• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

pKaが小さいと酸性?塩基性?

pKaが小さいとH+を放出するので酸でよいのでしょうか? ある論文でpKaが2.7で小さいので塩基性の物質とかかれていたのですが? pKaが小さいと酸・塩基どちらになるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数9398
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1617/3275)

定義通り. そして強い弱い,酸性塩基性はしょせんは比較の問題に過ぎない.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#62864
noname#62864

pKaが小さいほど強酸です。それは定義式を見れば明白です。 ただし、重要なこととして、塩基性と言うのは、本来はpKbで議論すべき事項ですが、pKaの方がデータとして広く用いられるために、塩基性を議論する時に、その共役酸のpKaで議論することが多いです。すなわち、『共役酸が強酸であるほど塩基は弱い』ということです。 たとえば、酢酸イオン(あるいは酢酸ナトリウム)と水酸化物イオン(あるいは水酸化ナトリウム)の塩基性の強弱を議論する時に、酢酸(酢酸イオンの共役酸)のpKaと水(水酸化物イオンの共役酸)のpKaを比較します。前者の方がpKaが小さく、強い酸であるために、その共役塩基である酢酸イオンの方が弱い塩基であると言う理屈です。 こういったことは、きっちりと本に書かれているべきことだと思いますが、その辺りが曖昧なままになっていることもあるように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 塩基性の強さ

    塩基性の強度を知るためにはどうすればよいのでしょうか?たとえばTEAとt-BuOKのどちらが塩基性が強いのかを比較する場合などです。pKaで比較するのかなと思うのですが、いまいちよくわかりません。

  • 原子に酸性や塩基性がある?

    理科の教科書の酸・塩基の所を読んでいて疑問に思ったのですが、 原子そのものに酸性や塩基性というものがあるのですか?? それともイオン化・電離によって酸性や塩基性に分かれるのですか?

  • 4,4''-Diamino-p-terphenylの塩基性定数pKa

    塩基性定数を知りたいのですが文献が見つからず困っています。特に4,4''-Diamino-p-terphenylの塩基性定数pKaが分かる文献を紹介して頂けれが幸いです。よろしくお願い致します。

  • pKa値と、酸塩基反応の予測

    次の問題なんですが、よろしくお願いします。 『酢酸pKa=4.7より小さな物質と酸・塩基反応したとき、主に生成する酢酸由来の化学式を示しなさい。』 このとき、自分はHCl(pKa=-7)を選んで解こうと思ったのですが、 どのように考えればいいのでしょうか。一応、下のように考えてみたのですが絶対違うと思っています。 CH3CO2H+HCl→CH3CO2H2+Cl-  塩基 酸 より弱い酸 より弱い塩基 CH3COOH+Cl-→CH3COO-+HCl 酸   塩基  より弱い塩基 より弱い酸

  • 酸性と酸 塩基性と塩基 定義

    「酸性」と「酸」 「塩基性」と「塩基」という言葉についての質問です。 参考書を読むと「酸」については2種類定義があります 1水素イオンを与えられる物質 2水に溶解したとき電離し水素イオンを出す物質 「酸性」については 青色リトマス紙を赤変させる、亜鉛と反応する、~~~~~などの性質 と色々な事実を列挙した後に『などの性質』と書いてあります。   質問(1)↑の定義によると 「酸」ではあるが「酸性」ではない物質 「酸」ではないが「酸性」ではある物質 もありえるように思えるのですがどうなのでしょうか? 質問(2) この「酸性」の定義だとなんだか曖昧に思えるのですが?

  • pKaとpH

    pHについてはわかるのですがpKaがよくわかわかりません。 どなたか違いを教えてください。 あと、pKaの値が大きい場合と小さい場合では酸、塩基は変化すると思いますが、どちらが酸性で、どちらが塩基性なんでしょうか?

  • 一塩基性酸とは?

    「一塩基性酸」という言葉がありますが、「酸」とどう違うのでしょうか?

  • 酸性物質 塩基性物質 定義

    アレニウスの定義に従うと、CO2やNH3はアレニウス酸やアレニウス塩基ではありませんが (水と反応し生じるH2CO3やNH4OHがアレニウス酸とアレニウス塩基であるため) 間接的に他のアレニウス酸やアレニウス塩基と関係してきます。 よってアレニウスの定義に従って話をしているときに CO2やNH3のことを酸性物質や塩基性物質と呼称することは知っているのですが 酸性酸化物や塩基性酸化物もそれぞれ酸性物質や塩基性物質にカテゴライズされることを知りました。 ここで酸性物質や塩基性物質の定義を調べようとしたのですが見つけられませんでした。 酸性物質と塩基性物質の定義を教えてください。

  • 芳香族アミンの塩基性について

    こんばんは。  p-トルイジンとアニリンの塩基性に関する問題を解いていたのですが、どうしても自分にはわからない疑問が生じたので質問させていただきます。  p-トルイジンとアニリンではどちらが塩基性が強いかというものなのですが、p-トルイジンのpKa値は5.10で、アニリンは4.62ということがわかりました。  このようになる理由について考えたのですがo-トルイジンについても考慮するとどうしてもわかりません。自分は以下のように考えました。考え方の違いなどご指摘いただきたいです。  芳香族アミンの塩基性はアミンの電子供与性によるもので、ベンゼンは求電子置換反応を起こしやすく、いわば電子が不足しているものであるのでアミンの電子供与性を中和してしまう。そしてそのベンゼンによる効果を電子供与性のメチル基が軽減しているためにp-トルイジンのほうが塩基性が強くなる。    しかし、o-トルイジンのpKaは4.45となっておりアニリンのほうが塩基性が強いため上記の考えでは合致しません。これはオルト位にメチル基がつくため、置換基間で相互作用がおこると考えるべきなのでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 化合物の極性(酸性、塩基性)

    酢酸エチルで有機化合物を分離したさいに、有機溶媒層と、水層に化合物が溶け込んでいると思うのですが、この時水層には強い酸が溶け込んでおり、溶媒層には塩基性または水層に溶けた酸よりも弱い酸が溶け込んでいると考えています。 このそれぞれの化合物を薄層クロマトグラフィーで上げたところ、水層に溶け込んでるであろう酸性化合物の方が極性が高く出ました。これはなぜなんでしょうか?酸と塩基で極性が違うのはなぜなんでしょうか?