• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「日本人の配偶者等」の在留資格を事前に申請すべきでしょうか?

韓国人の夫と日本で暮らしたいのですが、まず何から始めるべきかで悩んでいます。必ずしも法律上の問題に限った話ではないのですが、できるだけ簡潔に状況を説明しますのでどなたかアドバイスをいただければ幸いです。 私は現在28歳、無職です、夫は現在韓国で事業家ということになっていますが、日本と韓国では財産運用の仕方であるとか、経済観念であるとか、私には具体的に説明しきれないような相違点がたくさんあるように思います。 私は大学卒業と同時に中国へ渡り、そこで出遭った現在の夫と去年結婚し、お互いの国では配偶者として戸籍に記載されています。 韓国ではしばらく一緒に暮らしていましたが、日本では同居の経験はありません。 私は日本での社会経験が皆無のため、これから遅い就職活動し、且つ住む家を確保をしなければなりません。 今は一時帰国をして実家におります。 普通は職を得てから独立するのでしょうが、諸事情あって先に部屋を借りて新居とし、夫には日本の生活習慣と語学をある程度習得してもらった上で35歳までに何らかの就職口があれば…と考えていますが、必ずしも今から永住権を視野にいれているわけではありません。 韓国人が日本に入国し、短期滞在するだけならビザは不要とこころえ、まず私が父を保証人として、もしくは父名義で部屋を借り、その上で夫を呼び寄せた後から外国人登録なり在留資格の申請なりすればいいかと安易に考えておりました。 私が韓国へ渡って韓国人の配偶者として在留資格を得た際はその手順で通ったので… しかし申請の代行をするような業者があまりにも多いために「そんなに特殊で難しいことなのだろうか?」と不安になりました。 入管法上の結婚の意味と民法上のそれとではずいぶん違いがあるそうで、保証人能力を持たない私の戸籍上の夫であるというだけでは在留資格は下りないのではなかろうかと危惧しています。 いずれにせよ、配偶者ビザを事前に申請し、受理されるのを待った上で入国させた方がいいのでしょうか、数ヶ月かそれ以上の時間と、場合によっては不認可が予測されますか? 入国自体は最悪観光客として可能なので、その上で配偶者として登録する方向でも問題ないでしょうか? 戸籍上の夫であるだけ、と上記しましたが、4年以上同棲した上での初婚、式は挙げていませんが、それぞれの親類縁者には挨拶も済ませ、先方の両親とは半年間同居、私の両親と夫の仲も言葉が通じないなりに数年間良好です。 ただ日本においては夫婦として証明する術が「配偶者としての記載」のみ、しかもどちらも無職…。 日本で暮らす以上は私が家長であり世帯主になるのですが、長年海外で暮らしていたため日本社会に適応しきれていない焦燥があり、気持ちばかりが滅入って何も手につきません。怠慢だとは自覚しています。 このカテゴリーに投稿するにふさわしくない問題が私個人の感覚ではこの件に大いに絡んでおり、そのため要領を得ない説明になってしまいましたが、恥を忍んで書き綴った次第です。 入国管理局に電話をすれば最短距離で答えが出るのかもしれませんが、ひょっとしたら先にすべきことは学校の手配であるとか、不動産屋との契約であるかもしれないという思いと、できれば血の通った助言がいただきたいとの想いもあります。 脈絡のない長文、失礼しました。 何らかの回答をお待ちしております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • wellow
  • ベストアンサー率46% (892/1932)

