• ベストアンサー
  • 困ってます

裁判員制度は違憲!?

2009年5月21日から始まる裁判員制度については、ほとんどの方にご承知されているようですが。 2ちゃんねるの裁判員制度反対をネタにしたスレを何気なく覗いていたら、「裁判員制度は憲法違反」の記事をコピペしている人がいたので、そこをたどってみると、livedoorのニュースサイトでそのような旨の記事が見つかりました。 ↓ ttp://news.livedoor.com/article/detail/3616184/ それは2008年の5月2日とつい最近のことで、 「一般国民が裁判官と同等の評決権を持つことは、憲法上許されない」 「思想信条を理由とする辞退を認めず、市民の基本的人権を否定する制度」 と言うコメントが記載されて、思わず共感してしまいました。 確かに、裁判員制度を紹介するサイトを、Q&Aを中心にあさっていたのですが、どうも「国民に裁判の本当の仕組みを伝える」と言う利益しかなくて、本裁判にプラスとなる影響があるのかと言う実感がなく、それに一般人にプロの裁判官と同じ重みの責任を背負わせるのは酷ではないかと思いますし、プロが何故わざわざ一般人に頼るのも、正直認められない節もあります。 そのうえ、精神的傷害を負った裁判員のために、カウンセリングを備えておくと聞いたとき、軽々しくそうされても、危害が加えられる可能性が0ではないと言うことに、多くの人がまた怖さを覚えるのではと思うのです。 断りの自由もなしに裁判所にかり出され、精神的ダメージなどで人生に影を落とされでもしたら、それこそ言葉で言えば陳腐に思えてしまうほどの重罪にだってなりえかねませんからね。 規模は違えど、形としては戦争にかり出された兵隊のようなんじゃないかとも思う人が少なからずいるのではないかとも考えてしまいますし。 かなりの長文で申し訳ありませんが、違憲判決は、その言葉のイメージからは、かなり重そうなので、これは見過ごせないと思って、この質問をさせていただくことになりました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • phj
  • ベストアンサー率52% (2343/4488)

これは自治とはなにかということに由来する問題です。 自治というのは文字通り、自分たちで治めるということで、逆は王様に治めてもらったりすることです。 自治のひとつの手段に民主主義があります。自治組織(町・村・市~県・国まで)の人口が少なければ、国の単位でも直接参政とか直接選挙などの形で運営できますが、日本のような大きな国では選挙をして間接的に自治組織の運営者を決めなければ、やっていけません。 これがいわゆる国民による行政の監視・運営ということになり、自治(自分たちで治める)を実現するひとつの方法ということになります。 では自治組織での裁判(犯罪を裁くこと)はどうすればよいでしょうか。 小さな自治組織では、寄り合いで村八分にしたり長老が犯罪者を追放処分にしたりしていました。 しかしそれでは、公正な裁判を行うことが難しいので段々に専門的な役割を担う者が出てきました。 もちろん警察の役割もあります。江戸時代の奉行は、警察であり検察であり裁判官の役目も果たしました。 アメリカでよく出てくる保安官は、町などの自治組織から委託もしくは選任された人がなるもので、日本の役人による警察とは違い、自治組織の範囲とされます。 さて現在では裁判官になるにも司法試験を受けて専門的な教育を受けなければなりません。 しかし、専門的な教育を受けたからといって、正しい判断ができるかは疑問です。 問題は「正しい」とか「公正・公平」とは誰の視点に立つのかということです。もちろん自治である以上、構成員の大多数が納得するものでなければなりません。 現在でも裁判官は一度成立した法律に対して、違憲判決を下したり、前例のない重罰を下すこともできます。 つまりそれは不公平であるから間違っているとか、社会に対して悪影響があるから重罰にしたほうがよいという判断をするのです。 これは裁判官に与えられた権利で、裁判官は個人の良心にしたがって判断をくだすことになっています。 しかし裁判官の良心は必ずしも一般市民の感覚とは同じではありません。プロからみえる問題の本質という視点のズレはありますが、本来、自治という観点からみれば、このズレは極力小さくする必要がありますし、「正しい」とか「公正・公平」という視点自体も、自治組織の構成員(国なら国民)の大多数が支持するものでなくてはなりません。 なぜなら、自治組織の構成員によって「正しい」とか「公正・公平」とかの感覚自体が変化するからです。 (イスラム教国家で強姦された少女が姦淫罪で死刑になった事例をご存知ですか) このようなことから、アメリカなどの民主主義=自治主義国家は、陪審員制度などで、国民の意見や感覚を取り入れることに努力を払っているのです。 私は裁判員制度に賛成です。 なぜならこの国の構成員として、この国をよりよく正しく公正させていくことに参加できるからです。 そのような権利を奪うほうが、よっぽど憲法違反だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 国民の全てが、国の構成員と言うことでしょうか。 それだとしたら、立派な裁判員制度賛成の意見として成り立つのも十分分かるでしょう。 今、国民のニーズに、政治家が沿って物事をしっかりと決められているのかが問われているような感じもしますが、裁判もそれに対して十分な要素を持っているのは分かります。 ただ、そこで気になったのは、ならば何のための専門教育なのか、と言うことでしょう。 「それならなくていい」と言えば簡単に済むかもしれませんが・・・。 裁判などの重い任務のときこそ、人の強みや弱みが出る、それが人の悲しい性なのかもしれません。 イスラム教国家の少女が死刑になった件は、その象徴の一例かもしれませんね。 最も私は、全く知らなかったですが。 プロがわざわざ法律の素人の国民に頼らずして、「公正・公平」の感覚を取りまとめることは出来ないでしょうか? もはや、プロのプライドに頼ってはならない実情が、そこにあるのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

