• 締切済み
  • 暇なときにでも

インタビューの守秘義務

 先日は住民税にたいするお答えありがとうございました。 今回は、インタビューの守秘義務に付いて少し聞きたいと思います。 どうか、ご意見、お答えなど、よろしくお願いします。 あるライターさんがインビュー(取材)をしにいきました。 相手さん側と『口頭では守秘義務の有無は話していない』と言う事を理由に いろいろなことを掲示板に書きこみをしていました(そのインタビューの内容を) はたして、それは違法(?)なのでしょうか? おそらく、そのインタビューは雑誌等に掲載されるであろうぐらいの大きいインタビューです。 どなたか、そこらへんをわかる方、助言をいただけたら、幸いです。

  • hrs
  • お礼率29% (29/98)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数295
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.6
  • piccoli
  • ベストアンサー率31% (10/32)

 オフレコの口約束を破っても刑法上問題になることはないです、ただ、それによって相手方が損害を受けた場合に民法上の損害賠償の対象になる可能性はあるのではないでしょうか?信頼して内緒の話をしたのに公開されて精神的損害を受けたとか、一定の時期まで秘密の話をフライングで公開されて経済的損害を受けたとか(かなりまれなケースだとは思いますが)  また、インタビューは相手との信頼関係の上に成り立ちますので、今後の仕事がやりにくくなることだけは確かだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 守秘義務はちゃんと守られている?

    弁理士には守秘義務があると聞きますが、その守秘義務はどれだけ守られているのでしょうか? 弁理士が守秘義務を守らなくてはいけないといっても、弁理士が守秘義務を守ったというのは誰が判断するんでしょうか? あるアイデアを持ったAさんが弁理士にアイデアを相談したとして、そのアイデアを魅力的に感じた弁理士がAさんのアイデアを自分のアイデアとして出願してしまったら、アイデアを盗まれた!って分かるのはそのアイデアを弁理士に話したAさんだけということになります。 そのAさんがいくら『この弁理士は守秘義務を守ってくれませんでした。私のアイデアを盗んだんです。』と主張しても第三者はAさんが本当の事を言っているのか、それとも弁理士がアイデアを盗んだんではなくて元々弁理士のアイデアだったのかは分からないと思います。 実際にこういった事も起こりうると思います。 ですので、僕は弁理士に守秘義務があると聞いても不安が解消されません。 守秘義務に関する僕の見解は間違っているのでしょうか? そんな心配必要ないよという意見が聞けたらうれしいのですが、でもやっぱり確実な助言が欲しいです。 実際のところどうなっているんでしょうか?

  • それって守秘義務?

    裁判所に行ったときに、裁判員裁判の安全性について疑問に思うことがあったので、 裁判所の広報に質問してみたときのことです。 審理後の裁判員に暴力団の声かけがあったという事件がつい先日ありましたよね。 私はもし、裁判員になった場合にこのようなことがあったら怖いと思い、 「裁判員の安全に対して問題になっていますが、対策などをされているのでしょうか。 送迎などはないのでしょうか。」と対策についてたずねました。 そしたら、 裁判所の広報は「それは守秘義務なのでお答えできません。」 とのことでした。 これって守秘義務なんですか。裁判員の安全に対して何も教えてもらえないなんて、 こんなので裁判員になりたがる人なんているのでしょうか。

  • マンション管理士の守秘義務

    「守秘義務」について詳しく教えてください。相談者の特定にあたる個人情報? 相談内容についての情報? 「守秘義務があるのでお答えできません。」と言われた時はそれ以上聞く事は出来ないのでしょうか? お尋ねする権利のようなものはありませんか?

