-PR-
締切済み

生きていることの意味は何でしょうか。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.41405
  • 閲覧数112
  • ありがとう数42
  • 気になる数0
  • 回答数28
  • コメント数0

お礼率 70% (97/138)

学生の時から、ずっとこの問題が頭にあります。(ちなみに私は36歳男性です。)本を読んだり、信仰を持ったりして、自分なりに一生懸命考えてきました。今のところ、「修行して人として成長していくこと」かなあと思っています。皆さんはどうお考えですか。生きている意味、人生の苦しみの意味、世の中に悪の存在する意味・・・・・について、思っていることを何でも教えてください。「意味なんかない!」という意見でもかまいません。自分の宗教では・・・とか、あの人はこの本でああ言ってたとか、何でも構いません。質問の性格上、面と向かってはなかなか話題にしづらく、この掲示板を使わせていただき、いろんな方の考えを聞きたいのです。
通報する
  • 回答数28
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全28件)

  • 回答No.28
レベル7

ベストアンサー率 11% (1/9)

それを考えているあなたは幸せだと思います。もし今余命宣告されたらどうしますか?まだ考えますか?何としても生きたいとしか考えないでしよう? まだ余裕があると言う事だと思います。
  • 回答No.17
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/0)

僕は来年に受験を控える17歳の男子高校生です。僕は高校に入りそれまでやっていた野球部を1ヶ月でやめ、休日は友人との麻雀などで過ごすという生活を送ってきました。しかし、最近、周りが受験モードに入り、さらに自分で言うのもなんですが徐々に敬遠されるようになり、今は機械相手にギャンブルをしています。しかし負けたときはもちろん、勝っても気分が晴れないときがあるのです。「自分はこんなことをやっていていいのか?将来に向けての考えはないのか?」と自ら問いかけることがあります。しかしそれについてはいくら考えても答えが出ることはなく、むしろ好きな女の子のことや親の理想と正反対な自分の現実から逃げ出したくなります。自分は何のために生まれてきたのか?なにがしたいのか?そんなことを考えても別の考えにたどり着きストレスがたまるだけです。そもそも生物は自分の子孫を繁栄させること、自分のコピーを作ることを目的としていると聞いたことがあります。あなたがそれに賛同できないならそれもよいでしょう。ぼくも賛同はできません。そしてじぶんがどういうときが自分にとって「いい時」なのか・・・と考えると、やはり楽しい時、うれしいときです。どんなつらいことがあってもそういうことを目標に生きていくことが大切だと今は思います。今後この考えは変わるかも知れませんが今の僕の意見は「生きていくことの意味は楽しいこと、うれしいことを探して行き、自分でそれを思いっきり味わうこと」だと思います。
お礼コメント
sakura99

お礼率 70% (97/138)

 ありがとうございました。
 「思いっきり味わうこと」という部分に共感します。
 これから、春のいい季節です、思いっきり味わいたいですね。
投稿日時 - 2001-03-15 21:51:17
  • 回答No.12
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/5)

前の#9で回答した者です。
このテーマについて何時間もsakura99さんとお話ししたい衝動を抑えつつ、言葉足らずになることを承知で端折って端折って書きます。
 
神が宇宙を創造された目的が、人間だけのためであるとか、神自身のためであるという論理は成立しません。神にも、人間にも、人間創造に協助した天使にも、万物にも共通する目的でなければなりません。

それは、「喜びを得ること」のためであり、極めて内的なものです。外的には人間には、知識、金、権力が必要ですが、それらは所有するのが目的ではないし、永遠の相対関係を結べるものではありません。

神にも人間にも天使にも万物にも共通に必要ですべてが喜べるもの、それは真の愛しかありません。愛は永遠不変であり、宇宙創造の起源や生命の発現地は、まさに真の愛です。

愛によって主体と対象が一つになれば力が生まれ、主体に対し、同位権、同参権、相続権をもつことになります。社長と結婚すれば普通の人が社長夫人になるように。

人間の一生は、腹中時代10ヶ月、肉身時代100年、そして霊界時代千年万年永遠を生きます。腹中ではへその緒が命の綱ですが、それを切ってこの世に生まれます。この世では肺で空気を呼吸して生きますが、肉身が死ぬときはその活動が停止し、霊界に生まれます。霊界では愛を感じて呼吸する世界であり、神の愛が光で表れる世界です。

ですから人間は愛を中心として心と身体を一つにし、愛を中心として家庭を完成し、愛を中心として万物を主管する、そのような経緯をたどるように創造され、またそれを実現していく過程において喜びを得るようになっています。

しかし悲しいかな人間は神の愛の圏内から逸脱し(堕落)、神の愛の圏内に戻る(復帰)途上にあるので宗教という、愛の訓練(為に生きること)の場が必要になったのです。神と人と愛が一つになれば宗教は必要ではなくなるわけですが。

以上、不足を承知で。
お礼コメント
sakura99

お礼率 70% (97/138)