最初に、私個人は少なくとも今の裁判員制度にはあまり賛成していないことを言明しておきます。 以下は、そういう個人的意見を排してなるべくリベラルに書いているつもりです。 まず、裁判員制度と憲法との関係については 過去によく似た趣旨の質問に回答したことがありますのでご参考に… http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3257880.html 私はNo.4で回答しています。 結論からいえば、双方の主張があるところではありますが、 今のところは憲法には違反しないという意見のほうが優勢だと思います。 で、憲法に違反しないとなれば、あとは法的問題ではなく、 このような制度が必要か?という政策的問題となりますし、 「裁判員制度はこんなデメリットがある!」という主張もまた 政策議論における主張の1つにすぎない、ということになります。 政策的論争であれば、たぶん法律カテゴリーよりも政治や社会問題カテゴリーの守備範囲となると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 法律の知識には疎い身でありますが、今の所は、憲法に反する証拠は見つからないと言うことですね。 しかし、あの2つの例を挙げて、憲法違反じゃないと言えば、私が挙げた記事の中の人たちはどう言った反応を示すか興味深い、と言うことには変わりありません。 あまり過剰な粗探しも道徳的によろしくないでしょうから、行く末を慎重に見守って行こうかと思います。

  • 回答No.1

確かに、違憲の要素も少なくないようですね。 そう主張する本や運動もあるようです。 つぶせ!裁判員制度 (新潮新書 254) (新書)井上 薫 (著) http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A4%E3%81%B6%E3%81%9B-%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%93%A1%E5%88%B6%E5%BA%A6-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%B0%E6%9B%B8-254-%E4%BA%95%E4%B8%8A/dp/4106102544 裁判員制度はいらない (単行本)高山 俊吉 (著) http://www.amazon.co.jp/%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%93%A1%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%AF%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84-%E9%AB%98%E5%B1%B1-%E4%BF%8A%E5%90%89/dp/4062136007 裁判員制度は違憲のデパート・東京高裁元判事が警鐘@週刊現代3月17日号184頁 裁判員制度はいらない! 大運動 http://no-saiban-in.org/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 わざわざ参考文献を列挙していただいて、幸いに思っております。 そのうち、表沙汰になりそうな話題と言うことなので。

関連するQ&A

  • 裁判員制度が始まってから量刑は重くなってるのでしょうか?

    裁判員制度が始まってから量刑は重くなってるのでしょうか? 裁判員裁判が始まってから、裁判員裁判における量刑が全体的に厳しい方向にシフトしていったということをなんとなくどこかで聞いたことがありますが、実際のところはどうなのでしょうか? インターネットで調べてもなかなか、量刑の分布にどのような変化があったか、ハッキリと書かれている情報を見つけられませんでした。 一般市民が評決に関わることで、判決の分布にはどのような影響があったのでしょうか? 一般的な意見でも個人的な意見でも構いませんが、インターネットのページなど情報の出所も是非、合わせて教えて頂けるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 裁判員制度について