  • 回答No.5
noname#160975
noname#160975

NO4さんへ質問です。説得力がありますが一つ疑問がありました。 >しかし、取材であることを隠し、協力者であるかのように装って得た情報を、勝手に公>開してしまえば、公開したこと自体を訴えられる可能性があります。 とありますが一体どのような名目で訴えることができますか?私の考えでは該当する名目がないのですが・・・。だって名誉毀損にもならないでしょ?とりあえず言論の自由だとおもうのですが? 勉強不足かもしれませんが教えてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#30
noname#30

ライターが取材であることを明確にして相手に接触し、得た情報であれば、どこに書き込もうが自由でしょう。何故ならば、取材される側は話すべきことを話せば良く、公開されたくないことについては黙っていることが出来るからです。場合によっては、取材された側は取材内容が世間一般あるいは世界中に広まることを期待しているかもしれませんので、大々的に書くことがライターの義務でもあるかもしれません。しかし、取材であることを隠し、協力者であるかのように装って得た情報を、勝手に公開してしまえば、公開したこと自体を訴えられる可能性があります。また、取材中に「これは公開はできない部分ですが、あなたが内容を良く理解できるために」という断り付き教えられた部分についても、公開すれば訴えられます。  なお、嘘偽り、名誉の毀損に相当することを書き込めば、どのような取材方法をったとしても訴えられる可能性があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#160975
noname#160975

 NO1の補足です。仕事といってもどこかの会社に勤務していてその会社の秘密を漏らした場合ということですので、この場合は仕事といっても第3者にインタビューしているわけですから問題ないです。  しかしNO2の方が言われているように、モラルの問題だと思いますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#25358
noname#25358

 個人的には、取材して得たプライバシー情報を公開することは、法律云々よりもまず、人間としてどうかと思います(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

多分その人は、誰よりも早い情報と、他の人からせがまれたって言うのと、 (情報を言ってほしい)何より、その地位を利用して(笑) こんな人とインタビューしてこんなことを聞いたんだぜぇ…どうだぁ、 って感じだと認識しました(笑)>僕は ご意見ありがとうございました~

  • 回答No.1
noname#160975
noname#160975

 基本的には問題ないと思います。まして特に守秘義務については何も約束をしていないのならなおさらです。インタビューのような公的なものも、私的な会話も特に法律的に守秘義務はないでしょう、言論の自由ですから。基本的な人権の侵害や、名誉の毀損でもないかぎりは。  ただ仕事の場合、労働契約等で職務上知りえた秘密の漏洩禁止というのがありますね。その典型的なのが公務員で、例えば警察官などは個人のプライバシーに関わる事柄も知ることが多いわけです。そのため職務上の知りえた秘密に関してはうるさいですし、懲罰の対象にもなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

仕事の場合はダメと… 一応その人はお仕事で、まだオフレコの情報をばしばしっとその人が書いていたので それはどうだろうと思ったので、今回質問してみたところです。

関連するQ&A

  • 会社の守秘義務

    近々、守秘義務の契約書を書かなければ ならないかもしれません それだけならよいのですが その中の項目に 「退職後1年間は同業の会社に勤めてはならない。 守れなければ、退職金をへんかんしてもらう」 との項目があります。 普通こんなことに同意しなければ、ならないのでしょうか。 非常に嫌です。 どうなのでしょうか。

  • 警察官の守秘義務について

    あるトラブルが発生したため、110番通報により警察官の臨場を願いました。警察官の到着後、突然、通報者である私の名前をトラブルの相手や全く関係のない第三者の前で大声で呼ぶことは、地方公務員法第34条などの「職務上知り得た情報」を漏らしてはならないことを禁ずる法律(守秘義務)に抵触すると私は考えています。 しかし、名前を大声で呼ばれたことに関しては、守秘義務の存在にかかわらず、職務上知り得た秘密を開示することが認められた「正当な理由」として、許されることなのでしょうか。 トラブルの相手に少々不安があるため、今後、報復など家族の安全に関し懸念があります。 警察官も法律上の守秘義務が課せられているはずですが、この問題に関しての対処法を教えてください。 私は法律には素人であるため、できれば法律の専門家の方の助言を宜しくお願いします。 

