• 締切済み
  • すぐに回答を!

中古物件の瑕疵担保責任について

中古物件の瑕疵担保責任について 2年前に中古物件を購入しました。 この物件は不動産業者所有のリフォーム済みで、2年の瑕疵担保責任がついています。 主要な柱3本のシロアリの被害から始まり、購入3ヶ月目には台風などの大雨により各所雨漏り被害にあいました。 今まで7回の雨漏りと7箇所の修理を行いました。 購入2年2ヶ月後に修理済みの同じ2箇所から大雨により雨漏りしています。 2箇所は3回目の雨漏りで、売主は2年の瑕疵担保責任が終了しているため、修理を拒んでいます。 重要事項説明書には雨漏り、くさりはないと明記されています。 この場合売主に対してどのような形で請求出来ますか? また、損害賠償請求できるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数729
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#65504
noname#65504

>2箇所は3回目の雨漏りで、売主は2年の瑕疵担保責任が終了しているため、修理を拒んでいます。 重要事項説明と異なることがあっても、知っていたのに隠していたということでなければ、この特約は有効です。 でも知っていて隠したあるいは宅建業者として通常行う調査範囲で通常わかる範囲の瑕疵なら、2年という特約は無効になり、まだ請求できます。しかし、それは、隠していた・わかるはずであったことを質問者側で証明しなければならず困難ですね。 それ以外は2年を過ぎてから発見したものについては瑕疵担保請求することはできません。 >2箇所は3回目の雨漏りで、売主は2年の瑕疵担保責任が終了しているため、修理を拒んでいます。 こう書かれているので、今までの修理については売り主負担で行ったものと考えそれを前提に話をします。 >購入2年2ヶ月後に修理済みの同じ2箇所から大雨により雨漏りしています。 通常中古物件の売買契約の瑕疵担保責任に補修責任はありません。損害賠償責任です。つまり修理にかかる費用が請求できるのです。 本来は修理代を請求するのですから、工事は買い主側で行うべきものです。つまり修理不完全の問題は、買い手と買い手が依頼した施工業者の間のでの瑕疵担保問題となります。 しかし売り主が不動産関連業者の場合、損害賠償をする代わりに自分の関連業者に施工をさせることがよくあります。多分今回はこのケースでしょう。 この場合修理が不完全なことは売り主側の問題になります。 ここで、2年以内に瑕疵担保請求をした場合、そこからは買い手は売り主に対して一般債権を持つことになり、時効は10年になります。つまり2年を過ぎていても、修理不完全の場合は、まだ完全に直すための損害賠償請求ができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • bunbun8
  • ベストアンサー率47% (246/521)

瑕疵担保責任の期間が2年とあって、その責任を問えるのは、引渡しを受けてから2年以内に「発見された」瑕疵についてです。 ですので、2年2ヵ月目であっても、その瑕疵の部分を「発見」したのが2年以内であれば、瑕疵担保責任を追求できるとは思います。 しかし、シロアリ被害にしろ雨漏りにしろ、その瑕疵が引渡しを受ける前から発生していたことを証明しなければなりません。 修理を行なったとのことですが、それは売主が瑕疵担保責任に基づいて行なったものでしょうか? 同じ箇所の修理が上手く出来ていなかったということであれば、2年2ヵ月後であっても売主は損害賠償をするべきですが、修理に問題がなく修理部分の経年変化による劣化などであれば責任は問えないかもしれません。 また、過去の修理については売主に告げずに、ご自身の負担で行なったものであれば、いまから売主に瑕疵担保責任を問うのは難しいかもしれません。 2年以内に工事した業者や工事内容のわかるもの、専門家の調査書など期間内に発見していた事実と引渡し以前からシロアリの害があり、雨漏りもあったはずという信頼性のあるデーター等が必要になると思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりますありがとうございました・

関連するQ&A

  • 不動産取引契約での瑕疵担保責任

    中古物件(築20年)の家を購入しようとしていますが、契約書では 「瑕疵担保責任」に関しては「負担しない」となっています。 売主は個人で、仲介業者が入っています。 建売なんかだと瑕疵担保責任というのは聞きますが、個人から購入する中古の場合は、一般的には「瑕疵担保責任」では売主は「負担しない」ものなのでしょうか。 それから 「経年劣化」により雨漏り等や破損が起きても修理する責任はない。 とも書かれています。 この場合、付帯設備確認書では「雨漏り」は「発見されていない」となっていますが、購入後雨漏りがあった場合、隠れた瑕疵になると思うのですが、修理の負担は売主には要求できないものなのでしょうか。 契約前なので、サインすべきかどうか悩んでいます。 よろしくお願いいたします。

  • 中古物件の瑕疵担保責任について

    先日築35年の中古物件の契約をしてきました。 瑕疵担保責任は、白アリ被害・雨漏りのみ2年間保障するとのことでした。 私としては、構造上主要木部の腐食・傾き・傷などが気になるのですが、それに対する保障はないと言われました。 これは普通なのでしょうか?

  • この場合は瑕疵担保責任で売主に修理請求できますか?

    この場合は瑕疵担保責任で売主に修理請求できますか? 2006年3月16日に不動産業者所有の中古物件を買いました。 この物件には2年間の瑕疵担保責任がついています。 2007年3月5日に雨漏りし、このために足場をかけたのが3月29日、雨漏り箇所と思われる場所を4月3日に工事しました。 雨漏りによりいためた天井の工事は4月6日に行いました。 残されていた小さい工事は6月21日にし、すべての足場の撤去は7月5日にしました。 この場合修理完了日はいつになりますか? また2008年4月8にちに再度雨漏りしました。 この雨漏りは前回2007年4月3日の工事と同じ箇所からと思われます。 売主に修理請求できますか?

