• 締切済み
  • 困ってます

契約前ですが、退去時について。

契約内容について不明な点があるので、仲介の不動産屋に問い合わせるのですが、客観的なご意見を頂ければ大変助かります。 内装リフォームした築30年ほどのマンションを賃貸する予定です。 賃料3万3千円、敷金6万6千円、礼金なし、管理・共益費なしですが、家賃は当初3万5千円だったところを、不動産屋からの申し出でこの金額になりました。 同時に駐車場も1万2千円で借りますが、家賃と合わせて4万5千円にということにです。 手付け金なしで入居申し込み後日、契約書と重要事項説明書などが郵送されてきて、署名・捺印後は返送か持参でとのことでした。 ●重要事項説明書については宅建主任者が直接説明をする義務があると把握していますので、これはそうして頂かないと不動産屋が法律に抵触しますよね? ●明け渡し・原状回復については原則として契約書の通りとは思いますが、重要事項説明書に 『借主は使用状況に拘わらず下記解約精算基準に従い修理費・交換(張替え)代・清掃料等を負担しなければなりません』 と書かれていて、その下に解約精算基準と題した表の中に部屋全体といえる30~40項目についての汚損・破損状態と修繕内容が記載されています。中にはその部屋に無いものも書かれています。 借主の故意・過失による破損箇所があれば修繕義務が生じるのは納得していますが、これではどんな場合でも借主が負担と受け取れる気がします。 さらに注記で『本別表に記載する以外にも、借主の故意・過失による破損箇所があれば全額借主負担となります』『冷蔵庫・テレビの後方等の電気焼けは、経年劣化・自然損耗になりません』と書かれています。 他に何があるんだろう??というくらい、その表に書かれていたのですがこれではますます、どんな場合でも借主が全負担と受け取ってしまいます。 さらにその表には『退去時には借主負担でシリンダーごと鍵の交換をします(有料)』も書かれていますが、入居時ではなく退去時ですのでこれは通常貸主の負担になるのでは??と思います。 賃貸借契約書の「明け渡し・原状回復」の項目には、 『借主の義務として原状回復の範囲は別表に定める解約清算基準によるものとし、ハウスクリーニングについては、汚損の程度・入居時の長短に係わらず室内のクリーニングを行い、借主が費用の全額を負担』 『借主は退去に際して、貸主に対して立退料・補償料その他の名目の如何に関わらず、一切の請求をすることができません』 と記載されています。 このたび、しばらく入居者がいなかったため、もう一度家主負担でクリーニングを行うと言っていました。 このことからも、退去時にハウスクリーニングを行うことに関してはまぁ理解できるのですが、全額負担というところが疑問です。 そして使用状況に拘わらずの修理費の負担・・・ 一方的な内容ではないかと感じているのですが、いかがでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数100
  • ありがとう数40

みんなの回答

  • 回答No.3

こんにちは。 読んだ感じでは、民間アパートの契約内容としては普通のことが書かれているだけです。 嫌なら契約しなければ良いことです。 ただ内装リフォームをして33000円の賃貸で交渉するとなると、よっぽどの不人気物件で無い限り断られるの覚悟で交渉したほうが良いでよ。 私のアパートは、交渉しようとする人は断ってますから。 ですから近隣のアパートの相場と比較して、考えたほうが良いですよ。 あと貴方自身が前の人が使用してた鍵でもので良いなら、鍵代は払わなくても良いと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 記載しておりますが、内装に関しては申し込み以前に済んでいることで、家賃も不動産屋からの申し出で、大家さんとも合意しています。 全てを拒んでいるわけではなく、必要なものは負担しますし、疑問を持ったまま契約したくないだけなのです。 交渉は不動産屋を通して大家さんとするもの、と認識しております。 「この人に貸して大丈夫か?」と不安にさせるような、大家さんの気持ちを無視した要求をしようとは思っておりません。 本日、不動産屋にこちらの現在の解釈と疑問点を丁寧に伝えたところ、迅速な対応をしてくださり、納得のいく回答を得ることができました。 鍵交換に関しては地域慣習の点からも、やはり入居者の意思に任されるようです。 これでこの質問は締め切ります。 冷静に考え、行動することができました。 少ない文面の手がかりで回答は難しかったかと思いますが、皆様ありがとうございました。