  • 救急隊員の守秘義務について

    マスコミに話題になるような事故(事件)があったときに 救急隊員が救急車で搬送された方の怪我の状況や病状を マスコミに話していることがありますよね。 公式な発表でなく、インタビューを受けて話しているみたいな、、、。 大きな事件ならともかく、芸能人が怪我をしたとか、そんなことを 安易にマスコミの前で話していいのかなって、すごく疑問に思います。 私は公務員ではありませんが「公務員に準ずる守秘義務」が発生する仕事をしていますので、 救急隊員がマスコミの前で、インタビューされて話しているのが納得できません。 仮に私が大きな事件に巻き込まれたとしたら、そのときの様子を公表されたら嫌だなぁ、、と ふと思います。 法律に詳しい方、こういう場合は守秘義務には当たらないのですか?

  • 裁判員の守秘義務は?

    裁判員に選ばれてそれが終わった後、担当した裁判の守秘義務は何年ですか? それに違反したとして罪に問われるなら、職業裁判官も過去に担当した裁判の事をマスコミのインタビューなどで答えている。 最近では袴田事件の一審を担当した裁判官も、http://m.huffpost.com/jp/entry/5061378/ となりますよね? 詳しい方教えてください。

  • 公務員の守秘義務について

     公務員です。  過去の職場で上司+同僚が組んでサボり+出鱈目な仕事(不正)をしており、自分はその中でまともにしようと孤軍奮闘し有り得ない量の仕事をしました(自分は精神病になりました)。が、結局どうにもならず、職場として出鱈目な仕事でした。  その時の様子を某巨大掲示板に「担当地域の方ごめんなさい。職場として出鱈目な行政行為をしていました。一人頑張ったけどどうなるものでもありませんでした。公務員は信用するな」と言うようなことを記載しました。    この掲示板書き込み行為は公務員の守秘義務違反になりますか?  自分としては正義の心から、また自分は悪くないながらも地域の人に謝るべき事と思って、行ったつもりです。 法的に知識のある方、回答方お願いします。

  • インターネットプロバイダの守秘義務

    ホームページの掲示板に対する悪戯行為に大変迷惑しております。 悪戯というのは「意味の無い文字の羅列」「陰部・汚物・性行為の名称書き並べ」 といった、ある意味他愛もないもの・・・子供の悪戯程度のものなのですが度が過ぎると困りものです。 当初、悪戯に対しては「無視。飽きるのを待つ」という手段をとっておりましたが効果は無いようです。 なぜなら友達仲間を呼んで増長したり、第三者が真似しだしたり。 結局、一人の悪戯を彫っておくとどんどんエスカレートしていくばかり。 それぞれのIPアドレスから該当プロバイダへ警告を発し、利用者へ注意を促すことによって悪戯する者は減ってきました。 ところが、プロバイダに拠っては「守秘義務」を理由に悪戯した者への注意をすることを断るところがあります。 会員が会員規約に反する行為をしたと苦情を言われてもIPアドレスから個人を特定する事も注意警告をする事も「守秘義務」に反するから出来ません。 違法行為があると思われるならばしかるべき公的機関へ通報してくださいとの事。 しかるべき機関とは警察の事でしょうが、掲示板やチャットへの悪戯程度で警察は動いてくれるのでしょうか? やや、本題からずれました。戻します。 今回、お伺いしたいのは「会員が会員規約に反する行為をしたと苦情があり プロバイダ自身が調査・警告行為を行う事」は守秘義務に反する行為なのでしょうか?   (別に被害者に謝罪しろとか名を明かせとかいう事ではなく、あくまでも    プロバイダの会員規約内でプロバイダと会員同士の行為だけのことなの    です。どうもプロバイダ側の説明にしっくり来ないもので) 専門的名回答と共に皆さんの意見もお伺いしたいと思います。 よろしくお願い致します。