結論から言えば、「短期滞在(ビザ不用)で日本に入国後、住居を管轄する役場に出向いて外国人登録し、その際に渡される黄色い髪を持って、住居を管轄する入国管理局で、在留資格変更申請」でOKです。もちろん日配の在資認定を得てからでも構いませんが、査証免除国国民ということもありますので、短期滞在で渡航する方が圧倒的に楽でしょう。 しかしながら、日本で生活を開始する時点で、夫婦揃って無職という状態ですので、あなたのご両親が保証人という形式を整えておくべきでしょう。ご両親との同居は有利になりこそすれ、不利にはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私にとっては前向きな発想につながる簡潔でありがたい回答をいただき本当に参考になりました、ありがとうございます。 査証が免除されない国の国籍の人を呼びつけるとなると、まずはビザの申請にたくさんの条件が付くのでしょうが、入国自体に制限が無いということは渡航後正規の登録手続きを踏めば夫の配偶者としての信憑性をそれほど問われることは無いのかもしれないと思えました。 ちなみに仮に事前に「日配の在資認定」を申請して受理されなかった場合、或いは結果の出ない状態で短期滞在で日本に入国し、後から改めて在留資格の変更を申請することも可能でしょうか? これでは回答にまた質問を返すようで申し訳ないですね、「短期滞在で渡航する方が圧倒的に楽でしょう」といわれるからには、敢えて事前に申請したりしないほうが現実的なのでしょう。そんな風に少し楽観的にも考えられるようになりました。 今を逃すともう二度と(離婚しない限り)日本で社会生活を営むチャンスが無くなりそうで…日本国民だし年金だってずっと払い続けているのにバカバカしい!と思って帰国を決意したのですが、やはり問題は夫の在留資格云々以前に私が無職であることだと思い知らされました。 両親を保証人に立てることで部屋が借りられればいいのですが、夫の外国人登録は住所をまずは私の実家にしておくほうが早道なんですね、きっと。 折角いただいた回答を参考に今すぐ明確な行動選択ができない性格こそ元凶ではあるのですが、自分より知識のある方からの指示をいただけたことでいくらか迷いが晴れました。 ごめんなさい、法律に関するQ&Aにとって余分なことまでついだらだら書きたててしまいました、本当に失礼しました。 ともかくご意見をお寄せいただきありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • wellow
  • ベストアンサー率46% (892/1932)

>入国自体に制限が無いということは渡航後正規の登録手続きを踏めば夫の配偶者としての信憑性をそれほど問われることは無いのかもしれないと思えました。 この認識は甘いです。日配の在資認定を得るための提出書類も、日配に在資変更するための提出書類も、量、質ともに大差ありません。 故に「もう、日本に入国できたんだから」とか、「韓国人は査証免除の優遇があるから」とか、「既に同居しているんだから疑う要素は無いでしょ」とか甘い考えで提出書類の質や量を下げると、不許可になる可能性が増します。審査官は「この人、本当に結婚しているの? 真剣味が感じられない」と思うでしょう。善意の方向に解釈してくれると期待しては駄目です。申請者に立証責任があるのは大前提です。 >ちなみに仮に事前に「日配の在資認定」を申請して受理されなかった場合、或いは結果の出ない状態で短期滞在で日本に入国し、後から改めて在留資格の変更を申請することも可能でしょうか? まず、「受理されない」というのは論外なレベルとお考えください。書類の不備があっても多少ならば、「後から速やかに郵送して」と言われ、受理してくれます。ゆえに受理されないというのは、申請書が書けない(日本語も英語も書けない)とか、日本の民法上ありえない状態であるとか(婚姻云々を言っているのに、あなたが16歳未満であるとか)、そんな状況です。 在資認定申請が不許可になった後に、日本に短期滞在で渡航して在資変更申請することは、手続上は可能ですが、在資認定が不許可になるようなレベルの申請書類の質・量で、在資変更をすれば当然、不許可になります。「後から改めて在留資格の変更を申請」したときには、以前に在資認定申請が不許可になったという記録も参照されますので、下手な申請を繰り返すとどんどん不利な状況に自らを追い込むことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

申請者に立証責任があるのが大前提…なるほど、そういうものなのですね。 許可が欲しい、別に悪いことをしているわけではにのだからいずれは許可されて当然だ、というような甘えた姿勢が多分にあったようです。 己を戒める意味で今後も肝に銘じて堅実且つ着実に書類を整理していきたいと思います。 丁寧な回答をありがとうございました。