  • 回答No.2

>重要事項説明書については宅建主任者が直接説明をする義務があると把握していますので、これはそうして頂かないと不動産屋が法律に抵触しますよね?  そのとおりです。嫌がらせをしたいのであれば宅建協会に連絡してあげましょう。 >『借主は退去に際して、貸主に対して立退料・補償料その他の名目の如何に関わらず、一切の請求をすることができません』  こう書かれていても、相手都合による立ち退きは要求は簡単に認められませんし、払ってもらえなければ立ち退かなければ良いだけですから。あなたが請求せずとも相手が金額を提示してくるでしょう。金額に不満であれば居座れば良いです。相手都合での退居の場合に関してはこの特約は絵に描いた餅のようなものでしょう。  あなたの都合で退居する場合に一切の請求をできませんと言うのは当然のことでしょうけど。  不動産屋に良く確認してください。 >一方的な内容ではないかと感じているのですが、いかがでしょうか?  嫌ならば契約しないでください。この物件家賃が安いのではないでしょうか?その分退去時にはきちんとしてくださいということでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 家賃は文面に書いています。確かに安いですが、築年数が物凄く古いからだと思っていました。 物件に関しては気に入っているので、ご意見を参考にしつつ問い合わせてみます。 国交省のガイドラインのことでもチラっと出してみます。 やはり何も分からない素人だと思われているから、なのでしょうかね。

  • 回答No.1

契約前ですので、止める事ですね。おそらく、オーナーとの契約でなく、管理会社との契約を、オーナー側が任せていると思われます。 一般的には、原状回復というのは取り付けたクーラー、棚、などを撤去する事で、済んでいるうちに汚れはでます。これらの原状回復など、を考えたら、切りがありません。ハウスクリーニングは、貸主の責任です。 鍵の取替えも、本来、今はよくありますが。貸主側の責任です。管理会社は、家賃の支払いの滞納などが、昨今多くあり、怖い人が多い会社です。どんなことでもお金にするような傾向があります。全く一方的な契約です。 一番いいのは、マンションのオーナーとの契約がいいです。その代わり、連帯保証人、手付金、などは厳しいです。管理会社は、入居しやすいように、連帯保証人も、管理費も、共益費もなく入居しやすくしてます。 何かあったときは、怖いお兄さんがでてきます。むしろ入居するに当たって、厳しいほうが、安心ですよ。これじゃ退去する時どれだけの、きんがくを要求されるか、計り知れません。勿論違法があれば支払う必要がありません。公序良俗に反していれば、抗弁できますし、さいばんにもうったえられます。しかし貴方に戦う勇気と時間とお金があればべつですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 無知なまま契約するのが嫌だったので、出来るだけ調べて不明な点を明らかにしてからと思っていました。 頂いたご意見も気に留めつつ、メールで問い合わせてみます。

関連するQ&A

  • 賃貸の原状回復工事契約の解釈について

    今度、初めて賃貸物件に住みます。 事前に不動産屋さんが契約書一式送ってきてくれまして一通り目を通しているところです。 「重要事項説明書」の契約終了時の金銭の精算の欄に、 「原状回復義務とは別に、貸主が現状回復工事に際して、汚損の有無や程度を問わず、専門業者に依頼して行うホームクリーニング費用を、貸主が全額負担する特約があります。」 とこんな感じでありました。 原状回復義務とは別なのに、原状回復工事に際して? 汚損の有無を問わない??ってどういう状況なんでしょう?? 例えば、壁を汚したとき、クロスを変える必要が出てきて業者を頼むときの費用、ということでしょうか? でもそれって、汚損の有無によって変わりますよね? 不動産屋さんに聞けばいいことですが、 何となく丸め込まれそうなので、事前にこの文章の意味を教えていただきたく、 よろしくお願いいたします。 また、同様の文言で契約し、退去されたことがある方、経験があれば教えてください。

