定 原告は訴訟費用計算 訴訟費用額確定申立書を裁判所に出す ・・・・その後はどういう流れになるのでしょうか? ちなみに訴訟費用内訳は 1.訴え提起手数料 2.書類の送達費用(切手代) 3.代表者事項証明書交付手数料 4.同送付費用 5.原告出頭旅費 6.原告出頭日当 7.書類作成費用及び提出費用 8.訴訟費用額確定処分正本送達費用 ・・・・他にありますか? 色々質問させていただいていますが よろしくお願いいたします

  • どこまでが「訴訟費用」?

    自分で損害賠償請求(名誉毀損)の民事訴訟をしましたが、相手が難病で出廷できないとの医師の診断書を持ち出してきたため、遠隔地に移送するとの裁判所の決定通知書が来ました。決定は22日です。 私もそこまで追いかけることは割に合わないのであきらめるつもりですが、最後の悪あがきでこのまま放っておいて最終的に出廷しないのと、24日に直ちに訴えを取り下げるのではどう違うのでしょうか。特に、相手が裁判所に出頭する交通費・日当?は「訴訟費用」に含まれるのですか。

  • 訴訟費用は被告人負担とする。

    刑事裁判で有罪判決が下された時に裁判長が「訴訟費用は被告人負担とする。」と付け加えられました。 第181条 刑の言渡をしたときは、被告人に訴訟費用の全部又は一部を負担させなければならない。但し、被告人が貧困のため訴訟費用を納付することのできないことが明らかであるときは、この限りでない。 第500条 訴訟費用の負担を命ぜられた者は、貧困のためこれを完納することができないときは、裁判所の規則の定めるところにより、訴訟費用の全部又は一部について、その裁判の執行の免除の申立をすることができる。 2.前項の申立は、訴訟費用の負担を命ずる裁判が確定した後20日以内にこれをしなければならな。 どのように、執行の免除の申立てをすればいいのでしょか? 良きアドバイスをお願いします。

  • 「訴訟費用は被告が負担する」とありますが

    現在、負け確定の民事裁判が進行中です。 損害賠償になります。 当方、被告。現在無職です 地方裁判所で争っている金額は140-最大1000万になります。 争っている金額や裁判所にもよりけりと聞いたことあります。 口頭弁論、4回(まだ進行中) 「訴訟費用は被告が負担する」とありますが、大体いくらくらいなのでしょうか? また、訴訟費用を払わなかった場合どうなりますか? よろしくお願いします。

  • 訴訟費用について。

    裁判に被告として呼ばれれば当然時間をとられるわけですが、この時間を時給換算して訴訟費用として請求することは否定されていると思います。 この事案の最高裁判例は何処にあるのでしょうか? 番号等教えてください。 高裁の判例でも問題ないです。 よろしくお願いいたします。

  • 刑事事件の訴訟費用について

    東京地検から刑事事件の訴訟費用177200円の請求書が来ました。 本件徴収金(訴訟費用=そしょうひよう)は、あなたが先に東京地方裁判所で裁判を受けたときにかかった裁判の費用です。 このことは裁判官が判決で決めたことであり、あなたが受けた裁判は、「訴訟費用は被告人の負担とする」旨の判決となっています。 と書いてあります。 裁判は1度のみ。判決は執行猶予付きでした。 この金額は高額ではないかと思っていますが、どうすればようでしょうか? または、こんなものなのでしょうか? 詳しい方、何卒よろしくご教授お願いします。

  • 民事訴訟における訴訟費用についてお聞きしたいのですが、もし被告側に訴訟

    民事訴訟における訴訟費用についてお聞きしたいのですが、もし被告側に訴訟費用を負担出来る経済力がない場合はどうなるのでしょうか?まだ訴訟は起こしていないのですが、訴訟する相手は元妻です。 元妻とは離婚した時に裁判で決まったので、子供の大学の学費(約400万円)を元妻の口座に分割で支払っているのですが、どうやら子供の学費として使わずに元妻の生活資金や老後の資金に回しているようです。 なぜこの事実が分かったかと言うと、子供が学費が足らなくて大学を中退してしまったと私に謝りにきた事で判明しました。子供は大学に通う前に数年間の間は学費を貯めていたので、その数年間で稼いだお金(150万円)で今まで大学に通っていたそうです。 子供は元妻に学費(400万円)を学費として使っていない事は父(私)には絶対に言わないようにと堅く口止めをされていたらしく言えなかったようです。 もう一つの理由は元妻はあまりに働かない人間なので、元妻の経済力なども考えて私に今まで言えなかったようです。 それに子供は元妻に子供の貯金から元妻の生活費まで渡すように言われていたとの事です。 子供は大学を中退した後に安く学べる学校を見つけたらしく、元妻に「40万円だけは学費として欲しい」と言ったところ渡さないの一点張りで、結局わたしが子供の為に振り込んでいる400万円は子供に一銭も渡っていないという現状でした。 子供が私に全て伝えた事を元妻に話したところ元妻は 慰謝料が足りないから、私には学費を貰う権利がある。 子供に今までかかった食費 光熱費 等を学費から返してもらっただけ。 しまいには、このお金(学費)は私たち(子供と元妻)が困った時に使うお金と言ったそうです。 子供は呆れ果てて縁を切り、家を出たそうです。 ただ元妻が調停から裁判へは持ち込めないと子供に強く言ったらしく、それが少し気になります。 それと私も元妻とはこれ以上は関わりたくなかったので100万円はあなたにあげるから、他のお金は子供に返してほしいという提案をしたところ調停・裁判をのぞまれました。 皆様に答えていただきたい質問は 1,経済力の低い相手を訴訟する場合は勝った場合の訴訟費用はどうなるのか? 2,この内容で本当に裁判へ持ち込むのは難しい事なのか? 3,元妻が勝つ可能性、もしくは私が元妻にお金を払う可能性はあるのか? 4,調停・裁判はこういう場合はどのくらいの期間がかかるのか? 私は元妻に400万円の全額の返還、訴訟費用の負担を望んでいます。 子供も裁判を望んでいて、書面での証言も貰っています。 文章が分かりずらくなってしまい申し訳ありません。 回答宜しくお願いします。 補足 350万円近くは元妻の手元にあり手放さないという現状です。 私も出来れば裁判を行いたくなかったので、その中から100万円はやるから他は返してくれという提案を出しました。350万円以上入金した後に分かった事でした。 そして子供の親権は私にあります。 元妻も自分に経済力がない事を知ってか何かあった時の為に形だけですが親権は私に譲りました。 子供は元妻を心配して、学生中は元妻と暮らしていました。 調書は養育費ではなく学費として払うという内容になっています。