  • 回答No.1

まず正式な手続きでは、外国にいる配偶者を日本に呼ぶときには、まず日本人の配偶者等という資格での在留資格証明書を取得してから、それを相手に送付して日本領事館でビザを発給してもらい呼び寄せることになります。 日本にビザレスで訪日してから手続きするというのは、出来ないことはないようですが正式な手順ではありません。そのため、この手続きの場合には素人だとどうやればよいのか困ることもあるかもしれません。(法律上特別な事情がある場合のみ認められるとされていますので事情の説明が必要です) >しかし申請の代行をするような業者があまりにも多いために これは数年前に「行政書士」という新しい資格が誕生し(国の資格です)、この行政書士の業務ではこのビザ取得代行などが出来るようになったため、皆さん積極的に営業活動をしている影響なのではと思います。 もともと日本の入国審査は厳しいですから、ちょっと難しい案件だとやり方の知っている行政書士でないとうまく許可が得られない場合もあるので、そのためでしょうね。 ただご質問ではもう婚姻して長いので、そんなに苦労せずにご自身で手続きしても出来るのではと思います。というのも、一番入管が厳しく見るのは日本人の配偶者等の資格の場合には、偽装結婚の類です。その恐れがなければあとはそんなに心配は要らないのではと思われます。 >日本で暮らす以上は私が家長であり 今の日本には家長制度はありません。(それは戦前の話です) >世帯主になるのですが、 住民票は日本人のみ作られますのでそうなります。(外国人は外国人登録になります) まずは、早く日本に呼び寄せたいのであれば、親の家に居住ということで、そのまま申請してはどうですか。 賃貸するにはその前にまず職を見つけたほうがいいですね。無職だとなかなか借りれませんよ。 あと在留資格証明書発行の配偶者等の申請時にも職はあったほうが良いのかもしれませんが、必須なのかどうかはなんともいえません。無職のときの手続き方法は一応はあります。 ただ、ご質問の場合配偶者は日本語がほとんど話せないようですから、生活をどうするかといえばご質問者の収入で当面はまかなうわけなので、ご質問者が働くことは前提として考えねばなりませんので、ご質問者の求職活動などについても説明資料が必要になると思います。 就職している場合には、その職場で在職証明書を発行してもらって申請します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答を頂き参考になりました、ありがとうございます。 家長という表現は観念的なものだったようです…法律的には戦前の制度だったんですね、勉強になりました。 当面の生活費はこれまでの貯えでなんとか賄えそうなので、まずは夫を呼んで新居を構え、その上で就職活動をしたい…。 先に就職活動をしていては別居時間が長くなるし、夫が日本と日本語に慣れるのにマイナスになると判断したのですが、ある程度覚悟しなければならないリスクなのかもと思い直しました。 ただ私は将来的にまた韓国で暮らすことになる可能性が高いため、正規の雇用を目指して長期就職活動をするべきなのか、当座の暮らしのために正社員にこだわることなく今すぐ可能な仕事に就くべきなのかでも悩んでいるのですが、そのことが直接主人の外国人登録を必ずしも妨げるとは限らないのでただ漠然と時間を無駄にするよりは在留資格の申請だけするべきなのでしょう。 偽装結婚との判別のためにかなりプライベートなことまで晒す羽目になるそうだと聞いているのですが、仕方のないことですね…。 私の実家で夫も含めて同居することは選択肢に無いのですが、在留資格証明書申請時はまだ無職で家もないので両親と同居する前提だと話すことにします。 相談する相手がいなくて悶々としていたのですが、言葉にすることでいくらか気持ちの整理も付いたように思います。何か当たり前のことを人様の力を借りて自分自身に確認しているだけのような気もしますが…。 いずれにせよ要点の絞りきれていない質問に的確な回答を本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 在留資格変更:「短期滞在」→「日本人の配偶者等」