  • 法律上の重要事項説明書と契約書の解釈

    不動産の契約書の法律解釈についてお聞きします。 重要事項説明書と契約書では書いてある事が全く違います。 重要事項説明書では、 「敷金は貸主が家賃の滞納、原状回復に要する費用の未払い以外は無利子で返さないといけない」 となっており、特記事項は空欄でそれ以上のことは書いてありません。 というと、原状回復はガイドラインのような解釈をしていいと思うのです。 しかし契約書では、「退去時のクリーニング代と畳代は借主の負担」となっており、原状回復とは、綺麗に使おうがどんな状態でも借主が負担しなければならないようです。 実質、「原状回復」について二つの規準が示されているように見えます。 この場合、これだけ内容が違っても法律上、やはり契約書が優先されますか? きちんと契約時に違いを見つけておかなければならなかったな・・・と後悔しています。 お願いします。

  • 退去時のハウスクリーニングについて

    賃貸マンション退去時のハウスクリーニングについての質問です。 入居時に仲介業者より「退去時は自費でハウスクリーニングをしてください」と言われたのですが、 これはやる必要があるのでしょうか? 今まで賃貸契約で、このように言われたり、支払ったりした事がないので非常に不信と疑問を持っております。 賃貸借契約書には第20条(現状回復と明渡し)で「退去の際の室内クリーニング、畳、襖、クロスの張替え等、 小修繕は乙(借主)の負担で行うものとする」とありますが、 そもそもこれは、原状回復を必要とする正当な理由がある場合に敷金から充当するものだと思うのですが・・・ しかも入居期間は1年未満で汚れの程度もほとんどないような状態です。 このようにハウスクリーニングをやらなくてもいいような状態でも、 仲介業者より口頭で言われればやらなければならないのでしょうか? 国土交通省の原状回復をめぐるトラブルとガイドラインによると、「貸主(大家さん)は家賃という対価を得ている以上、 借主(入居者)に対して使用収益させる義務を負っており、貸主(大家さん)は使用収益させるための修繕義務を負っている」 とされていますので、ハウスクリーニング(ルームクリーニング)費用は原則、 貸主(大家さん)が全額負担するべきものとされています。 以上から、借主が負担するというのはおかしいとおもうのですが、このような場合、 仲介業者に対してどのような対応をすればいいでしょうか?ご回答宜しくお願いします。

  • 退去時の敷金について

    こんばんは  退去時の敷金のことでお詳しい方がいらっしゃったら 教えてください 今まで住んでたアパートを退去することになりましたが 入居時はエアコンがついていなかったので自分で購入し取り付けました が契約書にはエアコン付となっており大家さんが契約書に書いてあるからとエアコンを持って出ることも許しません それとペット許可のところだったのですが 傷などがついていないところも動物は走り回っているから全部をリフォームするといってそれも 契約書に書いてあるといって全く話をきいてくれません 自分でいろいろ調べたところ原状回復義務の不履行による損害賠償債務も敷金が担保する債務ですが、原状回復とは「入居時の状態に戻すこと」ではありません。家主は家賃を受け取る代わりに修繕をしなければならない立場にあり、入居時同様の状態に修繕することは家主のすべきことであって借主の義務ではないからです。ですから、経年変化による自然損耗や借主の故意・過失に関わりなく生じる通常損耗について、それがない状態に戻すためのリフォームをする義務を借主が負担する必要はありません のように書いてあるサイトを見つけたのですが契約書に関係なく 敷金は返ってくるのでしょうか?エアコンはもっていってもいいのでしょうか? 間にはいっている不動産屋さんは消費者センターに聞いてください・・ 見たいな感じでたよりになりません

