• 締切済み
  • 困ってます

民事訴訟の再審について

お世話になります。 損害賠償請求の民事訴訟を提起し、1年前に一審で敗訴し、控訴しませんでした。 再審の理由がみつかった場合、 1.再審は、一審や控訴審に関係なくできるのでしょうか? 2.また、再審できる場合は、一審からやり直すのでしょうか? 3.費用はどのようになっているのでしょうか? 以上、よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数778
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

1 再審の訴えは,控訴審で判決が出ている場合は,控訴審に対してのみすることができます。質問者の方は一審しかしていないようなので関係ないと思います。 2 不服の範囲の限度でのみやり直します。あなたが裁判すべてについて求めているなら,まさに最初からやり直しますが,再審ができる事由はかなり厳しいものばかりです。一般的には,まず再審はできません。  これが簡単にできると裁判制度が崩壊してしまいます。民事訴訟法338条をもう一度確認されたほうがいいと思います。 3 収入印紙,簡裁なら2000円,それ以外4000円。あとは切手代が数千円です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 1についてですが、例えば、一審で、相手の証言により敗訴し、その証言が正しいものと信じて控訴せず、1年経ってから偽証であることが判った場合、失った損害賠償請求の権利は、どうにもならないということでしょうか? もちろん、刑事告訴して証人が偽証罪となった場合を想定しています。 申し訳ありませんが、どのようになっていますでしょうか?

関連するQ&A

  • 民事訴訟の再審請求ができる期間は?

    .個人訴訟の損害賠償裁判で敗訴し、控訴も棄却されたのですが、 その後、一審において重大な手続の不備に気付きました。 控訴の時には全く気付かず、その理由には取り上げていませんでした。 原審判決から2年経ってしまいましたが、期限切れでしょうか? だとしたら何か方法は無いものでしょうか? 「審決から3年経過した後は再審を請求できない」という条文を見たことがあるのですが。

  • 再審以外の選択肢について

    お世話になります。 以下の民事訴訟についてお教え願います。 1.私(原告)は、会社従業員Aに対し、職務上の不法行為に対する損害賠償請求(1000万円)の民事訴訟を提起しました(本人訴訟)。 2.従業員Aは概ね私の主張を認めていたのですが、同会社証人Bの証言により敗訴してしまいました。 3.控訴期間が過ぎた後、判決にかかわる重要な事実について、証人Bの偽証が判りました。 質問1 証人Bを偽証罪、詐欺罪で訴えることは可能でしょうか? 質問2 再審できることを確信しているのですが、再審の理由を知った日から30日となっていると思います。仮に告訴したとすれば、どの時点から30日となるのでしょうか?また、私の確信は再審の理由を知ったことになるのでしょうか? 質問3 時間的にも経済的にも厳しいので、再審以外の方法を探しております。例えば、証人Bを告訴した後、証人Bに対して、従業員Aに請求していた損害賠償金1000万円を請求する民事訴訟を新たに提起することは可能でしょうか? 以上、ご回答宜しくお願い致します。

  • 民事訴訟

    初めまして。 民事訴訟の時に慰謝料請求と損害賠償請求を、 同じ裁判で同時に争うことは可能なのでしょうか?

  • 民事の控訴棄却による再審請求について

    民事の損害賠償請請求事件で敗訴したので控訴しましたが棄却されました。 上告しようと思ったのですが、事情で期限に間に合いませんでした。 上告受理の申立をしたのですが棄却でした。 控訴審に対して、「上告」ではなく「再審請求」ならできるでしょうか? また、その期限はどれだけでしょうか? あるいは、「上告受理の申立」に対する再審請求は可能でしょうか?

  • 損害賠償を求める民事訴訟について教えてください

    損害賠償を求める民事訴訟に勝訴した後の制度上の質問です。 以前に新聞を読んでいると、「損害賠償を求める民事訴訟で勝訴しても、 加害者が支払わない場合、国が強制的に取り立てる仕組みがない。」と 記述してありました。 私は、民事訴訟で勝訴し、損害賠償請求権があるのなら、相手の財産を 差し押さえして強制的に支払わせることができると思っていました。 このような考えは間違っているのでしょうか。 回答の程、よろしくお願いいたします。

  • 民事訴訟

    法律の素人です。 今まで民事訴訟というのは、必ずいくらかのお金を相手に要求するものだと思っていました。だから、お金を要求しないで、ただ謝罪を要求するような訴訟はないのだと思っていました。 それで合っているのでしょうか? それともこれは損害賠償請求の場合だけなのですか?

  • 民事訴訟の一部請求

    民事訴訟の一部請求についての問題なのですが、明示説は、前訴のときに明示しなくてはならなくて、後訴で前訴が一部であったことを主張しても残部請求は認められないのでしょうか? 例えばね原告Xが被告Yに対して200万円の交通事故に基づく損害賠償請求訴訟を提起し、勝訴判決が確定した。 その後、Xが、当該200万円は損害1000万円の一部だと主張して残部として800万円の損害賠償請求の別訴を提起した場合、明示説ではどうなりますか?

  • 民事訴訟 上申書について

    民事訴訟 上申書について 民事訴訟の控訴審ですが、第一審にて提出した証拠について 『証拠能力がない』と判断されたためか、原審敗訴となりました。 再度、『証拠能力がない』と判断された証拠に対して、 詳細な事実が明確となる新たな証拠を入手しました。 そして、再度 審理してもらいたいと考えており、 「上申書」を提出したいと考えております。 その場合、上申書も「正本」「副本」と2通用意しなければ いけないのでしょうか。 お手数をお掛けいたしますが、ご教授頂ければ幸です。

  • 外国人への民事訴訟(損害賠償請求)はできるのか

    「日本の国籍も住所もない外国人」に対する民事訴訟、例えば、契約違反(または不法行為)による損害賠償請求の訴訟を、日本の裁判所に提起して判決をもらうことはできるのでしょうか? 例えば、「日本に数日間だけ観光旅行にきただけの外国人」による器物損壊行為に対して、その損害賠償を請求する訴訟などです。

  • 民事訴訟(損害賠償請求訴訟等)の被告の弁護士費用

    民事訴訟(損害賠償請求訴訟等の金銭に関係する)の被告となった場合の弁護士費用は原告と同じと考えて良いのでしょうか? (確か、訴訟額の何割かだったと思います。)