    日本人の配偶者の在留資格に関する質問はいくつもあるようですが、なかなか自分のケースに似たものはないので、質問させてください。 以下のような状況の外国籍配偶者について、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は容易・迅速に可能でしょうか? 私は日本人で、妻は外国人(アジア圏)。交際開始は10年以上前、結婚は5年以上前、3歳の実子(日本国籍あり)が一人います。ここ5年ほどアメリカに一家で滞在しており(私の留学)、妻はこれまで日本で生活したことはありません(短期滞在を除く)。 このたび私の留学生活が終わり、日本に家族で帰国します。そこで妻の在留許可を得る必要があるのですが、ビザ免除の「短期滞在(90日)」で入国し、「日本人の配偶者等」への在留資格変更許可申請をするつもりです。 (在留資格認定証明書を取得する方法も知っていますが、時間的な制約により、ビザなし入国後の在留資格変更を第一に考えています。) 私は日本帰国後に求職活動をするので、しばらくの間は無職です。ただ、家族3人が当面生活するのに十分な資産はあります(1000万円超)。 また、アメリカ在住だったため、日本の住民票や納税証明などはありません。 結婚歴は長く、実子もいるので、偽装結婚でないことは明白だと思います。 質問: 1.このような状況で、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は許可されるでしょうか? また、許可にはどの程度の日数を要するものでしょうか? 2.申請は入国後すぐに可能なのでしょうか? それともある程度の期間をおいてからでなければ受け付けてもらえないのか? 3.在留資格変更申請後、許可が出るまでの間に、諸事情により妻が急遽出国しなけらばならない可能性があります。この期間の出国は可能なのでしょうか? (出国により変更申請は無効になるでしょうが、それを承知の上でなら出国可能なのか? また、出国したことによりその後の再度の在留資格申請等に影響があるのか?) よろしくお願いいたします。

  • 夫の在留資格証明書と配偶者ビザに関して

    昨春、国際結婚をして、現在シンガポールで二人とも仕事に就いています。娘の夫は、日本での生活を望んでいて、ずっと転職先を探していました。それで、在留資格(就活において、配偶者ビザを予め取得しおくと有利になるため)を代理申請をして、先週、その証明書を受け取って、シンガポールへ発送していました。 就きましては、お尋ねしたいのですが、在留資格の有効期限内に、日本での転職先が決まりそうもない状況にあって、どのようにするのが良いのか、親として思案しています。 発行日の3か月以内に、入国しなければならないのですが、その前に、在シンガポールの日本大使館で配偶者ビザを取得しておくべきでしょうか。と言うのが、日本での仕事が今年の夏以降か、または来年以降になる可能性もあるからです。 不勉強で申し訳ありませんが、在留資格証明で、先ずビザだけを取得しておいて、来日できる際にビザ提示とはいかないのでしょうか。あるいは、8月下旬までに、配偶者ビザなしで、一旦入国して、再入国許可を発行してもらうことになるのでしょうか。いずれにしても、期限内に入国しなければなりませんね。 誠に恐縮ですが、早めのご回答を、何卒よろしくお願いいたします。