ありがとうございます。「愛の訓練の場が必要になった」という部分に深く感じるものがありました。この世は愛の訓練の場だ、自分は愛の訓練をしているのだと思うと、生きるエネルギーが湧いてきます。もっとも、自分自身は愛の実践からはとて遠い、弱い人間なのですが。でも、自分なりに、迷いつつ、失敗しつつ、葛藤しつつ進んでいけばいいんじゃないかとも思います。
投稿日時 - 2001-02-18 16:21:19
  • 回答No.10

回答に対する意見を頂きましたが、その内容を読んでちょっと補足をしてみたいと思いましたので少し書かせていただきます。
息子さんがおられるそうですが、その事に対して「生命のバトンタッチに意味があるか・・・」とあります。あなたの息子さんにとっては、あなたは間違いなく意味がある存在です。生まれてきたわけですから。

社会に貢献する、というのも場合によっては迷惑になっている場合もあるわけです。ダイナマイトを発明したノーベルが社会に貢献したか、これは人間だけをとってみれば産業は発達もしたし貢献したと言えるでしょう。原子爆弾、クローンなどをとってみても同様です。しかし特定の対象に対して貢献しても別の何かには迷惑ということも随分あるはずです。気持ちの上で人に貢献したいというのは尊敬いたします。ただ、あまり意識をされるとご自身のできる範囲の狭さにストレスが溜まってきませんか?

ちょっと宗教じみてきて申し訳ないのですが(ちなみに私自身はどの宗教もやっておりません)、「生きている意味」というのを考えた場合、やはり生命体としてする事は子孫を残す、ただこれに尽きると思います。子供がいなければ自分の意思を別の誰かに託すなど、今のところ私にはこれ以上の答えは見出せていません。まだまだ未熟者かもしれませんが・・・
お礼コメント
sakura99

お礼率 70% (97/138)

ありがとうございました。子供が生まれたとき、なんだか大きな責任を果たしたような気持ちになったことを思い出します。(育児はこれからではありますが。)子供から、いろんなことを教えられているような気がします。
投稿日時 - 2001-02-17 12:53:42
  • 回答No.9
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/5)

最近、『人生の目的』や『なぜ人を殺してはいけないか』等の質問設定はその設定自体間違っているうんぬんという説明がありますが、はっきり申し上げましてそれはご本人が知らない、わからないから逃げ、ごまかし、正当化しているだけです。
 
人間にはその存在目的があり、つまり明確な人生の目的があり、それを成就してこそ、人生の意味があると考えます。

ただ人間は結果的な存在のため、誰も自分の意志で生まれてきた存在ではないゆえ、いくら人間自体をひっくり返してみても分解してみてもわからないのは今までの人類歴史の証明するところです。それは原因である、創造主を知らずして絶対解決の不可能な問題なのです。

すみません、今出かけるところなのでまたあとで続きを書きたいと思います。
お礼コメント
sakura99

お礼率 70% (97/138)

ありがとうございます。hngさんの回答を読んだら、なんだかドキドキしてきました。続きを楽しみにしています。
投稿日時 - 2001-02-17 11:21:43
  • 回答No.19
レベル7

ベストアンサー率 26% (4/15)

こういうことを聞いたことがあります。
「人は生きる意味を探すために生きているんだ」っていう言葉です。

いつ聞いたのか、はたまた何処で読んだのか、わかりませんが・・・。

生きているのは、心臓が動いているから?生まれてきたから?脳が動いているから?みんなの心に残っているから?どれをとっても、ただの仮説に過ぎなくて、結局新しい答えを求めて、探し続けます。
私なりに考える「人は生きる意味を探すために生きてるんだ」という言葉の意味はこうだと思います。

でも、死んだときに生きる意味が見つかるって言う事ではありません。
「死ぬ間際に生きていた意味を悟る」っていう言葉を聞いたことがありますが、これは、やっぱり仮説に過ぎないんだと思います。そりゃそうですよね、確認の仕様がないんだから・・・。

なんか、バラバラの文ですいません。
お礼コメント
sakura99

お礼率 70% (97/138)

 ありがとうございました。
 なるほど、生きる意味を探すために生きている・・・というわけですね。
 納得しました。
投稿日時 - 2001-03-15 22:04:21
  • 回答No.18
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/0)