    ディベートで反対意見を言うことになり、分からないことがあり、意見やアドバイスが欲しかったので質問しました。 すこし急いでいるのですぐに回答いただけるとうれしいです。 法の知識がない一般の人の意見を反映したくてこの制度を導入したのですよね? それで、誤審を減らすということですが、逆に法の知識がないために誤審になるってことはないのですか? その知識のカバーに裁判官のサポートがあるため大丈夫とも聞きますが、それでは裁判官の言うことにしたがって決めたりして、裁判員の意見を反映しきれないこともあると思うんですけど…どうなんでしょうか それに一般の人を連れてきて裁判を行うほど、裁判官は一般常識がないのですか? 確かに裁判官ってだけで堅苦しそうなイメージはありますけど、裁判官だって人間であり、ほかの人と変わらないような人生を歩んできているのではないでしょうか?テレビだって一切見ないなんてことはないと思います。音楽だって聞く時があると思います。そこまでして一般の人を採用する必要はあったのでしょうか… 日本の警察・検察は優秀だと聞きましたが、それなら有罪の可能性も高いと思うのですが、この制度で裁判員の意見をいれる必要はあったのでしょうか? 人の人生を左右するような判決を出すわけですから、精神的な負担もあるのではないでしょうか。それに仕事を休んだりしなくてはいけないのでそういう負担もあると思いますが、国民に負担をかけてまでやる必要はあるのですかね… 守秘義務とか持ちたくないですし、証拠の写真なども見せられたらショックも受けると思うのですが 裁判官は司法試験や実施試験なので勉強や訓練してますが、普通の人はしてません。 それゆえ、被告人に感情移入などしてしまい、刑が軽くなるなど誤った審判を下すこともあると思うのですが… そのような事例などあったら教えていただけないでしょうか 国民と司法を近づけるということも聞きますが、それなら刑事裁判だけでなく民事裁判もやったほうがいいのではないでしょうか? 民事の方が近い存在だと思うのですが… 陪審制のアメリカでは誤審も多いと聞きますが、それは問題点にならなかったのでしょうか? 同じような制度で問題が起きているのに採用するのって大丈夫なのでしょうか… 裁判員が寝てしまうということもあったみたいですが、このような問題を残したままこの制度を続けていくつもりなのでしょうか… 裁判員が寝てしまうとか問題だと思うのですが… 長々と書いてしまってすみません 長文なうえに読みにくいところもあると思いますがご了承ください それでは回答待ってます よろしくお願いします。

  • 裁判員制度について

    裁判員制度についての質問です 一般の人たち全員が無罪を主張したとします。 しかし、プロの裁判官たちが有罪を主張した場合有罪か無罪のどちらになるのですか?

  • 裁判制度

    本日のニュースでアメリカの元副大統領John Edwardsが自由の身になったという報道をがありました。 これはJohn Edwardsの「キャンペーン費用不正使用」に関する裁判で陪審員の意見の統一がつかず「評決不能陪審」となったものです。 これを読んで裁判制度について疑問を持ちましたので、下記どなたかご存知の方教えて戴けますでしょうか? 権利章典修正第5条「何人も、同一の犯罪について重ねて生命身体の危険にさらされることはない」に基づき、アメリカの裁判は一回だけで余程の新情報がない限り上告は裁判官から拒否される・・という印象を持っています。 このDouble jeopardy(一事不再理)の精神は日本でも同じだと思うのですが、日本の場合アメリカに比較して上告の数が多い様に感じられます。 A. この上告頻度の違いに対する認識は正しいでしょうか? B. アメリカの場合、裁判を何回も行わないのは裁判の数に比較し裁判官の数が少ないのと、費用の点からだと思いますが、(もしAが正しい場合)日本ではこの点議論にならないのでしょうか? C. 日本では最近(アメリカ的な?)陪審員制度を導入しましたが、もし日本の裁判制度をアメリカに合わせようとするなら、何故上告に対する考え方が異なっているのでしょうか?

  • 裁判員制度についてのこんな記事知りませんか??

    こんにちは。 卒業論文で裁判員制度についての問題点について調べています。 以下の記事をネットニュースで以前見たのですが、リンクするのを忘れておりわからなくなってしまいました。 「裁判員に選ばれた人が公判当日裁判所に出向いたが召喚状を持参するのを忘れてしまい欠席扱いとなり、処罰の対象になってしまった」 確か2か月も経っていないと思います。 このような記事を見かけませんでしたでしょうか?? よろしくお願いします。

  • 裁判員制度は正しい?

    裁判員制度は国が決めたようですが、裁判員になれば裁判員になった国民に責任がかかります。国民に責任をかけるのならその国民の意見を聞いても良かったのではないでしょうか? 裁判員制度の問題点は、自分の人生もまともに生きれてない人達が他人の人生に口出しする余裕があるかってことです。みんな自分の人生で精一杯なんです。わざわざ赤の他人のために負担をかけ裁判員になって身近に起こらないような事件を裁いて誰が得するんですか?それならその間読書してた方がずっと有意義に過ごせます。 それと、国民が必ずしも正しいとは限りません。皆違った考えを持っているんですから誰が正しくて誰が間違ってるって誰に言えるんですか? そもそも、国民は専門知識ないですから感情的に裁くことに問題はないんですか? それでも、裁判員制度は間違っていないと言えますか?

  • 裁判員制度の目的って?

