• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ブレーキフルード交換

今回、フロントのブレーキフルード交換とエア抜きをしたのですが‥、いつまでたっても、エアが抜ききれません。 まだまだ、スカスカです。 試しに、ブレーキをかけてみると、やはり、全く効いておりません。 作業時間にして、約4~6時間、また、フルードの量は、500MLの缶、半分は使ったかと思うのですが‥!! 流石にキリがなく、今日は断念しました。 もう上に浮き上がるエアはない程、延々作業を続けたのですが‥。 →「作業手順に問題はない筈です」‥。 また、エア抜きの途中に気付いたのですが‥、上リザーバータンクのすぐ下(約10CM下)のゴム接続部分に、フルードの漏れが見受けられる様です。 あの、ブレーキホースのゴムの下部分の作りは、一体どうなっているのでしょうか‥?? 仮に、そこから圧が逃げているとすれば‥、エアを抜いたとしてもブレーキは効かない訳で、甚だ疑問です。 何方か、教えて頂ければ幸いです‥!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数3731
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「フロントの」フルード交換、ですか・・・? 一般的にフルード交換は四輪やるのが基本ですが。 もし最初に古いフルードを全部抜いてから作業を始めている場合、 リア側にもエアが入っている可能性が大です。 やるなら四輪全てやりましょう。 また、500cc缶半分を消費とのことですが、まともにエア抜きを すれば、まして何時間も作業したのであれば、そんな量ではとても 足りないほどフルードを消費するのではないかと・・・ 整備士歴20年余りですが、車検時などで普通にフルード交換をしても 500cc~1リットルくらいは当たり前のように使用します。 車種がわからないのでなんとも言えませんが、大型車種になるほど ブレーキ系の容量も大きくなるので、必要量も増えます。 >もう上に浮き上がるエアはない程、延々作業を続けたのですが‥。 >→「作業手順に問題はない筈です」‥。 エアが残っているからと言って、タンク内にエアがポコポコ出てくる とは限りません。 というか、配管の中に入ってしまっていれば、タンクには上がって こないのが普通です。 そもそも、前輪しかやっていない時点で、作業手順に問題大ありです。 まずは四輪全部やってみましょう。 まずはそこからです。 また、その「問題ないはずの作業手順」が本当に正しいのか、そしてその 作業手順をあなたが本当にちゃんと理解しているのかも確認した方が いいかもしれませんね。 間違った作業を何時間やっても、いつまでもエアは抜けませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

スイマセン!! 補足としてですが‥、あくまで是は二輪の前輪フルード交換です。 言葉足りず、失礼致しました。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

A7の回答を書いたものです。 先ほどの回答にフルード漏れの件については触れておりませんでした。ので追記いたします。 フルード漏れているようなら、他の方がおっしゃるとおり危険なので、専門家に見てもらうのが良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

1.ピストン押し戻し逆流法を使って見ましょう。 パッドを押し戻して、マスター側からエアを抜く方法です。 これでリザーバータンクからブクブクとエアが抜けるときがあります。 一度お試しあれ。 2.あと、地道な方法としては、下のニップルはしめたまま、ブレーキレバーを握り、手を離し、勢いよくレバーを開放するようにすると、何度もやっているとマスター側から抜けることがあります。 上記の方法でぬけなかったらこの方法をお試しあれ。 3.さらに、マスターシリンダーとブレーキホースのジョイント部のバンジョーボルトを緩めてここからエア抜きする方法もあり。 バンジョーボルトの周りに布をまいてブレーキオイルが飛び散らないようにして、あとは、下のニップルを緩めるかのごとく、レバーを握ったらバンジョーボルトを緩め、閉め。レバーを戻す(ゆっくり)を繰り返すと抜けるようです。 この方法は、エア抜き後にバイクをよく水洗いしましょう。 私は、1番目の方法と2番目の方法でエアーを抜いた経験有。 3番目の方法はまだ試したことがないが、効果があると思います。 これでだめならエアじゃなくてマスターシリンダーのカップに問題があるかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • posh156
  • ベストアンサー率37% (231/620)

