• 締切済み
  • 困ってます

絶縁体/導電体界面について

有機高分子又はセラミックス(絶縁体)と金属(導電体)界面の相互作用について、特に両者界面の電子の挙動の観点から書かれた書籍又は論文(レビュー、レター何でもOK)をご存じの方がおれれましたら、教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数249
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

「誘電体」について調べられたら良いと思います。分野はエレクトロニクス系の物性の教科書。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 界面張力について

    界面張力(界面エネルギー)の説明として、異なる2つの相の接触面を単位面積を増やすのに必要なエネルギーだということは教科書によく書かれているのですが、ミクロな視点から考えた時に、界面張力とはいったい何なのでしょうか?分子間の相互作用によるものだろうとは思うのですが、直感的にイメージがわかないので、わかりやすい説明があったら宜しくお願いいたします。 あともう一つ、前に化学の方の掲示板にも書き込ませていただいたのですが、まだ解決していないのでこちらでもう一回質問させていただきます。 例えば容器を2つに仕切って片側には塩水を、もう片側には真水を入れたとします。そして仕切りをゆっくり取り外すと、やがて塩水と真水は混じりあいます。しかし仕切りを取り外した直後には塩水と真水の間に強い濃度勾配があり、界面を形成しているかのように見えるはずです。このような状況の時、界面張力は働いていると考えられるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • ファンデルワールス相互作用について

    「ファンデルワールス相互作用とは中性分子間に働く相互作用の総称である。これは双極子-双極子相互作用、双極子-誘起双極子相互作用、分散力、反発力から成る」という説明から、 双極子-双極子相互作用についてわからなくなりました(>_<) (1)中性分子とは極性がない分子のことですよね? (2)双極子-双極子相互作用って極子を持つ分子どうしの話ではないのですか? 教えてもらえませんか…?(>_<)

  • 双極子と極性分子は同じ意味ですか?

    双極子と極性分子は同じ意味ですか? また、メタンは双極子モーメントが0で無極性分子ですが、双極子を持ちますか? 双極子ー双極子相互作用は極性分子と極性分子の間に起こる相互作用で、双極子ー誘起双極子相互作用は極性分子と無極性分子の間に起こる相互作用という解釈はあってますか?

  • 分子間相互作用と結合定数の関係について

    薬物AとBの水中での分子間相互作用を解析した結果、その結合定数について下表の結果が得られた。 この分子間相互作用についてわかることを教えてください。

  • 高分子化学と有機化学

    研究室選びの参考にお聞きしたいことがあります。 高分子化学と有機化学の分野の、現在の就職状況とはどのようなものなのでしょうか? (修士以上 旧帝大) また将来性も分かる範囲で教えていただきたいです。 高分子の分野では有機金属錯体を用いた高分子の不斉合成がメインで、有機化学では天然物合成とその化合物の生体分子との相互作用がメインの研究内容です。 自分のしたいレベルとしては本当に同じ程度です。色々と家庭の事情もあり将来のことを考えると就職状況は重要なファクターでして・・・。  ですので様々なご意見を聞かせていただければと思います。就職で研究室を選ぶなという方もおられるかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 分子間相互作用

    こんにちは。 分子間相互作用についていくつか質問があります。 (1)疎水性相互作用は純水中よりも、真空中の方が小さいのは真空中ではこの作用が働かないからで良いのでしょうか? (2)疎水性相互作用は溶媒によって左右されますが、純水中と30%メタノール中で比較した場合はどたらの方が大きいのでしょうか?どちらも極性溶媒ですよね・・・。 よろしくお願いします。

  • 統計熱力学

    分子分配関数を求めるときに、各粒子は独立(相互作用なし)だとしますが、 なぜでしょうか? 相互作用(重力やクーロン力などのことでいいですか?)があると、 分配関数を求めるのができなくなったり面倒だったりするんだろうと 思うのですが、それは具体的にどのようなものですか?

  • 配置間相互作用(CI)

    分子軌道法において、分子間結合を考える時 結合エネルギーは共有結合項とイオン結合項の和で表される。(あってます?) この時、水素分子であれば前項に比重がかかり NAClのようなもので後項に比重がかかると教わりました。 で本題ですが この比重を論ずるのが配置間相互作用だと教わったのですが いまいち配置間相互作用(CI)がどのようなものか理解できませんでした。 またこの作用は分子軌道法がイオン項を過大視しているのを補正する役目もあると 教わりました。いったいこの配置間相互作用とはなんなのか 簡単に教えてください

  • 溶質‐溶媒の分子間相互作用のみが考慮されている溶液

    溶質濃度が十分に低く溶質分子間の距離が十分離れているため、溶質同士の分子間相互作用を無視し、溶質‐溶媒の分子間相互作用のみが考慮されている溶液とは何ですか? その溶液の簡単な解説も合わせてよろしくお願いします。

  • レーザーについてですが・・・。

    CO2レーザーメスに関してですが、切開能に関して生体と光の相互作用の観点からすると、利点と欠点はいったい何になるのでしょうか? また、操作性に関しては(マニュピレータを用いた導光路など・・・。)は利点と欠点はいったい何になるのでしょうか? 装置面に関しては性能などの観点からするといったい何が利点で欠点となるのでしょうか?