  • 瑕疵担保責任を一切負わない特約

    中途半端な回答はほしくないので大げさに書きます。 売主宅建業者の場合、古い中古物件でも瑕疵担保責任を一切負わない特約は無効で 知ってから1年若しくは引渡し後2年は免れないかと思いますが、 売主買主共素人の中古物件の現状有姿での売買の場合、 雨漏りや白アリ被害の存在がわからなかったとすれば 契約で瑕疵担保責任を一切負わない特約と言うのは それを謳っておけば、たとえ後にどんな被害状況がわかっても その特約は有効となるものなのでしょうか?(民法572条) 例えば買主が購入後にリフォームして床や壁をめくってみると 壮大な被害が確認できた場合でもこの特約を結んでおけば 売主、業者共一切責任はないものなのですか? また、売主に確認しても調査履歴も無く被害状況がわからず 現状目視では壁はもちろん床下も点検口なく確認することができない場合 業者としてはどの程度まで調査義務があると考えればいいのでしょうか? ネット検索しましたが素人の感情的判断の回答が混じっているものもあり判断つきませんでした。 プロの方の意見を募集します。

  • 瑕疵担保責任についてお伺いします。

    平成24年2月20日に築21年の中古物件を購入しました。 引渡をうけて2日後(23日)に雨が降り、現場へ行ったところ 雨漏りをしていました。 その日に不動産業者を呼び、写真を撮り(双方)ました。 契約書には瑕疵担保責任を負わない旨が記載されておりますが 告知書には、雨漏りは無かったという項目に丸が付いております。 引渡前の内覧時にも、不動産業者、売主に雨漏りのことを 伺いましたが、無かったと言っておりました。 補修にかかる見積もりは2社とっておりまして、どちらも50万強と なっております。 雨漏りの場所は、玄関上の天窓付近からですので、 今までに、気づかなかったというのは疑問に感じます。 以上の観点から、瑕疵担保責任を売主に追及できるのかを 教えて下さい。よろしくお願いいたします。

  • 瑕疵担保責任について

    瑕疵担保責任について教えてください。 築28年の中古物件の購入を検討しています。 A(前所有者:個人)から、B(現所有者:リフォーム業者)が 購入し、現在リフォーム中の物件を、不動産屋に 紹介されました。 瑕疵担保責任について聞いたところ、不動産屋から 「ない(免責)ですね」と言われたのですが、 やはり瑕疵担保責任免責になるのでしょうか? ご教授願います。

  • 瑕疵担保責任 シロアリ リフォーム

    教えてください<(_ _)> 困っています。 先日、不動産(仲介業者)を通して中古住宅を購入しました。 契約時に重要事項説明書で瑕疵担保責任について以下のとおり取り決めました。 「売主は屋根の雨漏り及びシロアリの害についてのみ瑕疵担保責任を負うものとし、その期間は本物件引渡し後2ヶ月までとします」 購入後、すぐにシロアリ業者に床下をみてもらいました。 風呂場にシロアリがいました。腐食箇所もありました。 ただちに、不動産を通じてその旨を売主に伝えてもらいました。 すると、「腐食箇所のみ修復する」と回答がありました。 この回答について適当か不適当か・・ (瑕疵担保責任=シロアリ駆除をしてくれるもんだと解釈してたので、回答に納得がいきません) どこまで売主に請求できるものなのか? どなたか教えていただけないでしょうか? また、こういう事態の場合、誰に相談したらいいのでしょうか? せっかく気に入って購入した家 不動産・売主の対応に困惑しています。 助けてください! 教えてください! よろしくお願いします<(_ _)>

  • 売主代理の時の、瑕疵担保責任

    中古物件の売買について質問です。 宅建業者が売主の場合はもちろん、2年以内の申し出に対しての 瑕疵担保責任があると思うのですが、 個人所有の中古物件を宅建業者が売主代理として売買契約した場合は 瑕疵担保責任を免責(通常の個人間売買のように)として記載しても問題は無いのでしょうか? ご存じの方いらっしゃいましたらご回答お願いいたします。

  • 中古住宅の瑕疵担保責任について

    1年前に不動産業者から中古の戸建て住宅を購入し、住んでいました。住んでいる間に雨漏りや不具合はありません。今回、この住宅を別の業者を通じて売却を考えているのですが、「瑕疵担保責任」を負担する(半年程度)に買い主から求められています。もし引き渡して半年以内に雨漏りとかが発生したら、瑕疵担保責任を追及されますよね。この責任を、元の売り主の不動産業者に振り向けることはできるのでしょうか。詳しい方、よろしくお願いします。

  • 宅建業法の瑕疵担保責任について

    ご存知の方、お知らせ下さい! 新築マンションを購入して2年目となりますが、瑕疵担保責任を販売会社が負う期間が、法律によって違います。(民法、宅建業法、品確法) そのうち、宅建業法では、2年間と理解していたのですが、ある記述では売主が不動産業者などの宅建業者であった場合には、この瑕疵担保責任を負う期間を2年以内とすることはできないと定めており、売買契約書で2年以内と年限を区切ってあっても、たとえば3年目に瑕疵が発覚した場合、売主が不動産業者であれば、瑕疵担保責任を追及することが可能と書いてありました。 私が購入したマンションは、大手のAB工務店が販売しており、宅地建物取引業免許もあるようなので、2年以上でも瑕疵担保責任を追求できるのでしょうか?。 宜しく、お願い致します。