• 締切済み
  • 困ってます

オストワルト法

アンモニアから硝酸を作るオストワルト法は、 NH3+2O2→HNO3+H2O とまとめることができるんですが、アンモニア6,8kgを反応させたら、60%硝酸は何キログラム得られるのでしょうか? という問題で、NO3=17、HNO3=63 a(kg)とおいて、 (6,8×1000)/17=(a×10^3×0,6)/63 という式で、出るんですが、 アンモニア400molあるので、硝酸も400molできるはずだけど、60%しか反応しきってないので、0,6×400×63÷1000だと思ったら、間違ってました。(400×63は,400molのアンモニアから出来るはずの硝酸で、0,6は60%反応したという解釈なんですが) 重要問題集からの問題なんですが、憚りながら 解説お願いいたしますTT

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数450
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#62864

60%硝酸というのは濃度が60%の硝酸ということです。 すなわち、60%のHNO3と40%の水の混合物を指します。 したがってその質量は、「生じたHNO3の質量を0.6で割る」ことによって計算します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • 化学で分からないことがあります

    次の問題で分からない事があるので教えてください 4NH3+5O2→4NO+6H2O・・・(1) 2NO+O2→2NO2 ・・・(2) 3NO2+H2O→2HNO3+NO・・・(3) (1)アンモニアから硝酸ができる反応(1)~(3)を一つの化学反応式にまとめてください (2)1.7kgのアンモニアを全て硝酸にしたとすると、70%硝酸は何kg得られますか? (1)は NH3+2O2→HNO3+H2O  ですか? また(2)は全く分かりません・・・ よろしくお願いします

  • 化学━=オストワルド法=━

    NH3 + 2O2 → HNO3 + H2O という式の下で、 アンモニア200molを反応させるとできる 「70%硝酸」は何kgか?有効数字2桁で求めてください。因みに18kgなんですけど。 「70%硝酸」という表記が今一よくわかりません。 何が70%?みたいな・・・。

  • この問題の答えを教えてください

    標準状態で112Lのアンモニアをすべて硝酸にすると、70%の濃硝酸は何g得られるか? NH3+O2→HNO3+H2Oで HNO3が5mol生成で 5×63×70/100=220.5になったのですがいいですか?答えをなくしてしまったのですいませんがお願いします

  • 高校化学 オストワルト法の量的関係

    オストワルト法について分からないところがあります。 反応式は以下の3つ 4NH3+5O2→4NO+6H2O …(1) 2NO+O2→2NO2…(2) 3NO2+H2O→2HNO3+NO…(3) (3)式で生じたNOを再利用としてまた(2)式が起こるのですが、ここで、どうして「アンモニアをすべて反応させたら、用いたアンモニアと生じた硝酸の物質量が1:1になる」のかが分かりません。 たしかに式の係数を合わせていくと、式上でNOなど余計な「N」の部分は消えるということは理解できるのですが、実際反応を起こしてみると、硝酸を生じさせる(3)の式を起こす際、どうしても余分なNOが生じてしまうのではないでしょうか?その余分なNOをなくすため(2)式を起こし、続けて(3)式を…となるとまたNOが生じてしまう気がします。どうしてすべて反応させたらこれがなくなるのでしょうか?それとも、(3)で生じるNOの量がだんだん減っていくので、無限に起こしたらその量が0に近似できる、といった考えなのですか?一番最初に(再利用する前)NOを加えている、というわけでもないですし…どうしてか分かりません。 この疑問に答えてくださる方がいらっしゃいましたら、回答の方よろしくお願いします。

  • アンモニアから硝酸ができる反応式

    アンモニアから硝酸ができる反応式 4NH3+5O2⇒4NO+6H2O 2NO+O2⇒2NO2 3NO2+H2O⇒2HNO3+NO を一つの化学反応式にまとめて表わしなさい という問題の解答をどなたかお願いいたします。

  • 化学の解説お願いします

    112Lのアンモニアをすべて硝酸にすると、70%の濃硝酸は何グラム得られるか? 何ですが解答はNH3 + 2O2 → HNO3 + H2Oよりアンモニア1個からは硝酸分子1個が出来ます {(112[L])/(22.4[L/mol])}・63[g/mol]・(100/70) =450 g ここで質問なのですがHNO3のみどうして計算するのでしょうか?水の質量を入れないわけはなんでしょうか?

  • ( )には数字、[ ]には単位を入れてください

    ( )には数字、[ ]には単位を入れてください 標準状態で224Lのアンモニアを完全に硝酸にした場合63.0%の硝酸が何g得られるか 標準状態で224Lのアンモニアの物質量は10.0mol アンモニアから硝酸を作る化学反応式はNH3+2O2→H2O+HNO3 よって硝酸の物質量はアンモニアの物質量の1倍の10.0molとなる また硝酸の分子量は63.0である 硝酸の物質量から硝酸の質量を求めると630gである ゆえに 質量パーセント濃度[%]=100×( )[ ]/( )[ ] よって63.0%の硝酸の質量をxgとおくと 63.0[ ]=100×( )[ ]/x[ ] x=( )[ ]

  • 分析化学 電荷・物質収支式について

    以下の物質を0.1mol/dm^-3となるよう水に溶かしたときに起こる反応を反応式で示し、 電荷収支式、物質収支式を立てよ。ただし、水の解離反応は考えなくてよいものとする。 という問題(分析化学)についてです。 硝酸 HNO3→H^+ + NO3^- 電荷収支式(以下電) [H^+]=[NO3^-] 物質収支式(以下物) [NO3^-]=0.1mol/dm^-3 亜硝酸 3HNO2→2NO + 3H^+ + NO3^- 電 [H^+]=[NO3^-] 物 [NO3^-]=0.1mol/dm^-3 硫酸 H2SO4⇔H^+ + HSO4^- HSO4^-⇔H^+ + SO4^2- 電 [H^+]=[SO4^2-] 物 [SO4^2-]=0.1mol/dm^-3 水酸化カリウム KOH→K^+ + OH^- 電 [K^+]=[OH^-] 物 [K^+]=0.1mol/dm^-3 アンモニア NH3 + H2O⇔NH4^+ + OH^- 電 [NH4^+]=[OH^-] 物 [NH4^+]=0.1mol/dm^-3 (1)上の5つについて、これであっていますでしょうか。 (2)ジエチルアミンの反応式、電荷・物質収支式について解説をお願いします

  • 固体と液体の反応速度の求め方

    化学部で、硝酸と脱脂綿を反応させてニトロセルロースを作る実験をしていて、その反応速度を調べています。 ちなみに、この化学反応式は [C6H7O2(OH)3]n + mnHNO3 → [C6H7O2(OH)3-m(ONO2)m]n + mnH2O です。 反応速度は反応物の濃度のべき関数であらわすそうですが、固体(脱脂綿)の濃度はどのように扱えばよいのでしょうか? 一度、固体の濃度を一定と考えて、硝酸の濃度の関数として計算してみたのですが、どうしても、 v = k [HNO3]^n という形にはならず、 v = k [HNO3] + q という形になってしまい、うまくいきませんでした。(y切片が0にならない) どなたか反応速度に詳しい方がいらっしゃれば、固体と液体の反応速度の求め方を教えてください。お願いします。

  • 酸化数

    硝酸製造における反応で、 4NH3+5O2→4NO+6H2O 2NO+O2→2NO2 3NO+2H2O→2HNO3+NO となりますが、窒素の酸化数は、 -3→+2→+4→+5 と、なるのは解りますが、酸化数はどのように補っているのでしょうか?