  • 借り上げ社宅の原状回復費と契約内容

    借主が会社で連帯保証人が私の新築アパートに住んで4年半になります。 敷金(保証金)は会社負担、賃料と共益費は事実上会社負担 (寮費として天引きされ、同時に住宅手当をもらっていてほぼ相殺)です。 契約書には借主が原状回復費用を負担と書かれています。 特記事項は共益費に水道代が含まれることと、入居者は単身者に限りますとだけあります。 社内規定でも、入居者が退去時の原状回復費用を負担するようなことは書かれていません。 なお、敷引制度になっており、退去時は敷金(保証金)から敷引及び原状回復費用等を差し引かれてからの返金になると契約書に書かれています。 そこで、自己都合(結婚など)で退去する場合、上記のような契約内容であったら 原状回復費用は会社負担になるのでしょうか? こちらの他の質問を読んでいると「原状回復費用は入居者負担が普通」と読んだのですが、そのとおり入居者負担でしょうか? 至急に知りたいので、お分かりの範囲でお願いいたします。

  • 退去時の原状回復

    賃貸住宅の原状回復についての質問です。 契約時に小型犬の飼育を認められ入居しました。 その時の特記事項は以下の通りです。 ■小型犬一匹の室内での飼育を認めるが、痛んだ部分の補修については借主負担で行う。 また、原状回復に関する基本契約は以下の通りです。 ■解約明け渡しに際し、物件を契約時の原型に回復するものとする。 3年間この契約のマンションに住んでおり、退去時に「ペットを飼っているから畳は全て変える、ハウスクリーニングを行う契約になっている」といわれ原状回復に敷金以上の請求(大家さん指定の管理業者から)をされています。 畳の上にはウッドカーペットを敷いて使っており、とても綺麗でハウスクリーニングの明記もされていません。ペットを飼っていればこれらの負担は当然なのでしょうか? また、元々新品でない壁紙にも関わらず「前面張替えが必要」とクロス費用も請求されています。(※一部破損の認識はあるので、そちらは仕方ないと思っている) これも全て支払う義務はあるのでしょうか? 不動産には常識で過去の判例でも100%払うことになるから早く応じろと言われました。 ちなみに家賃6万円、敷金3ヶ月、請求金額は25万円です。 とても困っていますのでお願いします。

  • ミニミニスーパー君での退去について

    5年程、住んだ賃貸物件を退去することになりました。 ミニテックのスーパー君で契約しており、入居時に敷金礼金の代わりに 内装工事負担金を支払っており、契約書を見るとこう記載されています 「内装工事費負担金を契約締結時に支払うことにより、明け渡し時の原状回復費用負担はないものの、故意・過失による破損、汚損及び、設備の破損がある時は、自己申告のうえ、修繕費をミニテックに支払うものとする・・・」 今更ながら、非常に不透明な契約をしてしまったなぁ・・・という印象を受けるのですが、 結局これは、入居時に支払った、内装工事費負担金は一切返ってこないうえ、故意・過失の破損・汚損箇所の修繕費は別取り、ということなのでしょうか? そもそも、よく考えたら、修繕費用の先取りなんて、ありえない話だと思うのですが? 借手にとっては、非常に不利な契約な気がするのですが なんとかならないものでしょうか?

  • 賃貸マンション契約後に、解約はできますか?