  • 在留資格変更申請(日本人の配偶者等)の申請について

    韓国人男性と結婚して1年です。先月生まれた子供が一人います。 現在は韓国に住んでいますが、これから3人で帰国して 在留資格変更申請をしようと思っています。 子供は二重国籍で帰国前に領事館で出生届を出して帰ります。 旦那は90日の短期滞在で家族訪問?で入国する予定です。 私は韓国で仕事をしていなくて、日本に帰っても育児があるので仕事がしばらくできなさそうだし、 旦那も日本に行くときには無職の状態になります。 今はインターネットの就職求人サイトを見てWEB応募したり電話問い合わせしたりしていますが、 外国人でも応募などは可能ですが、在留資格の許可がおりたところでまた応募してください。と言われてしまいます。 日本に帰れば引き続きインターネットで探したり、帰国後にハローワークに登録して職探しをする予定です。 そして旦那も今回緊急の帝王切開になったりで少ない貯金を使ったりしたので貯金がない状態で 私も日本に貯金がない状態です。 そして私たちが交際したきっかけがインターネットからだったし、交際期間が短いほう(1年)だったせいもあって、入籍後1度在留資格認定申請をしましたが『日本人の配偶者等の活動をするものとは認められません』といった理由で不交付になった経験があります。 そこで今回申請するにあたっていくつか質問があります。 1、インターネットで検索してみると外国人の配偶者を短期滞在で入国させ在留資格変更申請をしている人も多い印象ですが、以前行政書士の方に聞いたら、やむおえない理由がない場合には原則認められないといっていましたが、今回私たちも3人で入国後に在留資格変更申請をする予定でいますが、認められないんでしょうか? 入国後に変更ではなくて在留資格認定申請をするべきでしょうか? 2、旦那の就職活動の状況の証明を提出するともっといいというようなことを言われたことがあるんですが、帰国前に応募したときのメールのやりとりなどをコピーして提出したほうがいいでしょうか? あと、ハローワークに登録したときの証明などもコピーしたりして提出するべきでしょうか? 3、2人ともが無職、貯金なしの状態なので生活面で問題があると思うんですが、私が身元保証人になれないので実家の母(工場勤務、月約14万くらいの収入)と親戚の叔父(郵便局員、収入額不明)が代わりに保証人になってくれ、在職証明書や所得証明書や納税証明書を出してくれるし、旦那が安定した収入ができるまで生活面で援助するといった文書を書いてくれるそうですが、(実際、帰国後はビザの許可がおりて旦那の仕事が決まりある程度安定できるまでは実家で生活し、母が生活費などは援助してくれると言っています) 申請人の夫婦が無職貯金なし状態なら無条件不交付の可能性が高いんでしょうか? 代わりに親族の身元保証人がいれば許可の可能性もあるんでしょうか?? それとも家族などに一旦お金を借りて自分の口座に入金して預金残高証明書を作ってる人もいるみたいですが、そんな方法をしてでも貯金があるように見せたほうがいいんでしょうか?? 4、配偶者ビザの申請は偽装結婚が多いのでとても厳しいと聞きますし、実際私たちも前回の申請で疑われたんだと思いますが、 今回の申請時には結婚して1年たっているし子供もいるので婚姻関係の継続は認められるから偽装結婚については問題ないんじゃないかと言われましたが、 質問書の中で出会いからのところに一緒に出す資料があまりなく、交際中の資料といえば、旦那がプレゼントを贈ってくれたときのあて先とかの部分のコピーとか、ほとんどスカイプで話をしてたので通話記録などがないですが、たまにメールやり取りをしてたのでそれのコピーや、あとは一緒に韓国にきたときのバスや飛行機の予約確認のメールや韓国での生活の証明となれば韓国での私の配偶者ビザのことが書いたパスポートの部分のコピーや旦那と義母と一緒に入った健康保険証のコピーや外国人登録証のコピーや、母子手帳のコピー、出生証明書や病院でもらった子供のアルバムや、 病院のホームページに私たちの子供の写真が載ってるのでその部分のコピーや、あとは家族写真くらいで、あとは交際中の様子を母とかに書面で書いてもらうとかしかないですが、これでも資料としての材料になるんでしょうか?? 5、ビザ申請の理由書は、そもそも新生児をつれてまで帰国するのが私が産後うつになってしまったみたいで実家の母や旦那のお義母さんともよく相談して日本に行くのが良いだろうとなったので帰国することになりました。 なので理由書には『相談して日本に行くことが良いとなって帰国し、日本で改めてよく相談し3人で日本で暮らすのが良いという決断になったから在留資格変更申請をした』というような内容でいいんでしょうか?? 結婚もして子供もいるのに貯金がないとか仕事がないとか計画性がなく考えが甘すぎることは十分わかっています。 それでも実家の母や旦那のお義母さんとも相談して日本で暮らすほうがいいという風になったので 3人で一緒に日本で生活がしたいです。 情けない夫婦ですが、回答お願いします。

  • 配偶者在留資格の更新について教えてください。

    配偶者在留資格の更新について教えてください。 私は日本人、夫は韓国人です。昨年の12月に在留資格が取れたのですが、日本ですぐに仕事がないので韓国で仕事をしていました。実質、別居状態で現在私も夫も無職です。こんな状態でも更新はしてもらえるのでしょうか? 私は6月に仕事を退職、夫は8月です。 離婚するか迷っているので正直言うと出なくてもいいかも・・・、と考えたりもしています。 これから先の事が心配で今何から行動すればいいのかわからなくて困っています。 どうか少しの情報でもいいので、ご回答宜しくお願いします。

