• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

非嫡出子の遺産について

非嫡出子(A)の方が亡くなりました。 その方の遺産分与についてご教示頂けましたら幸いです。 Aは(遺伝上の)父の家庭で育ちました。 Aの父には他に子供(B (嫡出子))もおりました。 Aの母はその後に結婚し、子供(C)がおります。 Aの父と母は他界しております。BとCは存命です。 Aは結婚しましたが子供はおらず、配偶者は存命です。 本ケースの場合、BとCへの遺産分与の有無は Aの父がAを認知していたか否かによるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数150
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • nep0707
  • ベストアンサー率39% (902/2308)

このような質問に対してよく書いている相続順位表です。 (0) 配偶者は常に相続人。 (1) 子。子がすでに死亡or廃除しているときはその子。以下同様にたどる。 (2) (1)に当てはまる人が1人もいないときは親。親がすでに死亡or廃除or相続放棄しているときはその親。以下同様にたどる。 (3) (2)に当てはまる人も1人もいないときは兄弟姉妹。兄弟姉妹がすでに死亡or廃除しているときはその子。こちらはこれ以上たどらない。 そうすると、Aさんの場合、(1)(2)に当てはまる人がいないので、 (3)に当てはまる人がいるかどうかが問題になりますが… 日本法では、親族関係はあくまで戸籍が基準になります。 (だから、戸籍上の関係と実際の関係が合わないときは合わせるための手続きが必要になるわけで) Cさんは母親が同じ(戸籍上もそうでしょう)ですから、Aさんの兄弟姉妹といえます。 問題はBさんで、父親が同じ(でなければ兄弟姉妹ではない)といえるためにはAさんに対して認知がなされ、戸籍上も親子であることが必要でしょう。 ただ、この件は、もし認知がなければ、 ・子が死亡してしまい、その子もいない ・認知すべき人もすでに死亡している という点で、今から親子関係を見直すのはかなり難しい(たぶん不可能)と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

複雑なケースをご回答頂きましてお手数をお掛けしました。 ありがとうとざいました。

関連するQ&A

  • 嫡出子と非嫡出子の相続

    A男、B男、C子(妻)の三人兄弟です。 A男・B男は、非嫡出子です。C子は、嫡出子です。(男親が同じ) 両親・祖父母は、すでに他界しています。(親の相続は済み) A男は、配偶者のみです。 この状況でA男が亡くなった場合、配偶者三分の二。 残りを、B男、C子で相続する権利があると言う事でしょうか?(要は、嫡出子・非嫡出子で違いがあるかと言うことです) また、配偶者、B男、C子が相続放棄した場合は、B男、C子の子供に権利が移ると思いますが、この場合、子供も相続放棄した場合、そこで終わりになるのでしょうか?(A男は、+財産より、-財産が多い) よろしくお願いします。

  • 非嫡出子が複数いた場合の法定相続分について

    非嫡出子が複数いた場合の法定相続分について 法定相続分の割合(非嫡出子は嫡出子の1/2の解釈)について質問です。 Aさん(配偶者なし)の相続人が、嫡出子2人(B・C)、非嫡出子1人(D)の場合、 法定相続分はB・Cが各2/5、Dが1/5・・・というのはわかりました。 Aさん(配偶者なし)の相続人が、嫡出子2人(B・C)、非嫡出子2人(D・E)の場合の 法定相続分なんですが、 (1)「B・Cが各2/5、D・Eが各1/10」という意見と (2)「B・Cが各1/3、D・Eが各1/6」という意見にわかれたんです。 (1)は「非嫡出子全体は嫡出子1人の1/2」 (2)は「非嫡出子1人は嫡出子1人の1/2」という解釈です。 どちらが正しいのでしょうか? 色々検索しても非嫡出子が1人のケースしか見当たらないものですから・・・ よろしくお願いします。

  • 非嫡出子の相続について

    あくまでも例としてですが・・・ 妻子ある男性との間の子供は、父親の遺産を相続するには、 ・父親の認知が必要ですか? ・認知される=嫡出子ではないのですか? ・非嫡出子が嫡出子となるケース ・非嫡出子として相続する場合の条件は? 無知なので教えてください。よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#64531

Cは(異父であっても)兄弟ですので、相続人です。 Bについては、 Aの戸籍に父の名前があるかないかによります。 Bの父の名が、Aの父の欄に書いてあれば兄弟です。 また、BとCはAの全血兄弟(父母が同じ)か、半血兄弟(父か母のみ同じ)かで 相続割合が違ってきます。 全血・半血同士でしたら同割合、 どちらかが半血なら全血の半分となります。 兄弟がいる場合 生存配偶者3/4 残る1/4を兄弟に。 兄弟等分なら1/8 全血半血なら、2/12 1/12 仮にBが兄弟の地位を得ようにも当事者(Aとその父)がすでに死亡してるので むずかしいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、お手数をお掛けしました。 ありがとうとざいました。

関連するQ&A

  • 非嫡出子と、養子の身分について。

    子は、父からすれば認知で、母からすれば出産という事実で、 非嫡出子の身分を取得します。(両親が未婚の場合) そして、どちらでも良いのですが、母がを取った場合、 養子は、縁組時に嫡出子の身分を取得するらしいので、 すると、実子が非嫡出子で、養子が嫡出子ということに なるのですが、これはどう理解すれば良いのでしょうか? やはり未婚の母ですので、養子を取ってもそれは、 非嫡出子におさまるのでしょうか? どなたか、よろしくお願いします。

  • 非嫡出子の父親はその非嫡出子の相続人になれるか?

