• 締切済み
  • すぐに回答を!

オリジナル曲提供の際の印税率、買取金額について

私はフリーで作曲活動をしているものです。 普段は、個人の方にオリジナル曲を提供するサービスを行い、 その作曲行為に対して、お金を頂いています。 通常は個人で楽しむための依頼なので、特別に印税契約等はしていないのですが、 このたび個人的に資金も業界関係者のコネもある方が依頼をしてくださり、 ゆくゆくはCD発売をしたいと仰っています。 こういったケースですと、 通常、CD1枚売れるごとに、作者に支払われる金額は販売価格の何%くらいが妥当なのでしょうか? 作曲、編曲をする予定です。作詞はご依頼者様が既にしてあります。 こういった、「売上代金の何%を印税として支払う」という旨は、個人で契約を取り交わすのではなく、 全国販売されるCDの場合、必ずJASRACに届け出る必要があるのでしょうか? ちなみに、プロの作曲家と言われる方たちでも、 他の方に製作を依頼し、曲の買取という形を取るケースがあると思いますが、 そういった場合は、大体一曲いくらくらいで取引されるものでしょうか? こちらはケースバイケースとは思いますが、参考までに教えて頂けると幸いです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数3803
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

買取についてですが、厳密には買い取る事はできません。 売買契約及び譲渡が可能な権利は著作隣接権(原盤権や複製権)のみで作曲者の著作権(著作人格権)は法律上個人の権利となります。 つまり一般的にいわれている買取とは厳密に言うと買い取っている訳ではなく「楽曲使用について異議申し立て、追加金銭の要求をしない」という契約を交わすという意味と考えて下さい。 非常にわかりにくいですが、この著作人格権を知らない(理解していない)会社がほとんどです。 補足ですがJASRACに全信託契約を結んでいる作曲家、作詞家の著作物は契約中は過去に作った曲まで全てJASRAC管理下におかれますので、アマチュア時代に買取で作った曲も課金対象となります。 実際裁判にもなっている事ですので契約は慎重に。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 振付師の印税

    作詞、作曲家には印税があると思うのですが、 降り付け師にもあるのでしょうか? CD発売の後、 DVD販売で再び使用される場合とかは また余分にもらえるのでしょうか? あと、コンサートなどで二次使用される場合も 印税が加算されたりするのでしょうか? おしえてください。

  • 編曲者の印税について

    昔は編曲者には印税が入らないと聞いていましたが、 いま、ネット検索しますと、 音楽出版社によっては、契約で編曲者にも印税が入る場合があるとか、 ここOKWAVEの回答欄でも >昔はアレンジャーつまり編曲家には印税が無かった >のですが森岡先生が編曲家印税の主張をしてから >認められ、編曲家印税が認められるようになりました。 とありました。 現在は、編曲者には作曲者と同じように必ず印税がはいるのでしょうか? それとも、音楽出版社により、印税が入る場合と入らない場合があるのでしょうか? お詳しい方がいらしゃいましたら教えてください。 よろしくお願い致します。

  • 印税について

    印税について 一枚1050円(税込)のCDシングルが100万枚売れたとします。 唄ってる人、作詞作曲編曲も本人です。 本人に入ってくる印税は全部でいくらになりますか?

  • 回答No.1

○通常、CD1枚売れるごとに、作者に支払われる金額は販売価格の何%くらいが妥当なのでしょうか? 1%~3%くらいらしいですよ。 http://kuwa.pekori.to/mame/01.html http://www.musicable.net/seminor/business/04/11-02.htm http://www.kv-jp.com/column/2006/10/post_188.php ○こういった、「売上代金の何%を印税として支払う」という旨は、個人で契約を取り交わすのではなく、全国販売されるCDの場合、必ずJASRACに届け出る必要があるのでしょうか? 契約は個人で行ないます。JASRACに届ける必要はありません。JASRACと契約するのは、楽曲の使用許諾などの委託(実際は信託ですが)を行ないたい場合です。 ○他の方に製作を依頼し、曲の買取という形を取るケースがあると思いますが、そういった場合は、大体一曲いくらくらいで取引されるものでしょうか? これについては知りません。公表もしていないでしょうしね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 著作権の切れたCDの印税は誰が受け取っているのか?

    著作権の切れたCDの印税は誰に行くのでしょうか? JASRAC預かりになっているのでしょうか? 廉価盤のCDにして出される場合もあるようですが、 そうでなく通常の価格のものの場合、支払われない印税がどこに行くのかを知りたいです。 JASRACにプールされるにしても、されたものは、最終的にどこに行くのでしょうか?

  • シングルCD 1枚売れると印税は・・?