>フルードの漏れが見受けられる様です。 一般に、バイクの場合はリザーバーダンク=マスターシリンダー (一体の部品)ですので・・・タンクの下10cmあたりにブレーキオイルのモレがある場合、単にブレーキラインのモレと思われます。 エア抜き云々の話ではないでしょう。  と言うか、見れば直ぐにわかることです。 まずはモレの原因究明とその対策が先でしょうが・・・ブレーキでなので・・・ココで聞くだけでなく、わかる人かプロに見てもらって下さい。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴方の仰るとおりです。 故!今は、断念し、バイク屋に持っていくつもりです。 ご意見、どうも有難う御座いました。

  • 回答No.5
  • panoram
  • ベストアンサー率11% (178/1602)

自分がやっている手順はマスターにフルードを入れレバーを握りそのままの状態でキャリパーのブリーダーを緩める、ブリーダーを締めてレバーを戻す。これをひたすら繰り返す。 シングルなら10分もやればエアー抜きは完了します。 マスター側の漏れはおそらくフルードを継ぎ足したときこぼした物では? ちなみにエアーが浮き上がってくるのを待っているのでしたら最低でも1日は掛かります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

なるほどバイクでしたか、失礼しました。(笑) さて、車ではなくバイクとなると、多少話は変わりますね。 バイクのブレーキは前後別々なので、前は前だけやればいい・・・ というのが一般的ですが、最近はそうとも限りません。 たとえばフォルツァなどでは、右レバーを握るともちろんフロントが 効きますが、左を握るとリアだけでなく、フロントも(右ほどでは ありませんが)効くようになっていたりします。 とりあえず、一般的な前後独立型の前提で行きましょう。 まず、「フルードの漏れが見られる」とのことですが。 マスターから10cmほど下のゴムホースの部分というのが、具体的に どこなのかははっきりしませんが、マスターとホースの結合部分か、 ホースの金具とゴムホースのカシメ部分のどちらかでしょう。 作業中にこぼしたフルードがかかった、とかいうのでなく、本当に 漏れているのだとすれば、程度に関わらず要修理ですね。 にじみ程度なら、とりあえずブレーキが効くようにしてバイク屋まで 乗って行くのもアリだと思いますが、ジャジャ漏れならエア抜きは するだけ無駄です。 エア抜きしても、その穴からまたエア吸ってしまいますので。 バイク屋まで押していくなり取りに来てもらうなり、即入院です。 にじみなら、しばらく様子を見ようかな、というのはやめましょう。 ある日突然、フルブレーキをかけた時に、圧力負けしてバチンと破れて ブレーキ効かなくなる可能性があります。 フルブレーキが必要な時にこうなったら、どうなるかはわかりますよね。 ただ、リザーバー別体式のマスターで、リザーバーとマスターを接続する ホースであれば、もう少しマシです。 (一部のレプリカ系では、そのままではタンクの傾斜が大きすぎるので  タンクを別体にしている車種があります) その場合は、ホースに圧力はかからないので、単純にバンドの増し締めで とりあえずしのげる場合もあります。 (いずれ交換は必要になりますが) いずれにしても、一度バイク屋で見てもらうべきでしょう。 さてエア抜きですが、ちゃんとした手順を踏んでいれば、たとえ マスターもキャリパーも全部外してオーバーホールして、回路内が カラッポの状態からでも、ものの10分もあれば終わる作業です。 そろそろ文字数制限で書けなくなりますので、分割投稿もナシなので、 まずはどういう作業をされたか教えていただけますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

的を得た回答!誠に有難う御座いました。 大変、参考になりました!! 事の背景を鑑みれば、貴方の仰る通りの様に見えます。やはり、即修理が必要かと‥!?? そのカシメ部分の漏れですが‥、拭いても拭いても、少々手でコネると、また結構手に付きますので‥、やはり是は漏れだと判断されます。 所々に、不備が出る私のセローですが‥、やはり距離45000Km超えが関係しているのでしょうね‥。(苦笑い) どうも有難う御座いました!!