    賃貸マンション契約後に、解約はできますか? このたび賃貸マンションを契約しました。 が、オーナーに不信感を感じ、最悪は解約も考えています。 でもその場合、支払ったお金が返ってくるのでしょうか? 9月21日に物件の手付金を払いました。 残りの契約金は支払い期限の9月25日に支払いました。 入居前に、退去時の壁紙は全て張り替えますと聞かされており、納得はいかなかったのですが、そこは折れて契約をしました。 普通は生活の汚れはこちらの過失ではないので借主が壁紙の張替えの負担はないと思うのですが、このオーナーはそう決めているようで・・・ 契約後に部屋をまたじっくり見てみると、この部屋はクリーニングをしているのだろうかと思うことが、何度かありました。 キッチンしたの戸棚を開くと、見るからにわかる不具合があったり、他にも汚れが目立ちました。気持ちよく入居したいので、これらは伝え戸棚は直していただいたのですが、その後にまた部屋に入る機会があったときに今度は洋室の壁紙に数箇所の濃い色の汚れが付着しているのをみつけました。 前入居者が退去時に全壁紙を張り替えているのだろうと思っていたのに、このオーナーはお金だけ取って汚れていないと思ったらリフォームをしていないように思います。 私の退去時、全壁紙を張り替えることには了承して契約をしましたが、このような嘘をつくような方とは契約をしたくないと言うのが本音です。 不動産屋に伝えたのですが、「そのことは言わないでおきますか?借主の方が強いので退去時はなんとかなりますよ。大丈夫ですよ。契約書にも原状回復と書いてますし」と言われたのですが、納得がいかなかったので、壁紙が汚れていること、私の退去時も壁紙は張り替えないことをやわらかく伝えておきますとのことでした。 が、これもいい加減な対応で、結局のところどうなるのやらと言う感じです。 後でもめないようにどうにかしたいのですが。一番良いのは、オーナーとも折り合いをつけて入居がいいんだと思うのですが・・・それでも壁紙は替えるとか、汚れていることを隠されるようだと、信用がおけないので、入居を取り止めたいと思っています。 原状回復とは、生活の汚れも含めて借主が負担しないといけないのでしょうか? また、キャンセルをした場合、お金は戻ってくるでしょうか? ちなみに、契約書は今手元にはなく、不動産会社が持っています。 どなたか、お知恵をお貸しください。 よろしくお願いします。

  • 旧借主の原状回復費用を新借主が若干負担すると言ってきた場合

    原状回復費用について、教えてください。 借主が退去する場合、原状回復費用を支払って(貸主が原状回復見積り費用を出してきている)退去する契約になっており、そのつもりです。ただ、新入居者(新借主)が、原状の壁・パーテーション等をそのまま使用したいと、旧借主・貸主に言ってきています。その費用を少し負担したいと言った場合、旧借主は、契約に基づき、返済すべき現状回復費用(見積り費用)を減額させることはできますか。また、旧借主は、貸主に返済すべき現状回復費用(見積り費用)を契約通り支払い、現状回復費用の一部費用として新借主が旧借主に支払うと言ってきた場合、その費用は、旧借主は新借主に対し原状の壁・パーテーション等の費用代(どの様な計算根拠に基づくべきでしょうか)を要求して良いのでしょうか。費用は、旧借主が受け取れるのでしょうか。貸主が受け取るべきでしょうか。更に、それで新借主は旧借主の原状回復費用を引継ぐことができるのでしょうか。貸主と新借主はそれで同意しています。即ち、新借主が退去するときは、旧借主が払う原状回復費用を預託し、新借主が退去する時の原状回復費用に充てることになります。旧借主が不利益を被っている感じですが、問題ないのでしょうか。

  • 賃貸契約(修繕費・立退料)について

    賃貸契約について教えてください。 原状は、部屋を決めてお金も払い、その後契約書をもらったところです。。 契約書には、修繕についてという表があり、 「風呂がまの故障や壁の修繕も入居中の場合はこちら負担。」 とか 解約の時に、原状回復には 「汚染、破壊について1面単位に修理義務を負う」 というような表がありました。 入居中の故障がすべてこちらもちというのも 納得いかなかったし、 汚染・破壊というあいまいな基準も不安だったので 「借主に故意・過失が認められる場合負担義務を負う」という一文をお願いしました。 また、立退きについては 「いかなる原因・理由の場合も立退料などを請求できない」とかかれており これも 「貸主の自己都合の場合は、この限りでない」 という一文を特約につけてほしいとお願いしました。 そのところ、そういうことを書く業者はいないし、 愛知では大手(セン○○ルホー○ズ)なので 気にするなという返答。 私がお願いしたことは、そんなに無理なことだったのでしょうか? この契約書で契約してしまって大丈夫なのでしょうか? 引越し日も退去日ももう決めた後で契約書が届いて 本当に困っています。 どうかご意見をお願いいたします。