    裁判員制度が導入されて3年が経ちますね。 裁判員として召集された人も少なくないと思います。 あくまでも一般的な国民が選別されるようですが、一般的でごく普通の感性の持ち主ならば、事件を自分の身に置き換えて考えてしまったり、特に被害者に対して同情的な意見になったり…と言うことがあると思うし、またあって当然だと思います。 (公平な立場で見ろ、と言われても普通の一般人として当たり前の感情だと思います) 裁判員を選別する際も、裁判官、弁護士、検察官などによる面接もあるらしいですね。 詳しくは分かりませんが、「死刑を含む量刑を判断出来るか」や個人の思想や信条などについても質問されるケースもあるそうです。 逆に考えれば、個人の思想や信条に対して偏見的、差別的な理由で面接を落とされると言うケースもあると言うことですよね? 人を裁くことへの不安、抵抗、そして裁くことの責任の重大さもあると思います。 裁く事件の重度や世間への影響が大きければ大きいほど、裁判員の精神的負担も大きくなると思います。 他人に相談出来ないことも精神的不安、負担の要素になると思います。 裁判員へは日当が支給され仕事も休まざるを得ません。日当をもらえれば仕事を休んでも大丈夫、と言うわけではないですよね? どうして国民にそんな負担を負わせてまで裁判員制度を実施するのでしょうか? 司法を身近に…と言われてますが、裁判に関わらない人は一生無縁で、その方が良いとも思います。 一説には、判決までの迅速化。事件の重度や時代に見合った判決を求めるため…とも言われてますが、実際はどう思いますか? 俺には欧米の猿真似制度としか思えません。 メリット、デメリットは色々あるでしょうが、みなさんは、どう思いますか?

  • 裁判員制度は憲法違反!?

    VOICEに掲載された井上薫弁護士の文章『「裁判員制度」は国民を否定する愚策』によると(以下URL=http://news.goo.ne.jp/article/php/politics/php-20080116-01.html)、裁判員制度は「法律知識については素人」の裁判員がおこなうため、「法律に基づく裁判ができる保障」がなくなり、「国民主権の原理が、司法権には届かなくなることを意味する」から「丸ごと憲法に違反すると断定しなければならない」としています。 ・この論理は果たして妥当なのでしょうか? ・妥当ならば、違憲立法審査を目的に訴訟を起こせると思うのですが、そういった動きはあるのでしょうか? お詳しい方の見解をうかがいたく、質問いたします。

  • 裁判員。

    大阪のパチンコ店放火殺人。 被告弁護団の主張が、 「死刑は残虐な刑罰であり憲法違反」 というものになるそうですね。 さらに、この、 「憲法判断」 には、裁判員は参加できないらしいですね。 これは法の不備じゃないですか。 そもそも裁判員制度は、 一般常識からかけ離れた裁判官の、 職業裁判に一般常識の風を入れるというのがうたい文句だったじゃないですか。 「憲法判断」 に、一般常識を持った、裁判員の、 判断を入れないというのはどういうことなんでしょうか。 勉強不足で、 裁判員が、 「憲法判断」 できないことを僕は知りませんでしたが、 今回の報道で、このことを知り、違和感がすごくあります。 裁判員制度、結構反対の人居ましたよね。 実は僕も反対ですけどね。 ただ、始まってみたらいつの間にかいい制度だって言う人たちが増えたような感じになってますけど、 こんな、 おかしな、 ままで、 いいでしょうか。

  • 裁判員制度について

    裁判員制度について 今ニュースをみてたら裁判員制度で裁判やってるとかなんとか…もう普通に裁判員制度ってやつがやってるんだなと思ってみてたんだけど オレには裁判員制度ってやつが全く理解できない オレの理解は極端にはこうだ、法学の知らない素人が5、6人集まってアイツは死刑にすべきだどうだと裁判でやってるってことだ オレははっきり言ってあんまり裁判員制度のことはよくわからんし 法学のこともわからん もしかしたらオレの裁判員制度に対する理解が根本的に違うのかもしれんが オレにも道徳心はあるつもりだ では言わせてもらいたい「人が人を裁いてよいのだろうか?」人が人を裁くのは法ではないの?そこへ法を知らない素人が裁判で…これじゃ犯人もたまったもんじゃないね 犯人どころか被害者だってたまったもんじゃないだろ オレがもし犯罪者あるいは被害者の立場だったらたまらんね 素人に裁かれたらやってらんねだよ 確か裁判員の候補は有識者が選ばれるとかなんとか…裁判員に参加すること事態常識がないじゃないのかね さぞ裁判で死刑判決でちゃったらその裁判員の人死ぬまで呪われそうだな とまぁこんな感じで裁判員制度について周りの人の意見と自分の意見の温度差がわからんので暇あったらお願いします!