  • 回答No.3
noname#131426
noname#131426

>もう上に浮き上がるエアはない程、延々作業を続けたのですが‥。 上には出ずにキャリパー側のニップルに接続したホースにエアが出ない、若しくは新フルードが出てくるまで行うと思うのですが。 ものの数分で終わると思います。 握って圧をかけたままにして、キャリパーのニップルを緩めるとフルードが出てきて、握りきる前にニップルを締める。 これを繰り返し、リザーバーのフルードは切らさないようにする。 http://plaza.rakuten.co.jp/santavolty/diary/200701200001/ >→「作業手順に問題はない筈です」‥。 どのように作業をしたのか書かないと、それが正しいのかどうかは分かりません。 何か抜けがあったり、間違えて覚えている箇所があるかも知れませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

今回は、先にフルードを全部抜いてしまった故!!確かに、地道なエア抜きだろうとは思っていました。 やり方は、一般的に、上(リザーバー)に半分程注入→ブレーキレバーを握る(握ったまま)→ブリーダーズプラグを緩める→エア&液を排出→プラグを締める→レバーを放す~としています。 只、継ぎ足しに入れミスがない割には??常に、そのホース部分が液で濡れていました。 明らかに、オカシイと感じる範囲故に、一旦、作業を打ち切った訳です。繰り返した手順(時間)と継ぎ足した液の量を考えれば、とっくの昔にエア抜きを完了してる筈だからです。 宜しくお願い致します!! 最初は結構浮き上がったエアですが‥、途中からは全くなくなりました。

  • 回答No.2

>作業手順に問題はない筈です どのように作業を進めましたか?。 2輪車のフロントだけだと3分もあればエア抜きできますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに、通例のエア抜きならば!! ものの2~3分で終わるかとは思うのですが‥、何分、今回は、間違えて先に液(フルード)を全部抜いてしまったもので‥。(苦笑い) それでも、継ぎ足し&エア抜きをすれば!! 順当ならば、確かに20分もあれば十分かと‥!!? 液漏れの可能性が見えたので、止めた次第です。 ご意見、どうも有難う御座います。

関連するQ&A

  • スクーターのブレーキフルード交換時の湧出について

     スクーターのフロント側のブレーキフルード交換時の注意点についてお尋ね致します。  「ブレーキフルードを交換する際は、ブレーキレバーをカチャカチャと勢いよく握るとブレーキフルードがハンドル横のリザーバータンクから噴水のように飛ぶのでゆっくりと握らなければならない」という旨の記述を見かけました。私は、この記述を見て、ゆっくりでもブレーキレバーを握れば、ブレーキフルードはリザーバータンクの底から相応の量がゆっくりと湧出してくるものだと理解していました。    先日、この点を踏まえて交換を行いました。ブリードバルブにホースをつけて、ナットを開け閉めしながら、フルードの排出と注入を行っていたのですが、ブリードバルブのナットを閉めた状態でブレーキレバーをゆっくりと握るのを繰り返しても、リザーバータンクの底からフルードが湧出しているのを確認できませんでした。 (補足:ナットを開けた時は、ブレーキレバーが最後まで握れました。ナットを閉めると、ブレーキレバーは圧がかかり、通常のタッチに戻っていました)  そこで、質問なのですが、ブレーキレバーを握った際にリザーバータンクから噴水のように湧き上がることがあるのは車種によって異なるのでしょうか?  また、湧き上がるのが通常である場合、湧き上がらない場合は、正常にブレーキフルードが交換できていないのでしょうか?ご教示願います。

  • ブレーキフルード

    XJR400Rに乗っています。 最近,リアブレーキの効きが甘く感じたため,フルードを交換しました.因みに,ブレーキフルードの交換作業は初めてです.ネットなどで調べてみると,普通は出てくるブレーキフルードの色が変わるまで作業するらしいですが,今回は古いフルードがあまり劣化していなかったため,フルードの色が新しいものと殆ど変わりませんでした.よって,ホース内のフルードが全部入れ替わったのか判断できませんでした. ブレーキラインにはブレーキフルードは何ccくらい入っているものなのでしょうか?