  • 尖閣ビデオ流出問題 守秘義務と国会議員

    尖閣諸島のビデオの流出事件で疑問があります。保安官が流出する以前に 国会議員(一部)がビデオを見て ビデオの内容をマスコミのインタビューに答えて、説明していたのは漏洩(守秘義務違反)にはならないのはなぜなのか? 判る方教えてくださいお願いします。

  • CG会社の守秘義務について

    今年CG制作会社に入社した者です。 制作しているものについて守秘義務があることはもちろんわかっていますが、会社に入った際に守秘義務に関する話をまったくされなかったのでいくつか質問させてもらいたいです。 ※メインではなく、外注などで一部制作に協力した場合と仮定します。 (1)すでに公開されているものについて 映画やアニメなど、すでに世間に公開されているものに自分の会社が関わっている(スタッフロールに名前が載っている)場合、これは自分の会社も作っているということは公言してもよいのでしょうか? (スタッフロールに流れてきた名前がみんな同じ職場の人だということを友人に言ってしまったことがありました…) (2)制作していることは発表されているが発売はされていないもの ゲームやアニメなど、現在作っているということが発表されている場合、内容を言ってはいけないのは当たり前ですが自分の会社が作っているということは言ってはいけないのでしょうか? (3)具体的なタイトルを出さない場合 制作すること自体が未発表(または(2)の質問の答えが"公言してはいけない"の場合)タイトルなどは出さず、「今はゲームのイベントムービーの案件をしている」「アニメのオープニングを作っている」などは言ってもいいのでしょうか。 会社によって違うところもあるかもしれませんが、問題になってしまうのは怖いのでお答えいただけると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 弁護士の守秘義務と弁護士倫理

    弁護士の守秘義務と弁護士倫理に関連して、架空の事件を例にお尋ねします。 (1)長年 大相撲について取材をしてきたフリーライターが、大相撲関係者の内部告発を元に 日本の国技である大相撲で八百長が行われているとして 週刊誌に断定的内容で取材記事を掲載しました。 国技としての大相撲の伝統や威信、存続に危機感を覚えた日本相撲協会が、週刊誌の発行元と記事を書いたフリーライターを名誉毀損で訴訟を提起することを検討しています。  その際、日本相撲協会が顧問弁護士に、実際は八百長が行われていることを正直に話した上で、そのことを証明する金銭の授受などの明確な証拠が存在しないと確信して 日本相撲協会は、日本の国技としての大相撲の存続、伝統や威信を守るために 週刊誌の発行元と記事を書いたフリーライターを相手取り 日本相撲協会と八百長で名指しされた力士に対する名誉毀損で訴訟を提起するよう依頼し 弁護士はその依頼を受任する決断をしました。 このとき、弁護士倫理に照らして 弁護士の決断は正しいと言えるのでしょうか。 (2)弁護士が依頼人に対し、弁護士の絶対的な守秘義務について説明したところ 依頼人が信用して 思想的信条に基づいて、日本国の象徴や国家的要人の暗殺計画や、外患誘致や大規模なテロ計画について言及し 弁護士としてできれば聞かなかったことにしたい内容でしたが 結果として守秘義務の例外というべき情報を心ならずも知ることになりました。 このとき、弁護士はどのように行動すべきでしょうか。 また、その行動について 法的責任を問われますか。

  • 救急隊員の守秘義務について

     テレビのニュースを見ていて思ったのですが。  事故の報道の中で、救急隊員にけが人搬送の状況をインタビューしていました。画面では、現場に到着した時の状況、けが人のけがの状態を話していました。生々しい現場の雰囲気が伝わってきましたが、はたしてこのことは公表していいのでしょうか。警察ならば警察発表がありますね。しかし、警官個人の声は(つまり現場状況の説明)は警察の報道担当者がしますね。救急車搬送時も同じではないでしょうか。  救急隊員は守秘義務はないのでしょうか。または、あっても事故内容ではなくけが人の状況を伝えることで、事故の再発を訴えることができると考えてのことでしょうか。  どなたかこの疑問を解いてください。

専門家に質問してみよう