    父親がなくなったときの相続について嫡出子と非嫡出子が同じ権利を持つことになりました。 この趣旨は、相続に関するかぎり嫡出子と非嫡出子を同等の兄弟として扱う、ということに あると思います。 そこで質問ですが、自分の財産を持つ非嫡出子が子供なしのまま亡くなったとき、その父親は 非嫡出子の財産の一部について相続権があるのでしょうか? さらに、その父親がすでに亡く なっているとき、父親の嫡出子は非嫡出子の財産の一部について相続権があるのでしょうか?

  • 嫡出子と非嫡出子の母親からの遺産は?

    母親のAさんが、連れ子aを連れてBさんと結婚、Bさんとの間に嫡出子bを生んだ場合。Aさん死亡時のaとbの相続分は非嫡出子と嫡出子ということで1:2になるのでしょうか?Aさんから見れば、どちらも自分の実子なので1:1の様にも思えるのですが。教えてください。

  • 非嫡出子の相続権は法の下の平等に反しませんか?

    非嫡出子とは、婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを言いますが、非嫡出子は、下記の民法の条文により嫡出子の相続分の半分ということになります。 民法第900条  法定相続分 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。 一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。 二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。 三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。 四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。 昨年結婚していない男女から生まれた「非嫡出子」について、遺産の相続分を嫡出子の半分とした民法の規定が、法の下の平等を定めた憲法に違反するかどうかが争われた審判をめぐる特別抗告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は、審理を裁判官15人で審理する大法廷(裁判長・竹崎博允長官)に回付した。回付は7日付との事 過去には7年の大法廷決定は「民法は法律婚主義を採用しており、非嫡出子の法定相続分を嫡出子の2分の1とした規定が著しく不合理で、立法の裁量判断の限界を超えているとはいえない」と判断していましたが、今年中に最高裁大法廷で改めて憲法判断が示されると思いますが皆さんはどう考えますか?

  • 遺産相続の計算

    非常に単純な計算ですが、教えてください。 Aには配偶者Bと嫡出子Cと非摘出子Dがいます。 Aが無くなり遺産1200万円を相続することになりました。 配偶者Bの600万円はわかるのですが、 非摘出子は嫡出子の1/2ですよね。 そうすると単純に嫡出子Cは600万円なので非嫡出子Dはその1/2で300万円かと思ったのですが、そうするとCもDも同じ金額になるので違うとわかるのですが。おばかな私に考え方計算の仕方教えてください。

  • 法定相続の計算方法について

    被相続人Aがいたとします。 配偶者Bには2/1 嫡出子には2/1 非嫡出子には嫡出子の2/1 そういうルールはわかるのですが。 計算方法がいまいちよくわかりませんのでご教授おねがいできませんか?? 例)被相続人A 配偶者B 嫡出子がCとD 非嫡出子がEとF Aの養子の子がY とした場合、とりあえず配偶者には2/1 嫡出子CとDが配偶者の2/1を分ける 非嫡出子EとFが嫡出子の2/1を分ける 養子は配偶者の2/1をそのままもらうであってますでしょうか? その時の、計算方法をおねがいします><。

  • 非嫡出子の差別

    できたら、事実婚をしたいと考えています。 まだ先の話ですが、心配なのは、生まれてくる子供が非嫡出子になり、 差別があると聞くことです。 進学や就職のときのことでしょうか? たとえば進学しようとする学校に、戸籍の謄本を見せる必要があるのでしょうか? 住民票を提出する場合、それを見て嫡出子か非嫡出子かどうか、わかるのでしょうか? 周囲の人は、その子供が非嫡出子であることを、どうやってしるのでしょうか? 大変初歩的な質問ですみませんが、経験がないもので、教えていただけたらと思います。

  • 非嫡出子につきまして

    母が私を未婚で出産し、父親に認知もされていないので、私は非嫡出子です。 戸籍の欄は、父親の欄が空欄です。 このたび、私が結婚したことで、親の戸籍から抜け、新しい戸籍になったのですが、非嫡出子は非嫡出子のままで生涯、変わりませんか?

  • 宅建の相続の嫡出子か否かについて。

    ご質問致します。 「AとBが婚姻中に生まれたAの子Cは,AとBの離婚の際,親権者をBと定められたが,Aがその後再婚して,再婚にかかる配偶者がいる状態で死亡したときは,Cは法定相続分はない。」 という問題がありました。こちらの正解は×で、法定相続分があるのはわかるのですが、子Cは相続の際、嫡出子なのか、それとも非嫡出子扱いなのかがよくわかりません。 再婚した配偶者からしたら非嫡出子ですよね? なので非嫡出子扱いだろうとは考えているのですが、確証がありません・・。 ご回答を宜しくお願い致します。

  • 相続税について

    法定相続について教えてください。 認知されている非嫡出子がいる場合の法定相続分なのですが、 【被相続人に配偶者と嫡出子1人、非嫡出子1人がいる場合】  ・配偶者  1/2  ・嫡出子  1/3  ・非嫡出子 1/6 とありました。 配偶者の1/2はすぐにわかりましたが嫡出子1/3と非嫡出子1/6が今ひとつわかりません。 算数に弱い自分にもわかるように教えてください。