  • ダブルディスクのブレーキフルード交換

    理屈的に気になるので質問させてください。 例えば・・・なのですが・・・ フロントダブルディスクのうち、誤って片側のブレーキを完全に空にしてしまったとします。 (片側のブリーダーボルトにチューブを差して、ネジを緩めて、マスターシリンダリザーバータンクが空になってもペダルを踏み続けて完全にフルードがでなくなるまで実行) この状態で、フルードを足していき、その1本のエア抜きが完了した状態の場合、もう1本のブレーキホースにはエアが噛んだ状態なのでしょうか? それとも、ブリーダーボルトを開くまでエアは噛まない状態なのでしょうか? 理屈的には、チューブ内は出口が閉じているので、エアが噛まないような気がするのですが・・・・ 気になってしまい、眠れなくなってしまったので質問させてもらいました。

  • オイルフルード交換

    先日、かの欄にて、ブレーキフルードを全部抜いてしまった場合! 下から液(フルード)を押し込むのか?? ~の質問をした者ですが。 改めて、二輪屋で確認すると‥、下から液(フルード)を押し込むのではなく、上から(液を)入れて、下のプラグ部分から「専用」のエア抜きを使って(エアを)抜くものだと教えてくれました。 また、別の二輪屋では!? 下から、ホースを差し込んで上からエアを抜くものだと言っていましたが‥、果たして是はどちらが本当なのでしょうか‥?? 今現在は、(フルードを)抜いたままの状態で、ブレーキレバーは「スカスカ」の状態です。 また、仮に下から液を入れる際!! どの様に、押し込むのでしょうか‥?? 簡単には、入らないのでは‥??等と思うのですが‥。 是非に、宜しくお願い致します‥。

  • ブレーキフルードの濁り

    ブレーキフルードの濁り TOKICO製6ピストンのブレーキキャリパーを分解し、清掃及びシールの交換を行い、新たにブレーキフルードを入れましたが、エア抜きの工程でブリードバルブから出てくるフルードが黒く濁ったものが出てきます。 キャリパーを分解した段階で古いフルードは全て排出されている筈なのですが…仮にホースの途中に残っていたとしても茶色ならまだ分かるのですが。 気になったので再度キャリパーを分解清掃しフルードを入れましたが、やはり黒く濁ったフルードが出てきます。これが原因かは分かりませんが、ブレーキのタッチも甘くレバーがグリップに届くくらい握れてしまいます。非常に困っております。

  • S15 ブレーキフルード エア抜き

    S15 シルビア ABS付き車両での症状です。 ブレーキの前後OHをしてエアを抜きをしたのですが、下記の症状が起こっており困っています。 具体的な対処方法を教えてください。 よろしくお願いします。 フルードの補充を忘れ、一時的にリザーバータンクを空にしたことが原因かとおもいますが、 次のような症状が出るようになってしまいました。 【症状】 (1)エンジンOFFの時にペダルを踏むと十分固い。(固すぎるぐらい) (2)エンジンONをしたら、ペダルを踏んでもスカスカで、ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になり、床付きしてしまう。 【補足事項】 ・一度目のフルード交換時、ワンウエイ・バルブを使用。 二度目のフルードエア抜きは2人で作業。 ・1リットル程度のフルードを使ってエア抜き作業しましたが、変わりません。 ・エアは出てこなくなるまでエア抜き作業しています。 ・OH前までは正常に動作していました。 以上、非常に困っています。 皆様のご協力をお願いします。