    シングル CD 1枚売れると印税は・・? 歌手 作詞家 作曲家 に入ります印税は・・・ シングルCD 1枚の厚さ(JIS規格) を教えて下さい。

  • 印税が支払われるのは

    音楽CDが売上げてから作詞家や作曲家にその印税が入るまでの期間は法律で決まっているのでしょうか? それはレコード会社との契約で決まるのでしょうか? 聞いた話では1年位かかると聞いたのですが、 それはあまりに長すぎるような気がしますし、 どこまで著作権などで決まっているのでしょうか? また著作権についてのサイトがあれば教えていただきたいのですが~ よろしくお願いします。

  • 印税の契約について

    この度、インディーズではありますが、シンガーソングライターとしてデビューしました CDの売り上げはすべて私に支払うという契約で、原盤の権利もあたしにあるということで、今の事務所を辞めて、別の会社に移籍してもリリースした曲は発表していいと言われました 来年、CDの売り上げを振り込むといわれたのですが、それはあくまでもCDの売り上げであって、印税ではないと思いました 作詞、作曲があたしの場合は、印税が発生するんですよね?そういう話は一切してないのですが、こちらから言うべきですか? パーセンテージというのは事務所によって異なるんでしょうか? ちなみに1050円で2曲入り、2曲とも作詞、作曲はあたしです、編曲は別の人がしてます 詳しい方、教えてください

  • シングルCD 1枚売れると印税は・・?

    歌手 作詞家 作曲家 に入ります印税は・・・ CD 1枚の厚さを教えて下さい。 100万枚積み重ねると・・どの位の高さになりますか・・? 富士山より低い・・?

  • JASRACとの信託契約について

    質問です。 印税の件ですが、通常は作曲者と音楽出版社がJASRACと信託契約を結び分配を受ける仕組みだと思いますが、ここにスポンサーである私達が作曲者・音楽出版社の了承の元、JASRACと信託契約を結ぶケースはありえるのでしょうか?また、契約が可能な場合には著作者の一人としてカウントされるということになりますか? JASRACと契約を結ぶ仕組みがいまいち分かりません。 申し訳ありませんが、教えて下さい。よろしくお願いします。

  • ピアノ連弾曲

    ピアノ連弾曲を探してます。条件は1台4手で、 ピアノ連弾用のオリジナル曲、作曲者自身による編曲、有名作曲家による編曲です。 お願いします。

  • JASRACへの提出書類について

    質問です。 5年前、新規ブランドの為のテーマ曲“A"を作曲家に制作してもらいました。 数年後、その作曲家がご自分のレーベルからテーマ曲“A”をリリースしたいと申し出がありました。 この場合の著作権は作曲家にあると思いますが、ジャスラックに申請書を提出する際に、テーマ曲は私達の物でもあり、たとえばイベントやWEB、その他の媒体で私達が使用する際に費用がかからないように申請する事は可能ですか? また、テーマ曲“A”について印税契約を結び、販売枚数に比例して印税を得たいのですが、一般的にどの程度(何%程度)の印税契約を結ぶことが良いのでしょうか? 最後に、このテーマ曲“A”は新規ブランドの為の曲で、イメージを守る為、他の企業・ブランドで使用する事を無効にしたいのですが、そのような契約を結ぶことは可能なのでしょうか? 素人の為、うまく説明できませんが、ご回答頂ければ幸いです。 宜しくお願いします。

  • CD売り上げ100万で著作者の印税はいくらですか?

    作詞作曲編曲を全てした場合、CD売り上げに対する印税は何%でしょうか? 単純な話、100万枚売れたらいくら著作者に入って来るのでしょうか? TOPアーテイストと新米アーテイストでは契約で%が違うでしょうか? 昔と今では割合が違ってきているでしょうか? 優しい解説を宜しくお願い致します。 参考になるHP等も有ったら宜しくお願い致します。

  • 輸入盤CDに著作権的な違法性ってないんですか?

    輸入盤CDに著作権的な違法性ってないんですか? 輸入盤は、日本国内の業者や個人が海外からCDを買い付けて日本で販売することですよね? 一方、(海外アーティストの)国内盤は、国内のレーベルが海外のレコード会社と契約して、然るべき対価を支払って原盤を入手してCDを作るのでしょう。 そして、国内でジャスラックに登録するなどして著作権を管理し、売上に応じてアーティスト、作曲家、作詞家、レーベルに印税が支払われるはずです。 同じ著作物を販売するのに、輸入盤と国内盤の2通りの経路があることに何となく違和感を感じて、輸入盤に違法性はないのかなと思い質問しました。 輸入盤は現地で購入することで、現地の著作権によって関係者に印税が支払われるのから、国内では著作権は関係なしってことになるのでしょうか? 海外のレーベルやアーティストの立場に立てば、日本のレーベルと契約してきっちり著作権管理してもらいたいと思うのですが。 輸入盤ってなんとなくですがグレーゾーンな印象があって、、、 よろしくお願いいたします。