  • イギリス人配偶者の在留資格申請について

    イギリス人の夫と日本で婚姻し、日本で暮らすために在留資格申請の手続きをしています。 (現在夫:イギリス在住、わたし日本在住の遠距離) 日本の配偶者用の在留資格申請では両国で婚姻が住んでいるということが条件で、イギリスの結婚証明書も提出しないといけないようなのですが、いろいろな質問のページを読んでいるとイギリス領事館でmarriage certificate(結婚証明書)は発行しないけれど、 marriage letter(結婚しましたよという手紙?)なら発行してもらえるという情報を得て、早速イギリス領事館にmarriage letterの発行を催促しました。 けれど返ってきたのは「婚姻を再度英国に登録するシステムはありませんということを入国管理局に説明してください」という内容で、どうやらmarriage letterは発行してもらえないようです。 そのメールのやり取りをプリントアウトして提出しようと思うですが、それで却下される可能性はあるのでしょうか? そして在留資格認定証明書交付申請書には「婚姻の提出先と提出年月日」日本と申請者本国(イギリス)用に書くところが2か所ありました。 申請者本国の箇所は空欄でも大丈夫でしょうか? わからないことだらけです。。。同じシチュエーション(だった)の方、回答よろしくお願いします。

  • 在留資格認定証明書交付と在留資格変更許可の違いは?

    在留資格認定証明書交付と在留資格変更許可の違いは? 彼が日本滞在中に入籍をし、日本人の配偶者のビザをいただきたく入国管理局に行って在留資格認定証明書の交付申請をしてきたのですが、もしかしてこのまま日本に居たい場合は変更許可をすべきだったのですか? もうすぐ観光ビザが切れるのですが、今からでも変更は可能ですか?それともまた始めから申請しなおしですか? 誰か教えてください!!お願いします!

  • 国際結婚における改姓と在留資格証明申請について

    私は日本人で中国人の女性と結婚する予定です。 日本で結婚手続きと同時に外国人配偶者の改姓手続きを行ったとします。 その後、彼女の在留資格認定証明申請を行いますが、恐らく改正後の姓で申請しなければならないと思っています。 当然、在留資格認定証明書は改正後の名前で発給されると思います。 この場合、彼女のパスポートと在留資格証明書の名前はそれぞれ違うことになりますが、ビザの申請や入国に際して、問題はないのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 在留資格の手続きについて

    来日7年、結婚して5年になるアメリカ人です。 ビザのことで質問させてください。 現在、在留資格が「技術」なのですが、6月までに更新を行います。 このとき、在留資格の更新と在留資格の変更(「技術」から「日本人の配偶者」へ)、永住権(「日本人の配偶者」として)の申請を同時に行うことはできるのでしょうか。

  • 配偶者在留資格のない外国籍妻の法的権利

    外国籍(韓国人)妻との婚姻が受理されて入籍しましたが、入管からの配偶者在留資格認定がなかなか得られません。今までは3か月の短期ビザで入国し同居を繰り返してきましたが、こういう状況のままでいた場合、法的権利に不都合はあるのでしょうか。例えば、日本の法律における国民健康保険制度、年金制度、財産相続などが外国籍(韓国人)妻に適用されるのでしょうか。日本人妻や在留資格認定が得られた外国籍妻との比較においての違いを教えてください。

  • 在留資格のことについて困っています

    去年、中国人男性と結婚しました。 年末に在留資格を申請し今年のはじめに許可を取ることができ、在留資格が切れるギリギリで日本に入国。外国人登録を行う前にいろいろな理由で主人は帰国。私たち夫婦はいろいろな事情でまだ同居までに至っていません。主人の在留資格が切れるのは来年の1月頃です。 質問なのですが、在留資格の期限が残っていて外国人登録を行っておらず、主人は日本での生活にまだ自信がないということ・主人が持っている資格が日本で生かすには新たに試験を行わなければいけないこと、日本語の勉強や試験の勉強をしなければならない為に持っている資格の怠慢が生じると言うことから本国に戻り定職に就く道を選びました。 再び、日本に来ると言うことで… そこでその行動から入国管理局に報告をしなければいけないのでしょうか? また、外国人登録は行っていませんが、在留資格期限内に再度日本に入国することが出来るのでしょうか? 今後、再度在留資格を申請をする時に影響は出るのでしょうか? 沢山の質問で申し訳ないのですが教えてください。 お願いします。