  • ブレーキフルードの交換

    ブレーキフルードの交換は、通常、二人一組で行いますよね。 一人はブレーキを踏んだり、リザーバータンクの残量確認と補充する役。 もう一人は、ブリーダープラグを緩めたり締めたり、エアー排出や 新旧フルードが入れ替わったか見る役で作業を行う思います。 上記の様に2人で作業出来ない時は、ワンマンブリーダーセットを 使用して一人で交換する方法もありますが、運転席から離れていて ブリーダープラグから排出されるフルード状態を目視しながらの作業が 困難と思います。 そこで当方が考えた方法は・・・ ワンマンブリーダーセットを使用して一人で交換する接続に加え、 ブレーキペダルをポンピングし、加圧した状態でブレーキペダルと ステアリングの間に強力バネ内蔵のッツパリ棒を噛ませてから、 ブリーダープラグを緩めエアー排出や新旧フルードの入れ替わりを 目視しながら作業する方法です。 1人作業なので、ブレーキを踏んだり、リザーバータンクの残量確認や 補充するのに行ったり着たりと手間が掛かりますが、ワンマンブリーダー のみで作業する方法より、目視しながら作業出来る分信頼性が 格段に向上すると思うのですが・・・ この様な方法でブレーキフルードのエアー抜きや交換を 遣られた方はいらっしゃいませんか?

  • ブレーキフルード交換

    日産NV200なんですが、ブレーキフルードを交換しようと思っていますが、お願いします。 質問内容は、4輪の交換する順番と、MT車なんですがブレーキオイルとクラッチオのオイルが同じかどうかです、たまにブレーキオイルをクラッチでも利用している車があると聞きますのでNV200はどうですか?その場合は4輪のキャリパーの処理が終わってからクラッチのところにホース(エア抜きホース)をつけるのでしょうか?あと、バイクではエア抜きをしたことがあるのですがその時は一旦全てのオイルを抜いてから新たにオイルを入れたのですが、調べてみると絶対にマスターシリンダーからはオイルを切らせてはならないとありましたが、古いオイルのところ(マスターシリンダー)に新しいDOT4のオイルを入れると古いのと新しいのが混ざらないのでしょうか?たとえば紅茶が入っているカップの中にコーヒーを入れると混ざると思うのですがブレーキフルードは2層になるのでしょうか?

  • マスターシリンダーのカップからエアが・・

    ブレーキフルードの交換しようとしたのですが、ブレーキをポンピングするとフロントのマスターシリンダーのカップからエアが出ます。 マスターシリンダー側のブリーダーでもエア抜きをしたのですが、500mlくらいブレーキフルードを使ってもエアが抜け切れません。 キャリパー側でエア抜きを行うと、数回やるうちにペダルが底付きしてしまいます。 その状態でポンピングするとカップからエアが出ます。しばらく続けるとエアはなくなりますがキャリパー側を行うと最初の状態に戻ります。 カップからエアが出ている状態でもブレーキタッチは通常と同じです。 前述しましたが、キャリパー側で行うと底付きしてしまいます。 エアはどこから噛んでいるのでしょうか? フルードの漏れはありません。 車はFRの国産車でABSは無しです。 マスターシリンダーのカップは前後別です。 つたない文章ですが、よろしくお願いいたします。

  • マスターへブレーキオイルを継ぎ足す作業

    マスターの中には一定のフルードが入っています。 ブレーキフルードを継ぎ足す作業のみであればエア抜き作業は不要でしょうか? ブレーキフルードを交換したり完全になくなっている状態で継ぎ足す場合には エア抜き作業が必要になるという理解で合っていますでしょうか? 他にパッド交換時には基本エア抜き作業は不要で、 ブレーキフルード関連のホースを外さない限りは必要ないという理解で正しいでしょうか? キャリパーを外した状態でブレーキを握ったり踏んでしまったら エア抜き作業は必要になりますか? よろしくお願い致します。