 admirebossさんのコンピューターから回答しています。fcompoです。
 僕は時々精神病院に行ったほうがいいのではないかと思うほどこの手のことに悩み、夜も眠れないことがしばしばあります。そしていろいろ考え、さまざまな本を読んでたどり着いたひとつの結論があります。その本は、
  森 博嗣
 さんの書いている本全般です。
 森博嗣さんは、ミステリー作家ですが、彼の作品には首尾一貫したひとつの哲学が貫かれています。僕はその哲学が大好きで、かつ納得のできるのもなので、ここにご紹介します。
 それは、人は名前のために生きているというものです。
 sakura99さんの悩みは、おそらく自分のすることに何の意味も見出せないという心の葛藤から来るものでしょう。誰もが抱えうる悩みだと僕は思っています。そこにこういうひとつの結論はつけられないでしょうか?「人生におけるすべてのものは装飾である・・・」と。
 自分はかっこよくあろうと躍起になる人がいます。彼は自分のうわべをよくしようと躍起になっていると見ることができます。つまり彼の外見、彼の装飾部分です。自分は名門校に行って研究者になると勉強ばかりする人もいます。彼は頭脳という装飾部分を磨こうとしていると見ることができます。家族の為と言って身を粉にして働く人がいます。彼は家族という彼の装飾部分のために働いていると考えることができるのです。
 さて、ここで話は飛びますが、人はいつ死ぬのでしょうか?脳が死んだとき?心臓が止まったとき?それとも体細胞がすべて死滅したとき?僕はすべて違うと思います。人が死ぬのは人から忘れ去られたときです。いかがでしょうか?人は人の記憶という媒体を通じて心の中で生きつづけるのではないでしょうか?
 僕の「死」の定義はこうです。すると人は長生きするために生きると考えることができると思います。すなわちその人の名前のために生きるということです。人を取り巻くものは精神、肉体もすべて装飾に過ぎません。人の根底を成すのは名前なのです。違うでしょうか?
 人は長い歴史の中で大きな頭脳を手に入れ、それに伴って「名詞」を手に入れることができたのです。世界中で名詞を使うのは人だけです。例えば飼い犬にポチと呼びかけたら呼ばれたと思って走り酔って来るではないかと思うかもしれませんが、犬はポチという単語はこっちへ来いという命令だというように理解しています。人の脳だけが高度な名詞の細分化という作業に耐えることができたのです。こうして人は名詞を手に入れ、名前のために生きるようになったのです。ある意味幸福な生物といえるでしょう。
人の寿命はそれによって飛躍的に伸びました。日本人で最も長生きなのは僕の知る限りでは卑弥呼です。彼女はすでに3000歳になります。

 いかがですか?人に覚えていてもらうように生きる。これが人の生きる意味ではないでしょうか。その意味で僕は某真理教の教祖などは一般人よりは長生きであるといえると思います。しかし、何らかの功績で名前を残したほうが長生きできるのは自明です。
 sakura99さんもこれから名前のために生きてみるというのはいかがでしょうか?
                               fcompo
お礼コメント
sakura99

お礼率 70% (97/138)

 ありがとうございました。
 名前に生きる、名を残す、というのも尊い生き方ですね。
投稿日時 - 2001-03-15 22:00:47
  • 回答No.25
レベル6

ベストアンサー率 42% (3/7)

ずっと昔に聞いた話ですが、ある哲学を専攻した東大生が生きる意味を研究した結果「意味はない」と結論したそうです。本当にそうなのかな、若い彼では見えなかった何かがあるのでは…私もずっと「生きる」とは?を考えています。特に戦争・貧困・民族紛争などのニュースを聞くたびに人類が、これだけ科学を発展させてきたにもかかわらず、そういう面で進化できないのはなぜだと1人考え続けています。人は自衛のためや身近な人のために人を殺せる、し、殺すことを中止することもできる。それはその人のやはり「成長」にあるのではないでしょうか。最近読んだ本に量子物理学者であった人が書いた「魂との対話」があります。救われました。人は成長することで宇宙の進化に寄与しているのだと確信しました。よかったらお読み下さい。ゲーリー・ズーカフ著 サンマーク出版というところからでている本です。1800円ちょっとだったと思います。
  • 回答No.26
レベル12

ベストアンサー率 16% (110/664)

「自分の生きている様を人に見せる、或いは知らせる事により、何らかの影響を与える」
生きていることの意味は、これだと思います。
すべての人は、人と関わって生きている以上、影響を受け、与え、生きていると考えられます。
例えば、知的障害者は自分の生きている意味とか哲学とかは、自分では考えられないけれど、存在する事により、それをサポートする人、福祉などの理念に多大な影響を与えてきた訳で、人はどんな形で生まれようとも生きている意味を持っている事を教えてくれます。
障害者がいるからこそ、健常者はより自分の幸せな立場を確認できるのではないでしょうか。
人生の苦しみの意味は、それを味わった人にだけ与えられる、限られた特別の喜び、幸福感を感じる心を養う為のものです。
苦しみを知っているものだけが、その幸福感は味わうことが出来るのだと思います。
世の中に悪が存在する意味は、善の存在をより大切にする為のものです。
酷い悪が根底にあって、初めて善が際立ってくるのです。
  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 18% (12/64)

 神様ではあるまいし、生きる事の意味なんてそうそう理解できるものではないと思います。何十年も生きて人生の大半を追えた後、或いは死の直前に自分の生に対する意味を自分なりに評価する事はできるかもしれませんが、生きる事とは、我々人間と言う動物がこの世に生を受けて存在している、という事実のみで十分ではないでしょうか。生きる事の意味について人間があれこれ脚色したがるのは、人間が他の生物よりも多少優れた知能を持っているがために他ならないと思います。人間様も楽ではありませんね・・・。
お礼コメント
sakura99

お礼率 70% (97/138)

ありがとうございました。「神様ではあるまいし・・・」そうなんです、こんな答え、神様しかわからない、ということは重々承知の上なのですが、問わずにいられないわがまま者なのです。あまり深く考えず、神様を信頼して、おのれの正業に精励するのが人生の価値かもしれません。
投稿日時 - 2001-02-17 12:47:02
28件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